• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

有機溶媒の安定性について

現在、有機合成で芳香環に臭素付加させる反応を試みているのですが、再現性がとれない状態に陥っております。(芳香環を溶媒で溶かしたものに溶媒に溶かした臭素を滴下するという簡単な反応です。)  そこで、質問なのですが、蒸留したジクロロメタンの劣化or変質と言うことはあるのでしょうか? 溶媒の精製法と保管方法です。 ・水素化カルシウムで蒸留したジクロロメタンを茶褐色の試薬瓶に入れ、室温で照明があたる室内に保管しました。(この時、何回か反応に用いると思い、大量に蒸留しました。) ・2回目の反応で蒸留したジクロロメタンは蒸留してから1.5ヶ月程経過しています。(1回目では蒸留直後に使用しました) ●ジクロロメタンやクロロホルムのようなハロゲン有機溶媒の保管期間は短いのでしょうか? ●保管方法は冷暗室で保管すべきなのでしょうか? ●今まで保管しているジクロロメタンを再度蒸留することで再利用することは可能なのでしょうか? 今まで、溶媒の扱いについて重要視していなかったもので、参考サイトや書籍などご存知であればご教授いただけたら幸いです。 何卒よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数3151
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#62864
noname#62864

クロロホルムには少量のメタノールが安定剤として添加されていることが多いと思います。水素化カルシウムや塩化カルシウムと処理するとそれが除去されますので、安定性が低下します。 具体的にはHClの発生を伴って分解するようです。明るいところではこの分解が進みやすくなります。ひどい場合には、ふたを開けた時にHClの臭いがしたりします。 ジクロロメタンの場合には、安定剤は入っていないと思いますし、クロロホルムに比べるとかなり安定だと思いますが、それでも類似の反応が起こる可能性は否定できないと思います。したがって、保管期間が長くなるようでしたら、冷暗所(特に暗所)に保存するのが無難だと思います。 再蒸留による精製は可能だと思いますが、明らかにHClの臭いがするような場合には、水洗でもした方が良いかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。ジクロロメタンを蒸留し保管した瓶を開け、水洗しpH試験紙で確かめてみます。

関連するQ&A

  • 有機合成に使う有機溶媒に関して

    一般的に有機合成に使う有機溶媒に関してですが 無極性溶媒(例えばクロロホルムなど)よりも極性溶媒(DMF、アセトニトリルなど)の方が反応が進みにくいといった傾向はあるのでしょうか? もしそうなのであればその理屈まで教えてくださるとありがたいです。 お願いします。

  • 高沸点溶媒の取り除き方

    沸点180℃の溶媒(アセト酢酸エチル)を用いて有機合成反応を行いました。その後通常の後処理(水で希釈し有機溶媒で抽出)をしたのですが、水に溶けにくい溶媒なので一緒に抽出されてしまいました。ロータリーエバポレーターや真空ポンプでもとばすことができず、何度カラムをかけても生成物と溶媒の混合物となってしまい結晶化できません。真空蒸留…も考えたのですが、完全に取り除くことはできませんよね なにかよい方法があれば教えてください。お願いします。

  • 溶媒抽出に使う溶媒の選択について

    錯体や有機物を抽出するときに、ヘキサンやトルエンなどの溶媒を用いるようですが、どの溶媒を使うのかは何を基準に決めるのでしょうか?PCB(ポリクロロビフェニル)を抽出するときにはヘキサンを使うのですが、トルエンやジクロロメタン、クロロホルム、では抽出できないのでしょうか?私は無機化学系にいたので有機系のことはさっぱりわかりません。どなたか教えてください★

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

勘違いでしたらすみません。 chem2006さんが行われているのは「芳香環への臭素付加」で、 「芳香環への臭素置換」ではない、ということで間違いありませんか? その芳香環の安定性にもよりますが、芳香環への臭素付加であれば 通常は紫外線照射などをしたかと思うのですが、その点への言及が ないのが引っ掛かったもので(汗) もし付加が目的であれば、確かに溶媒についての確認もされた方が よいかと思いますが(→副反応の置換に対して触媒となる危険性)、 紫外線照射などの活性化が必要でないかについても、 確認された方がよいのではないでしょうか。 また、置換が目的だとすると、やはり反応条件に問題がないかを見直す必要が あるように思います。 (例えば、ベンゼンやトルエンなどでしたら、酸や鉄などの触媒添加で 置換体の収率を上げられたと思いますし、逆に芳香環の電子密度が高い フェノールやアニリンなどの1置換体が必要な場合は、一旦アセチル化してから 臭素化しないと、不要な3置換体ばかりが生じることになったと思いますので)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。すみません、回答者様の仰るとおり「芳香環への臭素付加」です。反応条件については、以下の通り、第一回目とまったく同じ条件です。 ・室温下において、不活性ガス存在下、遮光しながら反応させました。

  • 回答No.2
noname#160321
noname#160321

主題から離れてしまって申し訳ありません。 昔(35年前)ガスクロがまだ自分でパックするカラムだった頃の話。 四塩化炭素を精製して使いなさいと言われました。「オオどれ程きたないいんじゃ?」とさっそく友人の使っているガスクロに封を切ったばかりの四塩化炭素(「四塩炭」などと呼びましたね、ガキでしたねー)をそのままマイクロシリンジでちょっぴり分析したら、パックドカラムなのに、出るわ出るわ、6~7つの「不純物」ピークが…。アルカリ水と純水で洗い塩化カルシウムで乾燥させてから分別蒸留して使ったことを覚えています。 ジクロロメタンは#1のお答え通り安定剤は入っていないので、現在の特級品ないし分析化学用はそのまま使えると思います。 特に「無水」品は便利に使わせて頂いています。私は通常、高価ですが100mL瓶を毎回使い切り、で使用しています。卒研実習の学生さんに蒸留して貰うよりよほど良いです。 ああ、留学時に無水アセトニトリルは「蒸留しちゃいけない」と教授が言っていましたね。「10酸化4燐を使ってもかえって水が入る」と言われましたっけ。 懐かしかったので、いつもの蛇足以上に脱線してしまいました。 ご免なさい。m(_ _)m

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。回答を参考に溶媒について再度勉強し直します。

関連するQ&A

  • 溶媒について

    有機合成の実験をしている学生のものですが、反応に用いる溶媒の法則性?みたいなものがわかりません。プロトン性、非プロトン性くらいはわかるのですが、反応に用いる溶媒の選択について何かいい本か、いいサイトを知っている人がいたら教えてください。

  • 有機合成で、反応物や溶媒は脱水したほうがいいですか?

    有機合成で、反応物や溶媒は脱水したほうがいいですか? 一般的な有機反応で、全ての化合物は脱水にした方が反応は進行しやすいのでしょうか? (たとえば、ベンゼンのニトロ化反応や4級アンモニウム塩の合成などの場合です。) また、完全に水を除去しなくはならない有機合成は、化合物が禁水性だからという理由を良くききます。 それはどういう場合を示すのでしょうか? ナトリウムなどを触媒とし、爆発の危険性があるからという意味なのでしょうか?

  • PAHのジクロロメタンへの溶解度

    PAH(多環式芳香族)の有機溶媒への溶解度を調べています。 極性物質のジクロロメタンのPAH溶解度がペンタンより高いのはなぜなのでしょうか? ペンタンもPAHも無極性で、ジクロロメタンが無極性なのにジクロロメタンがPAHをよく溶かす理由はなんなのでしょうか?

  • アセチル化の溶媒選択

    無水酢酸によってアセチル化の反応を有機溶媒中、室温で行いたいと考えています。反応の出発原料はDMF、DMSO、DMAc、THF、MeOH、アセトニトリル、クロロホルムに溶解可能なのですが、これら溶媒に無水酢酸を加えると、溶媒の分解反応など不都合がある溶媒はありますでしょうか?

  • 薄層クロマトグラフィーの展開溶媒について。

    学校での有機化学実験で、 サリチル酸からサリチル酸メチルとアセチルサリチル酸を合成して、サリチル酸(標準溶液)・アセチルサリチル酸・サリチル酸メチルそれぞれをスポットし クロロホルム:メタノール=9:1(CM溶媒)と クロロホルム:メタノール:酢酸=94:5:1(CMA溶媒)で展開しました。 この物質と溶媒がどのような関係で分離されているのかが分かりません。 ベンゼン環以外の-OH,-COOH,-OCOCH3,-COOCH3の違いなのでしょうか? また、この場合なぜ展開溶液にメタノールや酢酸を用いるのでしょうか? 文献やインターネットで探してみたものの、見つからなくて、考えてもどうも答えが見えてこないので・・・。 もし良かったら答えてください。よろしくお願いします。

  • 有機合成で沸点還流する理由

     素朴な疑問なのですがお願いします。  有機合成の反応ではよく沸点還流をします。たとえば私は遷移金属触媒を使った反応で、トルエン溶媒で110℃で反応して生成物ができます。このような反応では溶媒がなくならないようにジムロートを使って還流しますよね。でも、110℃で反応するならキシレンとかもっと沸点の高い溶媒を使ったほうが、溶媒が枯れるリスクがなくていいと思ってしまいます。トルエンで110℃なのとキシレンで110℃なのでは違うのでしょうか?沸点で反応するメリットがあるのでしょうか?

  • TLC

    TLCで未知試料混合物(芳香族化合物)の有機溶媒溶液を調べたところ、展開溶媒にジクロロメタンを使うと、三日月型の歪んだスポットがでるのですがその理由がわかりません。教えてください。

  • 固体塩基と溶媒

    こんばんわ。 現在私は、固体塩基を酸受容体として、酸クロ(二塩化オキサリル)と尿素の縮合反応を行おうとしています。これまで炭酸ナトリウムをクロロホルム中で用いて実験をしたのですが、IR測定結果ではあまり良い結果が得られていません。(ほかにもトリエチルアミン(クロロ中)を用いたりもしたのですが、サンプルは真っ黒になりました。) そこで改めて文献をあさってみると、ジクロロメタンやエーテルを用いたものがありました。固体塩基を用いる場合には溶媒の効果が大きいのでしょうか? また、アセトンやニトリルを用いた文献も見かけますが、酸クロを用いた反応では、炭酸塩由来の水と反応してしまい、基質と反応する前に試薬が食われてしまうのではないかと思います。それゆえにエーテルや塩化メチルのような疎水性溶媒を用いると考えているのですが、確信がありません。いかがなものでしょう?

  • 有機合成についての実験的な質問です。

    有機合成についての実験的な質問です。 ある論文で水、トルエンの2層系での反応があるのですが、条件温度が-20、-40、-60℃の3つでした。 これらの温度では溶媒は凍ってしまうと思うのですが、この温度条件を満たす実験方法はあるのでしょうか?

  • 臭素化に臭化銅を用いた理由について

    先日、大学の有機化学実験で、4’-ニトロアセトフェノンの臭素化の実験を行いました。 この際、アルキル(メチル)基を臭素化するのに、クロロホルムで4’-ニトロアセトフェノンを攪拌溶解させた後に、臭化銅(II)を入れ、3時間加熱攪拌して臭素化を行いました。 ここで、なんで臭素ではなく、臭化銅を用いたのかよくわからないのですが、どなたかわかる方はいらっしゃいますでしょうか? 個人的にはクロロホルムは溶媒として、臭化銅は臭化水素となる臭素と臭素化のための臭素であると思っているのですが、それだったら銅の必要性は。。。? 回答よろしくお願いします。