• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

重力崩壊してみたい

速くなると質量が増える。 という事は重力が強くなる。 という事は光速に限りなく近い速さまで加速したら宇宙船の中にある圧力が重力に負けて重力崩壊が起こる。 メチャメチャ速い宇宙船があったら僕はブラックホールになれますか? ・・・・凄くアホな事言ってるのは分かってます。 多分どんなに速くなっても重力は変わらないような気がします。 過去の質問を見てみると、速くなると重くなるってのが勘違いだって書かれてましたが、 重力質量と慣性質量の違いがまだ良く分かりません。 計測の方法は?使用する単位は?何故差が出てしまうのですか?高校の物理等で使う公式に出てくるのはどっち?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数257
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • shiara
  • ベストアンサー率34% (85/250)

 まず、よく知られた質量とエネルギーの関係 E=mc^2 から見てみましょう。このエネルギーEは、(1)静止質量エネルギー、(2)運動エネルギーT、(3)ポテンシャルエネルギーU、を合計したものです。つまり、静止質量エネルギー+T+U=mc^2 です。物体が動いてなく、ポテンシャルエネルギーも存在しなければ、T=0、U=0ですから、静止質量をm。として、静止質量エネルギー=m。c^2 となります。したがって、m。c^2+T+U=mc^2 となります。これから、m=m。+T/c^2+U/c^2 が求まります。これを言葉で説明すると、質量とは、静止質量と運動エネルギーからの寄与による質量とポテンシャルエネルギーからの寄与による質量の和だということです。運動エネルギーは観測者によって変わる値ですから、この式から、質量も観測者によって変わることが分かります。この合計としての質量は、力/加速度を測定することで求めることができます。これは慣性質量です。  一方、一般相対性理論では、慣性質量と重力質量は等価と考えますので、慣性質量が増えれば重力質量も変わると考えるはずです。光速に近い速さで運動している物体の周りの重力場がどうなっているかは、シュバルツシルトの解をローレンツ変換すれば求まりますが、私は計算していないので、何とも言えません。ただ、このようにして求まるのは、物体の周りの重力場であって、物体そのものの挙動(例えば重力崩壊するとか)ではありません。そこで私の予想としては、重力崩壊は起こらない、なぜなら、物体が静止している座標系から見れば、重力崩壊など生じていないから、と考えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 大変よく分かりました。 周りの重力場の変化は自身に及ぼす重力とは別、という事なんですね。

関連するQ&A

  • 重力崩壊について教えてください

    太陽の8倍以上の質量をもった星は、その進化の最終段階で中心核が重力収縮し、ついには重力崩壊するそうです。 この現象についてイメージが湧かないので、質問します。 1.重力崩壊の過程を観察しているとある瞬間から見えなくなるのですか?それとも徐々に小さくなってついに見えなくなるイメージでしょうか。 2.星を形成している物質(粒子)はどうなるのでしょうか?原子は原子として存在しているのですか?それとも素粒子などに分解されて存在するのでしょうか? 3.星を形成している物資はどこにゆきますか?別の次元にゆくのでしょうか?それとも見えないだけでそこに留まっていると考えていいのでしょうか。 4.重力崩壊した星の質量は変化しますか?質量保存の原則は守られますか?あるいはどんどん重くなってゆくのですか? 5.重力崩壊した星の大きさはどれくらいですか?ゼロですか? 6.重力崩壊した元の星に復活させることはできますか?ブラックホールから物質を取り出すことは可能でしょうか? 質問が多くてすみませんが、 よろしくお願いします。

  • 慣性質量と重力質量は同じ?→エレベータの相対論効果

    慣性質量と重力質量は完璧に一致するのでしょうか? 例えば上昇するエレベータ内で質量を計るとします。 エレベータ内に質量計測装置を設置して、地上の観測室と電波によって通信を行うとします。 エレベータを延々と加速し続け、地上との相対速度が光速に近くなるにつれて相対論効果が現れ、加速をするためのエネルギーが足りなくなってしまいます。 一方で重力崩壊間近にある星が重力崩壊を起こしてブラックホールになる時は、外部の観測者との間の相対速度は光速を超えてしまいます。 このように光速に近い状況でも慣性質量と重力質量は完璧に一致するのでしょうか?

  • 重力崩壊とはなんですか。

    ブラックホールができるときに重力崩壊がおきるそうですが、それは、簡単に言うとどういうことでしょうか。あまりに重い、ということにも限界があるということですか?

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • shiara
  • ベストアンサー率34% (85/250)

 No2です。私の意図したところが伝わらなかったようですので、再度説明します。相対性理論の名が示すように、運動は相対的なものです。ある人にとっては「メチャメチャ速い」ものであっても、別の人にとっては「非常にゆっくり」あるいは「止まっている」ということもあります。誰にとって「速い」のかを明確にしなければなりません。自分は地球にいて、誰かの乗っている宇宙船を観測しているのであれば、その宇宙船が「速く」動いていることを観測できるでしょう。しかし、自分が宇宙船に乗っていれば、その宇宙船は自分にとっては「止まっています」。ですから、その質量は静止時の質量と同じです。  速く運動すると質量が増えるというのは、勘違いでも何でもなく、実際に起こることです。質量は、運動方程式を見ると分かるように、質量=力/加速度 です。一定の力で加速していくと、速度が光速に近づくにつれ、速度の増え方(加速度)が小さくなります。加速度が小さくなる、という現象が、質量が大きくなるという事柄として理解されます。このときの質量は慣性質量ですが、これが重力質量と等価であるとして作られた理論が、一般相対性理論です。今のところ、この考え方は正しいように思われています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

またこんがらがってきました・・・ 観測する場所によって速さの見え方が変わるのは理解しているつもりです。 一応僕の考えているのは全部地球が基準です。宇宙船は地球から観測されます。 1時間ぐらい考えてみたのですが、要するに光速に近づいて増えた(ように見える)分の質量をどう捉えるかって所が鍵なのでしょうか? 他の方は「増えた分をそのまま静止している時の質量と同じに考えてはいけない。重力とは無関係」という事を仰っていて、 shiaraさんは「増えた分も質量は質量。でも宇宙船に乗っている立場から見ると静止状態と変わらないから、重力とは無関係」という事を仰っているのですか?

  • 回答No.3
  • TT0909
  • ベストアンサー率28% (4/14)

私の勝手な解釈だと、エネルギーの保存はあくまでエネルギー主観による式であって、速度→増=質量→増とはとらえていません。 つまりエネルギーという観点からのみ見ると質量と速度が比例しているというだけで、速度が増えることと質量が増えたことは同意ではないということです。 重力は質量によるということは上記とは独立した理論だと思っているので、速度増→重力増だとは言えない気がします。 ブラックホールは光の脱出速度を超える重力を持つ天体、一方でその光の速度を超える速さの宇宙船があったらどうなるのかは気になりますよね。 5次元の世界でも垣間見ることになるのでしょうか・・・。 物理シロウトの当てずっぽな回答でした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 速度に比例して重力が大きくなったら粒子加速器とかが大変な事になりそうなので、直感的には関係無さそうだと分かりますが・・・ >速度が増えることと質量が増えたことは同意ではないということです。 これで何となく飲み込めたような気がします。 限りなく光速に近い速さでブラックホールに突っ込んだら・・・とか考えると、学生時代は物理赤点の僕みたいなのでも夢が広がりますね。

  • 回答No.2
  • shiara
  • ベストアンサー率34% (85/250)

 「メチャメチャ速い宇宙船があったら僕は」の「僕」はどこにいるのでしょう。「メチャメチャ速い」と思っているのは誰でしょう。「僕」が宇宙船の中にいれば、「僕」にとって宇宙船は「速くない」。「僕」が宇宙船の外にいて、宇宙船が「メチャメチャ速い」のであれば、宇宙船の質量は重くなります。だからといって重力崩壊はしません。座標系によって見え方の違いはあっても、違う現象が起こることはありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 書き方がまずかったみたいですね。「メチャメチャ早い宇宙船」とは「メチャメチャな速度まで加速できる宇宙船」という意味でした。 僕が地球でその船に乗り込んで加速したらどうなるか?って事です。

  • 回答No.1
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

高速で運動すると, 相対論的運動量や相対論的エネルギーが増大します. で, 運動量が大きくなると運動を変化させにくくなるわけですが, これをニュートン力学的に, いわば「むりやり」解釈したのが相対論的質量. で, 高速で運動していることによって増加したエネルギーはそのままでは (静止) 質量にはならず, そのためにはエネルギーを何らかの方法で局在化させなければなりません. という感じの説明が「相対論の正しい間違え方」という本にはあった.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 運動を変化させにくくなるという現象を解釈する時にニュートン力学を当てはめると「質量が増えたからだ」という理由しか見つからないけど、実際にはそれとは別の要素があるって事ですか? でもその本のタイトル素敵ですね。面白そうなので今度探して読んでみます。

関連するQ&A

  • 宇宙の初期に、なぜブラックホールにならずに膨張できたのか?

    以前から疑問に思っていたのですが、宇宙の初期には膨大な質量がきわめて 狭い空間に集中していたのに、どうして重力崩壊をしてブラックホールにな らなかったのでしょうか? 空間が光速よりも早く膨張したというインフレーション宇宙の時代はともかく その後のビッグバンの過程の中でも、光速の到達範囲内でも巨大な質量があっ たと思うのですが。

  • 双子のパラドックス

    双子の一人、A君が地球に残り、B君が光速に近いスピードの宇宙船で、旅をして帰って来ると、B君の方が若いだろう。しかし、運動は相対的なので地球に残ったA君の方が運動している様には考えれないだろうか?A君から見ればB君の時間は遅い様にみえて、B君から見ればA君の時間は遅い様に見える。 「双子のパラドックス」です?? 確かに、宇宙船が一定のスピードで飛行している時は、同じ慣性系で、その時、どちらから見ても相手の時計が遅れている様に見えます。 しかし、宇宙船が減速や加速をする時は、同じ慣性系ではなくなる。 この効果を考えると、やはり、動いていたB君の方が年を取らないのである。 これは、宇宙船が減速や加速をしている間だけ「年を取る差」が出るのでしょうか? もし宇宙船が同じ一定の速さで進んでいたら「年を取る差」は出ないのでしょうか?

  • ブラックホールの事象の地平

    ブラックホールに落ちていく物体は、事象の地平に近づくとその速度がゆっくりになるというといいますが 落ちていく物体から、ブラックホール近辺でホバリングしている宇宙船を見るとどのように観測されるのでしょうか。 A:宇宙船で流れる時間 B:宇宙船自体の速度 の二通りについて説明をお願いします。 1.極限に速く進む 2.極限に遅く進む 3.どちらでもない 常識的に考えれば、時間がゆっくり進んでいる物体から見れば外界の時間は速く進むといえます。 しかし相対速度が光速に近づくので外界の時間はゆっくり進むとも言えます。 物体は強い重力場にいるとも表現でき、それでいながら自由落下しているので慣性系にいるとも言えます。 結局どの考えをどのように適用すればよいのでしょう。 必ず結果まで添えてご回答ください。

  • 「双子のパラドックス」について

    「双子のパラドックス」について疑問に思ったので質問させて頂きます。 ・地球から見て光速の90%の速度で等速度運動をする兄の乗った宇宙船から、さらに兄の乗った宇宙船視点で光速の90%まで加速するロケットAを発射した場合 →地球から見ると「兄の乗った宇宙船」は光速の90%に達しており質量が増加している。「兄の乗った宇宙船」を基準としてさらに光速の90%まで加速するロケットAを射出するならロケットAの質量はさらに増加すると思われますが、地球出発前に測定したロケットAの質量は「兄の乗った宇宙船」視点と地球視点で違うものなのでしょうか?

  • 相対論的質量について

    特殊相対論で相対論的質量についてあれこれ考えていてわからなくなりました。 相対論的質量は慣性質量とは違うのでしょうか? 前者が重力質量と違うのは(恐らく)分かります。 ですが光速度に近くなるとp=mvγの効果が出て物体が加速されにくくなるのは事実なんですよね?加速のされ具合なら慣性質量なのでは?と思ってしまいます。 確かに一般相対論では加速度=重力、慣性質量=重力質量らしいので慣性質量だけが相対論的質量と同じでは困ると思いますが。 また、今書いていてもう一つ疑問なのですが、一般相対論では「加速度=重力 ∴慣性質量=重力質量」なのか「慣性質量=重力質量 ∴加速度=重力」なのか、いきなり「加速度=重力且つ慣性質量=重力質量」なのか…… こちらは結論だけで構わないです。 回答よろしくお願いします。

  • 光の速さで進む光速船ができたらその船は飛んでるときどんなことになるのですか?

    光の速さで飛ぶことができる宇宙船ができたとします。 今の物理学でわかっている段階では、どうなるのですか? 私の読んでいる本には質量が光速に近づくにつれ無限大になる、としか書かれていません。そうなると密度も無限大になり星みたいに破裂しちゃうのですか?でも、別の本にはビックバンのときにできた塊は光速で宇宙の端にむかって飛んでいるとかかいてあります。ということは、物体のままなんですよね? ん~、よくわかりません。もしかしてタイムワープとかできちゃったりするのですか?

  • 輻射熱は光速よりも早く伝わりますか?

    この宇宙で、質量のある物は光速を超えることが出来ないものとします。 ホーキング輻射の理論から、輻射熱はブラックホールからも放射するそうですので、質量とは関係ない(=質量ゼロ)と理解します。 では、輻射熱は光速以上の速さで伝搬することが可能でしょうか?

  • 光速に近づくと「重くなる」のは重力も強くなりすか?

    光速に近づくにつれ「重くなる」という現象ですが、この「重さ」は他を引き寄せる重力作用をもつのでしょうか? あるいは、加速しづらくなるというだけで、重力作用は静止質量のみが持つのでしょうか? 特殊相対論での「質量」は一般相対論とどのように絡むのでしょうか?

  • SFにおける巨大宇宙船の加速

    SFで、船体が巨大すぎて、地上で造ると圧壊するため宇宙空間で建造、地上には降りないというタイプの宇宙船があります。 重力干渉装置などの存在は無いとして、この場合、その宇宙船が加速したときにも、加速Gで船体が崩壊するような気がするのですが、実際に作ったら、どうなるのでしょうか?

  • エントロピーの法則 対 引力(重力など)?

    物理学の世界では 熱力学の第二法則 エントロピーの増大則は例外がないという風に考えられ  ブラックホールでさえ蒸発してエントロピーは増大すると言う仮説があります しかし考えてみて下さい  もしこの宇宙に重力などの引力が無かったとしたら 全ての形ある物質は一瞬で崩壊して エントロピーは、ほぼ無限大になるのではないでしょうか? この引力がエントロピーを押さえ 秩序 組織を可能にしているのです ブラックホールは本当に蒸発するのか? エントロピーは複雑系と言う例外を出すのではないのか 宇宙はビッグバンとビッグクランチを繰り返すサイクリック宇宙ではないのか???