• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

ニトロ化について

安息香酸メチルをニトロ化するときに、実験で混酸である濃硝酸と濃硫酸を混ぜたものを加える前に濃硫酸があらかじめ入ったスリナスに氷冷下で安息香酸メチルを加えて反応溶液を酸性にしたのですが、どうしてでしょうか。誰か教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1854
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#62864

ここでの硫酸は溶媒です。酸性にするのが目的ではありません。 ニトロ化の際に使用できる溶媒は限られますので、混酸の片割れである硫酸を使ったということです。 安息香酸メチルにいきなり混酸を入れたのでは、撹拌の効率が悪いということもあるでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

説明ありがとうございます。以下の部分の理由が分からないのですが、教えてくれませんか。 >安息香酸メチルにいきなり混酸を入れたのでは、撹拌の効率が悪いということもあるでしょう。

関連するQ&A

  • m-ニトロ安息香酸メチルの合成

    実験で安息香酸メチルに5-15℃で濃硝酸と濃硫酸の混酸を混ぜて そのあと室温に放置し、温度を温めました。それから、50gの氷を入れたビーカー中に溶液を注ぎ出しました。この操作も意味がよくわかりません。氷ですから、0℃近くまで下がったものに溶液を触れさせることで液温を下げるのが目的でしょうか。m-ニトロ安息香酸メチルの融点からすると、そんなに温度を下げなくてもいいのではないかと思います。それに、溶液中に濃硫酸があるため、氷の一部が溶けて水と触れ合う危険性はないのでしょうか? このあと、大部分の氷の溶けるのを待って析出してきた固体を吸引ろ過しました。ろ過したろ紙上の固体に水で不純物を洗い流したあと、メタノールでも洗うのは濃硫酸の除去であっていますか?

  • 安息香酸メチルのニトロ化

    有機化学実験で安息香酸メチルのニトロ化を行ったのですが、副生成物としてはo位、m位のニトロ安息香酸メチル、ジニトロエステル(これは2,4-ジニトロ安息香酸メチルでしょうか?)以外はできないのでしょうか?安息香酸メチルの加水分解も考えたのですが、濃硫酸があるのでできないのではないかと思いました。 また、冷メタノールで粗結晶生成物を洗ったのですが、この時、どのような物質が何%溶解したかが載っている書籍・論文はありますでしょうか?

  • 安息香酸メチルのニトロ化について

    有機化学の求核置換反応の実験で、安息香酸メチルのニトロ化で混酸を加えたとき黄色くなったのはどのような化合物ができているのですか?ちなみに混酸を作るとき温度が18度まで上がってしまいました。教えてください。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
noname#62864

補足です。 あくまで想像ですが、混酸を安息香酸メチルに加えたときに、それらがすぐに均一に混ざるわけではないと思います。すなわち、混酸は安息香酸メチルには溶けにくいと思います。 したがって、混酸の近くにある安息香酸メチルのみがニトロ化され、それ以外の部分がニトロ化されにくかったり、部分的に温度が上がったりして、ジニトロ化の可能性が生じたりするかもしれません。 安息香酸メチルがあらかじめ硫酸に溶かしてあれば、硫酸と混酸は混ざりやすいでしょうから、混酸を加えたときに、溶液が混ざりやすくなり、全体で均一に反応が進みやすいのではないかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます!よく分かりました。

関連するQ&A

  • m-ニトロ安息香酸メチルの合成の理論値は?

    m-ニトロ安息香酸メチルの合成をおこないました。 安息香酸メチルに濃硫酸、濃硝酸を加えて行う方法です。 理論値を出す場合、o体およびp体についても考えなくてはいけないですよね? もしそうである場合、その生成比はいくつになるのでしょうか?

  • ニトロ化

    ベンゼンをニトロ化して、ニトロベンゼンを作りますが、 そのとき用いる混酸(濃硝酸と濃硫酸)の硫酸の役割を 教えてください。

  • 芳香族エステルのニトロ化

    安息香酸メチル(C6H5COOCH3)のCOOCH3はメタ配向性ですが、これは直接硝酸でニトロ化はできるのでしょうか? さらに酢酸フェニル(C6H5OCOCH3)だと配向性はどうなるのでしょうか? またこれも直接硝酸でニトロ化ってできるんでしょうか? どちらも酸によって加水分解してしまうような気がするのですが。

  • p-ニトロアセトアニリドのさらなるニトロ化

    大学の学生実験においてアセトアニリドのニトロ化を行いました。 その実験はアセトアニリドの濃硫酸溶液に氷浴中で濃硝酸を滴下、p-ニトロアセトアニリドを経て、p-ニトロアセトアニリンに加水分解するというものでした。 レポート課題も出され、そこにはp-ニトロアセトアニリドのさらなるニトロ化といった題材があり、それは「用いた濃硝酸・濃硫酸の物質量から考えると、p-ニトロアセトアニリドがさらにニトロ化され2-4-ジニトロアセトアニリド、2-4-6-トリニトロアセトアニリドといった化合物が生成する可能性が考えられる。しかし、実際にはほとんど生成しない。この理由について調べよ。」というものなのですが、いまいち分かりません。 -NHCOCH3はオルト-パラ配向性活性化基、-NO2はメタ配向性不活性化基ということは調べたのですが、これでは2,6がニトロ基で置換されてもおかしくないように思えます。 ニトロ基の不活性化作用の大きさや、アセチルアミノ基の立体障害なども考えましたが、なかなか確証を得ることができません。 どなたかわかる方はいらっしゃるでしょうか? お力添えをお願いします。

  • ニトロ化の発煙硝酸

    学生実験でp-ニトロアニリンの合成をしました. アニリンをアセチル化して,アセトアリニドを合成し,これをニトロ化しました. このとき,硫酸と発煙硝酸の混酸を使いました.しかし,アセトアニリドの反応性は高いと思うのですが,なぜわざわざ発煙硝酸を使ったのでしょうか? 反応率を上げて収率を高める,以外の理由はなにかありますか?

  • 硫酸中の安息香酸エチル

    合成実験で安息香酸エチルをニトロ化する際、硫酸+安息香酸エチル溶液と混酸を混ぜて反応させました 過去の質問QNo.2101716に似たようなものがありましたが硫酸+安息香酸エチルにはどのようなイオンが存在しているのでしょうか?

  • 安息香酸メチルの合成

    次のような実験により、安息香酸メチルの合成を行ったのですが、エステル化反応で、可逆反応のため収率は100%ではありませんでした。しかし収率をあげることは可能なのでしょうか?また可能ならばその方法を教えていただきたいです。 「実験」 安息香酸とメタノール入れて撹拌し、これに濃硫酸を3ml、ピペットで徐々に滴下。これを加熱還流した後エーテルを加え、よく振り混ぜ抽出。エーテル溶液に5%炭酸水素ナトリウム水溶液を加え、十分に洗浄した後、下層の水層をとり、濃塩酸を滴下。この後、エーテル溶液を更に炭酸水素ナトリウム水溶液で洗浄し、安息香酸が析出しないことを確認した後、エーテル溶液を飽和食塩水洗浄。エーテル層を分離して無水硫酸ナトリウムを加えて乾燥。これを数週間放置した後、乾燥剤を除去し、ろ液をフラスコへ。油浴を用いて蒸留装置を組み、エーテルを留去。放冷後、残った油状物質を減圧し、安息香酸メチルを得た。

  • p-アミノ安息香酸の合成について

    p-アミノ安息香酸の合成の手順なんですが、 ベンゼン→【CH3Br加える】→トルエン→【濃硫酸+濃硝酸】→p-ニトロトルエン→【過マンガン酸カリウム加えて塩酸加える】→p-ニトロ安息香酸→【メタノール加える】→p-ニトロ安息香酸メチル→【スズ、塩酸加える】→p-アミノ安息香酸メチル→【NaOH加える】→p-アミノ安息香酸ナトリウム→【塩酸加える】→p-アミノ安息香酸 これではダメでしょうか…? ここがいらない、とかここはこういた方がいいなどありましたら教えてもらえるとありがたいです。 特にトルエンからp-ニトロトルエンを合成する手順が???という感じです…。これではパラのみの化合物は得られないでしょうか?

  • 混酸とベンゼンについて

    実験で濃硝酸と濃硫酸で混酸を作りました。それで、ベンゼンに混酸を滴下するのですが、なぜ、混酸にベンゼンを滴下するのは、だめらしいのですが、それがなぜだかわかりません。誰か、わかる人がいたら教えてください。

  • ベンゼンのニトロ化の実験についてです。

    ベンゼンのニトロ化の実験についてです。 混酸をつくり、ベンゼンを振り混ぜながら加えて、50~60?のお湯で15分間浸すところまでは理解出来ました。 しかし、お湯に浸している間、時々試験管を取り出しよく振りまぜると書いてあります。 なぜでしょうか?