• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

会社設立前の、下準備の費用は経費の一部とされますか?

今後(いつかは、はっきりしていないが、2~4ヶ月後くらい)会社を設立する予定ですが今からいろいろな調査のために、海外に行ったりお客さんになってもらえそうな方と外食したり 会計や税金 会社設立の本をかったり・・・何かと出費がかさんでいます。いま、出費した会社設立のためのそのような費用は領収書をとっておくべきなのでしょうか?後に経費の一部とされるのか、会社名も決まっていない 会社もスタートしていない状態では、意味がないのでしょうか?今現在収入がないので、お金は出て行く一方・・・せめて後々経費とできればいいのに。主人の名義で会社をおこすのですが、私は経理関係、税関係は、手伝うことになります。そのような為に もし講習を受けたりした場合などはどうなのでしょうか? たとえばこのところ 主人はお客さんになるだろう人にあいにいき、外食をしま す。来月は、海外に調査しに行きます。そこでの宿泊代、接待費、車代 国際線 国内線の飛行機代などの交通費 そしてまた自営業に全く無知な私の、それをマスターする為の勉強代(パソコン経験が浅く エクセル等の講習会 会社設立の講習会に出る予定) これらの出費は合計すると結構かかってきてしまうのです。違法にならない範囲でできるだけ上手に遣り繰りしたいのです。教えてください。会社が出来ていない今から帳簿のようなものをつけておいたほうがいいのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1420
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#24736
noname#24736

会社の設立準備にかかった費用は、創立費と開業費に分かれます。 「創立費」 会社設立のために購入した書籍・ 法人の印鑑代・謄本取得費用など、設立に直接かかった費用。 「開業費」事業の準備にかかった費用で、書籍代・パソコンソフト代・食事代・出張費・講習の受講料などです。 これらは、いずれも、商法の規定で固定資産の中の繰延資産に計上して、5年間で償却して経費に振替えるか、開業して年度に一括して経費に計上することも出来ます。 青色申告を申請すると、3年間だけ欠損金の繰越が出来ますから、これらの費用が多額に掛かり、当初、一括で経費にすると赤字になっては困る場合は前者の方法を取りますが、大企業でない限りは、後者の方法で最初の年度に経費にした方が税制上有利です。 その様なことから、領収書は保管して、記帳しておいてください。 又、開業届を税務署に出して、青色申告の申請をして「法人会」に加入すると、税務関係の講習会や、記帳指導なども受けられます。 もう一つ、お住まいの地域の商工会議所や商工会でも、起業の相談に乗ってもらえます。 起業の関連知識として、参考urlをご覧ください。 成功をお祈りします。

参考URL:
http://www.businessp.co.jp/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のお返事ありがとうございます。細かく教えていただいて助かりました。開業届けを出して 早く青色申告の申請をして法人会にはいったほうがいいのでしょうか・・又税金面から考えた場合、少しでも早い開業の方がいいのでしょうか?それとも、しっかり煮詰めてからの方がいいのか・・・また質問になりましたが教えていただけたらうれしいです。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
noname#24736
noname#24736

>税金面では、確定申告の前に開業しているのと、していないのとではちがいはありますか? 開業費・創業費は開業してから経費として処理します。 そして、確定申告は開業してから申告します。 従って、開業してから開業費・創業費を経費として処理し、決算をしてから確定申告をするという順序になります。 >青色申告の手続きはちょうどもいい時期とかあるのでしょうか? 青色申告の申請は、開業後2ケ月以内に申請する必要があります。 通常は、開業したら開業届と一緒に提出します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

恥ずかしいほどの基本的な質問に、丁寧に答えて下ってありがとうございした。

  • 回答No.3
noname#24736
noname#24736

>開業届けを出して 早く青色申告の申請をして法人会にはいったほうがいいのでしょうか・・又税金面から考えた場合、少しでも早い開業の方がいいのでしょうか?それとも、しっかり煮詰めてからの方がいいのか・・・ そのために、早く開業届を出したり、開業を早める必要は有りません。 じっくりと検討・準備をしてからの方がよろしいでしょう。 商工会議所や商工会では、開業前から相談が出来ますから、まづ、そちらを利用されたらよろしいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

引続きアドバイス有難うざいます。早めにとりあえず商工会議所や、商工会にいったほうがよろしそうですね。税金面では、確定申告の前に開業しているのと、していないのとではちがいはありますか?青色申告の手続きはちょうどもいい時期とかあるのでしょうか?またkyaezawaさんにお聞きしてすいませんが教えてください。

  • 回答No.1
  • MSZ006
  • ベストアンサー率38% (390/1011)

会社設立のために要した費用は「創立費」という繰延資産になります。会計上は5年間で均等償却し、税務上は任意償却です。会社の経費になりますから領収書などは保管しておいたほうが良いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございました。たとえば、去年度の9月末に借り始めたマンションの一室で、最初は開業しようと思っていますが、この場合に生じた敷金や礼金や引越し代又今年購入した車代(仕事でも使うし自家用としても使う)などは創立費として、一部でも計上できるのでしょうか?開業からどのくらいさかのぼっていいのでしょうか?その場合はやはり領収書みたいなものを特別に作ってもらうべきなのでしょうか、以前もらったものを添付するくらいでいいのでしょうか?又質問でスミマセン。ぜひ教えてください。

関連するQ&A

  • 会社設立前の経費

    飲食業のコンサルティング会社を設立しました。 今帳簿を見直しているのですが、会社設立前に結構な金額を使っています。 会社設立前の領収書は個人名でもらっていますが、設立後の経費と同じように考えていいのでしょうか。 また、交際費の取扱いも同じでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 会社設立に伴う費用

    会社設立を考え、色々準備にとりかかっています。 会社ホームページの作成、ロゴマークや名刺の作成、パソコンの購入、税理士との相談等々このような費用は、会社設立後に経費として計上できるのでしょうか? できるようにするにはどのような方法があるのでしょうか? どなたか教えてください。 よろしくお願い申し上げます。

  • 会社設立の経費に関しまして

    株式会社を設立するにあたり (1)会社設立以前にその代表となるものが、個人名義で事務所又は店舗を借りた場合に、取得費用を会社設立後に経費としては認められるでしょうか?あくまでも個人で契約した場合ですが。もしできるとすれば、その契約者名を法人に切替える必要はありますか?それとも代表者名で契約していれば、名義を変更する必要はないのでしょうか? (2)上の(1)で経費として落せる場合、何ヶ月前まで適用されますか?数年前では無理だと思うのですが、1年以内とかなにか制限等ありますでしょうか? (3)店舗取得費用の内訳として、法人の経費として認められるのは限りがあると思うのですが、具体的にどれが経費として償却できて、何ができないのでしょうか?(敷金・礼金・保証金・前家賃・店舗での保険(火災等)・設備・室内備品・通常家賃など) (4)経費を証明する上での領収書の名前は上様ではだめでしょうか?やはり、会社名か代表者名でしかだめなのでしょうか? (5)会社設立後に、必要となる経理・帳簿の付け方など、小企業ができる限りのことをする場合、何を参考にしていけばよいでしょうか?無料でそう言うことを御指南いただける機関等ありましたら教えて下さい。 その他ホームページなどございましたら。 (6)最後に 有限会社と株式会社では、年間の維持費にはやはり差はあるでしょうか?同じ年商の同じ数の従業員とした同条件の場合。

  • 会社設立前の機材購入を経費にできるか?

    経費にお詳しい皆様にお聞きしたいことがございます。 1、2ヵ月後に株式会社の設立を考えております。 本当は今すぐにでも作りたいのですが、諸事情により設立が遅れております。 そして、会社設立前に、会社の事業をするにあたり必要な機材を購入しようとしているのですが、このような機材は、会社設立後、会社の経費とすることが可能でしょうか? 可能な場合、領収書の宛名は社名でなく個人名でよいのでしょうか? 宜しくお願いいたします。

  • 会社設立初年度の必要経費について

    お世話になっております。 会社設立初年度の必要経費について教えてください。 今月、会社を設立しまして、会社設立に伴い、いろいろな備品を購入したのですが、その中で10万円の領収証を越えるものが幾つかあります。 平成20年3月31日まで、30万円以下の資産については、一括して経費に計上できるとのことは、ネットを検索していて出てくるのですが、それ以降については通常通り10万円までしか経費として一括計上できないのでしょうか? 以前どこかで、会社設立初年度は、10万円を超えるものでも経費として一括計上できると聞いたことがあるのですが、真偽をご教授下さい。 よろしくお願い致します。

  • 会社設立前の経費(人件費)について

    会社設立前の経費(人件費)について 6月末に会社を起こす予定なのですが、設立前の6月頭から先行して働く人間の人件費(給与)を支払うことは可能なのでしょうか? 難しい場合は、代わりにどのような名目で給与を渡すことが可能でしょうか? なお、給与を支払う予定の人間は無職(前職との在籍期間が被ることはありません)です。 お手数ですが、ご教授お願い致します。

  • 会社設立 登記について

    会社を設立予定です。なるべく経費をかけたくないので、自分で会社の登記等をしようと思っています。会社設立の本を読むと自分でできそうな感じがしますが、司法書士に頼んだ方がよいのでしょうか?自分で登記された方がいらっしゃいましたら教えてください。

  • 株式会社設立にかかる費用は設立後経費と見なされる?

    この度新規に株式会社を設立する予定です。会社設立日前にかかった費用(税金、事務所の賃貸料、電話権利など)は経費で賄えるのでしょうか?領収書の日付を設立日以降にしてもらわないとダメでしょうか?役員の印鑑証明料なども経費とみなされますか?教えてください。

  • 会社設立前の備品購入はどこまで経費に入るのでしょうか

    弟が、7月に一円起業(有限会社)を予定しているのですが、 ファックス機等は、会社設立前に購入しても経費扱いできると思うのですが、 細かい事務用品なども、経費として認められるのでしょうか。 また、弟は5月末に現在の会社を辞めますが、会社を辞める前の日付のものも経費として認められるのでしょうか?(いつまでさかのぼれるのでしょうか?)

  • 設立前の経費

    会社設立を目指して2年がかりでいろいろ準備してきて、ようやく会社設立にこぎつけました。設立準備中にいろいろ経費がかかっています。消耗品や研修費、水道光熱費、バイト代などなど。これらの経費は個人名で全て領収書をもらってあります。会社設立後に会社の経費として計上できるでしょうか?一般的に会社設立前にかかった費用は通常、何年前ぐらいの領収書の分まで、会社設立後、会社の経費として計上できますか?