• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

クロム錯体について

ニクロム酸カリウムをエタノールと濃塩酸で混合すると、[CrCl2(OH2)4]+となるそうなのですが、この反応の過程がどうもよくわかりません。 Cr3+は置換不活性だからアクア配位子は付かないはずでは?? そして、この後、亜鉛で還元してCr2+とし、これと濃アンモニア水に塩化アンモニウムと硫酸アンモニウムを加えた溶液を反応させました。このときのアンモニア水にアンモニウム塩を加えた理由もわかれません。 お願いします・・・ちなみにこれはヘキサアンミンクロム(III)塩化物の合成の実験です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1946
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • Josquin
  • ベストアンサー率30% (771/2492)

無機の反応では過程なんてあまり考えないと思いますが。 アクア配位子が付かない、とどこかに書いてありましたか? [Cr(H2O)6]3+ というイオンは存在します。 アンモニウム塩を加えたのは、pHコントロール(緩衝溶液にする)のためです。アルカリ性に傾きすぎると、水酸化物の沈殿が生じてしまうため(さらに強塩基を加えれば、再溶解するのだと思いますが)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 錯体化学

    ヘキサアンミンニッケル(II)塩化物を合成して,配位子の数を確認する実験を行いました。 その際,エタノールを加えて錯塩を沈殿させる方法をとったのですが,どうしてエタノールなのでしょうか? どのような反応が起こるのですか?

  • 金属錯体についてなんですが

    ヘキサアンミンコバルト(iii)塩化物 と クロロペンタアンミンコバルト(iii)塩化物 の二つの錯体の違いはどんなものがあるでしょうか? 教えてください><

  • 配位子

    ヘキサアンミンニッケル(II)塩化物を加熱して、アンモニアをとばすという実験をしました。アンモニアの配位子を求めるために計算をしたのですが、多くなる理由が分かりません。少なくなるのは加熱の不十分だったり、その前の過程でちゃんと配位ができていなかったんだろうと思うのですが…。回答宜しくお願いします。

  • 化学 錯体のスペクトル測定

    ペンタアンミンクロロコバルトIII塩化物、ペンタアンミンアクアコバルトIIIシュウ酸塩、ヘキサアンミンコバルトIII塩化物のスペクトルをそれぞれ測定しようと思っているのですが、なにか適切な溶媒はないでしょうか? よろしくお願いします。

  • ヘキサアンミンコバルト((3))塩化物の合成について

    ヘキサアンミンコバルト((3))塩化物の合成で、触媒として加える活性炭を加えなかった場合、どういった反応がおこるのでしょうか?別の化合物ができるのらしいのですが。ちなみに実験では、塩化コバルト六水和物に塩化アンモニウムを加えて合成を行いました。 また、ヘキサアンミンコバルト((3))塩化物を同定するにはどのような方法があるのでしょうか? 塩化コバルト六水和物の結晶は赤色で、水に溶かすと紫色になったのですが、コバルトはコバルトブルーって色だだった気がするのは気のせいでしょうか?

  • コバルト(III)錯体

    実験でコバルト(III)錯体を4種合成しました。 そのあと、電子吸収スペクトルを測定したのですが、課題で 分光化学系列について、なぜ、配位子により第I吸収帯がシフトするのか、化学結合に基づいて説明せよ、というのが出てるのですが さっぱり分かりません。 ちなみに、合成した錯体は トリス(オキサラト)コバルト(III)酸カリウム・三水和物 K3[Co(ox)3]・3H2O エチレンジアミンテトラアセタトコバルト(III)酸カリウム・二水和物 K[Co(edta)]・2H2O ペンタアンミンクロロコバルト(III)塩化物 CoCl(NH3)5Cl2 ヘキサアンミンコバルト(III)塩化物 [Co(NH3)6]Cl3 の4種です。 よろしくお願いいたします。

  • クロム錯体の配位子置換について教えて下さい

     実験で[Cr(NH3)5(H2O)](NO3)3を合成しました。硫酸カリウムクロム・12水和物を濃アンモニア水に溶かしたのですが、始めの段階として6配位するクロムが(1)[Cr(H2O)6]3+なのか(2)[Cr(NH3)6]3+のどの状態で存在しているのか分かりません。私としては、(2)から始まり、アミノ基1つがアクアと置換したほうがいいと考えるのですが根拠がありません。結合する配位子は濃度によって決まるのか?(1)と(2)のどちらから始まるのか?置換するには条件があり、自発的なのか?分かりにくい質問と思いますがお願いします。

  • ヘキサアンミンコバルト(III)塩化物

    今回以下の合成でヘキサアンミンコバルト(III)塩化物を合成したのですが反応式と、ヘキサアンミンコバルト(III)塩化物の構造が分かりません。誰か分かるという方は教えてください。お願いします (1)塩化コバルト(II)6水和物4gと塩化アンモニウム2.7gを30mlの水に溶かし、これに濃アンモニア水を一度生じた沈殿が再び溶けるまで撹拌しながらゆっくり加えた。 (2)活性炭を0.2gを加えた後、3mlの過酸化水素水ゆっくり加えた。 (3)泡が生じなくなるまでよく撹拌し、一夜放置した。 (4)析出した結晶を活性炭と共にろ過し、1~2%の希塩酸に加え温め溶かし出した。 (5)熱いうちにろ過して活性炭を取り除き、ろ液に5mlの濃硫酸を加えると橙黄色の微結晶が沈殿した。 (6)吸引ろ過し20%塩酸で洗った。 (7)再結晶は出来るだけ少量の温水に溶かし、ろ過した後、静かに放冷して結晶を析出させた。 (8)吸引ろ過し、少量の20%塩酸、エタノールで洗浄した。

  • コバルト錯塩の生成で。

    ペンタアンミンクロロコバルト(3)塩化物をアンモニア水と水とシュウ酸とシュウ酸アンモニウムと反応させてペンタアンミンアクアコバルト(3)シュウ酸塩を作ったのですが、化学反応式が作れません(*_*)わかる方いましたら教えてくださいm(__)m

  • ヘキサアンミンコバルト(III)塩化物について

    ヘキサアンミンコバルト(III)塩化物は何色を示すのですか?? また、どんな性質をもっているのですか?? 調べてもなかなか性質までは載ってなくて困ってます。