• ベストアンサー
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:科学の酸化還元反応の質問です。)

酸化還元反応についての質問

このQ&Aのポイント
  • 科学の酸化還元反応に関する質問で、イオン反応式の書き方について詳しく知りたいです。
  • 具体的には、ニクロム酸カリウムと硫酸鉄(II)の反応を表すイオン反応式や化学反応式について理解したいです。
  • また、なぜ二クロム酸カリウムと硫酸鉄(II)のイオン反応式では異なるイオンを足す必要があるのかについても疑問があります。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • takkochan
  • ベストアンサー率28% (205/732)
回答No.2

何度か同種の質問に答えていますが、根本を理解する必要があります。 イオンの部分は良いわけですね? そうすると、 Cr2O7^2- + 14H^+ +6Fe^2+ → 2Cr^3+ + 6Fe^3+ + 7H2O までは良いですよね。 ここまでは、イオン式ですが、実際にこの反応を行う場合には、イオンで加えているわけではありません。 それぞれ、存在する試薬でやっているわけです。 イオンは単純化するために、実際に起きている、イオン反応の部分だけ書いているわけです。 従って、ニクロム酸イオンなら、実際に使っている試薬、この場合は、ニクロム酸カリウムにするために2K+を加えるわけです。 そうすると、 K2Cr2O7 + + 14H^+  +6Fe^2+ → 2Cr^3+ + 6Fe^3+ + 2K+ + 7H2O と成りますよね。 硫酸酸性ですから、14H+に見合う7SO4^2-と硫酸鉄(II)の6Fe^2+に見合う6SO4^2-の合計13SO4^2-を両辺に加え、右辺は2Cr^3+ の対イオン3SO4^2-が、また、6Fe^3+の対イオンとして9SO4^2-が、2K+の対イオンとして1個のSO4^2-が必要で、合計13SO4^2-とつりあいます。 つまり、 K2Cr2O7 + 7H2SO4 + 6FeSO4 → Cr2(SO4)3 + 3Fe2(SO4)3 + K2SO4 + 7H2O となり完成です。 理解できましたでしょうか。 今回は省略しましたが、他の質問で書いたイオン式のあわせ方、今回の陰イオンのあわせ方も、暗記するのではなく、理解することが大事です。   >電子の数を合わせて(1)と(2)を足して終わりですが というような考え方ではなく、前回までのイオンのあわせ方を知っていれば、 この質問の(1)式も暗記する必要がなく導けるわけです(当然、この質問もらくらくわかることになります。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (1)

  • NiPdPt
  • ベストアンサー率51% (383/745)
回答No.1

イオン反応式であれば、変化した部分のみを書けば良いということであり、水溶液中ではそれらのイオンに分かれていることをふまえて解答すればそのような答えになるということです。 化学反応式ということであれば、それぞれのイオンのもとになっている物質で書かなければなりません。イオンというのは特定の化合物が水に溶けることによって生じたものであり、物質の一部を表しているに過ぎません。 たとえば、塩化物イオンが存在するならば、それの相手になっている陽イオンも存在するはずです。たとえば、NaClかKClかCaCl2であるかといったことまで明示するのが化学反応式の書き方です。 なので、Cr2O7^2-ではなく、K2Cr2O7と書かなければなりません。また、H+に関しては、「硫酸酸性」条件であることから硫酸由来であるはずです。したがって、H2SO4も式に加える必要があります。もちろん、FeSO4に由来するものも式に入ってきます。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 酸化還元反応式について

    問題 (1) Cr2O7(2-) + 14H(+) + 6e(-) > 2Cr (3+) + 7 H2O (2) Fe(2+) > Fe (3+) + e (-) 次の2つの式を用いて、硫酸を少量加えたニクロム酸カリウム水溶液と硫酸鉄 (II)水溶液との反応式を導け。 step 1: (1)、(2)から電子 e(-)を削除する。 (1)+6 x (2) Cr2O7(2-) + 14 H (+) + 6 Fe (2+) > 2Cr(3+) + 7 H2O + 6 Fe (3+) ここまでは、理解できます。 step 2: 両辺にK(+), SO4(2-)を加えて整理する。 K2Cr2O7 + 7 H2SO4 + 6 FeSO4 > Cr2(SO4)3 + 7 H2O + 3 Fe2(SO4)3 + K2SO4 ここで、質問があるのですが。 まず、この酸化還元反応式の意味自体を理解したいです。 二クロム酸カリウム + 硫酸 + 硫化鉄 > 硫化クロム + 水 + 硫化鉄 + 硫化カリウム となると思うのですが、左辺, 右辺にも硫化鉄があるということは、硫酸を加えた時点で、酸化鉄が生成したということでしょうか。 また、この反応式全体を導くためには、最初から、ニクロム酸カリウム水溶液と、硫酸の反応式の反応物と生成物を覚えておく必要がありますか。 つまり、最初の与式 (1)、(2)のみから、答えを導くのは難しいですか。 教えてください。 お願いします。

  • 酸化還元反応式・・・

    初めまして。化学の実験のレポートでつまづいた所があるので教えてください!!うちの学科の必修科目で単位落とすと留年かもしれないんで・・・。 質問というのは酸化還元反応のことです。すべて質問されているのは各酸化還元反応の反応式を求めよ、というものです。反応物は 1、硫酸酸性過マンガン酸カリウム水溶液・亜硫酸ナトリウム水溶液 2、硫酸酸性ニクロム酸カリウム水溶液・亜硫酸ナトリウム水溶液 3、硫酸酸性過マンガン酸カリウム水溶液・シュウ酸水溶液 4、硫酸酸性過マンガン酸カリウム水溶液・ヨウ化カリウム水溶液 5、硫酸鉄((2))水溶液・硫酸水溶液・過酸化水素水 6、硫酸鉄((2))水溶液・硫酸酸性過マンガン酸カリウム水溶液 7、硫酸鉄((2))水溶液・硫酸酸性ニクロム酸カリウム水溶液 8、塩化鉄((3))水溶液・塩化スズ((2))水溶液・ヘキサシアノ鉄((3))カリウム水溶液 9、塩化鉄((3))水溶液・ヘキサシアノ鉄((3))カリウム水溶液 10、硫酸酸性ニクロム酸カリウム水溶液・エタノール 11、メタノール・イオン交換水・バーナーで熱した銅線 12、フェーリング液A・B・ホルムアルデヒド水溶液 この中で知っているものだけでいいんで教えてください!

  • 酸化還元反応式について教えてください

    硫酸酸性の過マンガン酸カリウム水溶液に硫酸鉄(II)水溶液を加えた反応なんですが、 イオン反応式までは自力で出せて、 MnO4-+8H++5Fe^2+→Mn^2++5Fe^3+4H2O になったのですが、次の反応式にする作業がいま一つ解説を読んでもわかりません。 解説にはイオン式の両辺にK+と9SO4^2-を補うとあるんですけど、9SO4^2-の"9"ってどこから来たんですか? あと最後に両辺を2倍する意味も良くわかりません。 馬鹿な私をお助けください…(泣

  • 頼みます!!  助けてください。 酸化還元反応

    ~酸化還元反応~ 1、Fe2+の適量 硫酸鉄(II)水溶液25.0mLを硫酸酸性にしたのち、0.020mol/L 過マンガン酸カリウム水溶液を滴下したところ、次の反応が起こり、20.0mLを加えたとき終点に達した。 MnO4- + 8H+ + ( a ) → Mn2+ + 4H2O ・・・(1) Fe2+ → ( b ) + ( c ) ・・・(2) (1) 上式の( )を埋めよ。 (2) 硫酸鉄(II)と過マンガン酸カリウム反応を、イオン反応式で表せ。 (3) 硫酸鉄(II)水溶液の濃度は何mol/Lか。 2、H2O2 水の濃度 ある過酸化水素水を 〔20倍にうすめた〕a のち、 〔10.0mLをとり〕b、 硫酸を加えて賛成にしてから3.16g/Lの過マンガン酸カリウム水溶液を滴下したところ、9.12mLで反応が完結した。 (1) 過酸化水素の行う反応をe-を含む式で表せ。 (2) 過マンガン酸カリウムの行う反応をe-を含む式で表せ。 (3) この滴定反応で参加数が変化する元素(原子)を挙げ、参加数の変化を記せ。 (4) 〔 〕 a b の操作に用いる器具の名称を記せ。 (5) 滴定の終点は溶液が何色を呈するときか。 (6) 滴定用いたかマンガン酸カリウム水溶液の濃度は何mol/Lか。 (7) うすめる前の過酸化水素水の濃度は何mol/Lか。 3、希硝酸の反応 (1) 希硝酸の酸化作用を表す次の式の( )を埋めて反応式を完成せよ。 HNO3 + ( )H+ +( )e- → ( )H2O + ( ) (2) 銅と希硝酸の反応の化学反応式を記せ。 (3) (2)で、酸化剤としては働いている硝酸は、銅1molあたり何molか。 4、酸化剤と還元剤 次の文の( a ) ~ ( h ) なごく、化学式、数値を入れよ。 過酸化水素水に硫酸酸性の過マンガン酸カリウム水溶液を加えると ( a ) の泡が 発生する。この反応で、過酸化水素は ( b ) 剤としてはたりている。 過酸化水素水に二酸化硫黄を通じると、次のように反応する。 H2O + SO2 → ( c ) このとき硫黄の酸化数は ( d ) から ( e ) に変化しており、過酸化水素は ( f ) 剤、二酸化硫黄は ( g ) 剤である。 また、硫化水素水に二酸化硫黄を通じると ( h ) が生じては砕くするが、この反応 は次式で表される。 2H2S + SO2 → ( i ) + ( j ) この場合、硫化水素の硫黄の酸化数は ( k ) から ( l ) に変化しており、硫化水 素は ( m )剤、二酸化硫黄は ( n ) 剤である。 よろしくお願いします。

  • 硫酸鉄(II)とニクロム酸カリウムの酸化還元滴定

    初めまして、学校の実験授業で硫酸鉄(II)中の鉄の定量という実験をやりました。 硫酸鉄(II)とニクロム酸カリウムの酸化還元滴定で行い、式を用いて鉄の含有率を求めるものです。 ニクロム酸カリウムの酸性溶液中での酸化作用は Cr2O7(2-)+14H(+)+6e(-)→2Cr(3+)+7H2O だと教科書に書いてあります。(分かりづらくてすみません、かっこ内の数は価数です。アルファベットのあとの数字は右下の小さい数字です。) ニクロム酸カリウムの式は分かったのですが、硫酸鉄(II)の式がわかりません。どのようにして考えれば分かるのでしょうか?教えて下さい。

  • 酸化還元反応

    硫酸鉄(II)水溶液に過マンガン酸カリウム水溶液を加える。この酸化還元反応式を書け。 半反応式は、 MnO4⌒-+8H⌒++5e⌒-→Mn⌒2++4H2O・・・(1) Fe⌒2+→Fe⌒3++e⌒-・・・(2) (1)+(2)×5から、 MnO4⌒-+5Fe⌒2++8H⌒+→Mn⌒2++5Fe⌒3++4H2O 最後に、K⌒+、SO4⌒2-を補う。 2KMnO4+10FeSO4+8H2SO4→2MnSO4+K2SO4+5Fe(SO4)2+8H2O となるのですが、最後にK⌒+、SO4⌒2-の補い方が分かりません。解説をお願いします。

  • 酸化還元反応

    二つ質問があります、よろしくお願いします。 (1) 熱濃硫酸に銅版を入れた反応を化学反応式で表せ。 の問題は最後硫酸イオンを補わなくてはいけませんよね?なぜですか?過マンガン酸カリウムを使った反応なら硫酸酸性&カリウムが不足しているってことはわかるのですが、熱濃硫酸の時はどうしてそうなるのでしょうか? (2) S,Cl2,Br2,I2を酸化力の強い順にならべよ。 これは全くわかりません、どうやってやるのでしょうか?

  • 酸化還元反応式についての質問

    硫酸酸性のニクロム酸カリウム水溶液に過酸化水素水をくわえる。 Cr2O7 2- +8H+3H2O2→ 2Cr3+ +7H2O+3O2 省略されているK+ SO4 2-を補う 何故補うのかわからない? 解答 K2Cr2O7+3H2O2+4H2SO4→Cr2(SO4)3+7H2O+3O2+K2SO4

  • 酸化還元反応に関する基礎的な質問です。

    硫酸酸性水溶液における過マンガン酸カリウムKMnO4と過酸化水素水H2O2の反応についてです。 なぜ酸性水溶液にする必要があるのですか? そして何らかの理由で酸性にする必要があったとして、その場合、硫酸じゃなくても塩酸や亜硫酸など他の酸性水溶液ではダメなのでしょうか? 教えてください。 よろしくお願いします。

  • 酸化還元反応

    過マンガン酸カリウムの半反応式で、酸性下ではマンガンイオン(II)で塩基性下ではMnO2になるのはどうしてでしょうか?また酸性下と塩基性下では半反応式はどのように変わるのですか?

このQ&Aのポイント
  • 役職者の高い人や良い結果を出している人は、ルールを無視してわがまま放題していい暗黙のルールがあるのでしょうか?
  • 社内で決まっているルールを役職者や結果を出している人が無視して、わがままに行動していることはありますか?
  • 仕事中のスマホ利用や掃除のルールについて、役職者や優秀な社員が特例を設けている場合があるのでしょうか?
回答を見る