• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

あいさつ言葉の敬語表現

おはよう。 こんにちは。 こんばんわ。 さようなら。 などの、日常的なあいさつに 敬語ってあるのでしょうか。 おはよう→おはようございます。なのかと 思うのですが。 よく 「失礼します」「お疲れ様」 というやりとりの「お疲れ様」は、 上位のものから下位のものへの 言葉と聞きます。 あいさつ言葉に 謙譲や尊敬などの敬語表現が あるのか 教えて頂きたいのですが?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数4714
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • oh-kiku
  • ベストアンサー率18% (67/360)

「お疲れ様」は、上位のものから下位のものへの言葉と聞きます。 →上位から下位には「ご苦労様でした」です。 下位から上位へは「お疲れ様でした」です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 古典の敬語表現について

    二方面の敬語表現について、尊敬語の次に謙譲語が来ないのはなぜでしょうか?

  • 敬語2

    ”亡くなる”という言葉は敬語で尊敬語なのでしょうか? あるサイトで発見したのですが、”亡くなる”という 敬語は尊敬語であるというコメントを発見しました。 では、”亡くなる”の謙譲語はなんと言うのでしょうか?

  • 敬語について教えてください。

    「私で構わなければ・・・」を敬語に直すと 「私でお差し支えなければ」になると教えていただいたのですが、 「私で宜しければ・・・」といった表現は間違えているのでしょうか? また、「お差支えなければ・・・」は尊敬語ですか?それとも謙譲語ですか? ご存知の方がいらっしゃいましたら 解答をお待ち申し上げております。 よろしくお願い致します。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

挨拶はその言葉を使う自体が謙譲や尊敬を表してはいます。 さらに謙譲や尊敬を表現するのであれば、先に挨拶の言葉を発する、先に頭を下げる、座っていたら立ち上がるという動作が大切になります。 少しだけ注意したいことを述べます。 ☆「こんにちわ」「こんばんわ」はこのままで良いと思います。 ☆「おはよう」おいう言い方は親しい間とか、目上から目下への挨拶に使われます。より丁寧さの伝わる言い方は「おはようございます」でしょう。 ☆「さようなら」は「さようなら、失礼致します」とする方がなお良いと思います。 ☆また、「さよなら」と「う」を抜いて使うことがあります。この言い方はは少々くだけた感じが伝わるので、丁寧さを出したいときには「さようなら」と「う」を入れたものを使う方が良いかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

本来、お疲れさまは農作業などの労務に対するねぎらいに、ご苦労さまは難しい仕事をこなしたことや勤労に対するねぎらいに使っていたそうです。 したがって、単に上下関係だけで使う言葉を決めるものではありません。 以前、中曽根首相が天皇陛下に向かって、ご苦労さまと言ったことがありますが、これなどは良い使い方の例でしょう。 難しい仕事をこなしてきた目上の天皇陛下に向かって言うのですから、この言い方で何も問題がないわけです。 ただし、職場となると話が別です。 なぜかローカルルールができていて ・上位から下位には「ご苦労さま」 ・下位から上位へは「お疲れさま」 と指導する会社が多いようです。 ちなみに時代劇などで目下の人に「ご苦労であった」というから、この表現は上位から下位への言葉だという人がいます。 これは本当は「苦労であった」というべきで、上位から下位への言葉だという証明(?)にはならないです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#126060

それぞれは元の敬語を略したものです。 「おはよう」=(今朝は)お早う(お越しでございますね)or(お目にかかります) 「こんにちは」=今日は(御機嫌いかがでいらっしゃいまますか?)or(良いお日和でございますね)or(ようこそお越し下さいました)or(お初に御目通りいたします)or(お久しぶりでございます) 「こんばんは」=今晩は(良い夜でございますね)or(このような時刻にどうされましたか?)←昔は日が暮れると物騒なので出歩く人はよほどの用に限られた 「さようなら」=左様なら(ば、私はこれにて下がらせていただきます) 省略ですから、その後は言わなくても察しがつくようなある程度親しい人に使う言葉なのですが、この中で「こんにちは」だけが、語源の意味によって毎日会って活動を共にしているような人(家族・仕事場の人など)には使わないものになっています。 そこで元の言葉を現代風に直したものや、状況に応じた内容を述べて敬語の挨拶とします。 「お久しぶりでございます。お元気でいらっしゃいますか」 「お初にお目にかかります(初めまして)」 「本日はようこそお越し下さいました」 「本日はお招きいただきありがとうございます」 また一部では意味の正否はともかく慣習として、昼を過ぎても「おはようございます」、「(ご出勤)お疲れ様でございます」「(お勤め)お疲れ様でございました」を使っているところもあります。

参考URL:
http://iroha-japan.net/iroha/B06_custom/01_aisatsu.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 二方面への敬語

    敬語の本には、謙譲語に尊敬語をつけても尊敬の意味にならず、誤りだと書いてありました。 でも調べるうちに、古文の文法には二方面への敬語というものがあることを学びました。 例)たてまつりたまふ(謙譲語+尊敬語) ですが 「お差し上げになる」 「拝見なさった」 という表現を私はあまり耳にしません。 現代では、動作をする人と受ける人に同時に敬意を表すため、謙譲語+尊敬語を使うことは誤りなのでしょうか? 間違ったことを質問しているかもしれませんが、よろしくお願いします。

  • 「何か聞いていますか」を敬語に

    こんにちは。 敬語について教えてください。 お客様に対し、 「私の伝言を何か聞いていますか?」を敬語に直す場合、 「私の伝言を何か聞いておられますか」というのと、 「私の伝言を何か伺っておりますでしょうか」とどちらが正しいのでしょうか? 私は、尊敬語で尋ねるのがあっていて、謙譲語はおかしいかな?っと思うのですが・・・。 よくわかりません・・・。 宜しくお願い致します。

  • 「おっしゃっていただく」は正しい敬語でしょうか

    日本語を勉強中の中国人です。「おっしゃっていただければ」のように、「おっしゃる」という尊敬語表現と「いただく」という謙譲語表現を合体して使用するのは正しい敬語表現なのでしょうか。 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

  • ややこしい敬語

    いずれの方も同じ社内の人間で、仮に上下関係を「(上)Aさん>Bさん>Cさん>自分(下)」 だとします。 (1)(Aさんに対して)Cさんは2時に出かけると言っていました。 (2)(Bさんに対して)Aさんが来るように言っていました。 (3)(Bさんに対して)Cさんはあちらにいます。 これを正確な敬語で表現した場合どうなるでしょうか? いずれの場合も尊敬語を使うべきか、謙譲語を使うべきかで迷ってしまいます。 宜しくおねがいします。

  • 敬語を教えてください。

    未だに、話し言葉が抜け切れず、自己嫌悪ばかりですが、 例えば、『もしかして~かも知れません。』 を敬語で言うとどのようになるのでしょうか。 私は、どうも『もしかして』『かも』という言葉が話し言葉のような気がします。 また、自分のことを『自身』『私自身』というのは敬語でしょうか。 また、敬語辞典(尊敬語、謙譲語)が同時についていて すぐに調べられるような書籍もしくはサイトはあるでしょうか。

  • 敬語と謙譲語と丁寧語の使い分け

    敬語と謙譲語、本来どのように使い分けるものなのでしょうか? 僕は普段 敬語と謙譲語と丁寧語を区別せず、その時の雰囲気で言いやすい言葉を使っています。 それもなんとなく言葉を選んでいるだけなので、ハッキリと「ここは謙譲語で」「ここは敬語で」という風に分けているわけではありません。 むしろ謙譲語なのか敬語なのかもわからずに使っている言葉もあります。 今まで注意されたことがないため自分の言葉遣いに疑問を感じることはなかったのですが、ふと気になったので教えて下さい。

  • 「お~する」は基本的には謙譲表現なのだと思います。

    「お~する」は基本的には謙譲表現なのだと思います。 ただ、「尊敬表現」あるいは「丁寧表現の結果としての尊敬表現」という解釈は全く不可能なものでしょうか。 たとえば、 「Aさんにお会いになることはございますか?」 「Aさんに会われることはございますか?」 などは尊敬表現でしょうが、 「Aさんにお会いすることはございますか?」 は、【どんな場合でも】謙譲表現で失礼になってしまいますか? 「Aさんに会うことはございますか?」 の丁寧表現という見方は、あり得ないものでしょうか。 尊敬・謙譲・丁寧の区別がよくわからないという体たらくですが、可能性を求めて?恥を忍んで?質問してみました。 よろしくお願いいたします。     

  • 敬語の分類について

    今、文化審議会で敬語について見直しをされているようですが、その新しい分類方法について教えていただきたいのです。 「する」という言葉について、 今までの敬語分類では、 尊敬語→「なさる」「される」 謙譲語→「いたす」「させていただく」 丁寧語→「します」 だと解釈してました。 そこで質問をいたします。 1.「する」という言葉の分類を新しい分類で教えてください。 2.「させていただく」という言葉は、どの分類になるのでしょうか。 ご回答ください。よろしくお願いいたします。

  • 敬語について

    文法に詳しい方 ある問題で下記の問題がありました。 適切なものを選ぶ問題なのですが、 A 田中様、こちらのコートをご試着されませんか?  B 田中様、こちらのコートを試着しませんか? C 田中様 こちらのコートをご試着になられませんか? は消去法でBを選びました。ですが不正解でした。 Aは謙譲語「ご~する」+れる、られる  Cも、尊敬語「ご~になる」+れる、られるで、間違い敬語だと思ったからです ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ しかし回答はAでした。 その解説としては、文科省の敬語の指針 36ページを 参照いただきたいと連絡があり、見てもご~されるが間違いと書かれてまったく納得できません。 ちなみに36ページをコピーします 敬語の指針」(文科審議会答申 全文は下記URL)から、 >【7】「御利用される」「御説明される」のような形はよく使われていると思う し,自分も,例えば「先生もこの店をよく御利用されるんですか。」などと 使ってきたのだが,ある人から,変な敬語だと指摘された。どこが変なの だろうか。 【解説1】規範的には,「適切な敬語」だとは位置付けられてこなかった形である。した がって,現時点では,「利用される・利用なさる・御利用になる・御利用なさる」な どが適切な形だと言える。 【解説2】「御利用される」を使う人は,その言葉の成り立ちを「御利用する+れる」と とらえるのではなく,「御利用+される」という意識で使っていると考えられる。後 者のような成り立ちの言葉として受け止めるならば,「御利用される」は尊敬語とし てあり得る形だと言える。 ただし,「御利用される」の「御……さ」の部分が,「ご……する」という謙譲語I の形であり,これに「れる」という尊敬語が付いた<謙譲語I+尊敬語>の組合せ, すなわち「御利用する+れる」の形だと見られることなどから,規範的には,適切な 敬語ではないとする考え方が有力である。 以上です。 すっきりしないのでみなさんの考えをお聞かせいただけませんか? よろしくお願い致します。

  • 「やられる」は正しい敬語?

    最近、テレビなどに出演される方も含め、多くの方が「やられる」という表現を「do」の尊敬語として使っていらっしゃるのを耳にしますが、私はとても違和感を持ちます。 「なさる」という言葉があるのに「やられる」を敬語として使うのは正しいのでしょうか? (「される」はまだ許せる範囲かなと感じますが、「やられる」にはどうも馴染めません) また、この「やられる」が頻繁に使われるようになったのはいつ頃からなのでしょうか? 敬語に詳しい方、教えていただけませんか? よろしくお願いいたします。