• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

比較級 more -er はなぜ必要ですか?

 こんばんわ、比較級についてひとつが疑問があります。比較級では er や more を語の前、後ろに付けますが、これは不要ではありませんか?  例えば、  Tom is taller than Bob. という文があった場合、 than に「~より」 という意味があるので、  Tom is tall than Bob. で十分な気がします。  (もちろん、学校では er や more をつけたほうを書いています。)   その点、最上級の表現では、   Tom is the tallest student in the class. を  Tom is tall student in the class. で置き換えようとすると、「クラスの中で背の高いほう」という意味にもなりそうで言いたいことが伝わらないかなと思います。  比較級で、er(more)をつける理由を教えてください。お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数591
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

 実は,私もかつて,同じ疑問を抱いたことがありました。中学生のとき,はじめて比較級を勉強した際には,特に疑問に思わずに覚えていったのですが,あるとき,ふと,なぜ比較級にしなければいけないのか,疑問に思うようになりました。  この疑問が完全に解消したのは,大学のドイツ語の授業で,たしか,英語にすると,older people という意味になる表現があって,これは「年寄り」というよりも,「どちらかというと若くはなく,年配の人々」のような意味になると,習ったときです。  old, tall など,形容詞・副詞は,絶対的に程度が高いことを表しています。tall であれば,180cmなり,190cmなり,状況によって,人によって異なるでしょうが,絶対的に高いことを表しています。taller という比較級は,もちろん,200cmの人が190cmより高いということもあり得るように,tall が表すよりも高いこともあるのでしょうが,160cmの人が150cmの人よりも高いという状況もあり得るわけです。すなわち,絶対的には高くない場合にも,比較して高ければ taller は使えるわけです。  Tom is tall とした時点で,Tom はある程度背が高くなければならないはずですが,Bob より背が高ければ,絶対的には背が低くてもかまわいのです。  このような比べてみて背が高いという意味を taller は表しているのです。  この,絶対的でない,すなわち,相対的な程度を表す表現は,比較級以外に,最上級(一番なら,低くてもいい),原級(同じなら,低くていい。tall と同じ形でも,as ... as により区別),how ~(どれくらい~ how old, how tall など),so ~(それほど)などが考えられます。  そうすると,絶対比較級ということも理解できます。  たとえば,higher education といえば,「比較的高い教育」で,必ずしも,高いとは限らないのですが,「高等教育」という意味で用いるのです。これが絶対比較級です。  とにかく,tall<taller<tallest のような関係にはならないということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 分かりやすい説明ありがとうございます。原形は絶対的だから、比較級にすることで相対的に評価できる、と理解しました。謎が解けてうれしいです。本当にありがとうございます。

関連するQ&A

  • 比較の問題です。

    クラスの中で1番背が高いのはMike, 2番目はTomです。 In my class, Tom is not as tall as Mike, but Tom is ( ) the other students. ( )の部分ですが、 (1)...but Tom is ( taller than ) the other students. (2).,.but Tom is ( the tallest of ) the other students. (1)(2)どちらも可能でしょうか? よろしくお願いします。

  • 比較級の否定

    Tom is taller than Mike. を否定文で表現すると、 Mike is not as tall as Tom. だと、昔中学で習いました。 これを Mike is not taller than Tom. とすると間違いでしょうか? 教えて頂ければ幸いです。

  • 比較の文章で

    Ken is tall.を比較級で表現したら Ken is taller than ~.ってなりますよね。 で、本題ですが、 Ken is a tall boy.を比較級で表現したら Ken is a taller boy than ~.ってなりますか? よろしくお願いします

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
noname#20688

#4さんも仰っていますが、英語は数学や理科と違って あまり「どうして」とか詮索しない方が上達しますよ。数学や理科なら こういう疑問を持つことで探求力が深まりますが、英語で探求力を深めると もはや英語だけの問題で収まらず、フランス語やドイツ語も引き合いに出して言語学の問題にまで発展するからです。 でも、それでは回答になりませんので 私なりに説明させていただきます。 thanは劣等比較級でも使います。ご質問の文を劣等比較級にしてみましょう。 Tom is less tall than Bob. となり、Tomの方がBobよりも背が低いことになります。劣等比較級は英語ではあまり使われませんが、 それでも日本語に訳しにくいですね。また、thanは otherとも一緒に使われます。例えば Have you ever learned any foreign languages other than English? (英語以外の外国語を習ったことはありますか。) #1さんも仰いましたが、than単独で「~より」の意味はありません、というか、日本語の「~より」も語気が弱いのです。中国語も日本語と似ています。 Tom is taller than Bob. これを中国語にすると 「Tom比Bob高。」 になります。これは「比」に既に優等比較の意味があるからです。つまり、英語のthanは日本語の「より」や中国語の「比」のように、それだけで優等比較を持っていくことが出来ないのです。ちなみにフランス語を見てましょう。 Tom is taller than Bob.→Tom est plus grand que Bob. Tom is as tall as Bob.→ Tom est aussi grand que Bob. Tom is less tall as Bob.→ Tom est moins grand que Bob. フランス語だと比較を導く接続詞が全部queなんです。 ですから、必ず plus,aussi,moinsを前に付けないと 双方の相対関係が分からなくなります。ドイツ語なら alsで同じようなものです。#2さんのように、英語の疑問は英語以外の外国語を習って初めて氷解することも多いです。 それと辞書なんですが、英和辞典の訳語というのは イコールではなく、日本語と意味が近い、或いは そのように訳されることが多いということだけですので、核心的な観念は掴みにくい場合も多いですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 ご回答ありがとうございます。  英語しか習っていないので分かりませんが、ヨーロッパ系の言語は共通点が多いと聞いたことがあるので、「英語の疑問は英語以外の外国語を習って初めて氷解することも多い」というお言葉は、その通りだと思いました。ありがとうございました。

  • 回答No.4

日本語にとらわれすぎているように思います。 「 than に「~より」 という意味があるので」ということは、than があるだけで、「・・・よりも」という意味になる、と考えている訳ですよね?ところが、実際の英語では、そうではないのです。Than は、ever と同じように、日本語に直接訳す事は出来ません。辞書に書いてあるものもとりあえず日本語で比較的近く、分かりやすい言葉に置き換えただけです。 Tall than という表現は、意味はなんとか通じるかも知れませんが、間違った表現です。いくら日本語的な視点から見るとそれでいいように見えても、ネイティヴにはチグハグに聞こえるでしょうね。例えば日本語を勉強している外国人に、「英語で感謝の念を伝える時は、"Thank you" だから、日本語でも『ありがとう』ではなく、『感謝する、あなた』と言っていいはずだ」と言われたら、やはり変ですよね? 名詞なら外国語を日本語に訳すのは比較的簡単ですが(例えば "dog" は「犬」で間違いありません)、慣用表現等は、「そういうものなのだ」と覚えるしかありません。がんばって下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 ご回答ありがとうございます。  確かに全て日本語に直して考えませんよね。  基本的なことを忘れていました。

  • 回答No.3

確かに「比較級」+than・・・の組み合わせでは、 比較級であること意識せずに訳せますね。 しかし簡単に言うと 「二つのものを比較するときは比較級を用いる」 と言えます。 例えば、下の2つの文は意味が違います。  I want to be rich.  I want to be richer. どちらの文も「わたしは金持ちになりたい」と訳せますが、 下の文は比較級が使われていることで、 「今よりも」などのニュアンスが感じられると思います。 意味が違う以上、同じ使い方はできないのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 ご回答ありがとうございます。  比較級には潜在的なニュアンスの違いがあるということですね。

  • 回答No.1
  • bahoo
  • ベストアンサー率41% (299/714)

> than に「~より」 という意味がある ありません。er thanで初めて「~より」という意味があります。 そんなことを言っていたら、すべて否定できてしまいますよ。 日本語でも外国人にしてみたら冗長だと感じる部分が合っても、日本人にとっては欠かせないものがあるはずです。 言語は歴史が合ってそう決まったものです。文法をひとりが否定しても、なにもなりません。みんながerは邪魔だといいだせばなくなるかもしれませんが、そんなことはだれもいいません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

 ご回答ありがとうございます。  私は決して文法を否定したいわけではなく、なぜ必要なのかを知りたいだけです。そこのところをご理解お願いします。ちなみに、辞書にthan「~より」と書いてあります。

関連するQ&A

  • 比較でわからないところがあります

    ある参考書に John is taller than Mary の表現でthe tallerとしない理由は2人 に限定せず2人を比べているからです。もしMaryではなくTomと比較したらTom is taller than John になるかもしれません。 と書いてましたがよくわかりません。 いったいどういう事でしょうか?

  • 書き換えをお願いします

    Jim is the tallest student in the class =No =Jim

  • no more の more について

    比較文の no more で使われる more は、品詞は何なのでしょうか? 長い形容詞のときの比較級に使われるmore(例えば more unfaithful)と 同じ種類のものだとばかり思っていましたが、 短い形容詞でも使われる(例えば more tall)し、 さらには、名詞でも使われる(例えば more an artist)ので、 とても混乱してしまっています。 1) She is no more unfaithful than her sister。 2) He is no more tall than his brother. 3) He is no more an artist than I am. 形容詞の比較級のときに使われるmoreとは まったく種類が異なるようなのですが、 このmoreの役割と品詞について教えてください。 幾他の参考書をみても、文例先行となっていて なぜ、形容詞でも名詞でもあとに導くことができるのか 肝心の記述がなく、困っています。 よろしくお願いします。

  • much と more 比較級で・・・

    much と more 比較級で・・・ He worked much harder than his brother. ではmuchが使用されてるのに Im more interested in history than she is でmoreになるのはどのような違いがあるのでしょうか

  • the 比較級 of the two の表現に関

    the 比較級 of the two の表現に関する質問です 例えば 「トムはマイクより背が高い」 Tom is taller than Mike. のように、比較する相手が明示されてある場合はこう表現しますが、 「トムは2人の中で背が高い方だ」 のように比較される相手が明示されておらず、話者と聞き手との間でその2人が共通認識されている場合に Tom is the taller of the two. と表現する、と僕は認識しています。 この表現なのですが、 Tom is taller than the other. のように通常の比較級表現で書き換えることは出来ないでしょうか? 詳しい方、ご教授お願いします。

  • 『トムはクラスで誰よりも一番背が高い』を英語で?

    AとB, 2つ質問があります。 まずAの質問です。 『トムはクラスで誰よりも一番背が高い(少年)です。』を英文で書くと、 Tom is the tallest boy in his class. になりますが、 比較級を使って、 Tom is taller than any other boy in his class. とも言えると参考書に書かれています。 その場合、クラスにはたくさんの少年たちがいるにも拘わらす、 Tom is taller than any other boys in his class. と、なぜ、boys にならないのですか。 Bの質問です。 『この人は私が見たことのない美しい女性です。』の英文です。 This is the most beautiful woman I have ever seen.が正解ですが、 『今まで見たことがない』と書いてあるのに、never でなく、ever を使うのはなぜですか。 両方じゃなくても、AかBのどちらかでも結構です。 詳しく教えて下さい。よろしくお願いします。

  • これであってますでしょうか?回答お願いいたします。

    授業で聞き損なった所で、自分なりにやったみたのですが、間違っていたらすいませんが、訂正をお願いいたします。 The moon is not so large as the earth.(the earthを主語とし比較級に)↓ The earth is larger than the moon. Noh is more formal than Kabuki.(歌舞伎を主語とし原級に) ↓ Kabuki is formal. San Marino is the oldest republic in the world.(比較級に) ↓ San Marino is older than any other republic in the world. Giraffes are taller than any other animals.(最上級に) ↓ Giraffe is the tallest of any other animals.

  • 「~より」

    「~より」で、下の二つの場合、 どのように使い分けたらいいですか? (1) トムは僕より背が高い Tom is tall「er」「than」 me (2) 健康はお金より大切です Health is more important than money よろしくお願いします。

  • 原級比較について

    どうぞご教授ください。 「BはAほど背が高くない」を表現するには… (1)B is not as tall as A.(○) (2)B is not taller than A.(×) と聞きました。どうして(2)ではいけないのでしょうか。よろしくお願いします。

  • 最上級の文を比較級と原級で書き換え

    例文 最上級  Tom is the strongest boy of the ten. 比較級で書き換え No other boy of the ten is stronger than Tom. Tom is stronger than any other boy of the ten. 原級で書き換え No other boy of the ten is as strong as Tom. この上の最上級の文を比較級と原級で書き換えるとこれで合っていますか? 英語に詳しい方教えて下さい