• ベストアンサー
  • 困ってます

12月給与支払い後に年末調整処理をする場合

一人で有限会社を経営しています。 ゆっくりしすぎて、今になって 年末調整の計算をしたところ、 不足額が出ました。 本来ならば12月の給与支払い時に 差し引いておくべきだったのですが、 既に給与は振り込んでいます。 そこで現金で回収した形で 所得税預かり金に充てようと思いますが、 このような場合、どのような仕訳になるのでしょうか? よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数136
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#46899

「現金で回収した形」というのがよくわかりませんが、現実に回収したのであれば    現金/所得税預り金 となります。 もし1月10日の納期限に立替払いをし、1月の給料日に差し引く予定なら、 まず、現時点で    未収入金/所得税預り金 とし、1月10日の納付時点で    所得税預り金/現金 となり、給料日に未収入金に相当する額を別途徴収することになるでしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

未収入金を使う仕訳もあったのですね。 こちらの方がすっきりしているので、 こちらにしようと思います。 どうもありがとうございました。

関連するQ&A

  • 12月給与支払の年末調整関係の仕訳について

    当方、今年初めて年末調整を担当している者ですが、今月(12月)の給与の支払時に「所得税」の合計がマイナス額になりました。 年末調整の関係でマイナス額の表示になったと思うんですが、来月に納付するときも含め、給与支払仕訳を教えてください。 給与                 150,000円 所得税(12月給与の一覧額)      -20,000円 社会保険料               30,000円 年末調整過納税額            50,000円 年末調整不足税額            5,000円 差引支給額              170,000円 の場合の仕訳を教えてください。 また、来月の源泉の納付額はどうしたらいいですか? よろしくお願いします。

  • 度重なる年末調整の訂正で…仕訳等あってますか?

    随分前の話ですが… 去年末の年末調整時の事です。 度重なる訂正で、今頃不安になってきました。 ※12月分給料と年末調整の日は同じ12月25日です。 決算は12月末で帳簿を締めました。 12月24日の出来事です。 年末調整のざっと計算をし、皆(会社全社員4人) 所得税が超過になりそうなので 社長命令により12月分給料の所得税を0円とし計算しました。 12月25日の午前 この時の計算では全社員(4人分)で77,450円の超過で 銀行よりお金を払いだしました。 内訳は 還付の方が Aさん 50,550円 Bさん 26,230円 Cさん   720円 不足の方  Dさん   50円 です。 (初めての年末調整をし、還付ー不足=77450円で計算してました。) ですが、 Dさんが50円不足だったため (社長命令で) 12月25日午後 再度給与計算をし Dさんのみ50円分12月分所得税を給料から引きました この時のDさんの給料の仕訳は 給料  ○○円 /現金   ○○円         /預かり金 50円          /… っとしました。 そして、この時再度年末調整を計算し 会社社員全員の年末調整が77,500円でした。 還付の方が Aさん 50,550円 Bさん 26,230円 Cさん   720円 還付も不足もない方 Dさん    0円 です。 しかし Dさんの給料計算前にお金(77,450円)を下ろしていたため 口座から下ろした現金  77,450円 会社金庫からの現金     50円 現金で社員(AさんBさんCさんの3人)に年末調整として支払いました。 この時の仕訳は 預かり金  50円     /現金 77,500円 立替金 77,450円 です。 そして12月31日付けで帳簿を締め決算処理をしました。 そして年があけ、 1月10日に所得税の支払いをしますが、 (給与所得・退職所得等所得税徴収高計算書に記入) 12月分給料の税額    50円(1人のため) 年末調整による超過税額 ▲50円 合  計         0円 所得税徴収高計算書備考欄に記載 77,500円-50円=残高77,450円 支払いなしなので、仕訳はしていません。 (仕訳なしでいいですか?) そして、帳簿を締めるとき、(1月上旬のことです) Dさんの給料と税額が違うことを発見! 計算し直すと 皆還付で Aさん 50,550円 Bさん 26,230円 Cさん   720円 Dさん   500円 となり 社長より別に支払う(還付)は面倒なので…っと Dさんの1月分給料から、 還付しました。 1月分給料の仕訳です 給料 200,000円  / 預り金(年金基金) 5,000円             / 預り金(雇用保険) 2,000円             / 預り金(所得税)  3,500円            / 預り金(市民税)  3,000円            / 現金  166,500円 立替金  500円  / 現金  500円 ※ 還付の500円以外は架空の金額です そして、 実際2月分3月分…と 所得税の支払い時(毎月10日) 2月は 所得税徴収高計算書に 77,450円-18,205円(全社員1月分給料合計の実際の額)=残高 59,245円 仕訳は 預り金  18,205円/立替金 18,205円 3月は 所得税徴収高計算書に 59,245円-20,590円(全社員2月分給料合計の実際の額)=残高 38,655円 仕訳は 預り金  20,590円/立替金 20,590円 4月は 所得税徴収高計算書に 38,655円-21,080円(全社員3月分給料合計の実際の額)=残高 17,575円 仕訳は 預り金  21,080円/立替金 21,080円 そして、3月末 今まで、通勤費をすべて非課税にしてましたが、 税理士さんより指摘あり、 再度、計算し直しました。 Aさん 50,550円 Bさん 26,230円 Cさん   720円 不足の方  Dさん  9,300円 その為またDさんのみ給料で調整 4月分給料で 仕訳を 200,000 給料 / 社会保険料(預かり) 20,000円         / 年金基金(預かり)   5,000円         / 雇用保険(預かり)  2,000円         / 所得税(預かり)   3,500円         / 市民税(預かり)   3,000円         / 現金       157,200円 / 立替金       9,300円 以上です。 適正な処理をしているでしょうか? 長くてすみません

  • 年末調整の過不足額の払い

    年末調整の過不足額の払いについてどのように行いますか。 年末の最終の給与(賞与)の時払いますか。 1.日本では年末の最終の給料は給与ですか、それども賞与ですか。 2.12月に、給与は最終の給料の場合、   「1~11月分の給与と賞与+12月分の給与と賞与)をベースで1年間の所得税 ― (1~11月分の給与と賞与+12月分の賞与)にかかる所得税の合計」という形で差引年税額を計算しますか。   「12月分の給与明細書中の所得税=所得税源泉徴収簿の差引超過額又は不足額」との理解で正しいですか。 以上、よろしくお願いします。

  • 年末調整還付金処理漏れ!

    ミスが発覚して困っています。 どうかご教授願います。 本日、12月度給与の所得税と冬季賞与の所得税を納付しました。 本来はそこで年末調整還付金を相殺して納税をしなくてはいけないのに、 相殺せずに全額納付してしまいました。 どうしたら良いか教えてください! ちなみに例ですが、 12月度所得税 300,000 冬季賞与所得税 600,000 還付金 ▲800,000 本来は100,000だけ支払えば良かったのですが、多く払いすぎてしまいました。

  • 年末調整

    月末31日締め、翌月18日支給の会社でアルバイトしています。 12月分の給与明細で確かにそれまで(11月まで) 差し引かれた所得税は戻って来ていましたが 12月分の所得税としてまた別に差し引かれています。 (つまり12月1日から31日までの給与から 所得税が差し引かれています) 年末調整って1月1日から12月31日までの 総支給額をもとに計算するのではないのですか?

  • 年末調整事務について

    お世話になります。 小さな建設会社で事務をしています。 前任者の行っていた年末調整事務で不明な点があるのですが、 他に解る人がいないので困っています。 当社の給与は月末締めの翌月10日支払となっております。 最後の給与(12/1~12/29の分)計算完了後に年末調整を行います。 前任者はこの12月分の給与を帳簿上は12/29に支払った形にしています。 しかし、実際に社員へ振り込んだのは1/10でした。 そして、1/10に納付する所得税納付書は以下の2枚を作成していました。  (1) 11月分給与(12/10支払)で預った所得税+年末調整の過不足税額  (2) 12月分給与(1/10支払)で預った所得税 決算月(9月)をまたいでいるわけでもないのに、 なぜ12/29に給与を支払ったようにしたのかどうしてもわかりません。 通常の月と同様にすれば、(2)は2/10の納付で良くなりますよね? ご教授をお願い致します。

  • 年末調整 12月給料分に所得税はかからない?

    年末調整の計算方法で困っています(- -; 国税庁発行の「年末調整のしかた」を見ながら年末調整の計算をしているのですが、理解出来ない部分が出てきました。 上記資料の48・49ページに【本年最後に支払う給与についての税額計算を省略して年末調整を行う場合】という事で設例が載っていますが、これを読むと「12月の給料・手当等に係る所得税(算出税額)」欄の記載がありませんよね? 12月の給料・手当等から所得税は引かなくてもいいんでしょうか? という事は、個人が1年間で支払った税額合計の考え方としては、「1月~11月分の給料・手当等に係る所得税の合計+1月~12月の間に支払われた賞与等に係る所得税の合計」になるんでしょうか? 上記資料を見ても12月には所得税が引かれていないので、そういう考え方(計算方法)で間違いないかどうか悩んでいます。 どなたでも結構ですので、ご教授願えればと思いますので、宜しくお願い致します。

  • 年末調整について

    1年間の給与総額が651,000円以下の人の年末調整についてお聞きします。 毎月給与から差し引く所得税の年間額=戻り額という結果になりました。(12月分も税額を戻しています。) これであっていますか?初歩的な質問ではずかしいのですが。。。教えてください。

  • 年末調整・還付金精算のしかたについて

    回答お願いします。給与支払いは月末締め、翌月16日で、25年度の年末調整では12月給与(11月分の源泉徴収込み)で計算し従業員の還付額が決まりました。12月給与に含めて支給するのですが、給与明細での表記は控除額の所に、追加で年末調整還付金と項目を作ればよいのでしょうか? 給与明細書には控除額のところに、保険料等、所得税、住民税等の項目をつくっています。  12月給与の総支給¥275,000 所得税¥7,390 です。  総支給 275,000  所得税7,390  還付金-?2960 差引支給額 270,570でしょうか? また納税の際(納期特例です)、年末調整による超過税額に2,960 本税のところには、1/10までに納付する源泉徴収額から2,960円を差し引いたものが本税とゆうことでしょうか? 初歩的な質問ばかりすいません。回答おねがいします。 

  • 年末調整還付金

    以前のパート先では年末調整で所得税の還付金は12月の給与に入ってました。 現在のパート先では翌年1月の給与で還付されます。 この所得税の還付金は翌年の収入ということになるのでしょうか? 収入を103万あるいは130万に抑えていて、ぎりぎりのラインで働いている場合、 それが入るか入らないか大きな問題になってしまうので、教えて下さい。