• 締切済み
  • 暇なときにでも

国民年金の免除の基準って?

国民年金には全額免除、4分の3免除、半額免除、4分の1免除などで年金が安くなると聞きましたが、それは具体的にどういう基準で決まるんですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数772
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.3

 3/4免除、1/4免除については、今年の7月からスタートになるので、今現在は半額免除、全額免除の2種類だけです。  全額免除、半額免除については、対象となる本人、その配偶者、その対象となる本人が属している世帯の世帯主3者の所得が判断基準となります。所得はH17年7月~今年の6月までの免除期間の場合はH16年1月~12月までの所得額が判断となります。扶養している人数とかにより基準額が変わってきますので、市町村役場の年金窓口で確認しましょう。  また去年とかに会社を辞めた場合などは特例制度といってその人の所得額を0円とみなし、免除を受けれやすくなる制度などもありますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

現行制度では全額免除と半額免除のみだったと記憶しています。社会保険庁のHPでもそのように記載されているかと思います。 免除に似た制度に学生納付特例と若年者猶予特例があります。 どの制度を利用しても以下の状況となります。 1.保険料を免除または猶予されていた期間は被保険者期間となる(追納しなくても受給要件期間に算入)。 2.保険料を追納する期限(通常2年無利子)が10年となり3年をこえる部分には利子に相当する追徴金が掛かります。 3.追納期間に保険料を納めないと相当分が減額される(*1) *1:免除は国庫負担金が拠出されますが、他の制度は拠出されません。 国民年金保険料は全額で2万強です。1/3は国庫負担(税金ですね)。2/3は個人負担です。 一万三千何がしかのお金は2/3だと覚えて置いてください。 国民年金保険料の算出式は 794500(満額)*保険料全額払込み期間/480(払い込み月数MAX)ですが上記条件により、 794500*(全額月数+半額免除月数*2/3+全額免除月数*1/3)/480 となります。 御質問に在る免除要件を知る前に免除を受けた際のデメリットを知って置くべきと思い回答しました。 免除要件については社会保険庁のHPの左側に判りやすく解説がありますので参考URLをどうぞ

参考URL:
http://www.sia.go.jp/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • iicha
  • ベストアンサー率27% (12/44)

社会保険庁のHPに詳しいことが載ってます。 リンクを参考にしてみてください

参考URL:
http://www.sia.go.jp/top/gozonji/gozonji02.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 国民年金の免除申請

    国民年金を失業の為、免除申請したところ、通知書が届きました。平成23年7月~6月の日付が全額、4分の3、半額。4分の1、納付猶予 全てに書かれていて最後に、国民年金 保険料の免除または納付猶予申請は基準に該当しない為却下しますと書かれていました。どういう意味か分かりません?

  • 【どこが違うの?】国民年金の免除について

    国民年金の免除には「全額免除」と「半額免除」があり、 免除申請の時に、次の1~4から1つを選ぶのですが、 1.全額免除のみを申請する。 2.全額免除を申請するが、全額免除に該当しない場合は半額免除を申請する。 3.半額免除のみを申請する。 4.半額免除を申請するが、半額免除に該当しない場合は全額免除を申請する。 1と3については、理解できます。ところが、2と4の違いが 私にはわからないのです。どう考えても、2と4は同じに思えてしまいます。 どうか、わかりやすく違いを教えて下さい。

  • 国民年金の免除申請

    国民年金を失業の為、免除申請したところ、通知書が届きました。平成23年7月~6月の日付が全額、4分の3、半額。4分の1、納付猶予 全てに書かれていて最後に、国民年金 保険料の免除または納付猶予申請は基準 に該当しない為却下しますと書かれていました。 昨年5月に正社員を退職後、現在まで無職無収入です。昨年離職票と共に免除申請を提出し一年間は免除となりました。 今回、離職票は送っておりません。実家で親と同居しています。 再度、申請するに辺りどうすれば良いでしょうか?

  • 国民年金の免除

    失業中なので国民年金の免除申請をしましたら「4分の3免除」という通知が来ました。 今は失業保険で生活してるので、4分の3でしたら支払いは可能なのですが、将来、年金を貰う際にはこの免除額は引かれて算出されるのでしょうか? 支払える時期が来たら免除された額は支払った方が良いですか? アドバイスをお願いします。

  • 国民年金の免除について

     私は事情により去年1年間ずっと仕事をしていなく、 全く収入がありませんでした。去年の暮れに国民年金の 相談員の人が自宅に来て、国民年金の全額免除について 相談したところ「時期的にもう無理だ」と言われました。年が 明けてから市役所に行って相談したところ、去年の うちに来てくれれば全額免除になったのにね。と言われて どうしてもできないですか、と聞いても無理の一点張りで 結局泣く泣く半額免除となったのですが、相談員に相談 をして無理と言われて、実は本当は無理ではなかった ことに、納得できません。いちおう半額免除の申請は行ったのですが、 こういった場合、再び全額免除を主張 できないものでしょうか。よろしくお願いします。

  • 国民年金の全額免除

    1人暮らしで学生でない場合の、国民年金が全額免除される所得基準は、どの程度でしょうか?

  • 国民年金の免除の基準となる所得は?

    国民年金の免除の基準となる所得についての質問 こんばんは。今回ご質問したいのは国民年金の免除の基準となる所得についてです。 国民年金を免除してもらう際の基準には一例を挙げれば <4分の3免除> 前年所得が以下の計算式で計算した金額の範囲内であること 78万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等 と有ります。 例えば単身世帯で前年に給与所得は無く、株式の配当が10万、株式を売却し売却額-取得額=売却益が110万のみだったとすると両者を合わせた計115万。そして前年に国民年金保険料15万を支払った場合国民年金の免除の基準となる所得は 確定申告をした際に所得税の計算をしてこれには基礎控除38万が有り上記を当てはめると115万-38万(基礎控除)-15万(社会保険料控除だけでそれ以外に控除は無しの場合)=62万が課税所得となるのですがこれが国民年金の免除の基準となる所得になるのか? それともそれとは免除の基準となる所得の計算は別で所得115万から以下の控除に当てはまるものが社会保険料控除しかない場合この-15万=95万が免除を判断する際の基準という事になるのかどちらなのでしょうか?お分かりになる方がおれば返答して頂ければ有難いです。  雑所得控除、医療費控除、社会保険料控除、小規模企業共済等掛金控除、配偶者特別控除  障害者控除、寡婦・寡夫控除、勤労学生控除  肉用牛の売却による事業所得に係る控除額

  • 国民年金全額免除しているものです

    国民年金全額免除しているものです これからも全額免除しますが付加年金400円だけこれから毎月払いこむことはできますか?

  • 国民年金の免除

    今年の7月~来年の6月までの国民年金の半額免除申請を出したのですが、未だに返事が来ておらず待っている状態なのですが、 今月中に他県に引っ越すことになり、引っ越し先でもう一度免除申請を出さなくてはいけないのでしょうか?

  • 国民年金免除について

    国民年金の免除について教えてください。 私は今年の2月2日に妊娠の為退職しました。 健康保険は任意継続の手続きをしました。 夫は昨年末まで両親の扶養に入っていましたが、今年から国民年金に加入→自営業ですが所得が少ないので全額免除になっている状態です。 まず、私は国民年金加入の手続きをしないといけないと思うのですが、 夫の収入が少ない&私自身ももう所得はないので、納付が少し厳しい状態です。 こういう場合、免除を受ける事は可能なのでしょうか?? 免除できる条件をいろいろ見てみたのですが、難しくてわかりずらくて。。。 できたら、わかりやすく教えていただけたら嬉しいです。