• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

犬のトラブルで教えてください

  • 質問No.1798896
  • 閲覧数589
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 22% (92/405)

先日、犬(柴犬)の散歩に行った時、
いきなりゴールデンレトリバー(50kgある大型犬)が
突進してきました。

一緒にいた旦那はあわててウチの犬を抱き上げ
ゴールデンからかばいました。

そうしていると、ゴールデンの飼い主が登場。
「リード(手綱)を放してしまって」とのことでした。

その場は和やかにしてましたが
旦那は家に帰って「もしゴールデンがウチの犬に
噛み付こうものなら持ってた
鉄のスコップ(ウンチ用)でゴールデンを殴ってたかも・・・」と
言いました。

万が一、敵意のある大型犬に襲われて
旦那が犬を殴ったりしたら
犯罪にならないのでしょうか??

仮定の話ですが、回答・ご意見
よろしくお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 30% (3827/12654)

>ゴールデンの飼い主が登場。「リード(手綱)を放
⇒まず問題には成らないでしょう。 
緊急避難要綱に入るはずです。

噛まれていたら、貴君の犬の器物破損で更に訴えも出来ます。

大体、リードを離す様な体格の人間が大型犬を飼うな!!です。
犬は口の中にナイフを持っているようなものです。
飼い主は体を鍛えるか、小さな犬にするか、躾けを専門家に任せるべきです。
そういう飼い主は本人自身が躾けを受けるべきですね。(^_^;

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 28% (143/500)

通常、他人の飼い犬を撲殺したり殴打すれば、器物損壊罪(刑法261条)になります。

しかし、自分の犬が襲われて助けるためにした行為は、
「急迫不正の侵害に対して、自己又は他人の権利を防衛するため、
やむを得ずにした行為」(刑法35条1項)にあたるため、無罪となります。

もっとも、「防衛の程度を超えた行為」(刑法35条2項)は過剰防衛にあたり、違法となります。
  • 回答No.2
実際に被害に遭う、被害に遭うと第三者が見ても考えられる場合は「正当防衛」となり犯罪にはならないと思いますけど。
撲殺する等は「過剰防衛」になるとは思いますが。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ