解決済み

どうして天皇は靖国参拝をおやめになったのか

  • 暇なときにでも
  • 質問No.1759419
  • 閲覧数36899
  • ありがとう数100
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 77% (545/701)

昭和天皇はA級戦犯の合祀後は
靖国の参拝をおやめになられましたよね。
これは陛下自身のご意志だったのでしょうか?
それともまわりからおやめくださいと制せられた
結果なのですか?
私は、日本国に忠節を尽くして刑死を遂げた臣下に対して
あの陛下が不義理や日和見をなさるはずがないと
思うのですが、そこが疑問です。
ご存じでしたらよろしくお願いいたします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3

ベストアンサー率 38% (824/2140)

 昭和天皇が,靖国神社にA級戦犯合祀後に参拝されていないのは事実ですが,A級戦犯が合祀されたから参拝していない訳ではありません。同じ戦犯でも,BC級戦犯が靖国神社に合祀された以降にも,昭和天皇は靖国神社に参拝しています。
 
 1975年,三木武夫首相が,戦後の首相としては初めて,終戦記念日に靖国神社を参拝しました。この時,政教分離の原則に反するのではないかとの指摘に「私的参拝である。」と言い切っています。
 私的参拝四原則と言うのを掲げたのです。
1 公用車を使用しない。(実際にタクシーで行かれた)
2 玉串料は私費から支出する。
3 記帳する際には肩書きを書かない。
4 公職者を随行しない。
 
 この1975年の11月21日に昭和天皇・香淳皇后が靖国神社と千鳥が淵戦没者墓苑に参拝しています。
 この両陛下の参拝に際して国会で議論になりました。両陛下の参拝は私的参拝か,公式参拝か。
 三木首相が掲げた私的参拝四原則ですと,天皇は,1と4をクリアできず,それ以後両陛下が靖国神社に参拝されなくなりました。1975年11月21日に参拝されたのが最後となりました。
 A級戦犯が合祀されたのは,その後の1978年です。
 
 首相が靖国神社に参拝するたびに「私的参拝か?公式参拝か?」などと議論されました。天皇が皇居外でなさる行事は全て公式行事であるため,私的参拝はあり得ず,天皇自ら参拝すると世の中をひっくり返したような騒ぎなることが分かっているので,参拝なさりません。
 
 なお,靖国神社の春と秋に行われる例大祭には,勅使が遣わされています。
お礼コメント
pbf

お礼率 77% (545/701)

深いお考えがあってのことだったのですね。
たいへん参考になりました。
投稿日時 - 2005-11-06 05:07:30
たいせつな将来のこと。あえて、知らない人に聞いてみよう。

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 24% (6/25)

下の方々の言う事は最もですが、元々日本は神道が国教なので
アメリカがくれた憲法に「政教分離」と記載が有ったのは日本の伝統文化破壊の為、国体弱体化を狙った物です。

アメリカのくれた憲法など直して元の姿に戻して日本の本来あるべき姿にするべきでしょう。

神道は教義もなければ教祖も無い、言わば自然崇拝ですから国教としてもなんら問題無いですよ。
お礼コメント
pbf

お礼率 77% (545/701)

靖国をそういう神社になる時代が来ればいいですね。
投稿日時 - 2005-11-06 05:19:52
  • 回答No.2

ベストアンサー率 48% (114/236)

昭和天皇はそれまで行っていた靖国参拝を、1975年以来取りやめます。この1975年という年は、戦後初めて現職総理(三木武夫)が8月15日に靖国参拝をした年です。
この首相参拝をめぐって「公人・私人論争」がおこり、三木総理は「私人として参拝」と答えます。
このことが、天皇参拝の公私論争に発展し、参拝は中止されます。(天皇の自発意思なのか、誰かアドバイスしたのか、私には詳しいことはわかりません。)
当時は自民党議院の一部から「靖国神社法案」が国会に提出され靖国神社が政治問題化しているときでもありました。したがって「政争の具」となるのを、天皇が避けた、という見方が一般的です。

「A級戦犯」の合祀は1978年ですから、「A級戦犯の合祀が原因」とうのは、正しくありません。ちなみに「A級戦犯」とされた人たちに対して、天皇は「忠実な臣僚」としてその死を悼んでいます。
お礼コメント
pbf

お礼率 77% (545/701)

そういう論争があったので控えられたのですね。
たいへん勉強になりました。
投稿日時 - 2005-11-06 05:04:32
  • 回答No.1

ベストアンサー率 48% (350/723)

『おきらく軍事研究会』HPより
http://okigunnji.com/
「靖国に天皇陛下が参拝できなくなった理由など」から一部抜粋
http://labo.okigunnji.com/archives/2005/07/post_235.php
<昭和50年8月に当時の三木首相が「靖国には「私的」に参拝する」と史上はじめて言い出したことに起因する。
 日本を代表する立場にある首相が、参拝に当たって公私の区分を定義してしまった以上、参拝にあたって公私の区別をつけることができない天皇陛下は、参拝することができなくなった。最後のご参拝は昭和50年11月となった>

 よくいわれるのが、「天皇陛下が靖国神社に参拝できなくなったのはA級戦犯が祀られているから」ですが、A項戦犯(※)が合祀されたのは昭和53年なのでこれは理由にはなりませんね。しかも、毎年靖国神社に参拝されていたのならそれも理由の一つと考えられるでしょうが、戦後、昭和天皇が靖国神社に参拝されたのは昭和27年10月と44年10月の「靖国神社100年記念祭」、それと戦後30年に当たる50年10月の3回なので、戦犯合祀は無関係でしょう。

※罪状項目に過ぎないA・B・Cの区別に、階級を思わせる「級」を付けることは、罪の軽重であるとの誤解を広める一因でもあるので、引用文以外では「A(B・C)項戦犯」と記載します。
お礼コメント
pbf

お礼率 77% (545/701)

私の誤解だとわかりました。
そういう言い方をするマスコミには他意を感じますね。
投稿日時 - 2005-11-06 05:00:51
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ