• 締切済み
  • 暇なときにでも

人民元と香港ドルの利ざや

某社の外国為替証拠金取引を行っています。 主にスワップを目的として取引しているのですが、最近、あることに気づきました。 人民元と円とのペアでは、人民元売りの場合には、プラスのスワップが得られるのですが、人民元以外の通貨と円とのペアの場合には、 売りの場合には、マイナスのスワップとなります。つまり、円を基準として、人民元を売る一方において、香港ドルを買えば、いずれもプラスのスワップが得られます。 人民元の切り上げが叫ばれている今日ですが、人民元も香港ドルもドルに事実上ペグされており、人民元と香港ドルのレートは、ほぼ一定です。 ということは、人民元売り、香港ドル買いのポジションを取ることで為替差損を回避しながら、スワップを得られることになるのです。 しかしながら、こんなうまい話には危険があるはずです。今後、人民元と香港ドルのレートが変動する可能性は高いのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数123
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.1
  • Trane37
  • ベストアンサー率51% (460/888)

人民元の突然の再切り上げがあれば一貫の終わりかと思います。 日本円/人民元でプラスのスワップとはにわかに信じられないのですが、、、。

参考URL:
http://finance.yahoo.com/q/bc?s=HKDCNY=X&t=1y&l=on&z=m&q=l&c=

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • FXの確定申告の計算方法について

    FXの確定申告で、雑所得の計算をしたいのですが。 総収入金額(為替差損益+スワップ益)-必要経費=○○円が課税対象みたいですけど。 為替差損益とは、字の通り差し引きの金額でいいのでしょうか?それともプラス分の合計だけなのでしょうか? 取引件数は多いけど、実際は±0とかで、為替差損益がプラスの合計だけだとしたら取引が怖くなりました。 いろいろ検索してみましたが、具体例が少なく理解できなかったので教えてください

  • 人民元の売りのスワップについて

     某為替証拠金取引業者の人民元の売りのスワップが10万通貨当たり10円ですが、なぜ、マイナスでなくてプラスなのか不思議です。  スワップは、通貨ペアの金利差によるものであると説明されています。円の金利は、ゼロに近いのですが、他方人民元の金利は、2-3パーセント程度あります。そうであれば、売りのスワップはマイナスになるはずですが、そうではないのが現状です。  人民元は、切り上げ要求が高いので、保有しておれば、高い確率で差益がねらえますが、このような差益目的の保有をけん制するためにマイナススワップとし、その反対として人民元の売りの場合には、プラススワップにしているのではないかと勝手に推論しています。本当の根拠は何なのでしょうか。

  • 外貨建て取引

    海外出張中の経費については、社内レートとしてその月の月末のレートを用いて円換算しています。 外貨建取引の場合、取引時と決済時のレートの差額が、必ず、為替差損益として認識されると思うのですが、上記のように社内レートを使用すると為替差損益が発生しないですが、それでもよいのでしょうか? それとも海外出張経費のように頻繁に出てくるものは社内レートで換算して、大きな取引(例えば売上や仕入)は原則通り、取引時と決済時でそれぞれのレートを用いて、為替差損益を認識するようにした方がよいのでしょうか?

  • 為替差損益の単一仕訳について

    こんにちは。 最近経理関係が少し身近になった程度の知識しかないので 恥ずかしい質問かもしれませんが・・・ 為替差損益の処理について悩んでいます。 商品を100$で販売しました。 販売時のレートは1$100円でした。 月末に入金があり、レートは1$110円でした。 この場合の仕訳として一般的?には 売掛金 :10,000円 / 売上 :10,000円 普通預金:11,000円 / 売掛金 :10,000円              / 為替差損益:1,000円 になるかと思うのですが、 単一仕訳?で処理をする場合、 売掛金 :10,000円 / 売上 :10,000円 普通預金:10,000円 / 売掛金 :10,000円 普通預金: 1,000円 / 為替差損益:1,000円 という形で、普通預金に対しての為替差損益でいいのでしょうか? また為替差損が生じた場合は、逆の考えで 為替差損益に対しての売掛金として仕訳していいのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 外貨預金利息の為替差損益について

    他のケースもあるかと思いますが、外貨預金の利息が20%源泉徴収 されたうえで、その通貨で外貨普通預金に入金される場合の 利息分の為替差損益の考え方についての質問です。 (雑所得の計算のため) 元金については、円から外貨に換えるときのレートと、 外貨から円に戻すときのレートとの差により、為替差損益が 発生することは理解できています。 利息で得られた外貨には、円から外貨に換えたときのレートが 存在しません。このレートを0として扱うと、全部が為替差益と なってしまいます。 また、すでに源泉徴収されているので、利息については為替差損益に 含めないとする回答がありますが、都合のいいときに外貨から円に 戻して利益を得ても、全く課税されないというのも変な気がします。 そこで、利息が入金された日のレートと、外貨から円に戻すときの レートとの差により、為替差損益を計算するのが妥当ではないかと 考え始めましたが、この考え方で正しいでしょうか。 あるいは別の方法があるのでしょうか。 詳しい方、アドバイスをお願いします。

  • 人民元切り上げに備えて・・・

    人民元切り上げに備えて、人民元固定の香港ドルをお得に取引できる外国為替証拠金取引会社教えてください。

  • 初めて投稿させて頂きます。人民元の米ドル固定が解除され、今後、緩やかに

    初めて投稿させて頂きます。人民元の米ドル固定が解除され、今後、緩やかに人民元が切り上がると報道にありましたが、私は現在中国に勤めていて、貯金(給料)は香港ドルです。将来的には日本へ帰国するので、日本円を必要とするのですが、今回の人民元切り上げにより、香港ドル対日本円はどう変動するのでしょうか。いまのうちに人民元に換えた方がいいのか、日本円に換えた方がいいのか、香港ドルをそのまま保持しておくのがいいのか、アドバイスを下さい。為替の事なので、断定は難しいとは思いますが、アドバイスだけでもお願いします。ちなみに現在で約300,000香港ドル程有ります。

  • 外貨預金

     法人で外貨預金へ入金する際のレートがあらかじめ銀行との契約で決まっています。実際に入金する際に当日の為替レートと契約のレートは違うのでそこで為替差損益が生じますが、仕訳はそこで為替差損益を認識すべきか否か。円での預入額でそのまま外貨預金へ振替ればいいのでしょうか。

  • 円以外の通貨での為替差損益の計算、所得税確定申告

    為替差損益の計算にお詳しい方、ご教示願います。 持っていた米ドルを売りポンドを買い、そのポンドを売り豪ドルを買いました。この場合、買ったポンドを売ったわけですから、何がしかの実現為替差損益が出ていると思います。 ポンドを売り米ドルを買っていたら、米ドルベースでの実現為替差損益が計算され、その取引日のドル/円為替レートで円換算して、実現為替差損益を確定申告すれば良いと思います。 実際にはポンドを売り豪ドルを買いましたが、これは分解すると、まずポンドを売り米ドルを買い、即座に、その買った米ドルを売って豪ドルを買ったとみなすことが出来ます。従って、上記と全く同様に、ポンドを売り豪ドルを買った日のポンド/米ドルの為替レートを用いて米ドルベースでの実現為替差損益が計算し、その取引日のドル/円為替レートで円換算して、実現為替差損益を確定申告すれば良いと思うのですが、これで正しいでしょうか? 為替市場のひずみは瞬間的に修正されるため、2取引に分けても直接豪ドルを買っても結果は同じ。コミッションだけダブルで掛かるので、2取引に分けるのは意味がありません。

  • 香港ドルの行方について

    中国株に投資しています。 H株だと香港ドルで取引されていますが、今現在、アメリカドルとリンクしています。 今の状態だとアメリカドルが暴落すれば、いくら株価が上がっても為替で損失をこうむる事もありますが、 将来的には香港ドルは、人民元とリンクするようになったりするのでしょうか? 現状ではアメリカの財政赤字がとても気になります。