• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

香港ドルの行方について

香港ドルと人民元との関連性が強いとの思惑から、今後も人民元同様に上昇すると考え、香港ドルのロングポジションを持っています。米ドルのロングよりも香港ドルのロングのほうが上昇期待が高いとの計算です。  ところが、最近の人民元高にもかかわらず、香港ドルは、上昇していません。それどころか、新聞では、年内にも米ドルの関係で人民元が香港ドルを上回るのではないかとの報道がなされています。香港ドルはドルペッグ制の関係から人民元ほどには上昇しないであろうことは覚悟していましたが、現在のところ、まったくの「置いてけぼり」状態です。  今年の1月に香港に旅行に行きました。香港ドルは、中国本土の深センでは1香港ドルが1人民元と同様に流通しています。これは、人民元と比較して、香港ドルの方がレートが高い関係で実現している現象です。しかし、人民元と香港ドルのレートが逆転すると1香港ドルは、1人民元と同様に流通することが困難になると思います。反対に、1人民元が1香港ドルと同様に香港において流通するかという問題については、人民元の外国での流通を制限している中国政府にとっては、あってはならないことでしょうから、人民元と香港ドルとの関係は現在よりも希薄になるのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数377
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • Trane37
  • ベストアンサー率51% (460/888)

香港ドルの先行きは、私にもよくわかりません。 人民元・切り上げは、中国の金融緩和・改革の一環として行われること、その中には香港ドルの改革も含まれることは予測されてきました。 現在のところ人民元は昨年の改革により、米ドルを含む諸通貨のバスケット制となり、米ドルペッグの香港ドルとは異なるシステムで価格決定されています。また、人民元切り上げに伴い香港ドルの変動幅が拡大されました。そこで香港ドルもある程度、人民元高につられて価格上昇してきました。しかし、もともとのシステムが異なるので両者が異なる値動をしますし、今後この趨勢は強まると思います。 香港が世界の金融センターとして投資資金を集めるためには、香港ドルが米ドルとペッグであることに意義がありますから、当面は香港ドルと人民元は異なる動きをすると思います。 今後米ドルの国際決済通貨としての位置が下落するようになれば、改めて香港ドルの人民元との一体化が検討されるようになるかもしれません。

参考URL:
http://finance.yahoo.com/q/bc?s=HKD=X&t=1y&l=on&z=m&q=l&c=CNY=X

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

「20日の米中首脳会談を前に、米政府が人民元改革の対中圧力を強めている。」との報道がありますが、最近になって人民元と香港ドルのレートが香港ドル高に反転しました。行き過ぎた人民元高が是正されているのかもしれません。Trane37さんが教えてくれた参考URLを毎日ながめています。  香港ドルについて、米ドルとのペッグに意義があるということですので、香港ドルの連れ高はないということで理解することにします。香港ドルのロングから米ドルのロングに切り替える方向で検討しています。  有難うございました。

関連するQ&A

  • 香港ドルについて

    香港で香港ドルの地位低下が加速している。人民元が対米ドルで急上昇し米ドルに連動する香港ドルの通貨価値が減少しているため。今後も通貨価値下落は必至で 香港は食品や日用品を中国から輸入し通貨安がインフレを加速する悪循環が続く  という内容の新聞がありますが わかりやすく解説をしていただけませんでしょうか 特に 輸入をすると 中国へお金を払い通貨安を招くというところがわかりません。どうぞ宜しくお願いします。

  • 香港ドルと米ドルについて

    外国為替について基本的なことを教えてください。 現在 中国の香港市場では香港ドルで取引されていると 思いますが,その香港ドルと米ドルの関係を 教えてください。  円高 ドル安になると  円高 香港ドル安となるのですか?  教えてください。

  • 香港ドルの米ドルへの換算

    私が勤めている会社は、香港に子会社を設立しました。 資本金は米ドルで、取引も米ドルで行います。 しかし、水道光熱費等は香港ドルで支払います。 決算書を作成するのにあたり、米ドルで統一します。 この場合、香港ドルを米ドルへ換算するにはTTMレート を使えばよいと思うのですが、レート表はどこかに掲載されて いませんでしょうか?

  • 人民元と香港ドルの利ざや

    某社の外国為替証拠金取引を行っています。 主にスワップを目的として取引しているのですが、最近、あることに気づきました。 人民元と円とのペアでは、人民元売りの場合には、プラスのスワップが得られるのですが、人民元以外の通貨と円とのペアの場合には、 売りの場合には、マイナスのスワップとなります。つまり、円を基準として、人民元を売る一方において、香港ドルを買えば、いずれもプラスのスワップが得られます。 人民元の切り上げが叫ばれている今日ですが、人民元も香港ドルもドルに事実上ペグされており、人民元と香港ドルのレートは、ほぼ一定です。 ということは、人民元売り、香港ドル買いのポジションを取ることで為替差損を回避しながら、スワップを得られることになるのです。 しかしながら、こんなうまい話には危険があるはずです。今後、人民元と香港ドルのレートが変動する可能性は高いのでしょうか。

  • 米ドルと人民元は香港ドルを経由しないと両替不可能?

    人民元とアメリカドルは直接両替できず香港ドルを経由しないとダメなのですか? 例えばアメリカで人民元からアメリカドルに両替したり中国でアメリカドルから人民元に両替する時は直接はできず一度香港ドルを経由しないと不可能ですか? 少し前にアメリカと中国の貿易は香港経由?だとかアメリカが人民元とアメリカドルを直接両替ではなく香港ドルを経由しないようにしてるみたいな記事やアメリカは香港ドルを使えなくして人民元の価値を下げることが可能みたいな記事があったのですがそれは本当ですか?

  • 香港ドル保有とFXで香港ドル円の円買い相殺

    現在、中国(香港)株式を行っていて香港ドルを保有していますが、 昨今の金融市場混乱状態により株をすべて売り香港ドルに戻しました。 ただし、即中国株式を購入するためと円から香港ドル変換時の手数料節約のため、 香港ドルは円に変換せず保有したく思っています。 ここで問題なのが、円高-米(香港)ドル安がさらに続きそうで 現状の状態では損失が進みそうです。 FXで香港ドル-円の香港ドル売りを上記香港ドル保有と同値で 相殺したく思っているのですが、スワップポイントがきつくなりそうです。 そこで質問なのですが (1)香港ドル-円の香港ドル売りのスワップポイントは、 100万円の取引として1日(数値的に低ければあるいは30日か1年) 現時点の参考値としてどれくらい支払いしなければならないのでしょうか? (2)上記以外でドル安が進むと考えてスワップポイントを気にしない あるいは、支払いでなく受け取れる通貨取引はあるのでしょうか? (ユーロ-米ドルの米ドル売りでしょうか?) 長期運用を前提に為替では相殺あるいは微々たる損失ですめばよいと思っていますので なにとぞご教授よろしくお願いします。

  • 香港ドルを日本円にしたいのですが

    現在、香港で仕事していて給料も香港ドルで支払われています。半年後に帰国する予定なのですが、知人に 香港ドルは香港で円に変えて現金で持ち帰るのが一番得だと聞かされました。確かに別の知人から香港ドルを日本の銀行で円に変えたらその日のレートに関係なく、ここしばらく一定の換金レートですごく目減りしたと聞きました。実際のところせっかくためた香港ドルをできるだけ目減りしないで円に変えるにはどんな方法が一番よいのでしょうか。毎日変わるレートも問題ですが、気になるのはどのように換金したり送金等をしたりすれば良いかという手続についてです。ちなみにHSBCに口座を持っててネットバンキングもできる環境です。よろしく御教授お願いします。

  • 香港の近くの深センは中国とは言えないのでしょうか。

    香港の近くに深セン(しんせん)という都市があり 1度だけ香港からのオプショナルツアーで深センへ行ったことがあります。 私は「中国本土」あるいは「本物の中国」に行ったと認識していました。 しかしある人が「深センは経済特区だから本物の中国あるいは中国本土へ行ったことにはならない。」と言ってる人がいました。 香港なら中国に返還されたといえど特別な場所という感じはします。 では深センは中国ではないのでしょうか。それとも中国と考えても良い都市でしょうか。

  • 人民元の最近の急上昇について

     人民元は、昨年の7月に切り上がってから、 しばらくの間は、遅々として切り上げが進まなかった のですが、9月ころから急にドルに対して上昇してきています。 中国としては、再三にわたり大幅な切り上げは 行わないと発言しているにもかかわらず、 連日のように高値を更新しています。 以前は、人民元が少し上昇したと思ったら、下落し て、元の水準に戻し、人民元の上昇姿勢のポーズだけ を示していたようですが、最近は様変わりです。  そこで質問ですが、この人民元の上昇スピードは、 さらに速まるのでしょうか。また、この上昇はいつま で続くのでしょうか。そして、人民元と香港ドルとの レートが逆転することがあるのでしょうか。

  • 香港のニュースに疑問…爆買いでデモの理由

    中国本土から香港へ、乳児用粉ミルクなど日用品など を買う人が溢れ、香港ではデモが起きたと報じられました。 香港のデモでは警官が 催涙スプレーを使って鎮圧するほどだったようです。 香港で手に入れた日用品を 中国本土に持ち帰り、転売をするものもいるとか。。。 そこで疑問。 中国本土と香港… 格差があるのでしょうか? 香港で流通されているものは 本土では流通されていないということなのでしょうか? だどすると、同じ国なのになぜ 流通が分割されているのかなと思わざるをえません。 ご存知の方お教えください。