• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

バルコニーにウッドデッキ

只今新築中の我が家のバルコニー(約4畳)にスノコのような形で置くようなウッドデッキを検討しています。バルコニーはFRP防水で、屋根を兼ねます(バルコニー下は部屋です)。ただ、FRPは上に重いものを置かない方がよいとどこかで見たか聞いた記憶があり、少々心配です。本当のとこはどうなのでしょうか。アドバイス頂ければ幸いです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数2270
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

防水屋です。(特にFRP)FRP防水は防水材の中で一番重量な耐えられます。特にベランダの下が部屋であればたとえピアノをのせてもまったく問題ありません。FRPは下地の亀裂などには弱いですが外からの衝撃には強い防水です。 

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変参考になりました。検討の結果、ウリン(相当重いらしい)のデッキを乗せることにしました。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • バルコニーの設置について

    只今、新築で間取りを検討中の者です。 坪数をなるべく抑えたいことからバルコニーを無くそうと考えています。バルコニーが無いとこまるようなことは無いでしょうか。

  • バルコニー屋根

    この度新築を立てたのですが追加でバルコニーに屋根を付けようと思い見積もりを取り始めたのですが、屋根の取り付けにあたり上止め、下止めがあるようですが、いったい何が違うのでしょうか?

  • インナーバルコニーについて

    現在、新築の戸建の購入を検討しているのですが、 その物件がインナーバルコニーを採用しておりました。 モデルルームを見ると日当たりの条件は良いのに 屋根があるせいで日当たりがだいぶ悪くなっておりました。 その点がとても気になったのですが、一般的にインナーバルコニーは 良い物なのでしょうか? 宜しくお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

こんなの置いたらどうですか?

参考URL:
http://i-front.sekisui.co.jp/kenzai/html/cregare_01/index.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

本物?のウッドデッキがほしいので作ることにしました。ありがとうございました。

  • 回答No.2
  • ipa222
  • ベストアンサー率20% (903/4455)

すのこ自体の重さは大した事はありません。 すのこに乗る人の重量は、すのこがあっても、なくても同じです。 ですから、重量自体は問題ありません。 ただし、すのこの足に重量が集中しますので、角で防水が傷ついたり、荷重がかかりすぎたりするかもしれませんから、すのこの足の下に、緩衝材を敷いた方がいいでしょう。 水に強くて、多少弾力性があるものであれば、何でもいいと思います。 すのこの足は、幅広にしておいたほうがいいでしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

足には気を使いたいと思います。ありがとうございました。

  • 回答No.1

 おはようございます。  FRPは、ガラス繊維を混ぜたプラスチックです。 船舶、車のバンパー、コンビナートのタンク内部、屋根の防水、屋外用大型水槽と、幅広く使用されていますが、おっしゃるとおり、FRPの上に重いものを置くような使用例はほとんどありません。  ただ、FRPにも様々な種類があり、特にFRP防水の場合は塗料のように塗って使用するものもあります。屋根の下地や、骨組みがしっかりしていれば、使える場合もあります。  どのようなFRP防水の使用なのかこの内容だけでは分かりませんので、お近くの工務店さんに相談されるのがいいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

関連するQ&A

  • バルコニーのFRP防水を、念のため二重の防水にしたい。

    皆様、素人の私にお教えください。 現在新築の検討中です。総二階で、バルコニーを広め(1階の上に広いバルコニーがあります)にしています。そこで心配事が一つ、「FRP防水が劣化して、一階で雨漏りしないか」と心配しています。 例えば、FRP防水の下に「ステンレスの板を貼る」、「防水シートを貼る」といった施工ができないかHMに相談したところ、「FRP防水でメンテナンスをすれば十分です。それでも納得できなければ、認定番号を教えてくれれば、それで施工します」と言われました。 素人考えで悪いのですが、祖父から「バルコニーの防水だけは二重で考えなさい」と言われています。 そこで伺いたいのが以下の点です。 (1)認定番号のある施工方法しかできないのか?法律や保証の関係があるのでしょうか? (2)このような要望に応える認定工法があるのか (3)バルコニーの防水性を二重で確保する方法は他にあるのか? ぜひ、お力をお貸しください。

  • バルコニーの防水施工について質問させていただきます

    バルコニーの防水施工について質問させていただきます。 現在、新築を検討しており、住宅メーカー2社から見積もりをとっています。 その中で、バルコニーの防水施工で、一方の業者から (1)当社は、FRP防水に加えて、ハウタン防水(HIT-11&エイブロック)施工する。 (2)FRP防水のみの場合、施工後10年経過したら30~50万円の補修費用が発生するが、 ハウタン防水施工すれば、よほどのことがない限り10年たっても補修費用は発生しない。 との説明を受けました。 そこで、もう一方の業者にこの点について確認したところ、ハウタン防水施工をしても施工後10年経過すれば補修は必要になるとのことでした。 今後のメンテナンスが必要なくなるのであれば、少々費用がかかってもハウタン防水施工をしようと思いますが、10年たったときに同じように補修が必要になるのであれば、やめておこうかとも考えています。 この点について、詳しくご存じの方がおみえでしたら、アドバイスをお願いします。

  • ベランダ(バルコニー)の広さについて

    ベランダ(バルコニー)の広さについて 戸建て住宅の間取りを検討中です。 2Fベランダ(屋根がある)の奥行きが910mmです。 これだと実測で700mm程度しかなく、とても狭いとネットで知りました。 確かに狭そう…(-_-;) 洗濯機等の水周りが2Fにあり、よく布団も干すので、ベランダは大活躍しそうです。 ただ、3人家族なので洗濯物や布団はそこまで大量ではありません。 庭やウッドデッキがあるので、ベランダで寛ぐような用途は不要。 インナーバルコニーのようなスペースは室内側にありません。 ベランダの適切な広さ(間口×奥行)はどれくらいでしょうか? ただ、ベランダはとても高価なので、あまり広すぎても予算的に難しいです。 よろしくお願いしますm(__)m

  • 西側バルコニーの屋根について

    4年前に一戸建てを新築した者です。 奥行1.65m×幅4.55mの西側にあるバルコニーにこの度、後付け屋根をつけようかと検討しています。 家はほぼ総二階に近い形で、1階の部屋の屋根になる形で張り出したバルコニー-があります。 バルコニーは切妻屋根の妻側にあります。 今までは、据置き型の物干し台を置いて竿を2本通し、洗濯物を干していましたが、風の強い地域なのでしょっちゅう物干し台ごと倒れていました。 物干し台の土台がコンクリートでできた頑丈なものは、防水のFRP塗装がはがれやすいのでできれば使用しない方がよいと建築した工務店に言われ、水を入れて重しにするタイプを使っていました。 また、前面道路(西側)が舗装されていない砂利道なので、埃がまき上がり、汚れがつきやすいこともあります。 今工務店に提案されているのは、TOEXのサンクテラスIIの2本柱がつくタイプです。 奥行きはバルコニーの前面手すり(手すりといっても壁で覆う型です)から少しはみ出すくらいということなので6尺だと思いますが、かなり大型になるのではと思っています。風の抵抗は大丈夫でしょうか? バルコニー前面を覆う形でなく、奥行きの半分くらいをカバーする4尺や5尺では使い勝手は悪いでしょうか? 家が欧風なので、R型の方がよいかと思っていますが、屋根が下がってくるので圧迫感もかなりあるだろうし、布団は干しにくいだろうとも思っています。 バルコニーに接する部屋は寝室として使っている8畳の部屋で、夏の午後は暑くて冷房なしでは過ごせませんが、冬はぽかぽかして暖かいです。バルコニーに屋根を付けることによって部屋への日光の差し込みも減り、暗くなってしまうのではとも懸念しています。 また、屋根の材質は、普通のポリカではなく熱線吸収や防汚タイプの方がよいのか、そこまでする必要はないのか悩んでいます。 家は関東地方で、積雪はほとんどありません。夏はそこそこ暑いです。 経験者、関係者の方に意見をいただきたく、投稿しました。 来週には最初の見積もりが上がってくるので急いでいます。よろしくお願い致します。

  • ルーフバルコニーの防水について

    2階ルーフバルコニーの防水について悩んでいます。 (かなり前になりますが、FRP防水関連で一度質問させていただいています) 面積は10m2で、3面が外壁で、一面が庭(上部)に面しています。 A:FRP防水(+ウッドデッキ) B:ガルバリウム鋼板屋根葺きの上、ウッドデッキ設置 ※一部特殊な方法(より万全な)もあるようですが、コスト的に無理ですから考えないこととします。 ●コスト、性能面を総合判断した場合、一般的なAを選択すべきでしょうか? デザイン面等は考慮せず、イニシャル・ランニングコスト(施工費用、メンテ費用、補修費用等)の両面から総合判断して決めたいと思っています。 FRPは万全ではないと聞きますが、それでも多くの実績がある現在では、信頼があるからこそではとも思ったりします。 以前の質問での結論としましては、適切な施工さえすればまず漏水のおそれはない・・でした。 大半の雨漏りは、施工レベルであると・・・。 (それでも万が一のことを考えると不安は払拭できないでいます) 予算が取れるなら、もっと万全な方法があると紹介もされました。 ■広い面積には向かないようですが、10m2であれば迷わず選択すれば良いでしょうか? FRPの追従性にも限度があるでしょうから、地震等で、予期せぬトラブルの心配は拭えません。 木造の場合、揺れや構造のしなり?などが予想されますが、体力壁、水平構面で固めますから、それほどでもないのでしょうか? ガルバ屋根の場合ですと、一般的に緩勾配であるほど雨漏りし易いと聞きます。 納まり上1/20勾配が限度ですが、上部にウッドデッキを設置するため、雨係にならないことから、漏水の恐れは少ないかと考えます。 日光にもさらされないため、屋根の経年変化も通常よりは有利かと? 以上を踏まえても、未経験が故、判断がつきません。 どちらの方法がベターかを専門家(経験者)のご意見を聞かせください、 ■防水、長期的なメンテの観点から、ガルバ屋根のほうに分があると考えますが、実際には少数派だとの認識です。 ネットで調べましたが、参考事例(現場の施工事例)はわずか2件しか見つかりませんでした。 FRP防水は信用できないから、屋根を葺いているとの事でした・・。 FRPが主流であるのには理由があると思います。 そのあたりのことについて、お分かりでしたら、お願いします。 施工費用については、よくわかりませんが、FRP防水を1とした場合、ガルバ屋根はどの程度の目安で考えておくべきでしょうか? (デッキの施工のしやすさも考慮した場合) 以上、よろしくお願いします。

  • FRPの下地板の張り替え(雨漏りによるいたみ)

    築6年、木造の屋上バルコニー(3×6m)のFRP防水の下の下地板が踏むと柔らかい部分があるので、いたんできているようです。塗装の浮きをこえている感じです。雨漏り(新築時から、年に3回程度)があったので、その時に回った水が原因とも思われます。FRP自体はまだ大丈夫です。しかし、一旦いたんだ(今は推測ですが)下地は、FRPをめくってでも調べて張り替えるべきでしょうか。屋上床の裏、つまり2階天井の方から調べてみることはできるでしょうか。雨は、屋上から立ち上がっている壁の上の屋根板金部分(ケラバ?)から入っているみたいです。(水をかけると漏れました)。屋上から立ち上がっている壁(板ばり)やサッシまわりも疑わしいので、屋根の怪しい部分と壁、屋上を覆う屋根を新たに設けて雨漏れを防ぐという方法はどうでしょうか。いったんいたんだ下地板は、雨を止めてもいたみが進行するのでしょうか。それともはやり、徹底的に屋根、壁、屋上FRP,下地、全部修理したほうがいいでしょうか。見積もりは100~150万くらいでした。今、経済的にきつくて、できれば自分でなんとかしたいのですが、自力で、FRPを剥がしたり、張り替えたりは可能でしょうか。できれば、FRPにさわらずに屋根をかけたりして解決したいのですが。ちなみに建築した業者は倒産しました。マシンガンのような質問ですみません。よろしくお願いします。

  • アルミ製バルコニーの外装材

    アルミ製バルコニーの外装材 新築検討中のものです。 YKK APのアネーロというアルミ製バルコニーが設置されます。 工務店から、2階バルコニーの外装仕上げとして、杉板張りを提案されました。 外観的には好みですが、耐久性がやや気になります。 塗装にも足場が必要なのかもしれません。 メーカーからも木質調の外装仕上げがありましたが、とても高額でした。 外壁材・屋根材はガルバリウム鋼板です。 フッ素樹脂塗装されたもので、それなりに長持ちすると説明されました。 その外壁メーカーのホームページを見ていると、木質調のガルバリウム鋼板がありました。 実物は分かりませんが、雰囲気は悪くなかったです。 このバルコニーの外装仕上げとして、ガルバリウム鋼板を使うことは難しいんでしょうか。

  • バルコニー脱落防止の対策

    20年ほど前に大手建築会社の2X4戸建て住宅を新築購入しました。8年ほど前に、当時漏水腐蝕によるバルコニーの脱落事故があったそうで、メーカー側の点検がありました。我が家は特に問題ないとのことで、そのままでしたが、我が家と同時期に買われた近隣の家ではバルコニーの無償取替え工事が多数ありました。最近になってメーカー側から再点検の連絡があり、希望者には実施するとのことでしたので、点検依頼をしました。その結果、放置できない状態とのことで、有償(70万円)で希望者にはアルミ製脚付きのスノコ型バルコニーへの取替えを行うと言われました。私としてはまったく納得できず、対応に苦慮していますので、アドバイスをいただければ助かります。納得できない理由は(1)購入後10年を経過するころからバルコニーの脱落するような家を建てたビルダーの無責任さ。家は住む者の暮らしの安全を守るのが第一義的目的と考えています。(2)今回の点検後初めてバルコニーの手入れ(コーキング等)について知らされましたが、問題点の情報開示がこれまできちんとされなかったこと。(3)前回の点検時にもコーキングや水抜き用の穴あけなどの措置がまったく施されなかったこと。(4)前回無償で今回は全額有償となったことのビルダー側の判断基準が不明なこと。(5)デザイン面を評価して買った家なのに、取り替えることによってそれが損なわれること。(6)総てはユーザー側の選択に丸投げして、ビルダーとしての自覚がまったく感じられないこと。これがあの財閥系大手メーカーのやることかと思うとあきれました。などです。どうぞよろしくお願いします。

  • ルーフバルコニーの防水について

    10m2弱のルーフバルコニーで、FRP防水+ウッドデッキの予定です。 法22条地域のためルーフバルコニーは飛び火認定のFRP防水になります。 FRP防水の事を調べてみましたが、雨漏りのリスクは回避できないようです。 かと言って、コストをかけた工法での防水は難しいため、いっそうの事 ガルバの屋根の上にルーフデッキ・・・はどうかと考えます。 以前何かで事例を見た記憶がありますが、ネット上でも施工事例は見つかりませんでした。 ただ、金属屋根でも緩勾配では、漏水のリスクはあるようです。 ■計画上、1/30勾配が限度ですが、緩勾配すぎますか? 一応、最低勾配は5/100のようですが、この勾配であれば問題ないという意味でしょうか? ※コストダウンしたいという趣旨もありますので、コスト・防水面の総合判断としてどちらを選択べきか? ■コスト的にはどうでしょうか? コスト的には安くなると思っています。 ■雨漏りの信頼性は大差ないでしょうか? (FRP防水と緩勾配ガルバ屋根) もしくは、この程度の勾配であれば、かえってFRP防水を適切な施工でする方が良いのか? ■施工上の問題は何かありますか? 特にデッキの固定等についてどのようにすべきか、情報がなくわかりません。 単純に、ハゼに留めるとかで良いものか? 以上、アドバイスよろしくお願いします。

  • 屋外用ウサギ小屋について(長文です)

    こんにちは。 我が家ではウッドデッキに屋外用のウサギ小屋で飼っています。 形は、木製で、足があり、両開きの扉で、片方が金網になっており、もう片方は板、床は金網の扉の方がスノコ、板の扉の方が完全な板です。 3,4年ほど前に、この小屋を買ったのですが、やはりウサギですので、木であれば手当たりしだいならぬ、歯当たりしだいにかじってしまいます。 ここ1年ほどから扉がゆがんでバカになってしまったり、中のスノコをかじってダメにしてしまったりとあったのですが、ゆがんだ扉は何とか閉め、スノコは父が修繕したりして、何とか使っていました。 しかし、そのうち何があったのかスノコが完全に抜けてしまい、掃除用の引き出しが床状態になってしまっています。 それだけではなく、金網側の扉の枠が壊れてしまい、ついに金網が完全に外れてしまいました。(よりによって大雨の日に!) このままでは簡単に脱走されてしまいますし、何より小屋の意味がありません。 なるべく早く新しい小屋が必要なのですが、ネットを探し回っても、近所のホームセンター(一軒しかないのですが・・・)を見て回っても、屋内用のゲージしか見つかりません。 ウッドデッキですので、屋内用でも少し工夫すれば(周りと屋根を板で囲うなど)、問題は無いのかもしれませんが、やはり屋外用の方が、風除けのための壁や屋根がついているので、都合がいいのです。 もし、ネット上で売っているお店や、扱っているメーカーなどをご存知でしたら、教えていただきたく思います。 よろしくお願いいたします。