• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

ビジネスモデル特許について、教えてください。

マッチングビジネスでの起業準備を進めているのですが、 既に同じようなサービスを提供している企業のWEB上に「特許出願中」と 記載されており、この事で以下の3つについて教えて下さい。 (1)特許出願中=特許が取れる可能性が高いのか? (2)その先発企業の特許の内容が仮に、「検索システム」の特許であれば、  似たような検索システムだと特許の侵害にあたるか? (3)上記(2)の様なケースで、特許侵害に当たらないようにするには、  どの程度の差異をもたせればいいか? 曖昧で、申し訳ございませんが、よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数116
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • ymasan
  • ベストアンサー率45% (16/35)

(1)「特許出願中」では特許成立はまったく確約されません。特許庁により拒絶される可能性が多分にあります(まあ普通は拒絶されます)。 「特許出願中」とわざわざ記載しているのは、同業他社に「この発明を真似すると将来特許が成立したときに痛い目みますよ」という警告と、消費者に「これは特許出願するくらい独創的な商品なんですよ」とアピールするためと思われます。 (2)単に似ているというだけでは特許侵害になりません(自動車メーカー各社がハイブリッドエンジンを作って競い合ってますよね)。特許には特許請求の範囲が明確に記載されています。(「請求項1、請求項2・・・」と書かれています)製品あるいはその構成品がこの請求項に含まれると特許侵害の可能性があります。 (3)特許のもっとも基本的な請求項(普通は請求項1です)がa、b、cという要素を組み合わせて、Aという効果を生み出しているとします。 まず、a、bという要素の組み合わせ、すなわちA以下の効果しか生み出さないものならば、まず問題ないと思います(要素a、bの特許がある可能性がありますが) また、a、b、dという要素で(ただしcとdは明らかに違うものであるべきです)、Aと同等かそれ以上の効果を生むものであれば、問題ないと考えられます。e、f、gというまったく別の要素で同等以上の効果が得られればそれがベストです。 しかし、a、b、c、dという要素を組み合わせてA以上の効果があるものを作っても、それは特許侵害の可能性があります。また、a、b、c、dの組み合わせが他の請求項に書かれていたら確実にアウトです。 いずれにしろ、問題となる特許を探して(出願番号とか記載されてませんか)特許事務所の弁理士の方に相談することをお勧めします。特に、起業されるのであればご自分の商品が他人の知的財産を侵害しているというのは、大きなマイナスとなりますので、慎重に慎重を重ねてください。また、(3)で他社特許を回避できる方法を思いついたら、その特許を出願すべきです。

参考URL:
http://www.ipdl.ncipi.go.jp/homepg.ipdl

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご返答ありがとうございます。 (3)について、もう少し質問させて下さい。 例えば「OKWeb」や「は〇な」は、質問に答えることでポイントを獲得できる システムを採用していますが、仮にどちらかがその(システム)アイデアで特許を取得していたとすれば、相手側は「回答してポイント獲得する」という システム(アイデア)を使用する事はできないのでしょうか? また、「はてな」は質問にもポイントが必要なので、それが(3)でお答え頂いた、 a,b,c,dのdに当たるような違いになるのでしょうか? よろしくお願いします。

関連するQ&A

  • ビジネスモデル特許について

    ・特許として登録されたもの ・特許出願中のもの ・公開されたもの と全く同じビジネスを実際にやった場合、どうなるんですか?というかやってもいいんですか? また、似たようなビジネスをやった場合、どうなるんですか?何か言われたりするんですか?法的な制約がありますか?どなたかご教授下さい。

  • 特許出願中のビジネスモデルについて。

    特許出願中で、公開されていないビジネスモデルは調査可能なのでしょうか。 特許庁のDBでは、特許公開されていないと、検索できないもので。 もし、調査不可である場合、その特許出願後1年6ヶ月後に公開された際に、 出願から公開までにその存在を知らずに、全く同じビジネスモデルで 特許出願せずにビジネスをしていたら、それは侵害になってしまいますよね。 分かる方教えてください。

  • 特許について教えてください。

    宜しくお願い致します。 特許出願中のものが使いづらいため、使いやすいように改良して販売する場合、 これは特許侵害にならないと思いますが、 こちらが改良し販売後に特許取得された場合、 その改良した商品を販売することは特許侵害でしょうか? どなたか宜しくお願い致します。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • ymasan
  • ベストアンサー率45% (16/35)

Yesです。 技術的にまったく別の手段でシステムを作れば問題ありません。 が、既存のコンピュータ、ネットワークを用いて作ると、どうしても同じような構成にならざるを得ません。 当然特許を書く側も、請求に抜けが無いよう広範囲にわたって、請求項を作成してきますので、これを出し抜くのは大変です。 でも、せっかくのビジネスのアイディアをお蔵入りさせるのはもったいないですもんね、頑張ってください! t__k__sさんの成功をお祈りします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

数多くの説明を頂き、ビジネス特許について理解が深まりました。 専門家への相談も含め、再度検討し直し、特許取得に向け頑張ります。 ymasanさん、ありがとうございました。

  • 回答No.4
  • ymasan
  • ベストアンサー率45% (16/35)

No.1です すいません、No.1での質問に答えていませんでした。 なおNo.3のOKWebと、は○なの例はまったくのフィクションですので、あしからず(^^; ご質問ですが、ご指摘の通り ○てながNo.3のOKWebの特許(a,b,c)をベースに「質問者のポイント消費機能(d)」を加えただけでは、特許を回避できません。No.1で言うところの「a,b,c,dの組み合わせ」になります。 特許を回避するには「質問に回答してポイント獲得」のベース部分を別手段で作る必要があります。 No.2さんもおっしゃってますが、特許事務所等にご相談ください、ここはお金をかけるべきところだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

たびたび、申し訳ございません。 最後にもう1度確認させて下さい。 “「質問に回答してポイント獲得」ベースの部分を別手段で”とありますが、 この別手段でとは「質問回答でポイント獲得」というアイデアの意味ではなく、 システムを別手段で作る必要があるという意味でよろしいのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 回答No.3
  • ymasan
  • ベストアンサー率45% (16/35)

No.1の者です。 まず、ビジネスモデル特許の扱いは国によってバラバラであることに注意してください。 日本のビジネスモデル特許に関して少し誤解されているかもしれないので補足します。(特許庁のHPにちょうどいいのがあったので、下に参考URLとして挙げます。特に【発明】の項目を見てください) ここを読むと分かると思うのですが、(日本の)ビジネスモデル特許は主に「ビジネスのアイディアを既存のコンピュータ、ネットワーク上でソフトウェアを使って実現する手段」に独占権を与えるものです。 だから「質問に答えてポイントをもらう」というアイディアは特許になりません。これが特許になると「同業他社」という存在が成り立たなくなります。 しかし、「質問に答えてポイントをもらう」ために「ブラウザのCookieでユーザを識別し、識別したユーザごとにデータベースでポイントを管理し・・・」というソフトウェア実装時に工夫した「手段」と「そのソフトウェアを格納した記憶媒体(CD-ROMやハードディスク)」は特許(発明)として成立する可能性が充分にあります。 仮にOKWebが、上記の特許を成立させていたとして、○てながビジネスの実現にあたって作成したソフトウェアが、上記特許でと同じ手段を用いていれば、特許侵害の可能性があります。 しかし、は○なが違う手段でソフトウェアを実装していれば、同じ「質問に回答してポイントをもらう」というソフトウェアでビジネスを行っても特許侵害にはなりません。 例えば、OKWebはユーザのポイントをデータベースで管理するが、はて○はユーザのWebブラウザのCookie内に暗号化して保存する、といった感じです。 上記の場合、ソフトウェアを実現する手段として、OKWebも○てなもユーザの識別にCookieを使っています(回答No.1のa、bにあたります)が、ポイントの管理の仕方が異なる(c≠dにあたります)ので、特許侵害の可能性は低くなります。(ただし実際に侵害かどうかを判断するのは裁判所です)

参考URL:
http://www.jpo.go.jp/toiawase/faq/tt1210-037_qanda.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変詳しく説明して頂き、ありがとうございました。 とてもよくわかりました。 ビジネス特許というのは、「システム」に関するアイデアが中心なのですね、 「ポイントの付加」などの「ビジネスアイデア」にも特許が成立するものだと、 勘違いしていました。 「システム」に関しては、素人なので、ご指摘の通り専門家に相談してみます。

  • 回答No.2
noname#19570
noname#19570

(1)について。 特許出願しなければ、特許は取れません。従って、特許出願中=特許の可能性はある。とはいえます。しかし、可能性は高いといえません。どのような内容(陳腐な内容)の特許でも、出願することは自由だからです。審査官の審査を経て、初めて特許になります。その可能性は、出願書類を詳細に読み込み、周辺技術についても精査、熟知しなれば、明確に解るものではありません。従って、出願=特許の可能性が高い、とは、到底言えません。 (2)について。 特許の権利範囲は、権利化された特許の明細書を精読しなければ、明確にわかりまません。従って、単にシステムが似ている、というだけで、侵害に該当するか否かを判断することは不可能です。専門家に相談することをお薦めします。 (3)について。 (2)と同様に、明細書の内容を精読しないと、一概に「こうすればよい」という回答はできません。専門家に相談して下さい。 仰る通り、事案が、曖昧すぎて、明確にお答えできません。ごめんなさい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

曖昧な内容にも関わらず、ご返答ありがとうございました。 特許出願=可能性が高いわけではないことが分かり、良かったです。 (2)、(3)については、確かに詳細が分からずに判断するのは難しったですね。 再度、検討直します。

関連するQ&A

  • 出願中の特許について

    現在企画中のビジネスに関して、同業者が“特許出願中”と発表しています。 出願中の特許の内容について知ることはできるのでしょうか? できるのならその方法を教えてください。

  • ビジネスモデルの特許は誰でも取れるもの?

     あるビジネスモデルを思いついて、他に似たような経営をしている企業がないと思ったら、特許庁に行けば、審査してもらて、特許登録はすぐにしてもらえる(つまり、登録された時点で、似たような経営を他が始めていたことがわかれば特許侵害を言える?)ものなのですか?。  ビジネスモデルと一口で書いてしまってますが、経営の仕方がビジネスモデルだと思ってます。  例えばこのOKWaveであれば、不特定の者が質問して不特定の者が回答をする場をネット上に設置するというビジネスモデルかと思ってますし、転職会議のような従業員や元従業員が情報を与えるサイトもビジネスモデルだと思ってます。  ところで、それができるのであれば、審査料、審査機関はどれくらいなのでしょうか?。

  • 特許権と先使用権について

    特許権について。他社が以前から同様の技術の開発を行っていた場合、先使用権が適用され特許侵害には当たらなくなると伺いました。 特許が出願されてから一年半後に公開特許公報が公開されると思うのですが。 【質問1】 以前というのは特許出願から公報が世の中に公開されるまでの間の一年半の期間も含まれるのでしょうか?出願後公開までの間に同様の技術の開発を行っていた場合先使用権は適用されるのかどうかが知りたいです。 【質問2】 同様の技術の開発を行っていた場合とはどの程度までなのでしょうか?すでに販売している場合はもちろんだと思いますが、基礎研究で量産化まではまだまだな場合でも同様の技術開発を検討していた場合先使用権は認められるのでしょうか?

  • 特許出願して損することのことの方が多いのでは

    特許出願には、権利化まで100万円ほど掛かると言われています。 また、権利化しても、侵害の事実を裁判で実証しなければ、損害賠償を勝ち取れません。 さらに、どこで誰が侵害しているかを発見することが、個人はもとより、大企業さえも大変困難です(世の中の特許関連製品をバラス必要がある)。 さらに、日本での特許権は外国では通用されないため、外国でも特許権を取得する必要があります。 こんな制度は、大企業以外は活用できない制度だと思います。個人出願なんて、無意味だと思われます。 皆さんのご意見をお聞かせください。

  • フリーソフトでも特許侵害になる場合がありますか?

    フリーソフトでも特許侵害になる場合がありますか? ある企業が取得している特許技術を使ったフリーソフトを作成して ネット上で公開・配布した場合、たとえフリー(非営利目的)でも 特許侵害に該当し、ライセンス料を要求されたりしますか?

  • フリーソフトでも特許侵害になる場合がありますか?

    フリーソフトでも特許侵害になる場合がありますか? ある企業が取得している特許技術を使ったフリーソフトを作成して ネット上で公開・配布した場合、たとえフリー(非営利目的)でも 特許侵害に該当し、ライセンス料を要求されたりしますか?

  • 特許の新規性について

    ビジネスの方法について、特許出願しようと思っているのですが、 IPDLで検索をかけると私の考えたビジネスの方法と類似した 出願記事がみつかりました。(まったく同じではありません) ただ、その出願は「未審査請求によるみなし取下」されていました。 この場合、私が特許を出願しても 審査で「新規性がない」として却下されるのでしょうか? 却下される場合は、何か回避方法はないのでしょうか?

  • 特許法と特許業界の実情について。

     特許法と特許業界の実情について質問です。 まず、特許法の目的は「産業の発達に寄与すること」と第一条に規定されています。 そのことを踏まえた上で、現在の特許業界の実情についてお尋ねさせていただきます。  現在の特許出願のうちの多くが、大企業がクロスライセンスをする目的でする特許出願であると認識しています。クロスライセンスの交渉の際に、膨大な特許の中から一つ一つの特許を精査するのが現実的ではないという理由で、製品が侵害しているか否かにかかわらず特許の”数”のみを勘案して交渉すると聞いたことがあります。しかし、このような特許数のみで交渉を行うとすれば、限定に限定を加えてひとまず特許化すればよい話(権利行使などできない特許化)です。確かに特許数だけが勘案されるルール上であれば、このような特許出願が増えても仕方がないと思います。しかし、特許件数だけを重視して特許出願をおこなったりすることは、特許法に反しているのではないかと考えます。  また、このようなクロスライセンス協定をさらに大きくした協定として、パテントプールというものがあると思います。日本では、ギャンブル業界を筆頭にパテントプールの組合が存在すると聞きます。この組合においても、同様に特許数や、特許の優劣を定めたりして、独自のルールを定めて企業間の間で金銭のやり取りをしているそうです。もちろん、企業は独自のルールに従って金銭をできる限りもらえるように工夫して特許を取ります。  このような企業間の独自のルールは、特許法の下に作られた新たなルールです。特許法もいわばルールです。国として「産業の発達」を目的としてルールを作った後に、さらに企業間で独自のルールを作り、特許を取ったもの勝ちといったような状況が出来上がっているのでは?と疑問を感じています。いわば、企業が特許法というルール上で、さらに新たな都合の良いルールを追加しているように思います。そして、その都合の良いルールは、特許法の目的に背く形で作成されているように思います。たとえば、特許数目的の出願により審査の遅延や、暗黙的に権利行使を禁止したりするルールです。  これは、特許業界・特許法としてよいことだと思われますか?私としてはなんだか釈然としないと考えております。本当に、このルールがあることが特許法の本来の目的を達成することができるのだろうかと疑問に思います。同じような考え方をしている方、またそれは全く違うと異を唱える方でも大歓迎ですので、なにか考えを共有していただけると嬉しく思います。

  • 特許番号がおりてから取り消されることはあるのか

    先日あるアイデアで特許がおりました。しかしその後他社から私の特許を取った製品とほぼ同じ物が特許出願中と記載されて販売されていました。 販売時期は私の特許がおりる前で、他社の出願時期、内容は不明です。 弁理士に問い合わせるともしかしたら他社が先に出願していて特許庁のミスで私に特許がおりた可能性もあるから、特許内容が公開される一年半後まで、私の製品の製作、販売は待つように言われました。特許庁のミスでそのような事があるにでしょうか すでに、試作品の製作依頼や販売に向けて企業と打ち合わせも進んでいます。 カテゴリ ビジネス・キャリア > 特許

  • 特許侵害の通知への対処についてアドバイスをお願いします。

    特許侵害の通知への対処についてアドバイスをお願いします。 私は、主に海外から商品を輸入し、日本で販売(インターネット販売)している個人事業主です。先日、日本B社より、当方が海外A社から輸入販売している商品が、B社の特許権を侵害している可能性がある。との配達証明郵便が届き、当方に意見を求めてきました。海外A社の商品はマニアの間では数年前から知られており、「エーそんな馬鹿な!」という寝耳に水の状態です。日本B社の特許出願内容は、海外A社の商品にずばり当てはまります。まだ、公開の段階ですが、どう対処すれば良いのか困っています。(そちらがコピーでしょうとは言えませんし・・・) 当該商品は、海外A社(当方取引先)が2005年に開発、販売を開始した商品です。 当方では、2009年2月より輸入販売を開始しました。(海外A社から日本への最初の販売は、2008年2月以前だそうです) 日本B社の特許出願は、2008年3月で、公開日は2009年9月(審査請求あり)です。 素人ながらいろいろ調べたところ、海外A社の商品は、日本B社の特許出願よりも早くから開発販売されているので先行件?通常実施権?が認められるようにも思えます。しかし、A社の主な販売は海外で、当方がこの商品の輸入販売を開始したのは、日本B社の特許出願後になるので、当方が、この先行権に該当するのかどうかが良く判りません。 この場合、特許が成立したとしても当方が輸入販売は可能なのでしょうか? 先行権があるとすれば、問題ないのですが、先行権が該当しない場合、当方の立場を守るためには、(1)特許成立しないように特許庁に情報提供する方法(2)特許が成立した後に、特許無効審判を請求する方法があることが判りました。 特許が成立して、特許侵害で販売差し止め、商品回収、損害賠償になると、貧乏会社なので、どうにもなりません。 どの様に対処すれば良いのか困っています。どうかアドバイスをお願いします。