• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ビジネスモデル特許について

考え方があっているかどうかご指摘願います。 あるビジネスモデルを閃いたとします。 すでにこういったビジネスがあるかどうか調査したが、だれもやっていないとします。 仮にこのビジネスがうまくいったとして、大手に参入されたら根こそぎ持っていかれそう。 ならば、ビジネスモデルの特許を出願しよう。 ビジネスとしては誰も手がけてはいないが、すでに特許出願されているかもしれないので調査する。 調査の結果、同様の出願はなかったとします。が、1年6ヶ月を経過していない、いわゆる未公開の中に同様のものがあるかもしれないが現時点では分からない。 だから、とりあえず出願し、1年6ヶ月経過するのを待ち、先に出願されたものがないことが分かった時点でビジネスを実行に移す。 というように考えていますが、いかがですか? ぜひ、専門家の方の意見を聞かせていただきたいのですが… よろしくお願い致します。

  • ooc
  • お礼率86% (90/104)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数117
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • muna67
  • ベストアンサー率54% (24/44)

100件弱のビジネスモデル特許の開発と出願をしている経験から、参考になればと思います。 ご質問の中に、 「先に出願されたものがないことが分かった時点でビジネスを実行に移す」という点が気になります。  というのは、どうやって分かるのか?が私には分からないからです。  出願する目的が「防衛(他社に権利を取られたくない)」のか、 「自社の権利を保護したい」のか、 「権利だけとって、誰かに売りたい」のかによって、アプローチは全く異なってきます。  多分、判断つかないと思いますから、権利を取るために現状で一番ベターと思える方法を記します。 1.まず、なるべく早く出願する(もちろん、調査は出来る限り綿密に行ったうえで) 2.出願と同時に審査請求をし、早期審査の事情説明書も出す。 3.運がよければ、2-3ヶ月後に特許庁からの最初の応答がある。  3でくる応答が「特許査定」であれば、おめでとうございます、ですね。  大体においては「拒絶理由通知」が来ます。 その通知の中には、特許にできない理由が書かれています。  出願している範囲を補正することで、上記の拒絶理由を払拭できるのであれば、補正書と意見書で応答する。  仮に、当初の記載範囲では補正困難な場合、拒絶理由を払拭する内容を加味して、優先主張を伴う出願を行う・・・・  費用は倍かかりますが、確度を増す方法としては有効です。  その前に、権利とってどうするのか?本当に特許による保護が必要なのか?そもそも、特許の対象なのか?をキチンと、弁理士に相談したほうがよいですよ。無駄なお金を使わなくて済みますから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お忙しい中、どうもありがとうございました。 大変分かりやすく教えていただきまして感謝します。 近日中に弁理士さんをお尋ねします。

関連するQ&A

  • 特許出願中のビジネスモデルについて。

    特許出願中で、公開されていないビジネスモデルは調査可能なのでしょうか。 特許庁のDBでは、特許公開されていないと、検索できないもので。 もし、調査不可である場合、その特許出願後1年6ヶ月後に公開された際に、 出願から公開までにその存在を知らずに、全く同じビジネスモデルで 特許出願せずにビジネスをしていたら、それは侵害になってしまいますよね。 分かる方教えてください。

  • ビジネスモデル特許

    卒業研究でビジネスモデル特許について調べています。特許とビジネスモデル特許を分けてないからだと思いますが、今の時点でビジネスモデル特許はどのくらい登録されているかわかりません。できれば、最近の出願件数と共に教えてください。

  • ビジネスモデル特許の不思議?

    お世話になります。 インターネット上で折込みチラシを紹介するサイトの運営を考えています。 この手法は、ある個人の方が2002年3月出願・2003年9月公開をしています。 大日本印刷のオリコミーオという同じようなサイトは 2001年11月に既にサイトを運営しています。 ビジネスモデル特許は、新規性が問われるとの事ですが、先発サイトがあっても出願者が出願時点で公開してなければ、特許は認められるのでしょうか?この場合、大日本印刷は先に運営しているにもかかわらず、その後に他者が出願・公開したビジネスモデルで使用料とか、サイトの差し止めを請求されたら屈しなければならないのでしょうか?謎ですし、自分のサイトにクレームがつくような場合もあるし・・ 広告主に迷惑がかかりそうなので、詳しい方よろしくお願い致します。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • x_box64
  • ベストアンサー率54% (65/120)

メーカーの特許部員です。 >あるビジネスモデルを閃いたとします。 >すでにこういったビジネスがあるかどうか調査したが、だれもやっていないとします。 よく「ビジネスモデル特許」という言葉が使われますが、 ビジネスの方法そのものは日本では特許の対象には なりません。 特許法2条1項 『この法律で「発明」とは、自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のものをいう。』 で「自然法則を利用」していないか 「技術的思想の創作」ではなく、「発明ではない」との理由で 拒絶されます。 いわゆる「ビジネスモデル特許」といわれるものは ビジネスの方法そのものではなく、 そのビジネスを行うに必須のもの(例えば情報処理装置やコンピュータプログラム)で権利化されています。 くわしくは特許庁のHPの 「特許・実用新案審査基準」(参考URL)の 「第1章 コンピュータ・ソフトウエア関連発明」 を読めばある程度理解できると思います。 上記の点に誤解がなければ、 調査>出願まではよいでしょう。 (この分野の調査は膨大な時間か巨額の調査費がかかります) すぐに審査請求すべきか否かは その必要性により判断すべきと考えます。 出願から3年以内に審査請求すればよいので、 他社の侵害か自身の実施がないのならば 急いで審査請求すべきとは思いません。 (審査請求手数料が増額されたばかりです) 最後に、いわゆるビジネスモデル特許は 代理人への報酬も高額になることを申し添えます。 通常の2倍以上と考えておいたほうがよいでしょう。 上記の理由で 個人による出願で、 有効な特許を取得するのは 極めて困難と個人的には考えています。

参考URL:
http://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/tukujitu_kijun.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お忙しい中、大変ありがとうございました。 次回は弁理士選びの質問をさせていただきます。 今後とも、よろしくお願い致します。

  • 回答No.1

先日、私もビジネスモデル特許を出願しました。 1年6ヶ月待って、先に類似の出願がなかったところで、最終的にそれが特許になるか、ならないかは、特許庁のみ、知るところです。 まず出願して、すぐに審査請求をするのが、よいと思います。3ヶ月~2年ぐらいで結果が出るようです。 ここで、弁理士への報酬や、特許審査料がもったいないようなアイデアなら、はじめからビジネスにはならないと思います。 弁理士さんは腕のいい人を選びましょう!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 まずは出願ですね。がんばってみます。

関連するQ&A

  • ビジネスモデル特許について

    ・特許として登録されたもの ・特許出願中のもの ・公開されたもの と全く同じビジネスを実際にやった場合、どうなるんですか?というかやってもいいんですか? また、似たようなビジネスをやった場合、どうなるんですか?何か言われたりするんですか?法的な制約がありますか?どなたかご教授下さい。

  • ビジネスモデル特許関係の質問です

    出願するべきか迷っています。 以下、1.の質問で特に他社からお金を請求されることがなければ、特許を取らなくてもいいかなぁと思っているのですが、いくつか気になる所があります。 1.他社の特許出願より先にWebサービスを公開した場合、他社から特許を行使されることはないでしょうか? 又、Webサービスを公開した時点ではデモの段階でまだ顧客がついていない場合の時も同様でしょうか? 2.Webを公開したら、実は他社が出願中~取得済みまでいずれかの段階であったとします。この場合、どの段階でも損害賠償になるのでしょうか? 3.既存の公開以降の特許を一番簡単に安く調べる方法は何でしょうか? 4.個人の素人が特許を取る場合、高いお金を払ってでも 弁理士さんに出願文章等を書いてもらうのが普通でしょうか?又、とりあえず相談するにはいくらぐらいかかるのでしょうか?

  • ビジネスモデル特許の新規性喪失について

    あるインターネットを利用したサービスについて ビジネスモデル特許を出願する予定です。 但し、そのサービスは近日開始したいので、 特許出願する時間がありません。 そのサービスを実施してしまうと、 公知となり、新規性喪失で、 特許を出願する権利はなくなりますか? それとも、そのサービスを実現するシステムや サーバー処理(データベース構造やデータ処理など) の具体的な技術内容が公開されてはいないので、 技術内容自体が公知ではなく、 新規性喪失はしないと考えていいでしょうか?

  • ビジネスモデルの特許について(定義)

    ビジネスモデルの特許について、 日本・アメリカ・ヨーロッパではそれぞれ、どのような定義をしているのでしょうか? 「特定のビジネス方法を実現しているソフトウェア関連の発明」というのが、 日本における特許の定義かと思ったのですが、 特許庁のHPを閲覧したのですが、 明確な定義がよく分からなかったので、質問しました。 また、世界の特許の8割が日本の特許庁、米国特許庁、欧州特許庁に出願されているというのを見て、 アメリカとヨーロッパの定義も気になりました。 よろしければ教えてください。よろしくお願いします。

  • 先行調査について

    先行調査は、出願後1年6ヶ月経過した公開されている特許からしか調べられないのでしょうか?自分が出願した特許が、もし出願後1年6ヶ月経過してない未公開の案件と同じ発明のであっても、審査請求しない限り、同じ発明が存在していた事は分らないのでしょうか?

  • 特許公報より5ヶ月して公開公報

    お世話になります。 特許法64条(出願公開)には、 「特許庁長官は、特許出願の日から1年6月を経過したときは、特許掲載公報の発行をしたものを除き、その特許出願について出願公開をしなければならない。・・」 とあります。 したがって特許掲載公報(特許公報)が掲載された案件については、公開公報は掲載されないと考えていました。 ところが、早期審査で登録査定を受けた案件が、 特許公報(B1)掲載から5ヶ月(登録からでは7ヶ月)も経過してから公開公報(A)が掲載されました。 掲載事務手続きの関係で3ヶ月くらいのタイムラグなら掲載されるのも理解できるのですが、64条では「特許掲載公報の発行をしたものでも出願公開をしてもよい」と解釈すべきということでしょうか? よろしくご教示ください。

  • ビジネスモデルに抵触していると言われたが

    当社はWEB上でサービスを行なっています。これに関しては特許を出願中ですが、昨日、「弊社はまったく同じスタイルで1996年より営業しています。ビジネスモデル特許も出願中です。誠に遺憾ながら貴社サイトは当社のビジネスモデルに抵触しているとの判断を当社弁護士から受けております。差し支えなければ、当社の弁護士からコンタクトさせたいと思いますが、ご都合をお聞かせ願えれば幸甚です。ご返答頂けない場合は遺憾ながら法廷での話し合いとなりますので、ご了承下さい。」とのメールが入りました。なお、相手の特許出願についての詳細はこのメールには記述がありません。当社の考えとしては、相手も特許出願中であり、無視しても良いように思えるのですが、専門家のかたのご意見をぜひ伺えればと思います。よろしくお願いいたします。

  • ビジネスモデル方法特許のクレームの考え方

    クレーム1 情報処理装置がAを実行するステップと、 情報処理装置がBを実行するステップとを 含む情報処理方法 クレーム2 情報処理装置がAを実行するステップと、 情報処理装置がBを実行するステップとを 含む情報処理方法により利益を得るビジネス方法。 クレーム1は旧来からある装置の方法クレームの形式です。 クレーム2はビジネス方法特許を意識したクレームです。 クレーム2が特許された場合、侵害者からはビジネスの利益の損害賠償(正確でないかも)を受けることができるのでしょうか? 逆にクレーム1ではだめでしょうか?つまり、これは、情報処理方法を保護するものだから、ビジネス方法までは保護できないということになるのでしょうか? もちろん実際はもっと複雑ですが、ビジネスモデル特許の考え方としてクレーム2はよいのでしょうか? ほかにもビジネスモデル特許のクレームの考え方をおもちの方がいらしたら、参考にしたいので、書き込みお願いいたします。

  • 特許の出願について

    非常に初歩的な質問で失礼します。 私は今あるビジネス形態を考案しており、それを他人・他社に真似されたくないため特許の出願を考えております。 ビジネスの形態・方法に対して特許を取得するわけなので「ビジネスモデル特許」というのが当てはまるのではないかと考え調べてみますと、ビジネスモデル特許として認められる要件の中に 「発明」とは自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のものいいます。したがって、商売の方法そのものや、取引の方法そのものは、人為的取り決めであって、自然法則を利用したものとはならないため、特許としては認められません。 ・しかしながら、ビジネスの方法等をインターネットやコンピュータシステムを用いて実現した場合、コンピュータというハードウェア資源の用い方を記載すれば発明の成立性が認められるようになっています。」 という記述があります。 これはすなわち、パソコンなどを利用したものでないと特許として認められないのでしょうか。 アイデアだけとしても特許として出願できないものなのでしょうか? アドバイスよろしくお願いいたします。

  • 特許は必要か

    とある装置を独自考案したのですが、先行技術の調査を行うと、装置の規模、駆動機関こそ違えど形態としては結構似ているものが公開されていました。ただ、その先行技術も拒絶された状態で現在にいたっているようです。 以上のような条件で・・・ 1、私が考案した装置を、なおも特許出願することは出来るでしょうか?やはりある程度類似の先行技術が拒絶されているとはいえ既に出願されていたことで私は出願できないのでしょうか? 2、出願できない、出願しても無駄というならば、私が考案した装置を特許を取らずに商品化して問題はないでしょうか?その場合、公知させるため公開した方が良いでしょうか? 当方個人で、無知な部分が多いかと思いますが、よろしくお願いします。