• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

おススメの定番SF小説を教えてください

長年SFを読みたい読みたいと思おりましたが、なかなかチャンスがなく、あまり読めていません。 とりあえず、評価が定まっているような定番物から入門したいと思っているのですが、「何も言わずに読んどけ」「好きかどうかは別としてマスト」みたいな小説があったら教えていただけないでしょうか。 参考までに、自分の数少ないSF経験の中では、ハインラインの「夏への扉」がとてもとても好きでした。(ベタなのかもしれませんが・・・) よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
  • luune21
  • ベストアンサー率45% (747/1633)

タイトルを見た瞬間に「夏への扉」って思った人が多分100人くらいいたでしょうね。^^; SF嫌いの私が選んだ入門おすすめベスト5(順不同) そういうのもいいでしょう? 「山椒魚戦争」カレル・チャペック    「ロボット」という名前の名づけ親の代表作    山椒魚と人間が戦争!突拍子もなさげだが深い味わいが 「ニューロマンサー」ウィリアム・ギブソン    映画マトリックスのようなサイバーパンク発祥の源、はまりました 「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」フィリップ・K・ディック    「ニューロマンサー」の執筆を刺激した映画ブレードランナーの原作    因みに清原なつの「アンドロイドは電気毛布の夢を見るか?」も面白いです。マンガですが。 「たったひとつの冴えたやりかた」J・ティプトリー・ジュニア    こんなのもSFということで 「ソラリスの陽のもとに」スタニワフ・レム    私個人のベスト1でもあります

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます! >「山椒魚戦争」 タイトルがヤバすぎます(笑)。このタイトルなら、万が一駄作だとしても(そうではないと思いますが)、全然モトとれちゃう気がします。 >「ニューロマンサー」 サイバーパンク!それなんですよねぇ。世代的にはど真ん中のハズなのに、そのあたりスッポリ抜けてるんです。。ここ数年で、やっと「アキラ」「甲殻機動隊」押さえはじめた未熟者です。勉強させていただきます。 >「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」 原作もそうですが、「清原なつ」さんが気になりました。だって気になるような書き方するんですもの(笑)。 >「たったひとつの冴えたやりかた」 ああ。これもよく引用されるフレーズ、SFのタイトルだったとは知りませんでした。調べてみます。 >「ソラリスの陽のもとに」 luuneさんベスト1ということで、何はなくとも読んでみます。 全然、自分がどういう傾向が好きなのか書いておりませんでしたが、とってもツボなところを教えていただいたような気がします。たぶん(笑)。 (定番どころにツボもなにもないんでしょうが。。) 感謝!です。

その他の回答 (19)

  • 回答No.20

アシモフ、ハインライン、フレドリック・ブラウン、ときて、ヴァン・ヴォークトが出てないのは淋しい。 『宇宙船ビーグル号の冒険』『スラン』 同様に、小松、筒井、星ときたら光瀬龍。 『百億の昼と千億の夜』『司政官』シリーズ。 それから古典中の古典スペース・オペラの E・Rバロウズ『火星のジョン・カーター』シリーズ。 E・Eスミスの『レンズマン』シリーズ。 伝奇SFも挙がってませんでした、半村良『産霊山秘録』『石の血脈』『闇の中の黄金』三部作『~伝説』シリーズ『妖星伝』・・アレ?やたら出てくる・・そんなに好きだったんだ、今思い出しても面白かった記憶ばかり・・改めて強く推しておきます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.19
  • do3ko
  • ベストアンサー率24% (21/85)

「夏への扉」が好きなら、同じ時間系テーマの作品でジャック・フィニィの短編集「ゲイルズバーグの春を愛す」や長編「ふりだしに戻る」はいかがですか? 特に短編集は題名になっている「ゲイルズバーグ・・・」自体もいいですが、中の一篇「愛の手紙」も、古い家具の隠し棚を使ってヴィクトリア時代の女の子と文通する話でおすすめです。 この作家の作品は「美しい」ものが多いですよ。 日本人作家ならNo.15さんも推していた小松左京は外せないかと・・・「日本沈没」は草彅剛・柴咲コウでリメイク決定しましたので、この機会に読んでみてはどうでしょう? MY BESTは田中芳樹の星雲賞受賞作「銀河英雄伝説」です。 完結してから10年以上、「同じくらいに」面白い作品には出会えても、「これ以上に」面白い作品には未だ出会えていません。 追記・「受賞作」で思ったのですが、ヒューゴー・ネビュラの各賞受賞またはダブル受賞作にはハズレがないですよ。歴代の受賞作はWEB検索可能です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.18

クラークの『2001年宇宙の旅』が思い浮かびます。 21世紀を迎える前に!と急いで入手した思い出が。 あとは、ウェルズ『宇宙戦争』でしょうか。 タコ型宇宙人発祥の本だと聞いたことがあります。 どちらも映画になってますし、定番といっていいかと。 個人的には、2001年~のほうが面白く感じられました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.17
  • d-drop
  • ベストアンサー率22% (214/938)

 こんにちは。 『渚にて』ネヴィル・シュート。  古典中の古典でしょう。 『家族八景』『七瀬ふたたび』『エディプスの恋人』の3部作。筒井康隆。 『タイム・マシン』H.G.ウェルズ。  ウェルズは古い! なんてこという人いますが、読んでないんだねきっと……(古いのもありますけど)。    あと、SFといえるかどうか微妙だけど、 『アルジャーノンに花束を』ダニエル・キイス。  有名ですよね。読んで損ないと思います。  ご参考になれば。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.16

私のお勧めは神林長平氏。「敵は海賊」のシリーズとか読みやすいものから、「あなたの魂に…」の三部作のように、うならせるものまで揃っています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 いくつかamazonのレビューも読んでみましたが、入門にはもってこいの、比較的読みやすい作家さんのようですね。探してみます。

  • 回答No.15
  • les-min
  • ベストアンサー率41% (269/644)

こんにちは。。  小松左京氏はいかがでしょう。  多作な方ですが、長編の有名どころで以下の2本がお勧めです。 『さよならジュピター』  22世紀を舞台にした重厚な作品。自分が好きなSF作品の1本です。映画化もされています。(映画は海外作品に比べるとショボいですが・・・) 『虚無回廊』(未完)   はるかな宇宙に突如出現した巨大な物体を探査するため、一人の科学者がこつこつ作り上げた、人格や思考力をもつコンピュータが探査船に乗せられ、物体に向かう。よくある設定である「人格や思考をもったロボット(コンピュータ)」に作者が正面から取り組んだ作品。はやく完結してほしいです。  宇宙を舞台にしたものでなくてもよければ、パニック巨編の2本『復活の日』『日本沈没』あたりもお勧めできます。では。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

小松左京さんもいらっしゃいましたね。 ただいずれも存じ上げないタイトルなので、逆に興味をそそられました。パニック系も読んでみたいです。 ありがとうございます。

  • 回答No.14

こんにちは 古典中の古典なので、もう既に読んでいらっしゃるかもしれませんが、まだ出ていないようなので、ヴァン・ヴォクトを推させていただきます。 竹宮恵子の漫画、「地球へ…!」にヒントを与えたという「スラン」か、 「宇宙船ビーグル号の冒険」を。後者は単純に楽しめます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 古典とのことで、是非読んでみたいと思います。

  • 回答No.13
  • mshr1962
  • ベストアンサー率39% (7418/18948)

海外SFを紹介する人が多いので日本のから 久米康之「猫の尻尾も借りてきて」ソノラマ文庫 恋人を殺した犯人を見つけるためにタイムマシンを作成する話 絶版している為、古本か図書館で探すしかありませんが... http://www.fukkan.com/vote.php3?no=3982 新井素子「いつか猫になる日まで」コバルト文庫 選ばれた6人で神様に反抗する話。 一人は統率。一人は情報。一人は技術。一人は生命。一人は攻撃。そして、今一人は切り札。 広瀬正「鏡の国のアリス」集英社文庫 青年が銭湯に入っていたら、いつの間にか女湯になっていた!美容整形医のもとへ性転換手術の相談にきた青年が語る奇妙な体験…

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 >久米康之「猫の尻尾も借りてきて」 結構ソソられるんですが、絶版とのことで、、残念です。。 >新井素子「いつか猫になる日まで」 タイトルと、「今一人は切り札」ってトコにグッときました。必ず読みます(笑)。 >広瀬正「鏡の国のアリス」 気軽に読めそうな感じですね。見つけたら手にとって見ます。

  • 回答No.12

美亜へ贈る真珠―梶尾真治著 夏への扉が好きなら絶対のお勧めです。 短篇の名手として名高い梶尾真治の時間をテーマにした短編ラブストーリー集です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 「黄泉がえり」の著者の方ですね。(こういう言い方はファンの方は嫌かもしれませんが。。) 「夏への扉が好きなら絶対のお勧め」とのことなので、時間があれば読んでみたいと思います。 (個人的には扉絵が結構好みでした)

  • 回答No.11
noname#136764
noname#136764

SFの醍醐味はムチャクチャな大風呂敷やアイデアにある!というのに同感していただけるなら・・・古典という範疇ではバリントン・ベイリーやアルフレッド・ベスターおすすめです。 「カエアンの聖衣」(ベイリー) 「虎よ!虎よ!」(ベスター) #最近ではロバート・J・ソウヤーがなかなかよいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 入門・勉強という意味でも、古典は押さえておきたいところです。是非参考にさせていただきます。

関連するQ&A

  • 感動できる海外SF小説

    最近、海外SF小説を読み始めました。 読んだのは、 「夏への扉」ハインライン 「タイタンの妖女」ヴォネガットJr 「幼年期の終わり」クラーク 特に「夏への扉」「タイタンの妖女」はよかったです。 そこで、他に感動できるSF小説を教えてください。

  • 結末でびっくりするSF小説

    カート・ヴォネガット・ジュニアの『タイタンの妖女』を読みました。 ラストで、むなしいと言いますか、何とも言えない気持ちを持ちましたが、 あっと驚いたのも事実です。 推理小説では、ラストにどんでん返しというか、びっくり仰天する小説を 何冊も読んでいるのですが、SF小説はほとんど読んでおらず、 SF小説ならではの驚きがあるもんだなぁ~としみじみ思いました。(u_u* そこで、SF小説で『ラストでびっくりする』もしくは『ああ、そういうことなのか~』 と、しみじみ思うようなSF小説ってどのようなものがあるのかな?と思いました。 もし、この手のSF小説があれば教えて頂けないでしょうか? ちなみに、今まで読んだことがあるのは、 ハインライン『夏への扉』 アシモフ『銀河帝国の興亡』 くらいです。 よろしくお願い致します。<(_ _)>

  • ネコが出てくる小説を教えて下さい

    ネコをテーマにした小説ではなく、ハインラインの「夏ヘの扉」のように、ネコ好き心をくすぐる小説を教えて下さい。 よろしくお願いします<(__)>

  • 仏語翻訳版のSF小説『夏への扉』のタイトルを教えてください。

    ロバート・ハインライン著、SF小説『『夏への扉』のフランス語版をネコ好きのフランス人ペンフレンドにプレゼントしたいのです。フランス語版のタイトルが解れば、日本国内で入手可能か調べられるような気がします。その方とは英語で文通しています。どうぞよろしくお願いいたします。

  • 小説の朗読CD

    外国の作家の小説を英語でそのまま読んだ物(朗読?)のCDを探しています。 英語学習のため、もありますが、好きな小説を原語で読みたいというのがあって、ペーパーバックで原作?は見つけたのですが、英語でどういってるのかも聞きたいと思ったので。 (たとえばハインラインの「夏への扉」を探しています) 探してみると、子供向けのものしか引っかかってこないので、探し方が悪いのかなあ、と。 こういったものを探す方法について知ってらっしゃったらお願いします。

  • SF小説を題材にした曲

    SF映画やアニメで使われた曲ではなく、SF小説をモチーフにした曲やアルバムを探しています。 例えば、アラン・パーソンズ・プロジェクトの「アイ・ロボット」や、山下達郎の「夏への扉」などです。 「夏への扉」も含んだ、難波弘之の「センス・オブ・ワンダー」みたいなアルバムがあると良いのですが…。 洋楽、邦楽、歌あり、インスト、ジャンルは問いませんので、よろしくお願いします。 曲名がモチーフとなった小説と違う時は、原作名と著者も付記していただけるとありがたいです。

  • 宇宙モノ以外の感動できるSF

    宇宙モノ以外の感動できるSFが大好きで探しています。 「夏への扉」ロバート・A・ハインライン 「アルジャーノンに花束を」ダニエル・キイス のような読んだあとに感動できるものです。 映画では「バタフライ・エフェクト」が好きです。 そういったものを紹介してください。 (宇宙モノは感情移入しにくくて、どうもダメでした;)

  • 内容の濃いSF長編を教えてください

    今までSF小説をあまり読んだことがなかったのですが、最近好きになりました。 今読んでいる途中の本は『ニュー・ロマンサー』です。『華氏四五一度』と『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』がとても気に入りました。同じようなタイプ小説で、同じような長さの長編のSFを読んでみたいのですが、他にあるんでしょうか? もし、詳しい方がいたら、ぜひ教えてください。 例えば有名な『夏への扉』はとても面白く読んだのですが、最後にハッピーエンドになってすべてがまとまるようなこういう物語ではなくて、先に挙げたような、独特の世界観や現実社会への批判につながるような内容を持っている感じの小説を探しています。海外の作品のほうが自分の好みかもしれません。 それから、何作も続いているようなシリーズものも読み切れる自信がありません・・・。 細かい要求をするような質問になってしまったかもしれません。もしSF小説に詳しい方がいらしたら、教えてください。

  • ハインラインの小説は読みづらい?

    「夏への扉」「宇宙の戦士」を中学の時に読んで以来、ン十年ぶりにハインラインの、 「月は無慈悲な夜の女王」 邦訳本を読みました。 それで、中学の時にも思ったんですけど、ハインラインの文章って読みにくくないですか?  具体的には、 (1)最初の文と次の文の意味が繋がらない、飛躍してる、 (2)そのセリフの意図する事が見えない、 (3)そもそもこのシーンが必要なのか? 最後まで読んでも別に伏線では無かった。とするなら話の流れと関係ない描写が多すぎる、など。 その原因を自分でも分析してみたんですけど、 (1)元々ハインラインの英文はクセがある、 (2)翻訳の矢野徹氏はベテランだったが、その独特な文体により翻訳に関しては相当苦心し、オリジナルのテイストを維持しようとしてああなった、 (3)否、故人矢野徹氏もその頃はまだ翻訳技術が未熟だった、 (4)否否、単に自分がアメリカの文化の底流にある欧米文化の機微を理解してないだけ。十年ほどアメリカに留学して来れば、自然に理解できるようになる。 などを考えたんですが、真相はどうなんでしょう? 今後もハインラインの小説は読んでみたいとは思っているのですが、心構えさえ出来ていれば、無用のストレスも感じないかと思うんです。今のままだと、邦訳文をまた自分の頭の中で翻訳して読み進まなければならないもどかしさを感じます。  どなたか「正しいハインラインの読み方」をご指南ください。

  • 後味がさわやかな小説か、外国に行く小説でオススメを教えてください。

    読んだあと、じーんとしたり、泣けたり、 さわやかな感動がある(読んだあと暗くならない) 小説が読みたいです。 すっきりした気分を味わいたいです。 最近読んだ本では、 ハインライン「夏への扉」 東野圭吾「容疑者Xの献身」、 角田光代「8日目の蝉」、 「ショーシャンクの空に」などが、私にとってはそんなかんじです。 また、主人公は日本人だけど、海外に行く話が読みたいです。 海外に旅行に行きたいけど、なかなか行けないから、せめて 空想の中だけでも…、といった気分です。 最近では、 坂木司「ホテル ジューシー」(沖縄でしたが)、 群ようこ「かもめ食堂」などです。 できれば3日ぐらいで読める簡単な本がいいです。 (東野圭吾「容疑者Xの献身」は2、3日で読みました。) よろしくお願いします。