• 締切済み
  • すぐに回答を!

電磁気学・力学の参考書

はじめまして、某芝○業大学の学生です.! 高校時代授業で,物理をやっていません. そこで電磁気学・力学の体系を簡単に見つめられる参考書はありませんか? (数学の30講見たいな参考書) もしありましたら紹介してください.

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数848
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.3

大学の授業の中で同じような質問を受けることがありますので、個人的な 意見としてのコメントをいたします。 高校の科目としての「物理」の知識は、本格的な電磁気学や力学の体系を 学ぶ上ために必要なものではありません。大学初年度には、皆同じスター トラインにいるといっていいです。是非、高校でやっていないということ を言い訳にせずに、本格的な本で勉強されることをお勧めします。ただし、 この場合の本格的な本とは、詳しい専門的な本という意味ではなく、ある 程度長い時間かけて淘汰され生き残っている、分かりやすい本という意味 です。「バークレー物理学コース」というのがその代表ですが、頁数が多 いので、あなたのいう「簡単に見つめられる」という感じではないでしょ う。そこで、小形のポイント解説本を併用するといいです。共立出版から 出ている「物理学OnePoint」シリーズは、電車の中でも読めて、特にお勧 めです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 電磁気学の分かりやすい参考書

    とにかく分かりやすく、体系的に説明してある電磁気学の参考書を知ってる方は教えて下さい。色が多かったり、図が多い参考書を探してます。

  • 電磁気学の参考書について

    こんにちは。 私は物理学科の2年生です。 前期に電磁気学の1を習得しましたが、後期に入って理解がついていかず、不安を覚えたので学校指定の教科書と別に参考書を購入したいと考えています。 学校指定の教科書は、岩波書店の物理入門コース電磁気学のIとIIで、現在はIの6章あたりをやっています。 前期の授業では教授のフォローもあり、5章までなんとか進むことができましたが、後期に入って担当の先生が変わり、解説が少なく演習が自力ではできません。 高校のころから電気のところは苦手だったため、そのあたりの基礎からやるべきなのでしょうが、電磁気学入門にあたって何かいい参考書があれば教えていただきたいです。 調べたところでは、教科書に指定されている物理入門コースも容易な方であること、他に砂川重信先生の本がいいと書かれているのをよく見かけました。 問題の解説が丁寧であることと、物理学科の学生にふさわしいレベルであること、を求めています。1冊でなくても構わないので、回答よろしくお願いします。

  • 大学の力学と電磁気学について

    今日、大学の授業で上記の二つ(力学と電磁気学)を習ったんですが、何か良い参考書(解説書と演習書)があれば教えてください。内容としては基礎から応用まで使えるものと発展的な内容のものの二つを教えてもらえれば幸いです。

  • 回答No.2

私は『橋本流 解法の大法則』というのが、イメージをつかむのにいいかもしれないと思います。 これは参考書っぽくないんです。でも、基礎の基礎というかんじで、イメージを大切にしています。 黄色と白の2冊あり、確か力学は白のほうだったと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • SNAPPER
  • ベストアンサー率44% (151/337)

新・物理入門〈物理(1)B・(2)〉山本 義隆 著 駿台文庫 これは、予備校講師の書いた大学受験用の本です。でもはっきり言って内容的には大学の教養課程くらいの内容は軽くカバーしています。すばらしい本です。お勧め!! 但しどんな本を使おうとも「簡単に」ということはありえません(特に高校で物理を選択していないのであれば)。ちゃんと体系化された学問ですから自分で手を動かして式を導くとか、能動的な努力なくして理解は不可能です。 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/glance/-/books/4796116087/qid=1003886805/ref=sr_sp_re_1_1/250-5887073-7944213 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/glance/-/books/4796116095/qid=1003886805/ref=sr_sp_re_1_7/250-5887073-7944213

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 電磁気学について

    こんにちは。大学4年生の学生です。 電磁気学を一から勉強しようと思っているんですけど、 わかりやすい、また、入門としてはいい、というおすすめの電磁気学の参考書を教えていただきたいです。 よろしくお願いします。

  • 力学の参考書について

    今年大学生になったばかりで、講義で基礎物理学Iの力学が必須なんですが、高校生の時に生物と化学を取っていた為、物理を習うのは今回が初めてになります。 授業を聞いて、ノートも取って、復習もしているのですが、全く分かりません。 そこで、大学1年生にも理解出来て、物理初心者にも理解出来る(特に力学)参考書ってありますか? 学校の図書館でも探したんですが、高校時代に物理を履修したということを前提に説明されていまして… 回答よろしくお願いします!

  • 電磁気学

    今、物理学科の3回生なのですが電磁気学の復習をしたいと思っているのですが、1~2回のときにほとんど勉強してませんでした。一人でも内容(最初からマックスウェル方程式まで)が理解できる、いい参考書は、ありませんか?

  • 相対性理論を学ぶためのおすすめ参考書は?

    こんばんは。大学3年生です。 僕は今某大学の理工学部数学科に所属しているのですが、4年生から相対性理論のゼミに入ることが決まりました。 数学科なので周りも含めて大学物理の知識があまりありません。高校物理なら大丈夫なのですが・・・ そこで来る春休みに相対性理論の勉強をしようと思い、そのお薦め参考書を聞こうと思い質問しました。 何か良い参考書はありませんか?力学や電磁気学などでも何でもよろしくお願いします。

  • 良い参考書を

    大学一年生ですが工業高校だったので物理をちゃんと学んでいません。 だから大学での力学や物理学基礎という授業を受けてもイマイチわかりません。 なので自分で自習とかしようと参考書等を探しているのでが何を選べばいいかわかりません。 よければオススメの参考書とかを教えくれれば嬉しいです。 高校ではほぼ物理を習ってないというレベルです。 すいませんが、そんな奴でも大丈夫って感じのがあれば嬉しいです。

  • 大学1年生向き 力学参考書は?

    某旧帝大、工学部1回生のものです。 力学(古典力学)のお勧めの参考書を教えて下さい。 授業指定の教科書が『ファインマン物理学(1)力学』なのですが、理解の範疇を超えています。 そこで他に代わる参考書を探しているのですが、調べた中では、 ・物理学序論としての力学(東京大学出版会) ・物理入門コース(1) 力学(岩波書店) の評価が高く、購入を迷っているところです。 しかし、前者の方は近くの本屋で販売しているところがなく、読み比べられないので困っています。 そこでお聞きしたいのは、 1.力学(古典力学)のお勧めの参考書とその理由(上記の本以外でもかまいません) 2.上に挙げた2つの本の違い(大雑把で構いません) の2点です。 どちらかだけでも構いませんので、ご存知でしたらご教授ください。 よろしくお願いいたします。 ※因みに力学分野は得意というほどではありませんが、高校範囲において苦労しなかった、というレベルです。

  • 電磁気の参考書教えて下さい。

    理工学部の1回生です。 今、電磁気学を勉強しているのですが、さっぱり分かりません。ベクトル解析もあまり理解してないので、ベクトル解析と電磁気のいい参考書を教えて下さい。大学で使っている教科書です。 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4785611820/qid=1134363989/sr=1-3/ref=sr_1_8_3/249-2132017-8302719 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4563005401/qid=1134364340/sr=1-2/ref=sr_1_8_2/249-2132017-8302719

  • 電磁気学の理解度について

    電磁気学の理解度について 自分は大学の電子工学科で、来年度に工学研究科に入学するものです。 専攻はアンテナ工学です。 それで質問があるのですが、電子工学などを勉強している学生は どれくらい電磁気学を理解している、または理解しなくてはならないのでしょうか? 理学部・物理学科のような深い理論的な面まで要求されるのでしょうか。 長岡洋介先生の電磁気学I、IIは勉強しました。 ファインマン物理学や砂川先生の理論電磁気学のような上級者向けの 書物も理解しなくてはいけないでしょうか? 正直、上記の2冊は勉強不足で全然理解できませんでした。 また、工学部と理学部の電磁気学の必要性の差も教えていただきたいです。 長くなって申し訳ありませんでした。 お時間がありましたら、よろしくお願いします。

  • 電磁気学の理解度について

    電磁気学の理解度について 前回も同じような質問をしましたが、もう少しさまざまな人の意見を聞きたいので また立てます。申し訳ありません。 自分は大学の電子工学科で、来年度に工学研究科に入学するものです。 専攻はアンテナ工学です。 それで質問があるのですが、電子工学などを勉強している学生は どれくらい電磁気学を理解している、または理解しなくてはならないのでしょうか? 理学部・物理学科のような深い理論的な面まで要求されるのでしょうか。 長岡洋介先生の電磁気学I、IIは勉強しました。 ファインマン物理学や砂川先生の理論電磁気学のような上級者向けの 書物も理解しなくてはいけないでしょうか? 正直、上記の2冊は勉強不足で全然理解できませんでした。 また、工学部と理学部の電磁気学の必要性の差も教えていただきたいです。 長くなって申し訳ありませんでした。 お時間がありましたら、よろしくお願いします。

  • 大学で習う電磁気学や数学をいきなり予習できるか

    文系から理系の工学部電気工学科に編入が決まったのですが、この春休みを使って電磁気学や電気数学を予習したいのです。 ところが、数学の知識はIAIIBまでしかなく、物理の知識などほとんどといっていい程ありません。(電磁気に関する知識などほぼ0です。) そこで質問なのですが、これから大学で電磁気学や数学を学ぶ上で高校の物理(電磁気学等)や数学IIICを全部学んでからの方がよろしいのでしょうか? それとも大学で学ぶ電磁気学や数学(微積や線形代数等)を、いきなり独学で学んでも理解できるのでしょうか? 高校ので習う物理数学と大学で習う物理数学は延長線上ですか?それとも全く別ですか? そこら辺を詳しく教えて下さい。

専門家に質問してみよう