• 締切済み
  • すぐに回答を!

電磁気学の参考書について

こんにちは。 私は物理学科の2年生です。 前期に電磁気学の1を習得しましたが、後期に入って理解がついていかず、不安を覚えたので学校指定の教科書と別に参考書を購入したいと考えています。 学校指定の教科書は、岩波書店の物理入門コース電磁気学のIとIIで、現在はIの6章あたりをやっています。 前期の授業では教授のフォローもあり、5章までなんとか進むことができましたが、後期に入って担当の先生が変わり、解説が少なく演習が自力ではできません。 高校のころから電気のところは苦手だったため、そのあたりの基礎からやるべきなのでしょうが、電磁気学入門にあたって何かいい参考書があれば教えていただきたいです。 調べたところでは、教科書に指定されている物理入門コースも容易な方であること、他に砂川重信先生の本がいいと書かれているのをよく見かけました。 問題の解説が丁寧であることと、物理学科の学生にふさわしいレベルであること、を求めています。1冊でなくても構わないので、回答よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数304
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.3

私も物理学科の2年次では、岩波書店の物理入門コース電磁気学のIとIIを使っていました。 このテキストを指定教科書にしている大学は多いようです。 Iの6章ということは、静磁場の辺りであろうと、拝察いたします。 高校のころから電気のところは苦手だった、とありますので、 「物理学科の学生にふさわしいレベルである」かどうかのご判断はお任せしますが、 私は、以下の副読本を理解の助けにしていました。 ・単位が取れる電磁気学ノート(橋元淳一郎 著、講談社サイエンティフィク) http://www.kspub.co.jp/book/detail/1544536.html →演習が不足しているということであれば、同書の演習版(下記)もあります。 ・単位が取れる電磁気学演習帳(橋元淳一郎 著、講談社サイエンティフィク) http://www.kspub.co.jp/book/detail/1544765.html →演習であれば、マセマの電磁気学キャンパスゼミや、同書の演習書もあります。 ・理系なら知っておきたい物理の基本ノート 電磁気学編(為近和彦 著、中経出版) http://ssl.chukei.co.jp/general/detail.php?id=9784046025029 →最近、改定カラー版が出たようです。 物理学科の電磁気学は、マクスウェル方程式の導出を主眼に置いていることが多い為、 大学の電磁気学といっても、高校物理の電磁気分野が完全に理解できているのであれば、 それをベクトル解析という数学を用いて、焼き直したものに過ぎないことに気付かれると思います。 その観点からすれば、殆ど全ての教科書は共通のテーマについて議論しているので、 大学生協や書店などで、何冊か比較し、ご自身で読み易いと思われたものを選ばれるのがよいかと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 電磁気学

    今、物理学科の3回生なのですが電磁気学の復習をしたいと思っているのですが、1~2回のときにほとんど勉強してませんでした。一人でも内容(最初からマックスウェル方程式まで)が理解できる、いい参考書は、ありませんか?

  • 電磁気学の理解度について

    電磁気学の理解度について 自分は大学の電子工学科で、来年度に工学研究科に入学するものです。 専攻はアンテナ工学です。 それで質問があるのですが、電子工学などを勉強している学生は どれくらい電磁気学を理解している、または理解しなくてはならないのでしょうか? 理学部・物理学科のような深い理論的な面まで要求されるのでしょうか。 長岡洋介先生の電磁気学I、IIは勉強しました。 ファインマン物理学や砂川先生の理論電磁気学のような上級者向けの 書物も理解しなくてはいけないでしょうか? 正直、上記の2冊は勉強不足で全然理解できませんでした。 また、工学部と理学部の電磁気学の必要性の差も教えていただきたいです。 長くなって申し訳ありませんでした。 お時間がありましたら、よろしくお願いします。

  • 電磁気学・力学の参考書

    はじめまして、某芝○業大学の学生です.! 高校時代授業で,物理をやっていません. そこで電磁気学・力学の体系を簡単に見つめられる参考書はありませんか? (数学の30講見たいな参考書) もしありましたら紹介してください.

  • 回答No.2
  • teppou
  • ベストアンサー率46% (356/766)

 No.1の方の推薦本に加えて、同じ前野昌弘先生の書かれた、「よくわかる電磁気学」(東京図書)はどうでしょう。  一度書店で内容を確認してみてください。  「はじめに」のなかに、「読者がなにをやっているのかわからないままに話がどんどんすすんでしまうという状況に陥らないようにする」ということを目標にした。と書かれています。  丁寧すぎるくらい丁寧に書かれています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • tohoho2
  • ベストアンサー率23% (16/68)

>問題の解説が丁寧であることと、物理学科の学生にふさわしいレベルであること、を求めています。 こういう主旨には反するが、 「今度こそ納得する物理・数学再入門 -誰もが答えを知りたかったFAQ」(前野 昌弘) を推しておく。内容は、amazonのレビューを参考するとよい。物理学科の学生でも、しっかり理解 できていないところを優しく解説している。 著者曰く、 「自分が何を計算しているのかをはっきりわかってから計算するのでなければ、計算しても意味がない。」

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 電磁気学について

    こんにちは。大学4年生の学生です。 電磁気学を一から勉強しようと思っているんですけど、 わかりやすい、また、入門としてはいい、というおすすめの電磁気学の参考書を教えていただきたいです。 よろしくお願いします。

  • 電磁気学の理解度について

    電磁気学の理解度について 前回も同じような質問をしましたが、もう少しさまざまな人の意見を聞きたいので また立てます。申し訳ありません。 自分は大学の電子工学科で、来年度に工学研究科に入学するものです。 専攻はアンテナ工学です。 それで質問があるのですが、電子工学などを勉強している学生は どれくらい電磁気学を理解している、または理解しなくてはならないのでしょうか? 理学部・物理学科のような深い理論的な面まで要求されるのでしょうか。 長岡洋介先生の電磁気学I、IIは勉強しました。 ファインマン物理学や砂川先生の理論電磁気学のような上級者向けの 書物も理解しなくてはいけないでしょうか? 正直、上記の2冊は勉強不足で全然理解できませんでした。 また、工学部と理学部の電磁気学の必要性の差も教えていただきたいです。 長くなって申し訳ありませんでした。 お時間がありましたら、よろしくお願いします。

  • 電磁気学で質問があります。

    砂川重信『理論電磁気学』を読んでいるのですが、途中で分からない箇所がありました。 図の電気双極子についての説明なんですが、下から3行目の式が導出できません。 Rが何を示すかも説明がありませんでした。分かる方よろしくお願いします。 図→http://i.imgur.com/A0E4Z.jpg

  • 電磁気の参考書教えて下さい。

    理工学部の1回生です。 今、電磁気学を勉強しているのですが、さっぱり分かりません。ベクトル解析もあまり理解してないので、ベクトル解析と電磁気のいい参考書を教えて下さい。大学で使っている教科書です。 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4785611820/qid=1134363989/sr=1-3/ref=sr_1_8_3/249-2132017-8302719 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4563005401/qid=1134364340/sr=1-2/ref=sr_1_8_2/249-2132017-8302719

  • 電磁気学の教科書

    工学部1年生です。 普通科から進学したので電気になじめず勉強中です。 教科書は、今まで工科系の棚を眺めていたのですが、電磁気学は物理のコーナーにもあることに気づきました。 ただ、物理のコーナーは相対性理論や量子力学など、レベルが高そうで、今まで抵抗がありました。その関係からか電磁気の本もむつかしく感じます。 工科系のコーナーと物理のコーナーにある教科書の違いって何かありますか? ガウスの定理など、球の場合は何となくわかっても、ぐにゃぐにゃしたものだとほんとに成り立つのかしら、とそこから不明です。 何かいい教科書はないでしょうか。

  • 教えてください。

    独学で物理学の勉強をしています。 将来は、ブラックホールなどの宇宙物理学の研究をしたいと思っています。 大学院からは実力の世界だと考えています。ですので、いまからとにかく実力をつけ、物理学科の生徒に追いつき、そして差をつけたいと思っています。 今は、物理入門コースシリーズで力学と電磁気学を学習(基礎レベル)し終わりました。私の計画は、物理入門コースシリーズで基礎力を身につけ、別の参考書でさらに深めて、まとめていこうと思っております。 東京大学等多くの大学の物理学科のシラバスを見ましたが、使用参考書・演習書が載っていない授業などが多くどうしようかと思っております。 本題に入ります。 1)みなさんがおすすめする参考書・演習書を教えてください。 2)また、ブラックホールといった宇宙物理学系の研究室に入るにあたり、修士試験で勉強するべき科目は何でしょうか? ※質問してみましたが2)は答えなくてもよいです。

  • 教えてください。

    独学で物理学の勉強をしています。 将来は、ブラックホールなどの宇宙物理学の研究をしたいと思っています。 大学院からは実力の世界だと考えています。ですので、いまからとにかく実力をつけ、物理学科の生徒に追いつき、そして差をつけたいと思っています。 今は、物理入門コースシリーズで力学と電磁気学を学習(基礎レベル)し終わりました。私の計画は、物理入門コースシリーズで基礎力を身につけ、別の参考書でさらに深めて、まとめていこうと思っております。 東京大学等多くの大学の物理学科のシラバスを見ましたが、使用参考書・演習書が載っていない授業などが多くどうしようかと思っております。 本題に入ります。 1)みなさんがおすすめする参考書・演習書を教えてください。 2)また、ブラックホールといった宇宙物理学系の研究室に入るにあたり、修士試験で勉強するべき科目は何でしょうか? ※質問してみましたが2)は答えなくてもよいです。

  • 大学の力学と電磁気学について

    今日、大学の授業で上記の二つ(力学と電磁気学)を習ったんですが、何か良い参考書(解説書と演習書)があれば教えてください。内容としては基礎から応用まで使えるものと発展的な内容のものの二つを教えてもらえれば幸いです。

  • 電磁気学で質問があります

    砂川重信『理論電磁気学』を読んでいるのですが、途中で分からない箇所がありました。 画像の「このp(x)は物体内にある~」から下の部分です。p(x)は電気双極子モーメントです。 分極ベクトルP(x)は巨視的に見て微小体積δVの平均の電気双極子モーメントとありますが、それがこの中央の式で表されるのが納得できません。 「p(x)は物体内の原子あるいは分子の分極によって生じた電気双極子の分布を表している」ので式中に現れる密度nは不要というか、密度の情報はp(x)に含まれてるような気がします。 観測点(位置ベクトルx)からみた相対位置ベクトルr'の点の電気双極子を|r'|<<1でr'に関して積分して P(x)=(1/δV)∫p(x+r')d^3r' としたくなります。この考え方の誤りと画像の式の考え方を教えて下さい。よろしくお願いします。 画像 http://i.imgur.com/zMCJB.jpg

  • 大学の数学の参考書について

    大学の数学の参考書について 大学で使う参考書をどうしようか迷っています 教科書の指定はないので自分に合うものを探してるんですが 色いろあるためここで参考に聞きたいと思って質問してみました 買いたいのは線形代数学と微分積分学とベクトル解析です 自分はあまり数学が得意じゃないのですが 難しくても一読の価値があるようなものも教えてくれたらありがたいです。 ちなみに自分は理学部の物理学科生です 主観的な意見でいいのでよろしくお願いします

専門家に質問してみよう