-PR-
締切済み

めっきの腐食性

  • 困ってます
  • 質問No.15573
  • 閲覧数668
  • ありがとう数15
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 0% (0/1)

鉄素地に亜鉛めっき有色クロメート処理をしたものの耐食性に付いて。

(1)塩水噴霧試験と耐湿試験(特に70℃95%RH程度の高湿度条件)の相関に付いて知りたい。
(2)有色クロメート処理の耐熱性が知りたい。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル7

ベストアンサー率 42% (6/14)

(1)の件ですが
 ・表面処理関連の研究所、めっき組合に聞く
 ・出入りの薬品業者に聞く 
 
上記の方法がよいと思いますが、腐食の促進条件により、腐食の進行状態が違ってくるので比較データは難しいのでは?

(2)の件ですが
亜鉛めっきのクロメート皮膜は、熱に弱く、加熱により耐食性が低下することは良く知られています。
車載部品において、エンジンルーム部品などへの耐食性が問題になったとき、亜鉛合金メッキ(亜鉛-ニッケル、亜鉛-錫)への移行が進んだのもご存じだと思います。(亜鉛-鉄合金は、耐熱性が亜鉛メッキとほとんど同じだったと思います。)
亜鉛メッキ上のクロメート皮膜は、皮膜中の水分(結晶水?みたいなもの)がなくなると皮膜にクラックが発生します。また、6価クロムの自己修復作用も働かなくなるので、耐食性が低下したと思います。
亜鉛-錫合金メッキは、クロメート皮膜がなくても耐食性が良好であるため、この様な部分への適応も広がる可能性もありましたが、外観があまり綺麗ではなく、コストも高くなるので限られているのではないでしょうか?

亜鉛メッキのクロメート皮膜は、乾燥時を含めて80℃ぐらいが限界ではないでしょうか?
乾燥は、60℃ぐらいの温風式乾燥機を使用し、乾燥ムラがないようにすることが重要と思います。

実際の耐食性については、メッキ業者の技術力(前処理から、乾燥まで)、輸送、保管時の状態(湿度、温度など)が影響するので、非常に判断が難しいと思います。
 


このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ