• 締切済み
  • すぐに回答を!

ネジメーカーではどのようなメッキ評価(塩水噴霧試…

ネジメーカーではどのようなメッキ評価(塩水噴霧試験)をされているのですか? はじめまして。 規格品のネジM12六角ボルトに追加工を行い、めっき処理(6価クロム、3価クロメートの2種で膜厚は8~10μm)を行い部品に取り込むことになりました。 腐食性の確認を行うために塩水噴霧試験を外部機関に依頼し比較をしました。初めての塩水噴霧試験で条件に困りましたが、色々と調べたところ、条件は、 JIS Z2371、 ?塩水濃度5%、 ?槽内環境、温度35℃、湿度98%Rh ?噴霧時間 96時間 で行いました。 結果は3価クロメートは試料10個すべてに黒錆が発生してしまいました。6価クロムメッキの方はメッキののっていない部分(電極をあてる部分)のみの赤錆でした。 環境対策で3価を使用したいのですが、このままでは許可が得られません。 実際に、ネジメーカーではメッキの評価(塩水噴霧試験)をどのような条件で行われているのでしょうか?今回の条件は厳しいのでしょうか? ご存知の方、教えてください。宜しくお願い致します。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数649
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

はじめまして。 JIS Z2371は標準的な塩水噴霧試験です。私の会社の製品(自動車部品・特殊ねじ)では亜鉛めっきを付けていますが、三価クロメートの場合、白錆まで72時間、赤錆まで120時間あるいは144時間等の規格で、96時間というのは特別厳しい条件ではないと思います。 「黒錆」に関しては、ここでも何人かの方が仰っていますが、黒い斑点のようなものが付くのは錆びていく工程の初期段階で、亜鉛めっきの場合だとこれは亜鉛酸化物で初期段階に表面に出てきますが、「錆」ではないそうです(めっき屋からの資料による)。しかし、見栄えが悪い為、「表皮の錆」というような言い方をすることもあるようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 『黒錆』で悩んでいます。『黒い斑点』と皆さん言われますが、今回の塩水噴霧試験では斑点ではなく、黒い模様(結構広い範囲)でした…。 皆さんから教えて頂いたことや、調べたことなどから、一応レポートには黒錆(亜鉛の酸化皮膜)に覆われるため、錆の進行は抑えられると報告しました。 ありがとうございました。

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

従来のクロメート処理の代替技術として、弊社ではニッケルメッキをつけています。私は素人みたいな者ですが、3価クロメートだと腐食の問題に加え、メッキ表面の荒れがトルクに影響を及ぼす等の事例を耳にしています。 これまで耐食性をもたせるネジの処理にはクロメートやユニクロを採用していましたが、RoHS対応もあり現在は鉄ネジに関しては全てニッケルメッキです。社内にて塩水雰囲気中の加速試験を行ったところ耐食性も問題ありませんでした。以上、ご参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

eko-midoriさん、ご回答ありがとうございます。 いろいろと調べたところ、無電解Niめっきがあり、その方法だと電極を つなげる部分にめっきが乗らないという不具合は解決されるようです。 さらにeko-midoriさんのご回答のように塩水噴霧試験で問題がないようでしたら言うことないですね。 早速、Niめっきの試作を行いたいと思います。 ありがとうございました。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

試験方法はJISZ2371で一般的で厳しい条件ではありませんよ、よくネジメーカーが要求するのは、国内仕様の場合72時間白錆発生5%以内、輸出仕様の場合96時間白錆発生5%以内です、黒錆は問題にしないところが多いようですが(黒点は、三価クロメートの被膜の水酸化物で錆ではないと聞いたことがあります。)、メーカーさんと打ち合わせで決定しているところが多いようです、ちなみに、自分のところでも塩水噴霧試験機がありますので、よくネジメーカーさんに頼まれて(無料ですよ)、塩水噴霧試験機を貸していますがそのメーカーさんは(自動車関係)黒点は問題なしとしていますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ワッペンさん、ご回答ありがとうございました。 今回の条件で問題がないことが分かり安心しました。 『黒錆は問題にしない』とありますが、 表面は黒く酸化しているが、内側(ネジそのもの)は錆びていないから… と解釈して宜しいのでしょうか? そこがはっきりできれば3価を採用できると思います。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

だいたい、そんなものです。 72Hrで白錆発生面積が5%未満。 黒錆に関しては、微妙ですね。問題にしないところもあるし、問題にするところもあり。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

クマ吉さん、ご回答ありがとうございました。 黒錆に関してもう少し調べてみます。 ありがとうございました。 クマ吉さん、ご回答ありがとうございました。 黒錆に関してもう少し調べてみます。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 塩水噴霧試験について教えてください。

    はじめまして。 規格品のネジM12六角ボルトに、めっき処理(6価クロム、3価クロメートの2種で膜厚は8~10μm)を行い比較検証し部品に取り込むことになりました。 耐腐食性の確認を行うために塩水噴霧試験を外部機関に依頼し比較をしました。初めての塩水噴霧試験で条件に困りましたが、色々と調べたところ、条件は、 JIS Z2371、 (1)塩水濃度5%、 (2)槽内環境、温度35℃、湿度98%Rh (3)噴霧時間 96時間 で行いました。 結果は3価クロメートは試料10個すべてにネジの20%~65%位の面積に黒錆が発生してしまいました。6価クロムメッキの方はメッキののっていない部分(電極をあてる部分)のみの赤錆でした。6価クロムメッキの方が良い結果となってしまいました。 環境対策で3価を使用したいのですが、このままでは許可が得られません。 実際に、ネジメーカー等ではメッキの評価(塩水噴霧試験)をどのような条件で行われているのでしょうか?今回の条件は厳しいのでしょうか? ご存知の方、教えてください。宜しくお願い致します。

  • メッキの耐食性評価

    初めて質問をします。 メッキの耐食性をよく塩水噴霧試験を行って評価していますが、 塩水噴霧試験の試験時間を何時間合格すると、実際の環境(屋外) で何年位錆びないのか? 目安的な期間で構わないので教えて下さい。 宜しくお願い致します。

  • 亜鉛メッキの塩水噴霧後の変色について

    亜鉛メッキの塩水噴霧試験後の変色に関して質問があります。 亜鉛メッキに有色三価クロメート処理した固体を塩水噴霧試験したところ 24h後に黒く変色しました。 質問1:この変色が何かご存知の方は教えて下さい。 質問2:母体(鉄)の錆びでは無いとしたら、評価としては合格と判断すべ     きでしょうか?(錆びていないという意味で) ■詳細■ ※斑点状のものから、シミの様に広がっている物もあります。 ※亜鉛メッキ層の酸化は白色だと聞いていますが、白くなっている箇所は ありません。(試験前の状態が銀色なので分からないだけかもしれません) ※メッキはガラメッキで、指定厚さは5ミクロンです。 ※中国でのメッキで、管理状態はあまり良い状態とは言えません。 心当たりのある方、よろしくお願いします。

  • 中性塩水噴霧試験方法について

    ネジの耐食性を評価するため塩水噴霧試験を検討していますが、 JIS K 5600-7-1と JIS Z 2371が いずれも5%NaCl・35℃の条件で同じように思えます。 何か違いがあるのでしょうか。

  • 耐食性試験(塩水噴霧試験など)について

    耐食性評価のために塩水噴霧やキャス試験を行なうのは 非常に一般的ですが、実際の使用環境との相関関係が いまひとつ理解できません。 防食に携わっておられる方、アドバイスをお願いします。 たとえばステンレスを塩水噴霧に供した場合、 水中での湿食評価には適した試験だと思います。 しかし普通鋼にメッキを施して屋内で使用することを 考える場合には、塩水噴霧が確実な相関関係を持っているとは 思えないのです。 また手元にある腐食の本には 「キャス試験を16時間行なった結果は自動車部品に メッキを施しそれをデトロイト市街に一冬放置したときと 同等の結果が得られる」 という、良くわかったような判らないようなことが書いてあり、 どこからこの相関関係を導き出してきたのか大変疑問です。 塩水噴霧やオートクレーブのような促進試験には 相関関係を見極めるような決定打はないのでしょうか?

  • 塩水噴霧試験の妥当条件(時間)について

    表面処理(クロム処理、メッキ)の塩水噴霧試験で1年後の促進試験を行いたいと思ってるのですが、妥当な試験時間はどの位でしょうか? 表面処理ですともっと短時間で評価するべきでしょうか? お詳しい方、アドバイスをお願い致します。

  • ユニクロメッキと塩水噴霧時間について

    早速ですが下記の内容についてアドバイスお願いします。 材質 SPCCをユニクロメッキしたのですが前処理の不具合か1~2ヶ月ほどでサビが浮いてきました。 外注先と打ち合わせしたのですが受け入れ検査で問題がなかったのでこちらの管理責任と言われました。 当社設備に塩水噴霧機がないので純水で5%塩水を作り加熱60~70℃で1時間どぶずけ状態での変化を確認します。 通常このような試験のやり方で問題が無かった場合はこちらの管理責任でしょうか? また、塩水噴霧での合格基準は何時間必要でしょうか? ちなみに製品は窓枠用のエアコンに使用します(屋内取り付け) ご助言お願いします。

  • 塩水噴霧試験の目的について

    今、メッキ品の塩水噴霧試験を計画しています。 色々メッキの文献を読みましたが、塩水噴霧で評価する理由が よく分からなくなりました。 塩水を腐食促進として用いる理由は ?局部腐食(孔食)が起こりやすい ?潮解作用で、大気中の水を吸湿する と認識しています。 しかし、?が起こるのはSUSやAlの不動態皮膜を形成するものであり、不動態皮膜が塩化物イオンで破壊されることを言うと文献で見ました。 ZnやNiメッキした部品でも塩水で評価するのは?の理由によるものなのでしょうか? 塩化物イオンが、金属塩を形成し、腐食を促進させるのはどの金属(メッキ)でも起こり得り、?が理由だと思っていましたがどちらが正しいのでしょうか? お手数おかけしますが、ご教授よろしくお願いします。

  • 三価クロメート処理と六価クロメート処理の耐食性時…

    三価クロメート処理と六価クロメート処理の耐食性時間について 現在、RoHS対応により三価クロメートに切替を進めており、黒クロメート、ユニクロメート、有色クロメートのJIS Z2371塩水噴霧試験方法に基づいて耐食性データをとっています。そこで、JIS H8625を見ますとクロメート皮膜の耐食性データで白錆が発生してはいけない時間がのっていますが、赤錆が発生してはいけない時間という定義がありません。 もしご存知でしたらご教示頂きたいのですが、JIS Z2371塩水噴霧試験方法に基づいて黒クロメート、ユニクロメート、有色クロメートの白錆、赤錆の発生してはいけない時間はありますでしょうか。メッキの膜厚は、弊社の規格で亜鉛とクロム膜含め5~10μmの製品です。三価、六価両方あれば教えて頂きたくお願い致します。

  • ADC12材質の塩水噴霧試験について

    ADC12の塩水噴霧試験で、白錆ではなく、黒色になるのですが、この生成物は錆なのですか?亜鉛鍍金の塩水噴霧試験でも時々同じような黒色生成物が発生する時がありますが、メーカーによっては、黒色生成物は、錆ではないのでOKとするところもあるのですが、ADC12も同様に考えればいいのでしょうか?どなたか詳しい方がおられたら、教えてください。