• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

前立腺ガン治療の予後について

最愛の人が前立腺ガンの治療法で悩んでいます。 小腺源か全摘出手術のどちらかの治療法を選択しなければならず、迷っているようなのですが、これらの手術を受けた方、またはこの分野に詳しい方、これらの治療後の経過を教えてください。 また、小腺源の治療をする場合は、待ち人数が多く来年の5月くらいになると言われたそうなのですが、ガンの進行は大丈夫なのでしょうか? 一番軽い程度のものらしいのですが、心配です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数215
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

小線源治療は針(seed)ですかね? 小線源治療と全摘術で進行具合にもよりますが、予後(どのくらいまで生きていられるか?)は変わりません。 手術が選択されるのであれば、あんまり進行はしていないと思います。 しかし、来年の5月というのは長すぎると思います。最近は小線源やってる施設が増えているので、そんなところにセカンドオピニオンしてみては如何でしょうか? また、前立腺癌は乳癌と同じように、転移(他のところに癌が飛んでいる)や再発があっても比較的長い経過をとります。 よって完全に治す治療も考えないといけませんが、治療したあとの生活も考えなければイケません。 どんな副作用があるかです。 例えば、尿漏れです。余りひどければ外に出るのも嫌になる方もいるようです。 もう一度、治療法、予後、副作用を主治医と相談して、なんならセカンドオピニオンしてみては如何でしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 前立腺ガンについて

    医師の方、あるいは経験された方にお伺いします。先日、病院で、PSAの値が、22で、前立腺ガンの確率が50%だと言われ、前立腺の生検を受けることになっています。 ここで質問なのですが、 (1) 前立腺ガンの確率が70%になるPSAの値はどのくらいですか?PSAの値は最高どのくらいになるのですか? (2) 前立腺の摘出手術というのは、「難しい手術」でしょうか?泌尿器科のある総合病院であれば、安心して受けられる手術でしょうか?成功する確率みたいなものはありますか?

  • 小腺源治療について

    知人が前立腺ガンになり医師より全摘出のオペもしくは小腺源治療の選択を問われました 回りにその治療についての識者がおらずここへ質問させていただきます 宜しくお願いします

  • 前立腺ガンの治療経験談をお聞かせください

    次のことを教えていただけないでしょうか。 1・・進行度はどれぐらいで、どんな治療法を選択あるいは指示されましたか。 2・・治療の結果、経過はどうでしょうか。完治とか再発とか。 3・・副作用や弊害などはいかがですか。 4・・もし、後悔されたことがあればどういうことでしょうか。 5・・実施された治療よりも、あの治療法が良かったかなと思われる治療法は   どういうものでしょうか。 6・・その他参考事項あれば教えてください。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • iikamo
  • ベストアンサー率0% (0/1)

No.1です。大変な思いをされておられると思い、曖昧なお返事は避けようと素っ気ない文面になってしまい反省しております。 大学の泌尿器科に勤めております(医師ではありません)  当科でも小線源療法を実施しておりますが、やはり10月まで予約でいっぱいのようです。小線源や全摘出を勧められるという事は即ち早期がんで、根治が可能範囲なのだと思います。 No.2の方が記しておられたように予後は変わらないと思います。 ただ、外照射や手術、内分泌療法は『尿漏れ』や『勃起障害』といった合併症がしばしば起こります。それに比べ小線源はそういった合併症が比較的少ないとのことでした。 前立腺がんは比較的進行の緩やかながんです。よく考えて選択する時間はあると思います。ご本人は勿論ですが周りの方々も心身共に大変でしょうが、一番納得のいく方法を導いて下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • iikamo
  • ベストアンサー率0% (0/1)

5月まで待てない状況なら、主治医が待つようには言わないと思います。なぜなら生死に係わることなのですから。 以下のHPに小腺源療法のことが書かれています。参考にして下さい。

参考URL:
https://www0.nmp.co.jp/member/oncoseed/download/qa01.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

みなさん、ありがとうございました。 返事が遅れましたが、参考になりました。

関連するQ&A

  • 前立腺ガンの検診について

    前立腺ガンの検診について 私は75歳の男性で、長年前立腺肥大で(そのうちに手術?)と思っていました。 先日、とうとう家庭医の先生に小便の出が悪いことを話して、エコーで検診を受けて肥大症に効く薬をもらいました。薬を飲みだして4週間目です。1週間で効果は現れて喜んでいます。 ところが、2週間目のとき、ついでにやってもらった採血による前立腺ガンの検診。数値がものすごく大きい(4でも、のところ29にもなっている)から大病院へいくようにといわれました。 大病院では、肥大症がある方は、ガンでなくても数値が大きく出る場合があるから再検査してみるといわれまして、採血。結果は来来週です。 そのあとエコーで診てから医師の判断で、生体検査とかで、細胞を切り取って顕微鏡等での検査をするという。2日間の入院だそうです。 お尋ねしたいのは、入院して局部の肉を切り取ってまでしなければならない検査なのか、ということです。そういう刺激を受けることで身体的に悪い反応が出るのではないかということや高齢者に麻酔をかけるという肉体的負担をかけていいのだろうか? たとえガンであっても進行が非常に遅いガンだからそのままにしておく、という医者の話も聞いたことがあるのですが。

  • 前立腺癌の治療法の選択

    当方54歳になる男性です。 このほど前立腺癌の告知を受けて治療方法の選択で迷ってます。 4年前に1度PSA値が4.3ありその後3.5ぐらいで今まで来ました。 ところが、今年の1月にPSA値が7.3あったため総合病院で針生検をしたところ12本中右1本から グリソンスコアー3+3=6、ステージT2の前立腺癌が見つかりました。 少々ショックでしたが、CT、MRIからは特に異常がなく医師からは初期のガンということでした。 骨シンチグラフィーは近々受ける予定です。 医師からは、経過観察か左の神経を残した摘出手術いいのではと言われたのですが、 私は全摘出手術を考えていたので少々迷っています。 前立腺癌に詳しい方、もしくは経験者の方お教えください。

  • 転移の治療

    新薬、新治療で将来・・あと10年20年でガン治療も飛躍的に変わるかと思います。 ここで疑問があります。 自分の父親も肺ガンになり一度は手術で摘出し回復しましたが その1年後に再発しました。 この再発したガンは骨や脳まであっと言う間に回って治療が出来ない 状態にまでなりました。 一度目の手術がうまく行っていたのに結果は残念な事になりました。 この脊髄や脳まで回ってしまうガンの治療や新薬はできるのですか? 骨や脳まで転移した父親の治療はもはや麻薬の部類に入る薬を投与して いました、先生からもこのガンは進行を止められないと・・ 医療に詳しくないので教えてください

  • 前立腺ガンT4N1、IMRTを行うか悩んでいます

    昨年、68歳の主人に前立腺ガンが見つかり、T4N1 リンパ節に転移し直腸にも浸潤してしまっているグリーソンスコア8の悪性度の高い末期ガンで余命1~2年と言われました。骨にはまだ転移は無いようです。 それから半年、ホルモン治療を続け、PSA値も21.8から0.43と下がり、ガンも小さくなっています。今の内にIMRTの放射線治療で少しでもガン細胞をやっつけておけば延命効果があるのではないか(先行きホルモン治療が効かなくなった時にガン細胞の増殖が少しでも遅れるのではないか)、また骨転移も遅らせることができるのではないかと思い、医師に相談したところ『副作用を最小限にして照射することは可能だが、効果があるかはわからない。データが無い。患者の希望次第。」と言われました。 ネットで色々調べたのですが、ステージが進行していると重粒子線や小線源放射線治療も適用とならず、IMRTの適用もギリギリのようです。本人はどうせ駄目なら副作用を考えるとやらなくてよいと言っていますが、私は少しでも延命できるならやってほしいと思っています。いずれホルモン治療が効かなくなったら抗がん剤も考えなくてはいけないと思いますが、せっかくガンが小さくなっている今、やれることはないのでしょうか? 何か治療法をご存知の方、周囲で同ケースの患者さんがいる方がいらっしゃいましたら、教えてください。 セカンドオピニオンで他の医者に相談しなさいと言われそうですが、末期だと難しくどの病院に行けば良いのかもわかりません。 よろしくお願いいたします。

  • 脳腫瘍の治療

    脳腫瘍の治療について教えて下さい☆ 今年の7月に脳腫瘍が見つかりました。場所は... 脳腫瘍の治療について教えて下さい☆ 今年の7月に脳腫瘍が見つかりました。場所は小脳橋角部です。 サイズ的にも場所的にも摘出手術は不可能だったので画像診断でしたが良性だろうということで経過観察になりました。 ところがセカンドオピニオンのために受けた病院でもう1つ同じ場所に腫瘍が見つかり、そちらの方は悪性のようだと言われたのです。 摘出手術が出来ないので本来なら放射線治療になるのですが私は体質的に放射線の感受性が強いらしく今までにもレントゲンを撮った場所が腫れたり蕁麻疹が出たことが何度もあるので主治医の先生からテモダールという薬の単独使用で様子を見ようと言われました。 正直すごく心配です…。テモダールは放射線治療との併用が一般的な様なので単独使用で効果はあるのか?このような治療法をすることはよくあることなのか?教えて下さい☆ よろしくお願いしますm(__)m

  • 癌の治療法

    父が1年前に、膵臓癌・肝臓癌を患いました。 膵臓はごく小さな癌細胞だったようでステージ1との診断で、リンパ節への転移はありませんでした。 外科手術にて十二指腸・胃の一部、膵頭、胆嚢・胆管を全摘出しました。 また肝臓にあっては、膵臓を優先するために内科手術にて癌細胞を焼き、進行を止めたようで(すみません、この手術については母からよく聞いていません)、膵臓の手術後5ヶ月目に外科手術を行い、5割ほどの肝臓を摘出しました。これも転移はないとのことでした。 ホッと胸をなでおろしていた1年たった先日、肺への転移が確認されました。ごく小さな、豆粒にも満たないくらいの大きさだそうです。 医師からは3週間抗がん剤投与・1週間休みという4週を3セット行うことによって、肺癌治療を行うと告げられたようです。 それでも回復が見込めないようだったら外科手術を行うとのこと。 治療内容は父が決めること。それは承知の上でお聞きしたいことがあるので、よろしければお力をお貸しください。 インターネットという便利な道具のある現代ゆえか、いくつもの治療法を見かけました。 肺の摘出手術・玄米菜食療法・抗がん剤治療・粉ミルク療法・・・ 一体どれがいいのか分からなくなってしまいました。 これは効くという療法などありますでしょうか? また、なぜ父は肺の摘出手術でなく抗がん剤なのでしょうか? 体力もありますし、他器官への転移、膵臓癌・肝臓癌の再発もないようです。 (私は結婚していて実家が遠く、母と妹の話しか聞けない状況なのであやふやな部分がありすみません) 粉ミルク療法等は医学会から消された療法で、しかし効果があるというものを目にしました。初めは疑っていましたが、今は藁にもすがる思いで興味が出ています。。 なにかご存知の方いらっしゃいましたらご回答お願い致します。 宜しくお願い致します。

  • 子宮頸がんの手術

    私は子宮頸がん 腺がん ステージは 1-b2 です 子宮周辺リンパ節に約3センチ大の転移が4箇所あり ガンの大きさはあとは 広汎子宮全摘出手術 といわれました リンパの転移については取り除けるかわからないので  開いてみてから・・・とのこと。 私のような病状で 子宮を残し 放射線治療をすることは 難しいのでしょうか? 39歳今は独身で子供はいません。 もう 私には 我が子を抱く育てる選択肢はのこされていないのでしょうか。    ご経験者または 何か情報をご提供してくださる方がいらっしゃいましたらお願い致します。

  • 抗がん剤投与以外での治療法の探し方(緊急)

    私は先週、精巣腫瘍と診断され、片側の精巣摘出手術を行いました。 これまでの血液検査やCT画像などの検査結果によって、非セミノーマのStage1と予測されています。病理検査の結果は今週の金曜日に出ます。 先生の説明では、非セミノーマのStage1であった場合、脈管侵襲がない場合は経過観察、脈管侵襲がある場合は、BEP2コースとなっています。 私の考えとして、抗がん剤による治療は、副作用が怖いので避けたいと思っています。 現在、もしBEP2コースになってしまった場合を想定して、別の治療法を探しています。 インターネットで調べておりますが、がんの最新医療は大多数あり、判別に困っております。 この作業は私一人では限界があります。 もしよろしければ、治療法の探す作業をお手伝い願えませんでしょうか? 治療法の探し方についてのアドバイスでも全く構いませんので、ご回答をよろしくお願い致します。

  • 喉頭への放射線治療について

     母の治療のことで質問致します。  7年半ほど前に肺・腺がんで手術を受け、肺の一部と周りのリンパ腺を切除しました。そのときはリンパ腺への転移もなく、手術のみで、他の治療は受けず、経過観察をしてきました。  今年の春に甲状腺付近にがんが見つかり(肺がんの転移だそうです)、手術でガンを切除(5月)、そのときに気管に穴が開き、現在は気管切開のカニューレを挿入しています。手術後、PETや脳MRIで調べたところ、目に見えるほどのガンは確認されなかったのですが、甲状腺付近には手術で取り残したガン細胞があるだろう、とのことで、7月30日から放射線治療に入る予定です。  放射線治療について、ネットで調べてみると、副作用として唾液腺や味覚に異常が出る等が載っていました。皮膚の上から放射線を当てる通常の治療でも副作用があるのに、気管切開をして内部の喉頭粘膜に直接放射線を当てても大丈夫なものなのかと心配で、相談させていただきます。  医療にお詳しい方のご回答をお待ちしております。

  • 膠芽腫放射線治療について

    父80歳が、右前頭葉に6cm大の脳腫瘍が見つかり摘出手術の結果、膠芽腫と診断されました。 今後、放射線治療と抗がん剤治療を勧められておりますが、手術後2週間が経過しても意識が不安定で、食事をとることもできず、誤嚥防止のため、点滴による栄養補給となっておりましたが、肺炎を併発し38度前後の微熱が継続しております。このような状況下で放射線治療や抗がん剤治療を受けることは可能なのでしょうか。回復することを信じ、進行がんなので早く受けるべきだと担当医に言われておりますが、高齢で体力も落ちているなか、さらに容体が悪くなり、意識がなくなるのではと迷っております。 アドバイスをお願いします。