• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

カーネルの再構築について

現在、カーネルの再構築を行っているのですが、設定後bootすると必ずkarnelpanicを起こしてしまいます。 boot時のエラーメッセージは mounting root filesystem mount: error 19 mounting ext3 pivotroot: pivot_root(/sysroot,/sysroot/initrd) failed: 2 Freeing unused kernel memory: 240k freed Kernel panic: No init found. Try passing init= option to kernel. で何らかの理由でファイルシステムのマウントが失敗してしまっているようなのですが、回復法が見つからないので教えてください。 現在使用しているkarnelは2.4.20で再構築で切り替えようとしたのは2.4.31と2.6.11の2つでどちらも同じエラーでした。よろしくお願いします。  osはredhat9です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数255
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • gmac
  • ベストアンサー率70% (12/17)

> CONFIG_EXT3_FS=mとなっています。この値をYにすればよいのでしょうか?? yで試してみると良いと思います。 2.4.20の.configを使って2.4.31を再構築してみるのも良い手です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • カーネルをアップデートしたら起動しなくなった

    Redhat 9.0 2.4.20-31.smpから2.6.9にアップデートして再起動したら起動しなくなりました。 再起動で止まってしまった最後の数行を下に書きます。 正常に起動できる方法はあるでしょうか。 よろしくお願いします。 Mounting /proc filesystem Creating block devices Creating root device Mounting root filesystem mount: error 19 mounting ext2 pivotroot: pivot_root(/sysroot,/sysroot/initrd) failed:2 umount /initrd/proc failed: 2 Freeing unused kernel memory: 232k freed Kernel panic - not syncing: No init found. Try passing init=option to kernel

  • TM5800にRedHat9

    TM5800搭載のマザーボードにRedHat9をインストールしようとしています。 OSのインストールは成功するのですが、GRUB画面でOSを選択した後、 起動時にブートセクタあたりのリードに失敗しているらしく、起動が出来ません。 (画面が流れてしまい、表示が読みとれないのですがDMAのエラーが多数でます) 確認のできたエラーの内容は以下です。 mount: error 2 mounting ext3 pivotroot: pivot_root(/sysroot,/sysroot/initrd)failed:2 umount /initrd/proc failed :2 Freeing unused kernel memory: 116k freed Kernel panic: No init found. Try passing init= option to kernel. HDDは、以下の2点で確認してみました。 ・TOSHIBA MK4025GAS ・IBM   DARA-212000 BIOSの設定が間違っているのでしょうか? 何か分かる方がいたら教えてください。

  • Redhat Linux Kernel Panicについての質問です。

    Redhat Linux Kernel Panicについての質問です。 急にサーバへの疎通がとれなくなり 原因がわからぬまま、再起動されていました。 再起動時に以下の画面でずっととまったまま何もキーがききません。 外部起動Diskがないため、どうしたらよいかもわかりません。 再インストールしかないのでしょうか。 どうにか復旧したいのですが、いろいろ調べましたが、 必ず起動Diskの話がでてきてしまいます。 以下、起動時に最後に表示された部分です。 Partition check: sda: sda1 sda2 sda3 sda4 < sda5 sda6 sda7 sda8 > Loding jdb.o module Journalled Block Device driver loaded Loding ext3.o module Mounting /proc filesystem Creating block devices Creating root device Mounting root filesystem Kjournald starting. Commit interval 5 seconds EXT3-fs : mounted filesystem with ordered data mode. pivotroot: pivot_root(/sysroot,/sysroot/initrd) failed:2 umount /initrd/proc failed:2 freeing unused kernel memory: 164k freed Kernel panic: No init found. Try passing init= option to kernel.

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • gmac
  • ベストアンサー率70% (12/17)

configファイルのCONFIG_EXT3_FSの値はどうなっていますか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

CONFIG_EXT3_FS=m となっています。この値をYにすればよいのでしょうか??

関連するQ&A

  • 起動できなくなりました。(fedora core1)

    以前作った練習用Linux(fedora core1)機をを久々に起動させると、途中で止まり、進まなくなりました。 Kernel panic : No init found. Try passing init=option to kernel. 分かるか違いましたら是非教えて下さい。 ネットでも同じようなエラー?はあるようなのですが、解決法がありませんでしたので。 何が必要か分かりませんので、分かる範囲で書いてみました。 必要な情報がありましたら書きますので教えて下さい。 <エラーと思われる画面抜粋> (省略) Creating root device hda : dma_intr : status=0x51 { DriveReady SeekComplete Error} hda: dma_intr : error=0x40 { UncorrectableError },LBAsect1349460,sector=0 end_request: I/O error,dev 03:03 (hda), sector 0 (上記3行同文にて省略) mkrootdev: label / not found Mounting root filesystem mount : error 2 mounting ext3 pivotroot : pivot_root(/sysroot,/sysroot/initrd) failed : 2 umount /initrd/proc failed:2 Freeing unused kernel memory : 136k freed Kernel : No init found. Try passing init=option to kernel. ---------------------------- GRUB ver.0.93 使用 デスクトップ機を使用。OSはfedora core1のみインストール。 インストール後ブートディスクは作成済み。 (ブートディスクを挿入し起動のみでは同様のエラー) USB機器は使用していない。 CUIでの使用のため、PS/2キーボードとモニタケーブルを接続するのみ。 前回使ったときは覚えていないが、設定の変更はしていない。 ・ファイルサーバとして使用していたこともあり、データが消えてしまう再インストールはしたくありません。 ・データを残せる、再インストールなどがありましたらすることは可能です。 (各種設定はします。) おわかりの方がいましたらよろしくお願い致します。

  • カーネル再構築でのエラー

    TurboLinux10Desktopでカーネルの再構築を実行してみました。 結論から言うと、 kernel (hd0,0)/vmlinuz_usb root=0303 Error 13 :Invalid or unsupported executable format というエラーが出て起動できませんでした。 このエラーが出そうな要因を教えてください。 インストール時のgrub.confには、 title turbolinux kernel (hd0,0)/vmlinuz root=0303 initrd (hd0,0)/initrd と書かれており、 これに従って、 title turbolinux_usb kernel (hd0,0)/vmlinuz_usb root=0303 initrd (hd0,0)/initrd_usb と記述しました。 vmlinuz_usb、initrd_usbは、 日付から見て今回の再構築の過程でできたであろうファイルへのシンボリックリンクです。 grub.confに書かれたもともとのvmlinuz、initrdのリンク先を見て作りました。 再構築時のパラメータの設定はmake xconfigで行い、USB関連の1項目にチェックを入れただけです。 その後のmakeのコマンドは、 http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/217tlkernel.html を参考にしました。 今回のエラーは、単純に「今回のxconfigによるパラメータではOSは起動できない」という意味なのでしょうか? make dep ~ make installの間、特にエラーは出ませんでしたが。 make xconfigを開いた時に既に多くのパラメータが設定済みに見えたので、 参考サイトにあるようにxconfigの前に./SetupKernelSource.sh i386を実行しなかったのですが、 これがまずかったのでしょうか? 今回の再構築の手順は以下の通りです。 cd /usr/src/linux make xconfig →設定後保存し、.configができた make dep make clean make bzImage make modules make modules_install make install →/usr/src/linuxにvmlinuxができた cp vmlinux /boot /bootを見ると、 initrd-2.6.0.img、System.mapが今日の日付になっていた ln -fs vmlinux vmlinuz_usb ln -fs initrd-2.6.0.img initrd_usb 前述したようにgrub.confを書き換えて再起動→Error13 この再構築手順で間違った部分があればそれも教えてください。

  • VMWare上のkernel再構築

    VMWare 上のRedHat9でカーネルの再構築(練習)で失敗しています。お助けください。 現在のカーネル2.4.20に2.4.23を追加する。 make mrproper make menuconfig make bzImage make modules make modules_install 以上完了 /boot/grub/grub.confは次のようになっています # grub.conf generated by anaconda # # Note that you do not have to rerun grub after making changes to this file # NOTICE: You have a /boot partition. This means that # all kernel and initrd paths are relative to /boot/, eg. # root (hd0,0) # kernel /vmlinuz-version ro root=/dev/hda2 # initrd /initrd-version.img #boot=/dev/hda default=0 timeout=5 splashimage=(hd0,0)/grub/splash.xpm.gz title Red Hat Linux (2.4.20-8) root (hd0,0) kernel /vmlinuz-2.4.20-8 ro root=LABEL=/ hdc=ide-scsi initrd /initrd-2.4.20-8.img これに追加して title Red Hat Linux (2.4.23) root (hd0,0) kernel /vmlinuz-2.4.23 ro root=LABEL=/ hdc=scsi initrd /initrd-2.4.20-8.img を記述して再起動し2.4.23を選択するとdmssgの途中で NET4:Unix domain sockets1.0/SMP for Linux NET4.0 ds:no socket driver loaded VFS:Cannot open root device "/LABEL=/" or 00:00 Kernel panic:VFS:Unable to mount root fs on 00:00 で停止します。 kernel /vmlinuz-2.4.23 ro root=/dev/hda1 (註/bootパーティション) としてもdmesgは停止位置はほぼ同じで内容は以下のとおりです。 Kernel panic:No init found.Try passing=option to karnel 何かヒントを頂けるとありがたいのですが・・・よろしくお願いします。

  • LINUXで起動できなくなりました。

    家庭用ファイル(Samba)サーバとして利用していたマシンがカーネルパニックで起動できなくなってしまいました。 2週間ほど自宅を留守にし、帰宅後起動したら起動できませんでした。 特に設定も変更していませんし、アップデートもしていませんので単純にHDD(IDE)の故障(?)だと思われます。 HDD中(homeディレクトリ)のデータを救いたいのですが、なにか方法がありますでしょうか。起動中に下記エラーが出て固まってしまいます。 KNOPPIXでCDから起動しましたが、別のエラーが出て固まってしまいます。 どなたか助けていただけませんでしょうか。。。 よろしくお願いいたします。 デストリビューション White Box Enterprise Linux 2.4.21-27.0.2.EL end_request: I/O error,dev 03:00 (hda), sector 24772228 hda: dma_intr: status=0x51 { DriveReady SeekComplete Error } hda: dma_intr: error=0x40 { UncorrectableError }, LBAsect=24772230, high=1, low= 7995014, sector=24772230 end_request: I/O error,dev 03:00 (hda), sector 24772230 > ide-floppy driver 0.99.newide md: md driver 0.90.0 MAX_MD_DEVS=256, MD_SB_DISKS=27 md: Autodetecting RAID arrays. md: autorun ... md: ... autorun DONE. Initializing IPsec netlink socket NET4: Linux TCP/IP 1.0 for NET4.0 IP: routing cache hash table of 2048 buckets, 16Kbytes TCP: Hash tables configurate (established 16384 bind 32768) Linux IP multicast router 0.06 plus PIM-SM Initializing IPsec netlink socket NET4: Unix domain sockets 1.0/SMP for Linux NET4.0. RAMDISK: Compressed image found at block 0 Freeing initrd memory: 164k freed VFS: Mounted root (ext2 filesystem). Red Hat nash version 3.5.13 starting Loading jbd.o module Journalled Block Device driver loaded Loading ext3.o module Mounting /proc filesystem Creating block devices Creating root device mkrootdev: label / not found Mounting root filesystem mount: error 2 mounting ext3 pivotroot: pivot_root(/sysroot,/sysroot/initrd) failed: 2 umount /initrd/proc failed: 2 Freeing unused kernel memory:152k freed Kernel panic: No init found. Try passing init= option to kernel.

  • grubでkernel panic

    DELLノートにXPとVine2.6のデュアルブートをしたいのですが,grubでLinuxを起動できません. インストールではliloをMBRではなくBOOTに書き込んでいます. つまり,先にXPを起動できるようにしてから次にgrubでLinuxを起動させる手順を選択しております. デュアルブートの解決方法などを教えていただけませんでしょうか? …以下、症状です… 僕は hda1: DELL hda2: NTFS hda3: ext3 hda4: extenstion hda5: ext3 hda6: swap でhda3にBOOT,hda5に本体を置いてるので  grub> root (hd0,2)  grub> kernel /vmlinuz root=/dev/hda3  grub> boot だけだと kernel panic: no init found Try passing it=option to kernel と怒られますので bootの直前に  grub> root (hd0,4)  grub> initrd /initrd/initrd.img としようとするのですが、initrd.imgがありません.  grub> root (hd0,2) と打つと Filesystem type is ext2fs, partision type 0x83 と帰ってきますが,   ^ ext3fsでないのが気になります. 再インストールしてliloをMBRに書き込んでから 先にLinuxを起動できるようにして, 次にgrubでXPを起動させる方が簡単でしょうか?

  • ubuntu上でvistaの起動画面を復活させるには

    virtualboxを試そうとして無駄なパッケージをインストールしたためか、(途中で何かを最新にするという表示でOKしたと思います)vistaOSの選択画面が消えてしまい、ubuntuばかりがでてきます。その後インストールしたパッケージをすべてアンインストールしたのですが、状況は変わりません。vistaのデータはまだ生きているのですが、どうしたらvistaを起動できるようになるでしょうか。(下のように表示されています。) title Ubuntu 8.04.1, kernel 2.6.24-22-generic root (hd0,3) kernel /boot/vmlinuz-2.6.24-22-generic root=UUID=f7fabd13-d105-4d31-9223-700df6398ce0 ro quiet splash locale=ja_JP initrd /boot/initrd.img-2.6.24-22-generic quiet title Ubuntu 8.04.1, kernel 2.6.24-22-generic (recovery mode) root (hd0,3) kernel /boot/vmlinuz-2.6.24-22-generic root=UUID=f7fabd13-d105-4d31-9223-700df6398ce0 ro single initrd /boot/initrd.img-2.6.24-22-generic title Ubuntu 8.04.1, kernel 2.6.24-21-386 root (hd0,3) kernel /boot/vmlinuz-2.6.24-21-386 root=UUID=f7fabd13-d105-4d31-9223-700df6398ce0 ro quiet splash locale=ja_JP initrd /boot/initrd.img-2.6.24-21-386 quiet title Ubuntu 8.04.1, kernel 2.6.24-21-386 (recovery mode) root (hd0,3) kernel /boot/vmlinuz-2.6.24-21-386 root=UUID=f7fabd13-d105-4d31-9223-700df6398ce0 ro single initrd /boot/initrd.img-2.6.24-21-386 title Ubuntu 8.04.1, kernel 2.6.24-21-generic root (hd0,3) kernel /boot/vmlinuz-2.6.24-21-generic root=UUID=f7fabd13-d105-4d31-9223-700df6398ce0 ro quiet splash locale=ja_JP initrd /boot/initrd.img-2.6.24-21-generic quiet title Ubuntu 8.04.1, kernel 2.6.24-21-generic (recovery mode) root (hd0,3) kernel /boot/vmlinuz-2.6.24-21-generic root=UUID=f7fabd13-d105-4d31-9223-700df6398ce0 ro single initrd /boot/initrd.img-2.6.24-21-generic title Ubuntu 8.04.1, kernel 2.6.24-16-generic root (hd0,3) kernel /boot/vmlinuz-2.6.24-16-generic root=UUID=f7fabd13-d105-4d31-9223-700df6398ce0 ro quiet splash locale=ja_JP initrd /boot/initrd.img-2.6.24-16-generic quiet title Ubuntu 8.04.1, kernel 2.6.24-16-generic (recovery mode) root (hd0,3) kernel /boot/vmlinuz-2.6.24-16-generic root=UUID=f7fabd13-d105-4d31-9223-700df6398ce0 ro single initrd /boot/initrd.img-2.6.24-16-generic title Ubuntu 8.04.1, kernel 2.6.22-14-generic root (hd0,3) kernel /boot/vmlinuz-2.6.22-14-generic root=UUID=f7fabd13-d105-4d31-9223-700df6398ce0 ro quiet splash locale=ja_JP initrd /boot/initrd.img-2.6.22-14-generic quiet title Ubuntu 8.04.1, kernel 2.6.22-14-generic (recovery mode) root (hd0,3) kernel /boot/vmlinuz-2.6.22-14-generic root=UUID=f7fabd13-d105-4d31-9223-700df6398ce0 ro single initrd /boot/initrd.img-2.6.22-14-generic title Ubuntu 8.04.1, memtest86+ root (hd0,3) kernel /boot/memtest86+.bin quiet ### END DEBIAN AUTOMAGIC KERNELS LIST # This is a divider, added to separate the menu items below from the Debian # ones. title Other operating systems: root title Ubuntu 8.04, kernel 2.6.24-16-generic root (hd0,3) kernel /boot/vmlinuz-2.6.24-16-generic root=UUID=f7fabd13-d105-4d31-9223-700df6398ce0 ro quiet splash locale=ja_JP initrd /boot/initrd.img-2.6.24-16-generic quiet title Ubuntu 8.04, kernel 2.6.24-16-generic (recovery mode) root (hd0,3) kernel /boot/vmlinuz-2.6.24-16-generic root=UUID=f7fabd13-d105-4d31-9223-700df6398ce0 ro single initrd /boot/initrd.img-2.6.24-16-generic title Ubuntu 8.04, kernel 2.6.22-14-generic root (hd0,3) kernel /boot/vmlinuz-2.6.22-14-generic root=UUID=f7fabd13-d105-4d31-9223-700df6398ce0 ro quiet splash locale=ja_JP initrd /boot/initrd.img-2.6.22-14-generic quiet title Ubuntu 8.04, kernel 2.6.22-14-generic (recovery mode) root (hd0,3) kernel /boot/vmlinuz-2.6.22-14-generic root=UUID=f7fabd13-d105-4d31-9223-700df6398ce0 ro single initrd /boot/initrd.img-2.6.22-14-generic title Ubuntu 8.04, memtest86+ root (hd0,3) kernel /boot/memtest86+.bin quiet

  • Redhatのシングルユーザーモードの起動方法

    GRUB上で、以下のコマンドを実行しましたが、起動しません。カーネルパニックになって止まります。 grub> kernel /boot/vmlinuz-2.6.9-42.EL ro root=LABEL=/ 1 initrd /boot/initrd-2.6.9-42.EL.img この後に・・・ grub> boot で、起動途中でカーネルパニックになってしまいます。 よろしくおねがいします。

  • GRUBでOSの選択画面が出ない

    今、大学生協で買ったdynabookSS MX25Aを使っています。 もともとWindowsXPとVineLinuxが入っていて GRUBでOSを選択するようになっていたのですが、 WindowsXPが起動しなくなってしまったので、 PowerX Hard Disc Manager7を使って リカバリーをかけました。 (バックアップを取ったのは買った時です) そうしたら今度は起動した時 GRUBの選択画面(WindowsかLinuxか)が 出ず grub>のコンソールだけ出るようになってしまいました。 Knoppixで立ち上げてみたところ Windowsのパーティション(NTFS)も Linuxのパーティション(Ext3)も認識しますし 中身もきちんとリカバリー出来ているように思います。 どうやったら元のようにOSを選択して 起動できるようになるのでしょうか? 生協に行けば済むかもしれませんが 家の都合で今行けないんです。。。 パーティションの構成↓ 1.WindowsXP(NTFS) 2.VineLinux(Ext3) 3.?(LinuxSwapと出ています) 4.?(WindowsXPのアプリ用領域) 2番目のVineLinuxの/boot/grub/grub.confには #menu.lst generated by anaconda # # Note that you do not have to rerun grub after changes to this file # NOTICE: You do not have a /boot partition. This means that # all kernel and inited paths are relative to /, eg. # root(hd0,2) # kernel /boot/vmlinuz-version ro root=/dev/sda3 # initrd /boot/initrd-version.img default=1 timeout=10 title Windows rootnoverify (hd0,0) chainloader +1 title VineLinux root(hd0,2) kernel /boot/vmlinuz ro root=LABEL=/ resume2=swap:/dev/sda5 vga=0x314 hdc=ide-scsi initrd /boot/initrd.img #title VineLinux (Previous kernel) # root (hd0,2) # kernel /boot/vmlinuz.old ro root=LABEL=/ resume2=swap:/dev/sda5 vga=0x314 # initrd /boot/initrd.old.img と書いてあります。

  • サーバ(OS:CentOS 5.5)が起動しません

    サーバ(OS:CentOS 5.5)が起動しません サーバの電源を入れたところ、 Can't find ext3 filesystem on dev dm-0. mount: error mounting /dev/root on /sysroot as ext3: Invalid argument setuproot: moving /dev failed: No such file or directory setuproot: error mounting /proc: No such file or directory setuproot: error mounting /sys: No such file or directory switchroot: mount failed: No such file or directory kernel panic - not syncing: Attempted to kill init! kernel direct mapping tables up to 128000000 @ 10000-16000 と表示され、OSが起動しません。 どのような対処を行えば回復できるのでしょうか? 最悪、中のデータだけでも取り出したいのですが (その後、OSの再インストールを行ないます) 現時点までで、 ・linux rescueコマンド (システムを/mnt/sysimage にマウントするところで失敗) ・シングルモードでの起動 (kernel /vmlinuz-2.6.18-92.1.6.el5 ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00 rhgb quietの後にsingle を指定したが、結果は同じ) で失敗しております OS:CentOS 5.5 以上、お解かりになられる方がおりましたら、 宜しくお願い致します

  • カーネルセキュリティパッチインストール後カーネルパニック

    急ですが、質問です。 会社の仕事上、システムにパッチを当てる必要があるのですがうまくいきません。 原因と対処法を教えていただきたく投稿しました。 OS:RHEL ES3(UP9) カーネルバージョン:2.4.21-57-ELsmp 今回当てるパッチ(本家REDHATからのrpmパッチ) kernel-2.4.21-58-EL.i686.rpm コマンド rpm -ivh kernel-2.4.21-58-EL.i686.rpm 上記コマンドを実行してパッチを当てようとすると、以下のメッセージが出てきました。 umount : /tmp/initrd.mnt.Nq3615 : device is busy ioctl : LOOP_CLR_FD : Device or resource busy rm : cannot remove directory '/tmp/initrd.mnt.Nq3615' : Device or resource busy エラーの表示がなくインストールが終わったので、パッチを当てたカーネルで立ち上げようとすると カーネルパニックで立ち上がりません。 カーネルパニックの内容は以下のとおりです(3行程度ですが) EXT2-fs warning : mounting unchecked fs, running e2fsck is recommended VFS: Mounted root(ext2 filesystem) VFS: Cannot open root device "LABEL=/" or 00:00 Please append a correct "root=" boot option kernel panic : VFS : Unable to mount root fs on 00:00 rpmインストール時に失敗していることは明らかなのですが、原因と対策が見つかりません。 博識な皆様方に、原因と対策をお教え願いたくここに書かせていただきました。 どうかよろしくお願いします。