• 締切済み
  • 暇なときにでも

光より早いもの?光の速さは可変?

光より早い物って存在有るんですか? 僕の知識では光より早いと過去に行く(特殊相対性理論?)! 光より早い物はないって理解してるんですが・・・(間違ってるかもしれません) ここから本題に入ります。(光の速さ:V1とする) 静止している物から光を発光すると光の速さはV1。 ここでマッハ2くらいで飛ぶ飛行機(速度V2)から光を出すとV+V2となり 光より早くならないんですか?そしたら過去に光が行くのですか? もし光の速さが変わらないのであれば光の速さは伸縮するんですか??? なぜ早さが変わるんですか?教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数9
  • 閲覧数816
  • ありがとう数20

みんなの回答

  • 回答No.9

光はずっと約秒速30万kmで一定に動いています。 宇宙でも、動いている車の中でも、あなたの横でも。 ただ、光は見る人によっては速度が変わります。 この事をを大まかですが、相対性理論といいます。 光の速さが一定なのは (マイケルソン-モーレーの実験)で実証されているようです。http://homepage1.nifty.com/tac-lab/history.html なぜ一定なのか?はわかりません。 ただ、実験でそう実証されてしまっているという事なのでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 光の速さで近づいてくる者の 見え方とそれぞれの時計

    まず、A君が地球にいます。 そこから、300万km離れた所にB君がいます。 それぞれに同じ時計を持たせます。 そして、B君が光の速さ(約30万km/s)で A君に近づいていくとします。 このとき、 Aから見たときの Aの時計の1秒おきの Bの位置とBの時間 Bから見たときの Bの時計の1秒おきの Bの位置とAの時間 二人が出会ったときのAとBの時計の時間はどうなっているか? 相対性理論の「速度が上がれば時間の流れは遅くなっていく」 という事を踏まえてお考えください。 皆さんの意見を教えてください。

  • 見る人がどのような状態にあっても光の速さは変わらない??

    こんにちは。 高校生です。。 物理の授業で相対速度を習いましたが 光の速さに相対速度の公式を使えないと聞きました。 これはいったいどうしてなんですか?? あまり物理は詳しくないのですが不思議です。 どなたか知っていらっしゃる方 教えていただいたら幸いです(●^o^●)

  • 特殊相対性理論

    特殊相対性理論における速度の合成則を説明すると、光の速度を超える速度は存在しないことが示せるとあるのですが、どうやって示せるのでしょうか?速度の合成則の説明というのも分かりません。 なんでもいいので、ご教授よろしくお願いいたします。

  • 回答No.8

光より早い物はありませんが、光より早い現象はあります。宇宙の広がり、膨張です。宇宙の遙か遠方になると、光より早く恒星が遠ざかっているので、永遠に地球に光が届きません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7

taro813 さん >マッハ2で飛ぶ飛行機(速度V2)から出す光は飛行機に乗っている人が見ると >速度V+V2(乗っている人にとってはV)、地上から見ている人には速度Vに見える。 これは違いますよ。 この考え方は相対論以前のニュートン力学の考え方です。 >飛行機に乗っている人が見ている光と地上の人が見ている光は同じでしょうか? 同じ光を異なるスピードで動く人が見ても光の速度が同じように見える という日常の感覚ではおかしく感じることが実験事実だったのです。 したがって時間や空間が人によって異なるということになるのです。 >ある光とまったく逆方向に進む光との速度の差は光の2倍になるが 上のような理由から2倍にはなりません。 No.4 の guiter 先生の回答にある通りです。 >わたしは、光が観測できたり、 >光の速度が計測できるのであれば光より速い物が存在するはずだと思います。 >光より速いものがなければ光は観測できたり >光の速度が計測できるはずはないと考えます。 そうとは限らないと思います。 距離と時間が測定出来れば速度は求めることが出来ます。 参考URLに測定法がいくつか挙げられています。 指摘ばかりで恐縮ですが、ご参考までに。

参考URL:
http://www.wnn.or.jp/konet/nazenaze/hayasa/hayasa.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6

マッハ2で飛ぶ飛行機(速度V2)から出す光は飛行機に乗っている人が 見ると速度V+V2(乗っている人にとってはV)、地上から見ている人 には速度Vに見える。つまりどちらの立場からも光の速度はVに見える。 飛行機に乗っている人が見ている光と地上の人が見ている光は同じでしょ うか?(わたしは違う光を見ているじゃないかと思います) ある光とまったく逆方向に進む光との速度の差は光の2倍になるが一方の 光からもう一方の光は観測できない(少なくとも光では)。 同じように光の速度で運動する物体から発射された光(その物体にとっての) は我々からは観測できない。光の速度で運動する物体にとっては空間がその 運動方向に歪ん(縮ん)でしまうのでもはやその運動方向と同じ方向に進む ことは難しくなるはずです。したがって光の速度で運動する物体にとっての 光はその運動方向とは別の方向に進むと考えます、つまり光の速度で運動す る物体から発射された光の速度はV+Vとはならず。したがって我々から見 ると光の速度を超えるものはないように見えるのではないでしょうか。 わたしは、光が観測できたり、光の速度が計測できるのであれば光より速い 物が存在するはずだと思います。光より速いものがなければ光は観測できた り光の速度が計測できるはずはないと考えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

光の速度は、秒速約三十万キロメートル。一秒間に地球を7 周半もしてしまう、ものすごい速度ですが、光の速度は無限大 ではありません。物体をどんどん加速し続ければ光速を超える ことができるのでしょうか。若き日のアインシュタインも同じ ことを考えたそうです。彼は手鏡を持って自分が光の速さで走 ると、自分の顔から出た光は自分と同じ速さ(光の速さ)で進 むのだから、鏡には自分の顔が映らないのではないかと考えた のです。しかし、それは、光が止まってしまうのと同じことに なるので、そのようなことはありえないと考えました。同じ頃、 移動している光源からでる光の速度は(光源の速度+光速)に はならないことを実験で証明されました。動きながら光を見て も、光源が動いていても、光の速さは同じだったのです。つま り、光源や見ている人がどのように速く動いても、常に光速は 秒速約三十万キロメートルで変わらないことがわかったのです。 ところで、物体を光速で動かそうとする場合に、質量につい て避けられない問題点が生じます。仮に光速に近い速度で飛ぶ ロケットを開発したとします。ロケットの速度を光速に近づけ ようとすればするほど、加速するために必要なエネルギーが増 えて、どうしても光速まで到達できません。加速に必要な力が 増えるということは、ロケットの速度が速くなるに従って、ロ ケットの質量が増加すると考えることができます。実際、電子 や陽子の加速器で光速に近くなるまで加速すると、加速するた めに加えたエネルギーは質量を大きくするのに使われてしまい、 決して光速にできないことが知られています。このように、エ ネルギーと質量が等価であり、速度が増加すると質量が増加す ることをアインシュタインは有名な相対性理論で示しました。 それから、時間についても問題点があります。仮に、地球か ら光速に近い速度で離れているロケットに向かって、地球から 光を送ったとします。ロケットに乗っている人が光の通過する 速度を測定しても、光は秒速三十万キロメートルで一瞬に過ぎ ていくように見えます。しかし、ロケットは光速に近い速度で 飛んでいるわけですから、ロケット内の時間の流れが、地球と 比較してゆっくりと進んでいなければ、光速度一定のつじつま が合わなくなります。ロケット内と地球では、それぞれ異なる 時間の物差しを持ち、時の流れが同じではなくなっています。 物体が光速に限りなく近づくと、外にいる人から見ると物体内 の時間の進み方が限りなく遅くなり、仮に光速を超えると時間 の概念が崩れることになります。  物体が光速に近づくと、物体の質量が無限大に近づき、時間 の壁という障害が出てきます。それらが崩れない限り、物体が 光速を超えることはできません。 私たち人類にとって未知なことがたくさんあります。物体の速 度が光速を超えるという大発見はありえないとは言い切れない でしょう。 参考:光と色の100不思議(東京書籍)

参考URL:
http://homepage1.nifty.com/kuwajima/lac100/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

うわー!いっぱいありがとうございます。 読んでいるとなんとなくわかった気がしてきました。

  • 回答No.4
  • guiter
  • ベストアンサー率51% (86/168)

もう回答は出ているので蛇足ですが、 相対性理論は光の速度は 止まっている人から見ても動いている人から見ても一定である という光速度不変の原理を基本原理としています。 これ自体は導けるものではありません。 >もし光の速さが変わらないのであれば光の速さは伸縮するんですか??? とありますが、光の速さを一定とすると 速さが伸縮ということではなく それぞれの観測者の時間の進み方などが異なるということになるわけです。 ちなみに、速度の足し算は相対論的には  (v1 + v2)/( 1 + v1*v2/c^2 ) となります。 ここで、c は光速度、^2 は2乗の意味です。 この式を見ると、v1 や v2 が光の速さに比べて遅いとき (質問文中のマッハ2でも遅いということになります) 私達がふだん使う  v1 + v2 という結果になります。 また、ご質問の例のように v1 = c とすると  (v1 + v2)/( 1 + v1*v2/c^2 ) =(c + v2)/( 1 + v2/c) =c となりますね。 cが一定という原理から導いた式なので当然の結果ですが。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございます。式で解明なんかすごいですね。 数式的にはよくわかりました。

  • 回答No.3
  • k-fon
  • ベストアンサー率30% (241/783)

#1、#2の方の補足です。 光というのは不思議なもので、だれがどこで見ても常に同じ速度になります。 例えば、光の速さをV1,飛行機の速さをV2(当然V1>V2です)として、V2の飛行機の前方にV1の光を放出したとすると、V2がどんなにV1に近い高速であっても、 ・地上から見た光(V1+V2)の速度 ・飛行機の中から見た光(V1)の速度 が全く同じ速度になります。たとえV2が光の99.99999%であってもです。 あと、もしも光より早く移動する事ができると仮定したら、「過去に行ける」というよりも「過去を見る事ができる」が正しいのではないのでしょうか? 例えば、地球上での様子を人工衛星から観察する場合、通常は当然リアルタイムです。 しかし、もしこの人工衛星が光の二倍のスピードで地球から遠ざかっていけば、その人工衛星はその時点より過去に地球上から発せられた光(情報)に追いつく事になります。そのため、これをどんどん進めれば、何年でも何億年でも過去の様子が分かりそうです。 (そんなに遠ざかると地球上の光は全方向に放射されるためどんどん弱まりますが、この際それは目をつぶって下さい。) 後半はちょっと自信ありませんが、前半は自信ありです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございます。後半がなんか具体的で分かりやすかったです。

  • 回答No.2
  • MSZ006
  • ベストアンサー率38% (390/1011)

今のところの物理学では光速より速いものはありません。 マッハ2で飛んでる飛行機から光を出しても地上にいる人に見える光の速さはやはり光速で一定です。ただし#1のsesameさんが仰るように波長が違って見えます。 これに関連して、時間の進み方がゆっくりに見えるとか、長さが縮んで見えるとか、相対性理論によるといろんな現象が起きます。相対性理論は結構難しいですが(私は大学で相対論の講義を受けてましたが途中で挫折しました)よーく勉強してくださいね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございます。勉強します。

  • 回答No.1
  • sesame
  • ベストアンサー率49% (1127/2292)

>>ここでマッハ2くらいで飛ぶ飛行機(速度V2)から光を出すとV+V2となり V+V2となり…ません。 光速度は慣性運動をしているどんな物体から発するものでも、また受けるものでも、常に一定です。 マッハ2で飛ぶ飛行機からも、時速4kmで歩く人間からも、はたまた9.999...cで飛ぶ宇宙船からも、光はすべて等しい速度で発しています。 移動しているから出る光は振動数(波長)が変わるだけです。 相対的に接近している物体同士では光の振動数は上がる(波長が短くなる)。 相対的に離れつつある物体同士では光の振動数は下がる(波長が長くなる)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速ありがとうございます。概要は分かりました。

関連するQ&A

  • 相対性理論:光速度不変

    特殊相対性理論を勉強したはずなのですが、 すっかり忘れてしまいました^^; 確か、光速度普遍とは相対速度には当てはまらないと 聞いた事があったような気がするんですが^^;; これって間違ってますか? それプラス以下の質問。。 光速度不変とは、相対速度も不変なのでしょうか? 例:光の速さで飛んでいるロケットA、Bが衝突するとき、観測者には 2cの速さでぶつかったように見えるのではないですか? (でもこれって、ロケットAが止まってると考えたら、ロケットBが 2cの速さでロケットAに近づいてる事になりますから、やっぱり おかしいですね^^;) それと、光速で進むロケットの中で進行方向と同じ向きに光を 出したとき、その光をロケットの外側で観測すれば、 ロケットの中を進行方向と同じ向きに進む光は ロケットの外にいる観測者には“2c”として観測されるように思うのですが、 相対性理論はこれをどのように説明しているのでしょうか? 時間の遅れ、ローレンツ収縮などを使って説明してくださいm(_ _)m

  • 光の速さについて

    以前の質疑をずっと見ていたのですが、ちょっと分かりにくかったので再度質問させていただきます。 光の移動は人間の測定では時間が掛かっています。光自身は相対性理論によれば(どんな超長距離も)瞬時で移動を終えるようです。これは光自身が時計を持って移動して初めて確認できる事柄のようです(余り意味は無い)が、これは次元の移動(ワープ)に関係のあることでしょうか。また、この認識は正しいのでしょうか。また光の速度では重量は無限大になると聞きました。光が粒子(光子?)だとする見方がありますが、光子が飛んできたら恐ろしいことにならないでしょうか?

  • 相対性理論について

    特殊相対性理論・一般相対性理論がまったくわかりません。ネットで調べたのですが、特に「物体が光の速度に近づくと、質量が増え、時間が遅くなる」。そして「光の速度になると、質量が無限になり、時間は止まる」というところがよくわかりません。光と時間と質量はそれぞれ別々のものだと思ってるんで、光の速度になったからといって質量や時間が影響を受けるというように密接にかかわってるというのがいまいちよくわかりません。現在中学3年なんですが、中学生にもわかるようにわかりやすく解説していただけるとありがたいです。

  • 光や電磁波の速さは一定であると証明されているか

    私には光の速さが一定であるとはどうしても思えません。 相対性理論は光の速さが一定であることを前提としているそうですが、 光の速さはどんなに長い距離を進んでも一定であることは証明されて いるのでしょうか。 一定であるとすると、すごく遠い星の光が何故目に届くのかが疑問です。 光の速さで進んでも何億年もかかる距離にある星の光が何で減衰してなくなる ことなく見えるのかが不思議で仕方ありません。 星から出たばかりの光はすごく速くて、徐々に減速しながら伝わって一定となる、 というふうに考えれば、わりと納得がいくのですが・・・ よくわかりませんが、そもそも星の距離も光が一定であることを前提に 測っているのではないでしょうか。もし光の速さが一定でないとすれば その距離自体も間違っているということになります。 そして、星の光の波動の赤方偏移などから、宇宙が膨張していると 考えられているそうですが、光の速さが一定でないとすれば、v=fλより 波長も一定でなくなるわけで、赤方偏移が宇宙が膨張している 原因とはすぐにいえないかと思います。 膨張していると断定するからには、光の速さが間違いなく、どんな距離や空間を たどっても一定であるという証拠がすでに発見されていなければなりません。 というわけで、当方は高校物理の知識しかもち合わせておりませんので、 難しい原理などは抜きにして、易しく説明いただければ幸いです。

  • 人間にショックを与えないよに徐々に加速していき、光の速さ近くまで持って

    人間にショックを与えないよに徐々に加速していき、光の速さ近くまで持っていって、到着地点に近づいたら徐々に減速していく、という方法を取れば、ほとんど年を取ることなく遠くへ行けるでしょう。(相対性理論) とか書いてあるのを見つけたのですが・・・端的に言うと老化現象が押さえられると言うことでしょうか?

  • なんで光の速度は一定なの?

    科学なのか化学なのか解らないのでとりあえずここに質問します。 相対性理論の入門書みたいな本を貸してもらってよんだのですが、 そのなかで「光の速度は一定」とかいてあったんですが、 光ってどこまでも届く訳じゃないのに速さが一定なのは変だと思います。 ぁ、それとも空気中では空気が障害物になってるからとどかないの? (@_@; だとしたら、地上でも「光の速さは一定」なんですか?

  • 光とは何?

    物理を少し勉強したのですが、数式を解釈することができず挫折しました。 そこで直感的に物理についてとりわけ光の正体について知りたいのですが、光とは質量ゼロの物質と考えることができるでしょうか? また質量がゼロということはエネルギーが無限大ですか? また光自体は光速で移動しているので特殊相対性理論によるとい時間の進み方はゼロということになりますか? 光というものをどうとらえたらよいのかわからず、整理するヒントが欲しいです、よろしくお願いします。

  • 光の速度は変化する?

    光の速度はどんな速度で運動する人から見ても同じになるそう ですが、わたしはこの現象は光の速度が運動する人の速度に合 わせて変化するために常に同じ速度に見えると解釈しています。 この解釈のしかたは相対性理論に反しているのだそうです。 わたしは相対性理論に反しているとは思えないのですが、本当 に相対性理論に反しているのでしょうか。たしかに、相対性理 論について書かれた本には、光の速度が同じなのは時間や空間 が変化するためと書かれていたりしますが、これは光の速度が 変化するためと説明しても同じことだと思います。この考え方 は間違っているのでしょうか。

  • なぜ光より速く運動するモノはないのか?

    相対性理論に関する読み物を読んでいるのですが、疑問です。 モノの運動に関する理論と理解していますが、なぜ光の速度が重要であり、 また、光より速く運動するモノはないのでしょうか?

  • 光の速度を超える宇宙

    宇宙はものすごい速さで広がっているといいます。 そして、この世界では、光速が一番早いですよね。 そして、宇宙が広がる速度は、地球から遠ざかるほど速くなります。 だから、どんどん遠くなると、光の速度を超えますよね。 そう考えると、光の速度を超えることはできないというのは、 予測に過ぎないという結果にならないでしょうか? まぁ、インフレーション理論によれば、宇宙の膨張は 光のスピードを超えて加速していくわけですけど、 光より早く遠ざかる物体という運動は、 相対論とは矛盾しないということになりますけど。 物体は周りを取り巻く空間に対し相対的に静止していて、 光より早く膨張するようになるのは、空間そのものですが、 光の速度を超えたということは、これからの日本は、 「宇宙の膨張が一番はやい」という科学になるのでしょうか?