• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

なぜ時間の尺度に光がもちいられるのですか?

タイムマシンのように時間を操作する問題を議論するときに必ず光の速さのことが書かれていますが、なぜ光の速さが重要になるのですか?一番はやいからなのか ’光’であることが重要なのか、もし光より速いものがみつかれば光ではなくその光より速いものが重要になるのか。。光と同じ速さで走れば鏡に自分の顔がうつらないという話しは聴いたことがありますし、その原理もわかるような気はするのですが、光と同じ速さの宇宙船にのっていれば年をとらないとか、なんで’光の速さ’なのかがわかりません。もし知ってらっしゃる方がおられましたら教えてください。

noname#92052
noname#92052

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数10
  • 閲覧数863
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.10

質問はなぜ「光」という特定の物の速さだけが特別で、例えば電子など他のものの速度でないのか、ということだと思いますが、これは光の速さが特別な訳ではなく、ある「特別な速さ」(=3.0*10^8 m/s)があって、光がその速さをもっている、ということです。しかし、ではなぜ具体的に 3.0*10^8 m/s という数なのか、については、分かっていませんし、分かるかどうかも分かりません。 例えば、静電気を例にして、10マイクロクーロンの静電気を1cm離すと、だいたい1g重の力がかかります。でもその時なぜ「1g重」でもっと強くないのか(たとえばその時1トンの力じゃないのか)、なぜそもそも静電気が力を及ぼすのか、ということは分からず、分かることは、「静電気力というものがあってその力のかかる時は、力は電荷相乗に比例して距離の2乗に反比例する、というような法則がある」ということです。 こういう法則を理解しやすく体系的にしたのが理論です(相対論だって理解しやすくしたものです。。。。。ぅぅむ。)。 で、この時、「1g重」という数がこの静電気の理論を特徴づけている特別な数です。 (別に1g重でなくても、1トンの力でもいいのに、実際は何故か1g重で、実験してみないと分からない数です。理論のなかでいくら考えても分からないです。なので、「理論の外」から与えてやる必要があります。) 相対論のなかでこの特別な数にあたる「特別な速さ」があって、光がその速さを持ちます。 歴史的には相対性理論が光の速さを特別と扱ってできたのと、実際光以外にその「特別な速さ」を持つものが(一般的なものでは)ないので、光が唯一特別なもののように扱われます。 しかし客観的には、ある「特別な速度」があって、光がその速度を持つ、ということで、光以外でも(morion2さんの例のように)その「特別な速さ」を持ち得ます。その速さは理論を特徴づける数の2つの内の1つなので、よく出てくるわけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 光の速さ

    イメージしやすいように、光の速さをを200km/h、宇宙船の速さを100km/hとします。 宇宙船から光を、進行方向に出したとき 静止系から見ると、光は200km/h。宇宙船から見ると光は200km/hに見えるから宇宙船の速さを足して300km/h。この2つの速さの矛盾を解消するのが時間の進みの違いで、宇宙船の時間が2/3になる、と解釈していました。 ところが宇宙船から光を、進行方向と真逆に出したとき 静止系から見ると、光は200km/h。宇宙船から見ると光は200km/hに見えるから宇宙船の速さを引いて100km/h。宇宙船の時間の進みが2倍になるという事になってしまいます。 どう考えればいいのでしょうか。

  •  光速についてご質問します。観測者からの光の速度は不変ですね。仮に光速

     光速についてご質問します。観測者からの光の速度は不変ですね。仮に光速の99%で移動する宇宙船aとそれを外から見ている観測者bとします。aの船内から前方へライトを付けました。ライトが船内の前方へ到達する時間をkとします。とすると観測者bから見た到達時間はkより多くかからなければなりませよね。光速の99%なんで、到達するのがスローに見えるのでしょうか?  光速は超えられないのですが、仮に光速で移動したとすると観測者は前方に到達することを確認できません。だから光速を超えることはできないということですか?また、宇宙船内の光は速度cで進みます。とすると宇宙船a内のライトは宇宙船にとっては観測者bに対して(1+99/100)cとなり、宇宙船にとっての観測者に対するライトの速さは光速を超えてしまうのですか?うまく表現できませんが、どこに間違いが有るのか教えてください。

  • 光の速さが1番の根拠は?

    光の速さが1番の根拠は? 何故、光速が1番早いのでしょうか? 何かで、宇宙船がどうのこうの、という例え話を聞いたことは有りますが、実際に何の科学的根拠が有って、光速が1番早いという事になっているのでしょうか?

その他の回答 (9)

  • 回答No.9
  • morion2
  • ベストアンサー率38% (13/34)

直接的な回答ではありませんがよく似たものに温度があります。 温度では絶対零度より低い温度は存在しません。 なぜならそれより低い温度は物理的に定義できないからです。 同じように光速を越える速度は現在では物理現象として観察されないため定義されないのです。(数学的には「粒子Xの速度を時速60万kmとする」のように定義できますがそのような粒子が観測されていないので定義しても物理的意味を持たない) 質量のある物質は光速に到達できないし、質量0の物質は光速で移動し続けるしかない。ここでは光速が重要なのではなく質量0が重要です。つまり質量0の物質が移動する速度が観測される最大の速度で、これを基準に物理現象を記述しています。 そして光が(たまたま)質量0なだけです。(ニュートリノも質量0で光速でしか移動できませんが最近の理論では怪しくなっていますね) 質量のある我々はどんなにがんばっても「質量0の物質が移動する速度」に到達することは出来ませんがそれに近づくにつれて相対論的効果が生じて普段より変わった現象が観察されます。 質問の「なんで光の速さなのか」に対しては質量のある物質の極限の速度で、不変だからということになるでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8
  • guiter
  • ベストアンサー率51% (86/168)

>なぜ光の速さが重要になるのですか? >一番はやいからなのか ’光’であることが重要なのか、 >もし光より速いものがみつかれば光ではなく >その光より速いものが重要になるのか。 一番速いからではなく、光であることが重要です。 まず、相対論で重要なのは互いに運動している2つのものがあれば 互いに相手の時間が自分の時間より遅れて見えると言うことです。 AからはBの時間が遅れて見え、BからはAの時間が遅れて見えます。 ここで光速度cが出てくるのは私達の情報伝達の手段が、 目で見るにしても、電磁波(光は電磁波の一種)で信号を送るにしても 光速度でおこなわれているからです。 したがって、タキオンが存在したとしてもそれが情報伝達できるものでなければ 今と同じく相手の時間は遅れて見えることになります。 私達の目がタキオンで物事を見るとするなら、自分に対して光速度で 運動している相手の時間は止まっては見えないでしょう。 >光と同じ速さで走れば鏡に自分の顔がうつらない >という話しは聴いたことがあります この部分は少し誤解があるようです。 光と同じ速さで進んでも鏡に自分の顔が映るということが 相対性理論の元にある原理です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7

>一番はやいからなのか これで合ってるといえば合ってます。情報の伝わる最高速度だからです。 ちなみに、 >光と同じ速さで走れば鏡に自分の顔がうつらない と >光と同じ速さの宇宙船にのっていれば年をとらない はうそです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
  • ranx
  • ベストアンサー率24% (357/1463)

またスカタン回答を増やすことになってしまうのかな...。 相対性理論では、時間と空間は本質的に同じものであると考えるそうです。 その際の換算率になるのが真空中での光の速さなのです。 一番速いことが重要なのではありません。 光速を超える粒子(タキオン)の存在も、可能性としては無いこともありませんが、 そのようなものがあったとしても、この換算率の値が変わることはありません。 ちなみに、まだ見つかっていませんが、重力を媒介する粒子グラビトンも、光速で 動くそうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • Nancer
  • ベストアンサー率37% (6/16)

大学の授業でかじった程度なので、自信無しですが・・・ 回答としては「光の速度が誰にとってもこの世の最高速度だから」だと思います。 アインシュタインが光速の問題を考える際に「光速は誰にとっても同一でこの世の最高速度だ」として、これを数学的に展開した結果、「光速に近い速度で動くと時間が遅れる」等の現象が導き出されました。(なぜそうなるか?については、No.3やNo.4の方が書いておられますし、更に詳しくは巷にある相対性理論の初心者用入門書を読まれる事をお勧めします。) 余談ですが、やはり速度とか時間とかエネルギーについての方程式をグリグリいじってると、光速よりも速い粒子の存在が予言されます。で、この粒子を“タキオン”と呼ぶのですが、今のところ実際に観測はされておらず、理論上の仮想的な粒子であると考える人が多いようです。 ちなみに、光年については、単純に距離=時間×速度なので、大きい距離を表すために大きい速度は?という事で身近&最高速の光速が選ばれたのだと思います。 更に余談ですが、光年よりも大きい“パーセク”なる単位も存在します。 詳しくは下記URLをご覧ください。

参考URL:
http://www14.u-page.so-net.ne.jp/yg7/dentyu/backup/utyu/utyuiti.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • maruru01
  • ベストアンサー率51% (1179/2272)

こんにちは。maruru01です。 以下のURLを参照してみて下さい。 では。

参考URL:
http://www.ne.jp/asahi/up/to/soutairon/easy/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

URL大変参考になりました。僕のようなまったくの初心者でもわかりやすく書かれていてよくわかりました。どうもありがとうございました。

  • 回答No.3
  • ryuiti
  • ベストアンサー率22% (42/185)

光の速さは世の中に存在するすべてのものの中で絶対速度だからです。たとえば光の速度で飛ぶロケットに乗っているとします。進行方向に向かって光を照射すると、光は2倍の速度で前進すると思いますか?また、同じ様に後ろ向きに照射した場合は光の粒子はその場に留まると思いますか? 答えは、前方に照射しても光の速度以上にはならないし、後ろに照射した光は光の速度で後ろに向かって進みます。 つまり、後ろ向きに照射した光は2倍の速度を出しているということになるわけです。光源がどんな状態の速度で移動していても、常に一定の速度を保つ性質が光にだけあるのです。ロケットは光速に近ずけば近ずくほど質量は無限に増加し、今のロケットでは理論的に光速を越えることは不可能です。しかし、おっしゃるように時間も伸びてくるので、ロケットの1時間が地球時間の何十年分にもなるのです。ロケットの中では1時間は1時間なのですよ。年も普通に取ります。ただし、地球に住む人達に比べて時間が伸びているので相対的に年を取らないように見えるのです。光の速度を超えることができれば、時間がそこには存在してなくて、過去に戻ることができるであろうとアインシュタインも言っていたようです。光速以上の速度が出せれば、はるかかなたの距離を一瞬で飛び越せると言う学者もいるらしいので、UFOが外宇宙から飛来している話は案外本当かも知れませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • sdaru
  • ベストアンサー率22% (94/409)

現在分かっている速度が一番速いものは光(電波も同じ)と考えられています。 一秒間に地球を7週半。宇宙の距離は普通の地球上の距離感覚では想像も難しい です。 地球が太陽の周りを1周するのを1年間としています。日数にして365日 です。この365日間に光が進む距離を計算し1光年としています。 光と同じ速さの宇宙船に乗ると、1年経っても時間の経過が無いと考えられるからです。理屈ではこのようになるのですが、まだ経験した人は居ません。 この理屈で行くと、たまたまこの宇宙船で誕生した子供は何時までたっても誕生 直後の状態で成長はしない事になります。 上手く説明できませんが、光年の仕組みを理解出来れば幸いです。 ちなみに太陽から地球まで光の届く時間は約8分位と記憶しています。 間違っていたらすみません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • hanbo
  • ベストアンサー率34% (1527/4434)

 単位として、時速**Km、距離**Kmなどと表現しますが、その値があまりにも大きくて表現できない距離や速度を表すために、**光年という単位を用いているのだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 未来について

    誰の言葉だか忘れたのですが、 「もしタイムマシンが作れたとしても過去に行くことは不可能だ。」 という言葉を聞いたことがあります。それはこの先仮にタイムマシンが作れたとしても、過去にいけるのならば無限先にまである未来からのタイムマシンの使者が現在に来てもおかしくない、だけどいまだかつてそんな使者は来ていない、故にタイムマシンで行く事が出来るのは未来だけである そうどっかの本で見たことがあります。 さて、本題です。 学校の教授が、光速に限りなく近い速度を出せる宇宙船に乗り宇宙旅行をすることで周りの空間とくらべて宇宙船内での時間の経過が遅くなり、それゆえ宇宙旅行後の世界はある意味未来の世界だ。と言っていました。 でもこれには疑問があります。仮にその世界を未来と呼ぶのなら、自分がまだ死んでいない程度先の未来に行ったとき、そこに自分はいない。もし一般的に言われる未来ならばそこに自分がいなくてはいけないのではないか。それに単にこの教授の言ってるのは「単に自分の寿命を延ばすすべ」なのではないか。たぶん教授もさらっと言った流して欲しい一言だったと思うのですが、この言葉で今いろいろ考えています。 これについてみなさんのいろいろな意見をお聞きしたいです。

  • 同時性の不一致について

    Newton(みるみる理解できる相対性理論)という本を読んで疑問におもったことなのですが 右向きに光速に近い速さで進む宇宙船内がある 左右に光検出器をひとつずつはなして置き、真ん中に光源を置く。 右の光検出器に光源からの光が入ると宇宙船の右側に取り付けられた発射装置から発光弾が発射され、左の光検出器に光が入ると左側の発射装置から発光弾が発射される。 宇宙船内から見ると、光は同時に光検出器にとどくので、発光弾は同時に発射される。 宇宙船外から見ると、宇宙船は右に光速に近い速さで進んでいるため先に左の光検出器に光が届き発光弾が発射され、その後右の光検出器に光が届き右の発射装置から発光弾が発射される。 つまり宇宙船外から見ると発光弾は同時に発射されない。 ということなのですが、これが理解できません。 もし宇宙船内の人が発光弾が発射したのを確認した瞬間に宇宙船外に飛び出たとすると、おかしなことになるとおもうのです。 どうなるんでしょうか?どなたか説明してください。お願いします。

  • 光や電磁波の速さは一定であると証明されているか

    私には光の速さが一定であるとはどうしても思えません。 相対性理論は光の速さが一定であることを前提としているそうですが、 光の速さはどんなに長い距離を進んでも一定であることは証明されて いるのでしょうか。 一定であるとすると、すごく遠い星の光が何故目に届くのかが疑問です。 光の速さで進んでも何億年もかかる距離にある星の光が何で減衰してなくなる ことなく見えるのかが不思議で仕方ありません。 星から出たばかりの光はすごく速くて、徐々に減速しながら伝わって一定となる、 というふうに考えれば、わりと納得がいくのですが・・・ よくわかりませんが、そもそも星の距離も光が一定であることを前提に 測っているのではないでしょうか。もし光の速さが一定でないとすれば その距離自体も間違っているということになります。 そして、星の光の波動の赤方偏移などから、宇宙が膨張していると 考えられているそうですが、光の速さが一定でないとすれば、v=fλより 波長も一定でなくなるわけで、赤方偏移が宇宙が膨張している 原因とはすぐにいえないかと思います。 膨張していると断定するからには、光の速さが間違いなく、どんな距離や空間を たどっても一定であるという証拠がすでに発見されていなければなりません。 というわけで、当方は高校物理の知識しかもち合わせておりませんので、 難しい原理などは抜きにして、易しく説明いただければ幸いです。

  • 光速に関する疑問

    現在、相対性理論に関する啓蒙書を読んでいるのですが、そこに、速さの最大値は光の速さと書いてありました。しかし、私には光速が速さの最大値だとはなかなか信じられません。例えば、宇宙船の中で静座している人の時計で時間tだけ経過した時に、その人から見て宇宙船が2ct×((1-v^2/c^2)^(1/2))の距離だけ動いたとします。そうすると、その人から見た宇宙船の速さvは、v=2c/(5^(1/2))になると思われます。その後、その人の時計でt'(≦t)だけ経過した時に静止するように減速していったとします。そうすると、その人からすると、その宇宙船はt+t'(≦2t)で2ctよりも多くの距離を動いたことになるのではないかと思ってしまいます。 この考え方は正しくはないのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 光の速さで進む光速船ができたらその船は飛んでるときどんなことになるのですか?

    光の速さで飛ぶことができる宇宙船ができたとします。 今の物理学でわかっている段階では、どうなるのですか? 私の読んでいる本には質量が光速に近づくにつれ無限大になる、としか書かれていません。そうなると密度も無限大になり星みたいに破裂しちゃうのですか?でも、別の本にはビックバンのときにできた塊は光速で宇宙の端にむかって飛んでいるとかかいてあります。ということは、物体のままなんですよね? ん~、よくわかりません。もしかしてタイムワープとかできちゃったりするのですか?

  • 光時計を用いた時間の遅れについて疑問

    相対性理論では、光時計が遅れればその系全体の普遍的な時間まで遅れると主張します。光時計が遅れると、その系内の光時計のみならず、普通のアナログ時計やデジタル時計や砂時計までも遅れ、さらに生き物の心臓の鼓動も成長の度合いまでもなにもかもが遅れると説明します。 しかし、なぜ光時計の進行がおくれたら、なぜ力学的に動く普通の機械式時計まで遅れはじめなければならないのか?それが納得できません!理解できません! それはただ光時計が遅れているだけであり、それ以上の意味はないのでは?光時計が遅れた状態というのは、光が余計な距離を進むためにより多くの時間がかかった状態をいうのですが、そんなふうに光の運動が変化したら、なぜ系の普遍的時間まで遅れることになるのか? そもそも宇宙船の中に普通は上下に鏡はないじゃん! もし、宇宙船の中が光がない真っ暗だったらどうなる?

  • 光速度不変の原理に関することで教えてください

    質量をもつものは、光速度に達すると質量が無限大になってしまうので 光と同じ速度で移動する宇宙船は作れないと思いますが、(光は質量を 持たずエネルギーだけなので光速度となっている?)仮にですが、光速度の 90%の早さで移動する宇宙船に載っていた場合でも、それと並行して同じ方向に 走る光は、光速度不変の原理に従って、静止してる場合と変わらず、1秒間に 30万キロで飛んでいくのを観測する事になるそうですね。不思議ですが・・ それなら、もし光が2つ並行して宇宙空間を飛んでいた場合、片方の光から 他方の光を見たと仮定した場合ですが、やはり30万キロで飛んでいくのでしょうか? それとも、並んで同じ速度で飛んでるのを見ることになるのでしょうか? いったいどのように見えるのか教えて頂きたいのですが。 この質問は、そんなことは出来ないから回答できないとかではなく、理論上は 光速度不変の原理では、どう見えるかをお教えください。

  • 光より早い速度は可能なの

    タイトル以前に 光、電気(電子)電波のスピードの基準は何ですか? 自分には基礎知識がありませんので知りたいのですが、光や電気のスピードの基準となるものはいったいなんなんですか? 2点の距離、重力、素粒子(分子)、時間? といったところ?ですか たとえば音速は空気(分子)など振動の伝わる速さと認識しています。 と考えると光も同じですか ただ真空でもスピードは変わらない?し伝わるし、 重力については明らかに影響しますよね、ただそれだけ?ではない?でしょうし? 光の速度について、たとえば仮定の話ですが  光速に近いまで加速した宇宙船で宇宙船内の光の速度は?  1.進行方向は遅くなる?2.宇宙船内で光速? 1はないと考えてると2は宇宙空間に対しては倍の光速度にならないのか? あと光速に近くなると時間の進み方も宇宙船内は遅いでしょうから余計に複雑ですが。 電子についても同じ用に考えると  光速に近い宇宙船ないでの電気(電子)機器のスピードもどう変化しますでしょうか? そうするともうひとつ  無限軌道(キャタピラ)でロールを光速に近いスピードで回して片方に電気を(接触し)流すと  向い方向と追い方向で電子のスピードは変わるのでしょうか? もし速度が変わるとすれば巨大なキャタピラロールを高速で回転させると電子(情報)の速度を上げれるのでは? 話半分ですが、長くなるのでやめます。自分の頭の中で矛盾だらけで整理がつきませんが・・・ ようは、速度の基準ってなにですか?が疑問

  • 双子のパラドックス

    双子の一人、A君が地球に残り、B君が光速に近いスピードの宇宙船で、旅をして帰って来ると、B君の方が若いだろう。しかし、運動は相対的なので地球に残ったA君の方が運動している様には考えれないだろうか?A君から見ればB君の時間は遅い様にみえて、B君から見ればA君の時間は遅い様に見える。 「双子のパラドックス」です?? 確かに、宇宙船が一定のスピードで飛行している時は、同じ慣性系で、その時、どちらから見ても相手の時計が遅れている様に見えます。 しかし、宇宙船が減速や加速をする時は、同じ慣性系ではなくなる。 この効果を考えると、やはり、動いていたB君の方が年を取らないのである。 これは、宇宙船が減速や加速をしている間だけ「年を取る差」が出るのでしょうか? もし宇宙船が同じ一定の速さで進んでいたら「年を取る差」は出ないのでしょうか?

  • 光速度不変の原理について

    【質問1】 「亜光速の宇宙船から、併走する光の速度を測定すると、光は30万km/sの速度で宇宙船から離れていく。宇宙船からの見た目的にも、光はぶっ飛んで行く」 こういった例が光速度不変の原理の説明によく現れますが、 ----------------------- (1)宇宙船は質量を必ず持つ。よって宇宙船の速度は亜光速が限界(光速にはなれない)。なので、宇宙船からの見た目的にも、光のほうが速いので、光はぶっ飛んで行くように見える。 (2)亜光速である以上、宇宙船内の時間は遅く進む(が、光の速度で進む物の時間よりは遅くはない。亜光速の時間の遅さ<光速の時間の遅さ である)。 (3)宇宙船内は、亜光速なりには時間は遅くなるので、併走する光の速度を測定すると <亜光速なりに遅くなった時間の間に、光が進んだ距離÷亜光速なりに遅くなった時間=30万km/s> となり、光速度不変のつじつまが合う。 ----------------------- という理解でよろしいでしょうか? 【質問2】 また、この例は「亜光速の宇宙船から、併走する光を測定」についてですが、 「光から、併走する光を測定」の場合は、併走する光はぶっ飛ばず、とまって見える気がするのですが。。。(「速度(=km/s)」ではなく、「見た目」の話) あるいは、光速同士(AとB)が併走すれば、AにはBがぶっ飛んで見えて、BにはAがぶっ飛んで見えるのかな?