• ベストアンサー
  • 困ってます

水処理のことで

PAC(ポリ塩化アルミ)で凝集沈殿後脱窒処理をしてますが生物処理の濾材(ヘチマロン)に無機物がどんどん沈着してきてます 沈殿処理でのPH設定の問題と思いますが最適はいくらぐらいですか ちなみに今は8.4でコントロールしてますが・・・

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数180
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

下記サイトの中から(新)読者掲示板で質問されてみてはいかがですか?専門家が沢山おられますよ。

参考URL:
http://homepage2.nifty.com/watertreatment-club/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • PAC凝集剤を使った時の排水処理

    お世話になります。 件名の件ですが、有機系化学工業の排水処理について質問があります。 通常は、工場排水を廃水処理場に入れて活性汚泥法で脱窒し、凝集沈殿法で脱リンするという工程で処理しています。無機凝集剤には「ポリ鉄」とアニオン高分子剤を使用しています。 通常はそれでよいのですが、工場での生産品目の変更で「ポリ鉄」が使えなくなってしまいました。そこで、PACに切り替えて処理を行ったところ、汚泥の沈みが悪くなってしまいました(アルミニウムイオンなので軽いのでしょうか?) そのため、フロックを大きくするためにアニオン高分子剤を通常の3倍近く投入しました。その結果、汚泥の沈降性は通常通りに戻ったのですが、同時に系内汚泥がものすごく増えてしまいました。ちなみにPACをやめると元に戻りました。 この「系内汚泥の増加」について、メカニズムをご教授していただける方はみえますでしょうか。 どうかよろしくお願いいたします。

  • ポリ塩化アルミニウム(PAC)凝集剤のpHと凝集性能に関する質問です。

    ポリ塩化アルミニウム(PAC)凝集剤のpHと凝集性能に関する質問です。 現在、スルホ基を持つ反応染料をPACで凝集しておりますが、 pH4.0-6.0で除去率が最大となり、pH8以上やpH3.0以下の条件では除去率が 減少しました。 pH8以上の除去率の減少については、投入されたPACが反応染料と結合する前に 不溶な塩化アルミニウムの沈殿になってしまうためと考察できますが、 pH3.0以下で除去率が減少する理由はなぜでしょうか?? 以前、カルボキシル基を持つ物質を凝集する実験を行っていたときは、 約pH4以下になると、COO- + H+ → COOH という反応が起こり、 カルボキシル基の電荷がなくなるためだと考察しましたが、スルホ基 の場合、pH3.0でも全て解離しているはずなので、強酸性化での除去率 低下の理由がわからずに困っております。 長文失礼いたしました

  • 生コンクリート車の洗車水処理について

    生コンクリートの現場打設後 ミキサー車の洗車水を現場で処理することになりました。 本来なら生コン工場で洗車をおこないその水を処理してもらいますが、超早強生コンのため現場で洗わないとくっついてしまうからです。 残生コンと洗車で20m3くらいの洗い水がでます。凝集剤で沈殿させたあと、上澄み水を捨てますが、管理基準として 浮遊物SSを 150ppm以下、PHは 5.8~8.6以内にして 川へ放水する予定です。 沈殿して残った汚泥は 中間処理施設で薬剤固化し、再生骨材にしてもらいます。 ここで質問ですが、濁水処理後の管理基準として 足りないものがあるでしょうか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • h2o2
  • ベストアンサー率55% (35/63)

廃水の種類が不明なので予想で書きます。 pHはカルシウムの値でしょうか? カルシウム成分が多い廃水の脱窒(嫌気状態)を行なった場合、ろ材や槽の表面に白いカルシウム成分が析出します。(ビーカー等に廃水を入れ、亜硫酸ソーダを入れて約5分掻き混ぜて下さい。同じ現象がおこればカルシウムでしょう。)この場合の対処方法としてはpHを下げれば(7以下)にすれば析出し難くなると思いますが、生物処理とのバランスがあるので徐々に調整してみて下さい。 凝沈槽でカルシウムは約2,000ppm以上分しか析出しません。酢酸を入れ酢酸カルシウムにすると析出し易いですが、反応時間が必要なのでお勧めできません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 廃水処理用語について質問

    廃水処理用語について質問 廃水処理について勉強しています。凝集沈殿 水酸化物法の解説の中に、再溶解と言う用語が出てきます。抜粋すると「亜鉛の場合、水酸化物の析出に適したphの範囲は9~10.5。phを11以上にすると水酸化亜鉛は再溶解する。」 この再溶解とは、何を言っているのでしょうか。 溶解していた金属イオンがph上昇とともに水酸化物として析出。phを11とすると水酸化物が溶けて無くなってしまうことを言っているのでしょうか。

  • 重金属の廃液処理

    現在、実験廃液の一次処理化を求められており、今まで通りポリタンクに「酸」 「アルカリ」で分けるのではなく、出来ることは自分でやりましょうということになっています。(ポリタンクにいろんな金属を入れておく場合、引き取りの値段がすごく高いらしい)  先日、重金属の廃液処理の方法として水酸化凝集沈殿法を習いました。(溶解度曲線に従いPH値を上げていき、凝集剤を使い濾過する) この方法では私は単金属でしかやったことが無く、複数存在する金属の処理について質問します。 今、困っているのは ・酢酸鉛水溶液に亜鉛板を入れ反応させた物 ・硫酸銅水溶液に鉄釘を入れて反応させた物 ・硝酸銀水溶液に銅板を入れて反応させた物 です。 これらの処理で、簡単に金属が取り除ける方法ありましたら教えて下さい。

  • 水処理のついて

    私は今水処理について勉強しています。 そこで、現在水処理にはどういう方法が 用いられているのかくわしく教えてください。 また、これからの新しい水処理法を教えてください。

  • 水処理について

    機械を水冷するのですが(φ16くらいのパイプで)、工場内のクーラント からの水を循環させるつもりでしたが、水垢で詰まる可能性が高いといわれました。 純粋用タンクを設け、それをクーラントの水を循環させ冷やし、純水を機械に循環させ水冷するのがベストだと思いますが、お金が掛かります。 なんらかしら、クーラントの水をろ過(?)装置みたいなのを通して 循環できる装置ってありますでしょうか? クーラントではなく、クーリングタワーでした。。うっかりミスです。すみません。

  • PACの適正注入量について

     PACを注入する水処理系統を持っているのですが、どうもPAC注入量が多いような気がするので質問いたします。  処理水は清流なので濁度は非常に小さく、濁度計では1ppm以下を示します。ただし、降雨の際には濁度が一気に数ppmまで上昇します。    過去に「濁度5ppmまでは10ppm相当のPAC、それ以上は1.5倍量」を注入することを決めており、それに従っていたのですが、現状の処理水は1ppmを下回っており、結果として2層濾過(アンスラサイト+砂)の出口で、アルミ濃度が0.3ppmと、飲料水の水質基準を超える状態になっています(かろうじて下流の活性炭で処理しているのですが・・・・)。  なお、水処理施設は「河川水→PAC注入→2層濾過→活性炭濾過→塩素処理→飲料水」です。沈殿槽はありません。  河川水の濁度が4ppmの時にALT比0.2で注入しています(つまり濁度が1ppm以下だと0.2を数倍上回ります)。  そこで質問なのですが、  1.低濁度時(<1ppm)は、PACを減少させる必要があるか?  2.一般的にALT比0.05~0.2で運用というのを聞いたのですが、これを大幅に超えた場合はアルミが流出するのでしょうか?そのメカニズムがわかりません。  なお、処理水を0.45μmのメンブレンフィルタで濾過すると、ベトベトの状態(真空吸引濾過で数時間を要する)であり、河川水を濾過した方がマシなレベルです。  3.PAC注入量は「ジャーテスト」で決めるものという事は認識しているのですが、低濁度ではフロックが視認できません。この状態で最適注入量というのは決めかねるのですが、どういった試験を行えば良いのでしょうか??フロックが出来るのなら決めやすいのですが・・・  4.先に述べたALT比(0.05~0.2)というのは、あくまで目安だと思いますが、当方で濁度1ppm以下となると必ず過剰注入になります。恥ずかしながら0.05~0.2というのも、NET検索で引っかかったものなので、何か後ろ盾が欲しいと思っています。公開文献などは無いのでしょうか??しょうもないことですが、硬直した組織なので、現運用を変えるには後ろ盾が要るのです。  メーカーでも「ジャーテストで決めるものです」と言うばかりで、困っています。  私自身、素人なのでどんな些細なことでも結構です。アドバイスを頂ければと思います。

  • 製造元の義務でしょうか?排水処理性調査の実施

    製造元の義務でしょうか?排水処理性調査の実施 長文で申し訳ありませんが教えてください。 研磨液を製造販売しておりますが、先日ユーザーより排水処理性調査回答書なるものを提出してくださいと依頼がきました。試験の概要は以下です。 (1)資料調整(水で希釈)→(2)凝集剤添加(PACまたは硫酸バンド)→(3)PH調整(硫酸・苛性ソーダ)→(4)凝集(助剤は任意)→(5)ろ過(5種Aろ紙)→(6)処理水質確認 ※(1)希釈倍率は10倍と100倍で実施。(2)添加量は、それぞれ1000ppmと300ppm。(3)PHは7に調整。(4)添加量はともに2ppm。出来上がった(6)のCODと全窒素と全燐を調べなさいとのこと。 調べた中ではこれ((1)~(6))を実施するには数十万円かかるとのこと。 (6)の処理水のみの検査であれば、県の試験所で2万円弱で実施できるとのことでした。 検査製品(研磨液)のMSDSはすでに提出済みです。ここまでが製造元の義務と考えてております。 まずは、会社の義務であるかないか?ということを教えてください。 また、義務でなかった場合でも、おそらくですが、ユーザーはこの試験を実施しなさいとゴリ押ししてくると思います。その際、試験を実施してくれそうなところがあれば参考までに教えてください。県の試験所は(6)以外は不可でした。 会社としてやらなければならない事案であれば費用を負担してでも実施しますが、そうでなければ丸投げされ、また費用もこちら持ちというのでは納得がいきません。

  • 最先端の水処理

    上水、下水、排水、海淡なんでもよいのですが、最先端の水処理って何がありますか? それと昔と同じでオルガノ、栗田、荏原の技術が高いのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 水処理の装置について

    こんばんは。ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教授願います。私は、現在主に民間の企業様を相手に、地下水の水処理装置を提案している業務についております。そこで最近、装置自体が一日のうちで数時間停止しているにも関わらず、その間上水(水道水)がたくさん入ってしまうという現象が発生しました。これは、何が原因で起こると言えるのでしょうか??もしお分かりの方がいらっしゃいましたら、教えていただきたく思います。宜しくお願い致します。

  • 水処理器 スピリオンの効果

    熱処理炉冷却配管へのスケール付着対策として、冷却水の水質改善対策を検討してます。 水処理器スピリオンを導入された方がいましたら、その効果を教えてください。

  • 水処理 凝集沈殿

    硫化ナトリウムを使った硫化銅の凝集pHは3~4とある本に書かれてありましたが、 pH9~11では凝集されないのでしょうか?