• 締切済み
  • 困ってます

銀行経営者の持つべきモラルとは何でしょうか?

銀行経営者とは銀行の利益を追求していれば日本は良くなるのでしょうか?開示されてる銀行の財務諸表もどこを信じればいいのでしょうか?積もりにつもった不良債権も処理され、公的資金の回収は可能なのでしょうか?また銀行と政治や官庁との関係等、どんなことものでもいいのでみなさんの回答をおねがいします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数48
  • ありがとう数44

みんなの回答

  • 回答No.1
  • simotani
  • ベストアンサー率37% (1880/5058)

今の銀行経営者は頭取と言う価値は無く、サラリーマン社長程度です。 ミスを回避する事には力を入れるが、本来バンカーが持つ リスクを取ってリターンを得て、その差益で不良債権を棒引きに出来る人物は 誰ひとり居ません。 政府は「中小企業に資金を出して経済を回す意図で公的資金を投入した」と言いますが、 「全額回収する事が前提」とか、「不良債権を償却しろ」とかも言うので 本来株を普通株に転換して市場売却し回収するものを 普通株に転換してそのまま保有される(=国有化)を恐れて 優先株を「買い戻す」のが主流になってしまった。 そうなれば、まだ永久劣後債がマシになるが、これはどの銀行も発行してません。 永久劣後債がどの銀行でも発行され、貯蓄の一種として店頭で売られるようになる。 これこそ最高の自己資本拡大策では?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 銀行はなぜ国債を売らないのか?

    単純な疑問です。 以前、大量の不良債権の発覚で銀行の経営が危ぶまれた時に、公的資金の投入で経営健全化を果たしました。 その時に、銀行はなぜ国債を売って経営の危機を乗り切るための原資にしなかったのでしょうか? わざわざ税金を借りるよりも、国に「借金を返してくれ」と言えば済む事だと思いますが、どうなのでしょうか? 中小・零細企業に対しては厳しい態度で臨むくせに、対国となるとグダグダなような気がします。

  • 公的資金について。

    ここ数年公的資金という言葉がニュースにのぼる機会が多いですよね。 実は夫の銀行も公的資金を受けました。 世間では高い税金を使ってと批判されているとの承知でこちらで質問したいと思います。 公的資金の注入をしなければ、銀行はつぶれるかもしれません。 しかし銀行がつぶれると、その取引先であるたくさんの企業も倒産したり、経営悪化に追いこまれていきます。 公的資金は銀行をつぶさないためのものではなく、不良債権を抱える各銀行の、優良な取引先をつぶさないためのものではないのでしょうか? それともやっぱり税金の無駄遣いなのでしょうか?

  • 銀行とは何か

    中間決算で銀行が最高益とのニュースを見て以下の疑問があります。公的資金が投入された銀行の財務は貸倒引当損失の部分だったそうだが実際には損失ではなく返済された。それが回復の原因と書いてある。 金利製品ではない投資製品が活況とのこと。 ・過去に税金を入れたのはなぜか?中小企業の貸し出しをやっていないのに。ペイオフのせい?もしかして政治家にお金がわたっている? ・低金利がずっと続いているのはなぜか?利息を払わない代わりに企業に貸し出す分を増やすはずなのにそうと思えない。 ・不良債権処理費用に対する税金だとしても、不良債権化する多くの投資判断ミスをした銀行の責任追及は過去にされたのか?

  • 日本の金融再建について

    ここ何年かで景気が回復してきていると新聞にも載っていますが、日本の景気回復を支えた具体的政策は何ですか?たくさんの政策が採られていますがどれも難しくてどのような政策なのか、何に役立っているのかがわかりません。郵政民営化は景気回復にどうかかわっているのでしょうか?また、銀行の不良債権処理が進み、銀行が健全化してきたといっていますが、あんなに多くの不良債権を、どうっやて処理したのですか?だって不良債権は、企業がもう返せなくなってしまったお金なんですよね?公的資金が使われているのですか?経済を勉強し始めたばかりで疑問がいっぱいの私に今の日本経済について教えていただけたらと思います。

  • 今回のG7

    日銀の金融緩和?銀行の株を日銀が買い取る?不良債権をどうやって処理? 公的資金をどこに投入? なんだか全然わかりません・・・(T-T) 子供にもわかるように解説してください、、、

  • 銀行の経営破綻についてちょっとした疑問

    最近、銀行の経営が破綻して公的資金注入とか、 破綻前に公的資金の要請とか、銀行の経営悪化・破綻が起きていますが、 これについてちょっとした疑問がわきました。 銀行に口座を作るときは、 印鑑と身分証明書かなんかを持っていけば簡単に口座を開設できます。 でもその時に、「口座開設者の入金した預金を銀行が経営に運用してよい」 という感じの約款のようなものは提示されません。 同意書なども書いたことがありません。 その状態で累積赤字が膨らんで経営が破綻し、 公的資金を注入してもらわないと口座開設者の預金が保護されない可能性がある、 というのは、 「客から預かった預金を勝手に使い込んでいる→窃盗或いは詐欺罪の構成」 にはならないのでしょうか。 それとも何か法的根拠で除外事由があるのでしょうか。 ご存知の方、ご教示くだされば幸いです。

  • 銀行は別に潰れる必要は無かった?!

    最近、TVで銀行の手数料の特集をやってました。 市民からのインタビューで 「銀行は公的資金注入されといて、国民に還元しないのはなぜだ?」 「バブル時代好き勝手、貸しまくって・・・銀行は悪者だ!」 など散々いわれまくってました。 そのVTRが終わると、呼ばれていた大学教授や政治家が 「実はね。バブル時代にとっくに不良債権処理は終わってたんよ」 「別に潰れる必要は無かったんだけど、小泉さんが・・・」 「潰されるのが怖くて銀行は利益重視主義となり、手数料を取るようになった。  そして、金にならない小額の預金者は相手にしなくなった。」 「銀行は被害者。」 「ある銀行で預金者10億円以上無い客は、ゴミ同然だ。って言われてるみたいですよ。  貧乏人は手数料でちょっとは貢献しなさいってことですね。」 など散々銀行を擁護してました。 今までのマスコミや政府の発表だと銀行はバブル時代、多方面に金貸しを行い それが回収できなくなって潰れた。 と報道していたはずです。 一体どういうことなのでしょうか?正直、ビックリしました。 真実がわかる方、番組を見ていた方コメント下さい。

  • 竹中流ハードランディング路線について

    竹中大臣らが不良債権処理について取りまとめたいわゆる「ハードランディング路線」が与党や銀行の間で激しい非難を浴びていますが、このハードランディング路線についていくつか疑問があります。 ○処理案の中に「不良債権査定の厳格化」というのが有ります。ところがこのやり方だと不良債権が新規に発生する事になりますよね。「平成十三年度版・経済財政白書」では実際に不良債権増加の要因として銀行自身の査定の厳格化による優良債権の不良債権化を言っているのに、わざわざ査定をさらに厳格化する理由は何でしょうか? ○処理案では「銀行の引当金を強化し、不足した分を公的資金で補う」としています。これって「間接償却」と言うことですよね。厳しくやるつもりなら「直接償却」でいいと思うのですが・・・。 分かる方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

  • あのお金は…???

    たま~に新聞の経済欄などを読んでいる程度の者です。 ■ 確か5年位前に60兆円の公的資金がどうのこうの、ということがありました。 それらは銀行が不良債権を滞りなく処理し、 金融不安をなくして、為替だか株価だかを安定させるための 資金だったような記憶があります。 アレの後日談を知りたいのですが、結局どうなったんでしょうか。 1:銀行の不良債権問題は解決しているのでしょうか。 2:まだだとしたら、いつ頃をメドにしているのでしょうか。 3:あの60兆円以来、公的資金の拠出はあったのでしょうか。 イメージできないんだけれど、けっこうな額ですよね、60兆円って。 んで、やっぱり税金ですよね、そういうのって。 ■ 合併とか、破綻とか先送りとか言う記事は目にするのですが…。 あの公的資金投入の結果、もしくは途中経過が知りたいな、 と思っただけの質問です。 僕自身記憶があいまいなので、■~■内で間違いが あればその指摘も受けたいです。 オヒマなときによろしくです。

  • 以下の条件で融資してくれる銀行を教えて下さい

    不良債権を処理するために融資してくれる銀行を教えて下さい。 限度額五千万円を考えています。 現在一億一千万のローンが残っているテナントビルで、完全経営しております。 残五千万円の不良債権があり、総額一億六千万の融資をお願いしたいと思っています。 競売にかけられ、テナントを抱えて困っています。

専門家に質問してみよう