• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

朝倉恭介のような主人公

ご存知楡周平さんのCの福音シリーズの主人公です。 ずばり彼のように魅力あふれる悪の主人公が大活躍 する小説を探しています。 僕も勿論ですが、奥さんが朝倉恭介大ファンです。 現在子育て中で大変なので是非面白い小説を読ませ てあげたいと思います。 ちなみに馳星周さんや大藪春彦さんはほとんど読んで いますのでそれ以外で教えていただけると幸いです。 最後になりますが、「実は恭介は生きていた」と言 うシリーズを期待しているのは僕だけでしょうか? うーん読みたいです(笑)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • chatea
  • ベストアンサー率69% (922/1323)

浅田次郎さんの『きんぴか』は伝説の鉄砲玉、元自衛官、元大蔵省エリートというどうやっても人生が重なりそうになかったはずの3人が繰り広げるピカレスク小説です。 読んでいてお腹を抱えて笑うことがしばしばでした。 また、同じ浅田さんの『天切松 闇がたり』は大正期の怪盗たちのダンディズム、粋を感じさせてくれる作品で、こちらもお勧めです。 海外ものならリチャード・スタークの『悪党パーカー』シリーズがお勧めです。 生い立ちも過去も一切明らかにされていない一匹狼の犯罪者パーカーが、冷酷非情な犯罪社会をクールに、タフに生き抜いていきます。 犯罪のためにチームを組んでも、仲間がピンチに陥れば平気で切り捨て、また自分も切り捨てられていく、そんな先の読めない展開がたまりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございます。 浅田次郎さんのきんぴかは読みましたが、 『天切松 闇がたり』は未だです。是非読んでみます。 また悪党パーカーは聞いたことありましたが未読で す。そういった展開が大好きなので是非読んでみま す。ありがとうございました。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • K-1
  • ベストアンサー率21% (832/3844)

思い出しました。 桑原譲太郎の本はどうでしょう。 ロマン、ハードボイルド、バイオレンス、ピカレスクと揃ってます。 「ボクの女に手を出すな」「復讐の帝王」は映画化されました。 まだ数冊しか読んでませんが、 「シュドラとの七日間」 殺し屋「シュドラ」と出合った新聞記者。 ひょんなことから行動をともにすることとなる。 他に銀行強盗に入ったら、いつもまにか革命起こしちゃった「アウトローは静かに騒ぐ」 あたりはどうでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

2度も回答頂いてありがとうございます。 古いですが、「新宿純愛物語」の作者の方ですね。 ネットで調べてみたら好みっぽいです。早速読んで 見ます。色々と紹介いただきましてありがとうござ いました。

  • 回答No.3
noname#11632
noname#11632

笑えるピカレスク・ロマンを一つだけ。。。  「禿鷹の夜」 逢坂剛 

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 今日これから図書館にいくので探してみます。

  • 回答No.2
  • K-1
  • ベストアンサー率21% (832/3844)

落合信彦 「ただ栄光のためでなく」 元浮浪児の主人公。親切な警察官に拾われ、アメリカに渡り「ザ・ギャンブラー」と呼ばれるオイルマンになる。 やがて第7艦隊と石油をめぐる話に巻き込まれます。 「男達の伝説」 ヴェトナム帰還兵の主人公。ひょんなことから出合った石油会社副社長にチャンスをもらい、やがて世界的な武器商人になっていく。 後半でウランを扱うことになり、それがキッカケでイスラエルのイラク原子炉破壊計画に巻き込まれていきます。 落合氏の小説は、別に悪党が主人公というわけではありませんが、己の力でのし上がっていくというやつばかりです。 その中でも上記のが一番好きですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。落合信彦さんは大ファン でその2つは大好きな小説です。 私が一番好きなのは「戦いいまだ終わらず」です。 こんな日本人がいたのかと素直に感動しました。 久々に読み返したくなりました。ありがとうござ いました。

関連するQ&A

  • 意外なハードボイルド

    はっきり分かるようなハードボイルド(作家で言えば、結城昌治、大藪春彦、大沢在昌、原寮、志水辰夫、藤原伊織、楡周平……など)ではなく、「これはハードボイルドだ!」と言えるような隠れた日本のハードボイルドはないでしょうか? 例えば、『そういうふうにできている』(さくらももこ)[これなんかは、手に汗握ります]。『樅の木は残った』(山本周五郎)、『燃えよ剣』(司馬遼太郎)、「イチゴ色の鎮魂歌」(『発語訓練』より、小林信彦)など。 何かありましたら、お教え下さい。

  • 血なまぐさくないハードボイルド

    以前、馳星周「鎮魂歌(レクイエム)」 を読んで内容の暴力的な描写の部分でショックを受けてしまい、以来、ハードボイルド系は避けていました。村上龍の「イン・ザ・ミソスープ」をジャケ買いして内容もしらずに読み始めてしまい、これまた暴力的な殺人描写が頭に焼きつき、怖くて何日も眠れなくなってしまいました。天道新太「永遠の仔」で感動し、この作者の別作品を読みたいと手にした作品もまたまた強烈な暴力&殺人シーンが・・・。またもや眠れなくなりました。怖いなら途中でやめばいいのに、内容が面白すぎて結局最後まで読んでしまい、しばらく眠れなくなり、不眠のあまり読んだことを後悔します。こんな私ですが、大藪春彦の作品を読んでみたいと思います。危険でしょうか?血なまぐさくないハードボイルドでお勧めあれば、教えてください。

  • 何かお勧めの本ありませんか

    本を読むのが好きなのですが、最近いいかげん読む本がなくなってきました。今まで色々読んできましたが、面白いと思った本逆に期待はずれだった本、元々あまり興味のない本を簡単に羅列しますので参考にアドバイスしてください。 ★面白かった本 ・司馬遼太郎(こんな字だっけ?)・真田太平記 ・大沢在昌 ・西村寿行 ・戦国・幕末・明治の歴史小説 及び仮想歴史小説(反関ケ原等)・マイケル・クライトン ・トム・クランシー ・山際淳二 ・金子達人 ・ごく一部のスポーツノンフィクション ・つかこうへい ・三谷幸喜 (作家名の物はほとんど読んでいます) ★期待はずれだったもの ・西村京太郎 ・歴史剣豪物 ・大多数のスポーツノンフィクション ・京極夏彦 ・不夜城(馳星周) ・大薮春彦 ・外国のベストセラー(どれも名前を言われれば「それそれ」と言う程度しか印象がない) ★興味なし ・恋愛物 ・人生訓的な物 ・宗教物 以上

  • ワルの小説について

    ワルが活躍する小説があれば教えてください。 他のメディアで言えば、例えば・・ 映画) 明日に向かって撃て! ファイト・クラブ 時計仕掛けのオレンジ ゴッド・ファーザーシリーズ 青い春 バンド) めんたいビート系 ミッシェル・ガン・エレファント ブランキー・ジェット・シティ ロデオ・キャブレター 漫画) 高橋ヒロシ系(クローズ、ワースト、キューピー) ろくでなしブルース 感じ的にスタイリッシュで男気のあるものがいいですが、上記の『時計仕掛けのオレンジ』のように共感することのない悪人の活躍するストーリーでも構いません。

  • 男子中高生が主役の小説教えてください。

    男子中高生が主人公の小説または活躍しているおすすめ小説を教えてください。 ココ最近めっきり本を読むことがなくなっていたのですが、つい先日宮部みゆきさんの「今夜は眠れない」という本に出会って、また読書熱が上がってきました。 今までで良かったと思った小説は、 宮部みゆき「今夜は眠れない」「夢にも思わない」 七穂美也子「「花の探偵」綾杉咲哉」シリーズ などです。 傾向としては、何でもOKなのですが、今は現代モノが気になっています。 もしあれば男の子同士で探偵団もどき(今夜は眠れない)のようなものががあればそういうのも興味があります。 ともかく男の子が主人公ならなんでもありということにもなります。 もしよろしければ、おすすめ作品の理由など教えていただくととても嬉しいです。 それでは、よろしくお願いしますm(_ _)m

  • ずいぶん昔のドラマのタイトル又は原作名?

    ずいぶん昔のテレビドラマ(映画をテレビで放送したのかも?)なのですが、 ワンシーンしか記憶に残っていません。 ハードボイルド系のものでたぶん原作があると思います。 北方謙三さんか大藪春彦さんのような気がします。 で、問題のシーンは、主人公が薄暗いバーのマスターなのですが、 そこへヤクザ風の男が何かを聞きにきます。しばらく飲んだあと、 やくざ:「何か食い物はないのか?」 マスター:「うちはホットドッグだけなんですけど」 やくざ:「お前、なめてんのか?」 マスター:「いえ、味には自信があります」 マスターはほんとにオーブントースターでホットドッグを作ってやくざ風の男の前に置きます。 やくざ、一口食べて やくざ:「たしかにうまいな~」 いかにも新宿の裏通りが舞台になっているような感じで、世捨て人みたいなマスターが 事件に巻き込まれたりするストーリーで、シリーズものだったような気がします。 原作を読んでみたいのですが、これしか手がかりがありません。ドラマの方をご存知の方でも原作をご存知の方でも結構ですので、よろしくお願いします。 食べ物はホットドッグしか出さない、というバーが非常に印象的だったので、上記のシーンは間違いないと思います。

  • こんな私におすすめの作家は?

    私はミステリー好きなのですが、好きな作家の作品は全て読まないと気がすまない性質で、 しかも割と長い間ミステリーファンをしているため、最近読む本が無くなりつつあります。 そこで、新しい作家さんを開拓しよう!と思っています。 下記を参考に、私に合いそうなおすすめがあれば教えてください。 ~私の好きな作家&作品(一部)~ ・宮部みゆき「レベル7」「スナーク狩り」 ・京極夏彦「魍魎の匣」 ・新保裕一「ホワイトアウト」「奪取」   ・貴志祐介「黒い家」「天使の囀り」 ・楡周平「クーデター」「ターゲット」    ・高村薫「神の火」「リヴィエラを撃て」 ・島田荘司「眩暈」「異邦の騎士」     ・松岡圭祐 「睡眠」「千里眼シリーズ」 なお、最近は本格推理小説よりも、エンターテイメント系の読み応えのある作品や、ドロドロした感じのホラー系を好んでいます。 おもしろければミステリー以外でも大歓迎です。助けてくださ~い!

  • おもしろい小説を教えてください。

    ※長文です。 おもしろい小説を教えていただけませんでしょうか。 藤沢周平を読みつくしてしまい、読む本がなく困っています。 時代小説ならば戦国~江戸中期まで。平安や幕末にはまったく興味がありません。 司馬遼太郎は話が大き過ぎて読むと疲れてしまいます。 池波正太郎は合いませんでした。 平岩弓枝はシリーズ物を読んでいましたが主人公のモテっぷりに食傷して挫折。 畠中恵は一巻のみ買いましたがおもしろさがわからず(ファンの方すみません) 井口朝生は好きなのですが手に入りません。 図書館でも貸出できませんでした。 剣豪物・政治争い・戦は自ら進んでは読みません。 現代物なら昔はミステリーを読んでいましたが、自分は犯人・トリックがどうでもいいと思っていることに気付いて読まなくなってしまいました・・・。 松本清張東野圭吾宮部みゆき(模倣犯以来時代物以外読んでません・・・)等を読んでました。 赤川次郎は三毛猫シリーズのみ読んでいます。 いろいろ文句が多くて申し訳ないのですが、本に詳しい方。 これは絶対におもしろい、というおすすめを教えてくださいませんでしょうか。 よろしくお願いいたします。 ※敬称は略させていただきました。

  • 20代~70代の読書家に薦められるミステリー

    こんにちは。過去の回答も見たのですが、良さそうな本が見つかりません。 推理小説の同好会に参加しており、毎月、その月の担当者が指定する本を全員で読む事になっています。メンバーは本読みの方ばかりなので、めったな本は指定できませんが、自分の番が来るのにネタがつきてしまったというか‥。何かいい本はないでしょうか? 以下の条件を満たす本でお願いします。 (1)20代~70代の読書家の男女が読む (2)文庫本で皆が手に入れやすく、あまり古くなく、ページが厚すぎない。 (3)後味の良いもの。余韻が残るもの。できたら「どんでん返し」があるか、意外な結末があるもの。 (4)ホラー系、オカルト系、ハードボイルド系、メフィスト賞系は除く。 (5)日本の作家で文章が読みやすいもの。 (6)以下の作家はもう取り上げたのでそれ以外。 江戸川乱歩、横溝正史、藤原伊織、馳星周、綾辻行人、有栖川有栖、鈴木光司、竹内久美子、東野圭吾、松本清張、仁木悦子、樋口有介、赤川次郎、内田康夫、泡坂妻夫、柴田よしき、筒井康隆、岩崎正吾、森雅裕、都築道夫、津村秀介、岡嶋二人、井上夢人、恩田陸、北村薫、鮎川哲也、宮本輝、宮部みゆき、貴志祐介、乃南アサ、藤沢周平、打海文三、乙一、横山秀夫、井上ひさし、島田荘司、小池真理子、高村薫。 よろしくお願いいたします。

  • 朝倉南

    なんで南ちゃんは世の中の男性に大人気なんでしょうか??