• ベストアンサー

孔子は「魂」というものをどのように捉えていたのでしょうか

明治期の詩人中西梅花の詩に、「今に伝える、其の中に、孔子をのぞく、其のほかは、皆ことごとく、吾人(われひと)の、みたまの説を、立てられき」という記述があります。この個所の意味は、「孔子以外の思想家は魂についての何らかの説を立案していた」ということになると思うのですが、これは本当でしょうか。もし本当だとしたら、出典となる文献を教えていただきたいのです。中国の思想史関係の事典を調べてみると、古代から中国でも「魂魄」「霊魂」などを神秘的なものとして捉えていたようなのですが、孔子は本当に「魂」というものを考えていなかったのでしょうか。ご存知の方よろしくお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • nuts
  • ベストアンサー率36% (141/389)
回答No.1

「論語」述而編二十に、「子、怪力乱神を語らず」とあります。孔子は、怪異や神秘現象についてはあるともないとも言わなかった、思考の対象にしなかった、という意味のようです。 儒教は宗教の一種とされていますが、「論語」を通読すればわかるように(わたしは孔子の他の本を読んでいないんですがね・汗)人倫の道と政治家の心得を中心にした、あくまで形而下の教えに限定した思想体系です。孔子は魂について、なんらかのことを考えてはいたのかもしれませんが(祖先への礼拝を大切にしろ、という記述はしつこいぐらい出てきます)具体的な言葉としては残されていない、ということです。

関連するQ&A

  • 実在が疑われている人物について

    世界史で中国の春秋戦国時代を学んでいたとき 諸子百家の思想家のひとり、道家の老子について 山川の用語集には「宇宙原理としての自然を求め 儒家や墨子の説を偽礼を説くものとして否定」など 書かれていた後に、、、「しかし実在を疑うという説もある。」 という一文を見て、椅子から崩れ落ちそうになり 仰天してしまいました(笑) 老子といえば孔子ほど有名ではないでしょうが たいていの世界史の教科書に記述されている人物であると 思うのですが、実在を疑われているなんて・・・ これでは伝説の王朝、夏みたいだよぉ(汗) そこで、世界史の教科書などに記述されているような人物で 他にも実在が疑われている人物っているのか 知りたいです(*^-^*)/

  • 孔子

    孔子とその弟子の残した言葉に 「古の言出だざるは、躬の逮ばざるを恥ずればなり。」 「位なきを患えずして、立つ所以を患えよ。己の知らるるなきを患えずして、知らる可きを為さんことを求めよ。」 「君子は文を以て友を会し、友を以て人を輔く。」 という言葉がありますが、みなさんはこの言葉を聞いてどのように感じますか? ぜひ、皆さんの考えを聞かせてください。

  • 孔子(おみくじ)

     http://okwave.jp/qa4774619.html におきまして、回答番号:No.2(bismarks05さん)が、ご回答で、「孔子(みくじ)」というご表現をされています。  これは私にはとても奇異と感じられましたが、いわれや使い方などについてどうかお教えください。  Web検索しても、どうもでてこないものですので。  よろしくお願い申しあげます。  

  • 孔子について教えて下さい。

    孔子は金の亡者や豪勢な生活等は嫌っていましたか?

  • 孔子について

    私は孔子についての詳しい資料がのっているサイトを探しています。 誰か知っていらっしゃる方がいたら教えてほしいです。 かなり困っています。 よろしくお願いします!

  • 孔子について

    孔子について(論語を中心に)レポートを書くことになったんですが、どのような文献が良いでしょうか? これはいいぞ!っていうものを紹介してください。お願いします。

  • 孔子?

    確か、孔子だったと思いますが、いくつかの人間関係(先生と生徒、母と子、のように)があったと思います。どなたか、出典をご存知ありませんか?

  • 孔子廟について。

    私は孔子廟が大好きで土日は時間があれば車で2時間かけても行きます。 私は男性ですが、孔子廟って女性が入っても大丈夫なんでしょうか? 何度も参拝しますが、女性の姿を見かけた事がありません。

  • 魂と肉体 魂とは?

    魂と肉体についてお伺い致します。 まず魂とは幽霊や何かの様に自意識だけの存在みたいな解釈があります。 しかし肉体を魂の受容器と捉えた時、「魂は存在にしない」若しくは自意識など存在せず「全て等しい」、「無個性」になってしまいます。 なぜなら心理学に「遺伝要因」と「環境要因」という言葉がありますが、人格の形成はこの2つに基づきます。 という事は魂レベルで考えれば「個性」は存在しません。 「個性」や「アイデンティティー」は遺伝もしくは環境に基づくからです。 そうすると魂って一体何なのでしょうか? 個性やアイデンティティーが無いとすれば、死後の世界に魂が存在してもしなくても我々には関係無いように感じます。 だから全は一、一は全というように魂は海からすくった水の様に考えるんでしょうか? 自分の中で以上の内容を超える解が見つからなかったので質問させて頂きました。 どんな解でも、質問内容に対する感想でも構わないのでご教示頂ければ幸いです。

  • 孔子の言葉をさがしています

    文学のページで質問しているのですが、 どなたからもお答えがいただけず、 こちらなら東洋哲学にも詳しい方がいらっしゃるかと 思い、改めて質問させていただきます。 どうぞよろしくお願いします。 英語の本を読んでいて、次の言葉が孔子の言葉として 出てきました。 The most beautiful sight in the world is a child walking down the road of life after you have shown him the way だいたいの意味は 「世の中でもっとも美しい光景は、あなたが教えてあげた人生の道を、子どもが自信をもって歩いていくことだね」 だと思います。 とてもいい言葉だと思ったので原文を探したのですが 論語のなかでは見つけられませんでした。 どなたか出典をご存知の方がいたら、 教えてください。