• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

念ずれば花開く

「念ずれば花開く...」 という詩は、誰の作品なんでしょうか? そして、その人の著作で入手しやすい本はありますか? 確か晩年になって急に詩作を始めた人で、京都の詩人だということを新聞で読んだ記憶はあるのですが、まったくのうろ覚えで、間違っているかもしれません。でも、表題の詩は有名ですよね? 情報、よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数843
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • yosikun
  • ベストアンサー率43% (235/542)

参考になるかもしれないページ ・念ずれば花ひらく http://www.wind.ne.jp/taijun/sinmin.htm ・坂村真民●さかむらしんみん http://www1.odn.ne.jp/~aak05060/sinmin.html ・詩集二度とない人生だから 著者:坂村真民 http://www.sunmark.co.jp/publishing/books/ISBN4-7631-9272-8.html ・詩集念ずれば花ひらく 著者:坂村真民 http://www.sunmark.co.jp/publishing/books/ISBN4-7631-9248-5.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 「雲のない空を日本晴れと…」詩人の名は?

    雲のない空を日本晴れと名付けた奴は馬鹿だ 雲があるから空は美しい そんな内容の詩を作った詩人の名前が思い出せません。 他の情報としては(うろ覚えですが) ・男性 ・若くして亡くなっている ・戦中の詩人で出兵している? 少ない情報ですみませんが、是非情報を下さい。

  • ジム・モリソンについて研究している日本人は?

    「ザ・ドアーズ」のボーカリストで詩人のジム・モリソンについて興味があります。 英語で書かれた本はかなりあり、彼の詩作、人生についての本も多数あるようです。 それらを読めば、十二分に理解はできると思いますが、日本の書店で手軽に買えるものがないし、私の英語力(TOEIC710点)では、歯が立ちません。 一冊読むのに1年くらいかかりそうです。 そこで、英文学、とりわけ現代米国の詩やポップカルチャーを研究する日本人または日本在住の研究者で彼について書かれた論文や著作などはありますか。 英文学を学んだ方、あるいは現在学んでいる方でご存知の方がおられれば、その視点と経験から参考文献など、ご教示いただければ幸甚です。

  • 著作権について

    アイルランドの詩人ウィリアム・バトラー・イェイツ(1865年6月13日 - 1939年1月28日)が作った 「さまようイーンガスの歌」という詩を下地に自分の作品を創作しようとしているのですが、これは著作権法に触れてしまうのでしょうか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • reis
  • ベストアンサー率46% (402/864)

「坂村真民」 くわしく解説されているサイトがありましたので、 以下参考までに。

参考URL:
http://homepage2.nifty.com/tanpopodou/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 このページで紹介されていたサンマーク出版の本を買いました。

関連するQ&A

  • 歌詞の著作権

    自分が作った歌詞(詩)を著作権登録したいと思うのですが どのようにしたら良いでしょうか? ・・私は作詞家や詩人でもなく、本や刊行物も発行したことがありません。ただ、自分の作った歌詞を他で盗用されないためにも、著作権を申請したいと思いますが、どのようにしたらよいでしょうか?宜しくお願いいたします。

  • 詩に詳しい人に質問です。

    詩に詳しい人に質問です。 私は本格的に詩を読むようになってまだ数ヶ月ですが、ボードレールの作品にとても感銘を受けました。 気になったのですが、日本人で彼の影響を強く受けている、もしくは作風が似ている詩人を教えていただけませんか?

  • 投稿物の著作権は??

    何かのコンクールに絵画や物語を出品して入選した場合、 よく「入選作品の著作権は○○(コンクールを主催している会社の名前)にあります」 という文句がよく注意書きにありますよね? では、それがラジオや雑誌への投稿だったらどうなるのでしょうか。 例えばラジオに自分の作った詩を投稿したとしますよね、それが読まれたとします。 (もちろんそれはコンクールではないし、賞品ももらえません。) そして送った当人がもしも10年後ぐらいして有名な作家か詩人か何かになったとして、 自分が出す本に昔ラジオで読まれた自分の詩を載せたいとなった場合、それは可能ですか? どこか(ラジオ局など)への確認は必要なのでしょうか。

  • 本の著作権

    本に載っていた詩をそのまま紹介しているサイトがあったので、 「大丈夫ですか?」と聞いてみたところ 「著作権についてもっと調べろ」のような お返事をいただいてしまったので、質問です。 今まで私が見て来た著作権説明サイトでは、 例え自分で本を買っていようと、 その本に載っている作品の著作権は作者様にあって、 それをサイト等に掲載する時には 著作権を持っている人の許可が必要だと 書いてあったのですが・・・・・。 本の出版社や作者の名前を添えていれば 「引用」扱いになって著作権違反にはならないのでしょうか? 調べているうちにわけわからなくなってきたので、どうか教えてください。

  • 詩の歴史を勉強したいのですがお勧めの本やサイトを教えてください。

    歌の作詞を始めたいと思っているのですが 全くの無知なので過去の詩人・作詞家の方が どのような表現、技法を編み出し使っていたのか全く知りません。 無知だと過去の作品と被ってしまう可能性があると思いますし 盗作と言われるのは嫌なので詩の歴史を勉強したいのですが、 詩の大まかな歴史を確認できるお勧めの本やサイトなど ありましたら教えてください。宜しくお願いします。

  • 死後50年間の著作権の保護について

    夭折した詩人がいて死後50年経っていない場合 その作品の著作権が保護されると言っても誰が守るのでしょう? 遺族?原稿を持っている人?出版社? ちなみにその詩人の死後、彼の友人が 自分の著書にその作品を回想と称して何点も引用したのは 問題ないのですか? 音楽の歌詞の場合は著作権協会の番号が付いているのを見かけますが 文学的詩歌の場合にはそういったものはないのでしょうか? 法律には全く疎いので分りやすく!お願いします。

  • 向田邦子さんの「あ」という作品

    向田邦子さんの作品を探しています。 20年近く前に一度読んだきりで、内容はうろ覚えですが…。 電車かバスの中で、男の人が折りたたんだ新聞(だったと思います)を 読んでいて、読む面を変えようとしたら、「あ」と声がした。 子どもが反対側に載っている漫画(か何か)を読んでいるところだったのである…。 というような内容で、私の記憶では「あ」というタイトルだったと 思います。 すごく短い文章だったのですが、刊行されているいずれかの本に 載っているのかどうか、ご存じの方がおられましたら、 どうか教えて下さい。

  • 昔の著作権

    著作権はある程度で切れると聞きます。 最近のサブカルチャーなんかはほとんど昔の話から設定やらキャラクターやらパクってきて作ったもので、これも著作権が無いからということかと思います。 では例えば、極端な話、新たに執筆する小説に昔の民謡や詩のようなもの、もっと言うなら、本の1ページをまるまる盗用して作品を作っても問題ないのでしょうか? どの程度まで許されるのか、あるいは何でもありなのか、著作権の切れたものや、もともと著作権のない民謡や伝承みたいな物の扱いはどうなるのか先程本を読んでいてふと思ったのですが、どうなのでしょうか?

  • 出版社に詳しい方

    何年か前から趣味で、詩を書きはじめました。 今では、その数も数百編を超えています。 著名な詩人の作品に目を通し、参考書やアドバイス本を読みあさり、独自に勉強はしたとは言え、まだまだしがない素人です。 1年ほど前までは、それで十分でした。ある種の自己満足だけで何年も書き続けてきました。 でもここ最近考え方が大きく変わり、できることなら、誰かに評価してもらいたい。多くの人に読んでもらいたい。 そんな風に考えるようになりました。 そこで、お聞きしたいのですが、コンテストではなく、本社に持参する、もしくは送付するという形で作品を受け取ってもらうとなると、どのようなリスクが考えられるのでしょうか? それと、可能ならば、おススメと言いますか、詩集を評価して頂けるのに最適な出版社を教えて頂きたいです。ちなみに、童話詩、現代詩、が主です。 宜しくお願いいたします。

  • お勧めの詩集ありますか?

    友達(中国人♀)が帰国するにあたって詩集をあげたいんですが。 お勧めの本はありますか? 出来れば古い人のが良いです。 好きな傾向としては、 李白と言う中国人の詩人が好きみたいです。 同じ様な詩があれば教えて欲しいです。

専門家に質問してみよう