• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

大阪市医療制度について

大阪で医療事務をされている方、もしくはお役所関係の方に質問です。 ○免について教えて頂きたいのですが、それは、どのような制度なのでしょうか?大阪市で医療事務を始めたばかりなのですが、以前勤めていたのが他県なもので、よく分かりません。対象者や条件等、いつから実施されているのか など、ご存知の方、よろしくお願いします。 あと、そういった医療費の制度の確認はどのように調べたらいいのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数152
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • srs160
  • ベストアンサー率55% (54/97)

おっしゃられているのは○減とか○免といわれるものですよね? その制度でしたら国民健康保険法第44条に基づくもので大阪市だけではなく全国にあるものだと思います。(もちろん、市町村によっては対象者の条件は異なると思いますが) もしかしたら、県単公費事業(障害、ひとり親、乳幼児、老人医療と一部負担金一部助成)のことを言っておられるのでしょうか?

参考URL:
http://www.houko.com/00/01/S33/192.HTM#s4,http://www.city.osaka.jp/kenkoufukushi/hoken/hoken_055.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事遅くなりました。 一部負担金一部助成のことでした。 とても参考になりました。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 高額医療制度について質問します。

    高額医療制度について質問します。 70歳未満の一般所得者です。 病気治療通院での医療費が毎月10万です。 今月は通院とは別に歯科医療で30000円かかりました。 この場合、高額医療制度での差額計算はどうなるのでしょうか? 10万+3万=13万-80100円(高額医療制度自己負担上限)=約5万円 (1) 10万-80100円(高額医療制度自己負担上限)=約2万円 (2) 3万-21000円(2つ以上の医療費合算の最低負担額)=約1万円 合計(1)+(2)=約3万 どちらが計算として正しいのでしょうか? もし、歯科での医療費が21000円以下なら合算の対象にはならないんでしょうか? どなたかお答え願いますm(__)m

  • 高額医療制度

    「水疱瘡」で入院が必要と言われ、その際「感染症なので、個室に入って下さい」という事で選択の余地なく、個室に入院しました。 「高額医療費制度」では「差額ベッド代」は対象にはならないという事を保険組合から来た文書で知りました。 好んで個室を選択した訳ではなく、その方法しかなかったのですが、なにか救済法はないものでしょうか?

  • 福祉医療制度の負担区分について

    自治体で実施している、乳幼児や障害者の方の医療や母子家庭の医療費の助成制度がありますが、本人負担以外の医療費の負担はどのようになっているのか、教えてください。

  • 前期高齢者医療制度に関して

    こんにちは。 現在通信にて医療事務の勉強をしているものです。 前期高齢者医療制度に関して 65歳~75歳未満にわたり適応されると思いますが 70歳以上のみが自己負担金の上限があるのでしょうか? その場合65歳以上~70歳未満にはどのように働く制度なのでしょうか? 高齢受給者証の発行も70歳以上みたいですし・・・ いろいろ調べましたがすべて、70歳以上のみの記載で 65歳以上~70歳未満には何が起こるのかわかりませんでした。 お助けいただけましたら幸いです

  • 医療制度や医事についてわかりやすい本や紹介しているサイトを教えてください

    医療法人系列の老人保健施設の事務員として今年から勤めています。現在、医療業界では盛んに地域連携医療の必要性や医療費の適正化、療養病棟の縮小など、経営環境がめまぐるしく変わろうとしており、私の勤める医療法人でも経営企画室なるものを発足させて、対応にあたろうとしています。その一員としてなぜか選ばれてしまった私といえば、介護保険制度や福祉のことは実務的におおよそわかるとしても、医療事務に携わった経験がないためか、医療制度や医事の流れなどチンプンカンプンで、なかなか週一回の会議の内容についてゆけない有様。例えば、DPCって何?、医療区分/ADL区分って何?、医学管理料って何?のレベルで、正直言って医事の体系的なところも理解していないためか、どこから手を付けて調べていったらよいのか分かりません。また、厚労省の医療制度改革の最近の傾向や、老人福祉政策との関係性についても、ネット上でもなかなか有効な情報源を見つけられないで困っている次第です。他の選ばれたメンバーは私より年下の方ばかりでなかなか聞けるに聞けない状態で、自分の不勉強さにあきれる始末で本当に困っています。初心者の私でも分かる本やおすすめのサイトなどあればぜひ紹介してくださいませんか、よろしくおねがいいたします。

  • アメリカの低所得者向け医療制度について

    アメリカの低所得者向け医療制度(メディケイド)についてわからないことがあります。メディケイドは、一定の条件を満たせば、医療費を公費で負担してくれる制度ということです。 一方で、中間所得層の中には毎月の医療保険料が支払えなくて、大病を煩った際に無保険なので実費で払うことで破産する人もいると聞いたことがあります。仕事をしてある一定程度の所得を得ているにもかかわらず、破産することがあるのです。 そう考えると、アメリカではわざと低所得になった方が医療も受けれていいような気がするのですが、どうなんでしょうか? ちゃんと仕事をしていても、高い保険料を払えないなら、低所得になった方が得なことがあるというのは不条理な感じもしますが。 どなたか教えて頂けますでしょうか?

  • 高額医療費制度について

    高額医療費制度で質問です。 単月で八万円以上払った場合はその差額が加入してる保険から払われると言うことだそうですが、ではその月の支払いが、100万なら92万もどってくるってことでしょうか?上限はありますよね? 仮に一週間の入院で、8万かかって、(医療対象)入院が、二日伸びて10万(医療対象)場合は二万かえってくるんでしょうか?

  • 公費医療負担制度と高額医療費について

    公費医療負担制度と高額医療費は同時に使えるのでしょうか? 例えば一月内の入院費が保険適用内で15万円と仮定 して、高額医療費の申請をして8万円もらうとし ます。(自己負担限度を7万円と想定) その上で自己負担限度を4万円とする公費医療負担 制度を申請した場合、 1.15万-高額医療費分(8万)-自己負担限度額(4万)   =3万もらえる 2.15万-自己負担限度額(4万)=11万円もらえる のどちらになるのでしょうか? ちなみに申請しようと思っている公費医療負担制度 は東京都の実施しているものです お手数ですが、よろしくお願いいたします。

  • メンタルケアの医療費

     心療内科やクリニックなどに行きたいのですが、まだ働いてないdので 医療費があまり払えないと思います。親に頼るのは嫌だし。それで、 精神保健福祉センターというのを教えていただいたんですが、 自分の県内のセンターは遠くて、東京都のセンターの方が近いので、 そっちに行きたいんですが、どこも相談費は無料なんでしょうか? それから、東京都のでは医療費公費負担制度があるみたいなんですが、 対象者は都内に住んでいる人だけなんでしょうか?無理ですかね…

  • TPP参加と医療制度の関係について詳しく教えてくだ

    TPP参加と医療制度の関係について詳しく教えてください。 よく、TPPに参加すると医療制度が崩壊する、医療費が高騰する、という話がありますが、具体的にどういう流れで、その途中にどういう仮定/可能性があってこういう話になるのかわかりません。 現状の私の理解は次の流れです、途中に疑問を書いています。 1. 日本では国民皆保険、医療費の公的補助は社会保障という考えがある 2. アメリカでは医療はイコールビジネス 3. TPP参加で、アメリカの医療ビジネスが日本に参入できるようにしないといけない(国民皆保険の制度は非関税障壁だ!という論理) ここで1点目の疑問は、アメリカの医療ビジネスも日本の保険制度を利用して7割(ないし9割)の公的補助の上でビジネスを展開してはどうなのか?という点です。外資の病院も公的医療制度の下で運営されればそれは同じ土俵で戦うわけですから、非関税障壁という話にならないと思います。。。 ただそれではそんなに儲けられませんので、アメリカの医療ビジネスは自由診療をやって儲けたい、という話ですよね?なので、そもそも国民皆保険制度を撤廃ないし縮小したい、という方向で主張するはず、ということでしょうか? 理解不足ですが、きっとここに混合診療の全面解禁問題が関係してくるような気がします。 で、上記の仮定が真となり、外資の病院が自由診療を始めたとして・・・・ 4. 医療費が高騰する!という流れになります・・・か? 5. 公的な保険適用の範囲が縮小する、ないし新たに適用されない、されにくくなる・・・か? 自由診療は当然患者の自己負担ですが、それは現在でも同じ事です。 新しい医療行為が公的な保険適用される時間が遅くなる、ないし適用されなくなる、という話もありますが、どういう理屈からでしょうか?厚生労働省が今まで通り仕事をすれば多少のタイムラグはあっても今と同じくらいのスピードで新しい医療行為も公的な保険の対象となる(ものが一部で)あり、今と変わらないはずです。製薬会社などが保険適用申請をしなくなる、という話もありますが、保険適用された方がひろく使用されるわけで、製薬会社も保険適用申請を引き続きしたいと考えるのではないでしょうか? 今の日本は、アメリカ的な医療ビジネスが(自由診療の分野で)入り込めない確固たる環境があるように思います。逆に、どのような条件が揃えば、前提が変われば、アメリカのような医療制度になってしまうのでしょうか? 医療分野の観点からTPPに反対している論説では、途中の分岐や可能性が明確に示されず、TPP参加が一直線にアメリカのような医療制度になるという論理が多い気がします。可能性としてはあるのかもしれませんが、その途中にどういった条件や仮定、可能性の多寡があるのか詳しく知りたいという趣旨で質問しました。 よろしくお願いします。