• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

深基礎

建築条件付の土地を購入し現在建築中です。 ベタ基礎ですが、一部駐車場スペースに接する部分は深基礎にする必要があり、基礎を通常より1mほど深くしてもらう計画でしたが、設計者と現場監督の連携ミスで深基礎がされずに基礎工事を終了してしまいました。 もちろんクレームを入れ深基礎にしてもらったわけなんですが、一度ベタ基礎で仕上げた基礎の一部(幅3mくらい)に後から深基礎を追加しています。継ぎ目がなんとなく分かるようになってます。 こういう対症療法的な工事はよくあることなんですか?また強度的には問題はないのでしょうか?35年ローンの一世一代の買い物なので心配です。専門知識のある方、是非教えてください。 ちなみに施工業者は小さい会社ではありますが、怪しい業者ではありません。むしろ建物の品質やデザインには評判が良く、設計者や現場監督もとてもいい人です。今回のミスについても非を認めた上で、『問題のない方法で対処します』と言って迅速に動いてくれました。 ちなみに木造在来工法の2階建てで、既に上棟も済んでます。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数3106
  • ありがとう数24

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#16670

回答/ご投稿されました文章からの判断になり、現場を見ていませんので一般的な推測が入りますが、 「重大な問題を残す状態」とは思えません。 過度のご心配は不要かと思いました。 私は理学部の講師「環境心理学専攻/工学部建築学科出身」。 建設会社、設計事務所の人間ではありませんので、内容は一般論です。 職業柄多少理屈っぽいですのは、ご容赦下さい。 論拠・説明/今回muron様の住宅新築工事におきまして、 一部施工上のミスが発生し手直し工事をされました様ですが、 この手直し「基礎の部分的な施工し直し」については、文中から推測しましても 下記3点の問題を含んでいませんので、重大な瑕疵につながる可能性は 低いと判断致しました。 大学等で、建設工事の施工中「手直し工事/設計変更工事/追加工事を含む」で 問題が多く発生し、過去に分析した事例として。 (1)/基礎工事について、土木工学/土質工学の基本から、基礎工事等で土を掘った場合、 掘り終えた所が必ず、砕石地業等の基礎の最底面にならないといけません。 土の性質で、地盤は長期の年月の間に、自然圧密状態として体積が安定しています。 一旦掘り起こすと、体積は空気等を含んで膨れ上がります。 土を外部から運搬して、敷き均したり、埋め戻しを行いますと 「長期圧密沈下」と言う、土の体積が収縮して地盤面が下がる問題があります この膨張分を元に戻す為に、ローラー転圧とかランマ転圧等の作業が行われる場合がありますが、 大規模に施工した場合は正直なところ、施工管理が適切で無いと心配が残ります。 今回は、逆に深く掘り直して、下にさげた事例ですので、この(1)に該当しません。 (2)/施工に特殊な機械を使用する事例とか、施工技術に高度な熟練を必要とする工事が含まれていません。 この点は、地盤が砂層を含んでいて「表層改良とか地盤改良を必要とし」その関連工事の手直しではありませんし。 又、気象条件が氷点下になり「コンクリートの硬化途中に凍結とかが発生する」問題も含んでいません。 工事は、通常の地盤の堀方工事とコンクリート打設工事です。 一般的な工事内容ですので、作業をされる方も慣れておられると思います。 (3)/手直しの部分が、一部分ですんでいます。 この点は、基礎全てを施工し直すとか、過半の施工済みの部分を除去する手直し工事と なりますと、施工会社の金銭負担が相当なモノになります。 営利を目的とした建設会社ですので、自社のミスは直すのが鉄則ですが、 おうおうにして、損を取り戻すために「手抜きとか、突貫工事が行われ」 施工の精度が低下する事例が多くありました。 しかし、一部分であれば、施工会社の方の人間性にもよりますが 良心的な工務店さんの様ですし、今回は問題が発生しないと推測致しました。 Q1/『こういう対症療法的な工事はよくあることなんですか?』 Q2/『また強度的には問題はないのでしょうか?』 A1/建設工事は人間のすることですので、ミスは起こります 問題はその解決方法が、適切なモノかどうかです。 この部分はいつも、工務店さんの営業姿勢とか技術力、並びに人間性が出てくるところです。 良心的に工務店さんであれば、信頼されて、工事を見守られるのが好ましいと思いました。 A2/前記(1)(2)(3)の問題を含んでいませんので、現実的な話として過度なご心配はご不要かと思いました。 ところで。少し余談ですが。 私がこのOK_WEBに投稿して、毎回同じ事を言っています。 「住宅の保証制度の事です」 数年になりますが、欠陥住宅の問題が相当に深刻化した時期がありました。 問題の発生場所は 国民生活センター「The National Consumer Affairs Center of Japan (NCAC)」 http://www.kokusen.go.jp/ からです。 住宅購入並びに住宅を建設すると言う事は、個人の方にとって、大変高額な財産を取得される事になります。 住宅等の不動産物件が、法的に不的確なモノであったり、価格にそぐわない低品質なモノであれば、 その不動産を購入される方にとって、相当問題を発生させる事になります。 (muron 様が建設される住宅の完成後の保証につきましては、 10年の第三者的な保証機関等を関与させた、保証対象物にされる事が適切かと思いました。 この点に付きましては、私の以前の投稿をご参考に見て頂ければ幸いです。 http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1055325 回答番号7番 「基礎手直し関連のご質問」 http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1066203 回答番号4番 http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1030904 回答番号4番 「瑕疵問題関連のご質問」 http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1038455 回答番号4番並びに6番 「地盤改良関連のご質問。」 ご参考になりましたら、幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご丁寧にありがとうございます。 何度も読み返し、理解できました。 アドバイスをいただき少し安心いたしました。 その後も、窓の位置や大きさ、扉の位置など打ち合わせと違った部分が発生しましたが、全て改善してもらいました。 完成まであと一ヶ月。 どんなにミスがあっても大工さん、設計者なしには家は建ちませんので、上手くやっていきたいと思います。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 建築士の現場監理について

    ある建築設計事務所と設計監理契約を結び、現在基礎工事が終了した段階なのですが、 建築士(建築家)の現場監理に疑問を持っています。 疑問を持ったきっかけは基礎コンクリート打設の際に立会いなし(現場監督がその場にいなかったことも把握せず基礎屋まかせ)だった事です。 打設に立ち会わず、現場監督の配置を確認しなかったことから問題が発生し、雨天の中でのコンクリ打設となり、強度に不安が残る為申し入れて基礎工事をやり直しして頂きました。 また現在は基礎工事が完了し上棟を待つだけの状態なのですが、完成した基礎の状態を確認せずに上棟してしまっても問題はないのでしょうか? 現場には提示義務のある看板(建築業許可証、建築確認済証)の設置もされていません。 もしかしたら私が心配し過ぎなのかもしれませんが、この建築士に任せて今後本当に大丈夫だと思いますか?

  • 上棟式のご祝儀について

    上棟式に大工さんのほか、設計士、工事請負の現場監督がお越しになるのですが、 ご祝儀は、設計士、工事請負の現場監督にもお渡しするのが普通でしょうか?

  • 地鎮祭時の工務店、建築家へのお礼

    設計事務所に設計を依頼し、今週地鎮祭を行います。 地鎮祭終了後、工務店と請負契約を交わすのですが、 この時、工務店の社長さんや現場監督(棟梁?)、設計事務所の建築家などに工事前の気持ちとして何か渡したほうがよいでしょうか? 鉄筋コンクリート造のため上棟は行わない予定なので 上棟式の時に渡すお礼を地鎮祭の時に渡したほうがよいのか迷ってます。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

信じられないようなミスです。外面は温和でニコニコしていても、内では「気がつきやがって」位のことは、思っているかも知れません。そういうスタンスの会社はありますよ。充分注意下さい。 本論ですが、補修部分の鉄筋の接合・コンクリートのはつり方法(残した基礎を傷める可能性がある)・打ち継ぎ目処理等が適切に行われていれば、見栄えは少し悪くとも問題はないと判断されます。 また、全般的な住宅構造の良否は基礎そのもの良否もさることながら、住宅の構造・荷重・地盤の硬軟等が互いに関連しています。一概には判断できませんが、問題なしを前提とした上での判断です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

信じられないミスですか・・・・。 通常ではありえないということですね。確かにあってはいけないとは思います。 もともとは強い岩盤なのですが、切り盛りした造成地なので、表層地盤は弱いらしく基礎の淵に何本もの杭を打っています。今となっては建物がほぼ形になっている状態なので後戻りできませんが・・・。 アドバイスありがとうございます。

  • 回答No.1
noname#113407

うちから見ればうらやましい限りの基礎ですね。 良く僕も見てはなかったのですが、駐車場は深基礎ではなく小さな栗石をばら撒きその上にコンクリートを流し込んでいたみたいです。 muronさん所の基礎はなんら問題ないのではないでしょうか。 うちは犬走りを追加でお願いしたのですがコンクリートの継ぎ目は色が少し違うのですが問題はありませんし当方の伝言ミスでしたから今も気にならずに生活しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大きな買い物なので、小さなことでも気になってしまいます。アドバイスありがとうございます。少し気が楽になりました。

関連するQ&A

  • 基礎工事のアンカーボルト打ち込み位置

    現在、住宅を建築中です。 基礎工事がほぼ終了していて、近いうちに土台を組むと聞いたので現在の状況を確認したところ、基礎に打ち込まれているアンカーボルトが基礎の外側から3cmないところが結構ありました(分かりますか?) 自分なりに調べたところ、建築基準法では、打ち込み位置から基礎の外側までは最低4cmないといけないと書いてあったと思います。 現場監督に確認したところ、通常よりアンカーボルトを多く打っている(このHMの売りみたいです)ので、数箇所そういうところがあっても大丈夫とのこと。 しかし、多く打っていてもそのような箇所があれば意味ないでしょうし、基礎という大事な部分なので非常に不安です。 とりあえず、現場監督と一緒に現地を確認しようと思ってるのですが、その前に、皆様のアドバイスを頂ければと思います。 宜しくお願い致します

  • 家の建替えについて

    ご質問させていただきます。 あるハウスメーカーさんと契約し、住宅の建替えを行っているのですが、現在基礎工事中なのですが雨の中コンクリートを打ち込んでいたのですがこれは強度等に問題は無いのでしょうか? 現場監督に営業さん通じて説明を求めてますが連絡なし... 上棟式も施主の私には連絡なし... 作業を行っていた職人さんに聞き、営業さんに確認したところ日にちを教えてもらいました。(営業さんも私から上棟式のことを聞くまで知らなかった)などなど。 あまりにも段取りが悪いというか信頼できないでおります。 現場監督を工事中でも変えてもらうということはできるのでしょうか?

  • アパート建築の基礎がはじまりました。わかりません

    木造2×4のアパート、2階建てと3階建ての基礎工事がはじまりました。 ともに、柱状改良杭 2.7メートルが相当数入りました。現在は柱状改良の杭の天面のうえ、6~7センチほど、全体に砕石敷されています。現場監督さんが、この砕石敷の上にステコンして、ベタ基礎をするというので 疑問に思い工事ストップしてもらいました。 私は 素人ですが、柱状改良杭とベタ基礎の間に砕石層の厚みがあれば、建物の重量で杭の天面の上にある砕石が横にずれて、ベタ基礎が沈み込む気がします。大きい地震がくればさらに心配です。 監督や、設計者は 「いままで全部このやり方で全く問題ありません」と回答しましたが、根拠になる資料はでてきません。そもそも合法なやり方なのかもわかりません。 「柱状改良杭の頭にベタ基礎をじかに乗せて、杭の外周は砕石にすべき」といいましたが、6~7センチのGLの高さのズレはベタ基礎のコンクリートの厚みで調整していいのか?もわかりません。 2日後に建築会社から対処の回答をもらいますが、施工のプロの方の助言を是非お願い致します。

  • 上棟なんですが,,

    2x4でマイホーム建築中です。上棟式はやりませんが今週末に上棟と称して現場で工事監督たちとのチェックを行う予定です。式も食事会もやりませんが職人さんたちに心づけと折詰、ビールなどをお渡ししようと思います。うちはハウスメーカー請負なのですが、この場合、現場監督や設計、営業の方(全員ハウスメーカーの人です)などには心づけは必要ないと思うのですが、皆さんはどうされましたでしょうか?それともお弁当ぐらいはお渡ししたほうがよいのでしょうか?ご経験者の方、現場側の方、ハウスメーカー側の方などからのご教示いただけましたら助かります。

  • 浴室の基礎工事

    現在新築中ですが、浴室の基礎工事について教えて下さい。 家の基礎はベタ基礎、浴室はユニットバスでは無く、浴槽・洗い場共、十和田石を張って作っています。 浴室の基礎については、設計図面ではベタ基礎の上にコンクリート増打ちとなっていますのでベタ基礎の上は全てコンクリートを打つと思っていました。 実際の工事はベタ基礎の上に砕石を敷き(浴槽の下部は350mm、洗い場の下部は510)その上にコンクリートを80mm打つとの事でした。 通常浴室のコンクリート増打ちと言うのは、砕石とコンクリートの事なのでしょうか。 建築を依頼した業者は、たびたび設計図面と違う工事を行っており私の方で常にチェックして手直しさせている様な業者ですので全面的に信頼がおけませんのでここで質問しました、よろしくお願いいたします。

  • 現場監督について

    現在某ハウスメーカーで一戸建を建築中なのですが、基礎工事中一度も現場監督の方が見に来ておりません。大手ハウスメーカーで建てるとそういうものなのでしょうか。実際に作業している方に聞いたところ現場監督の方は色々と忙しいためと言っていましたが今後も作業員任せなのかと思うと少し不安です。是非アドバイスをお願いします。

  • コンクリートの基礎の見積もりしていただける所

    建築の現場監督に就職しました、いきなりコンクリートの基礎の見積もりを依頼されました、どこか見積もりしていただける所知りませんか?図面送るので。

  • 現場監督って・・・・

    現在、ハウスメーカーで家を新築中です 次の2点をお尋ねします Q現場監督の役割(仕事)は何ですか? Q現場監督は普通どのくらいの頻度で現場へ行くものですか? 我が家担当の現場監督が、上棟後1ヶ月の間に現場へ来られた回数は4回です(うち2回はこちらが施工ミスを指摘した箇所の確認と図面変更の打合せのため) ということは、こちらが何も言わなければ構造体の検査と木工事完了検査の2回しか来られていないということになります。 これまで、現場監督から現場の状況についての報告は一度もなく、こちらから聞くか現場を見に行って状況を知るという状態です(上棟の際に大まかな工事の流れを口頭で説明されただけで、工程表というものももらっていません) 会社によっていろいろだと思いますが、こんなものなのでしょうか? 自分たちも頻繁に現場へ行ける訳ではありませんが、図面と実際の施工が違ったり取付けられている物の大きさや色が違っていたり・・私たちでも分かるようなミスをいくつも発見して、その都度やり直してもらっています。 要望を言ってもすぐに「それは難しいですね~」「営業の者に言ってみてもらえますか?」・・・という感じなので最近は直接営業の方と連絡を取っています。 若くいつもニコニコで印象は良かったのですが、すごく頼りないです。 普通現場監督とはどういった役割の方なのか教えてください。 ちなみに、新築現場はかなり田舎でHMの会社から1時間半くらいかかるところです。遠いから・・というのは理由にならないと思いますが。 建築日記ブログで見る”熱心な現場監督さん”はよほど運が良くないと出会えないのでしょうか???

  • 追い炊き用の配管がありませんが大丈夫でしょうか?

    現在、新築工事中で上棟が終わったところです。 給水・給湯については洗面に、排水についてはお風呂の下に 基礎工事の際に基礎の床に配管を通してあります。 しかし、追い炊き配管用の穴が基礎に空いてないため、現場監督に 確認したところ、ガス給湯器の設置時に業者がドリルで基礎の壁に 穴を開けるとのことです。 通常、このような工事を行うのでしょうか?またドリルで基礎に穴を 開けて強度が落ちることは無いのでしょうか。 宜しくご教示いただきたく御願いします。

  • 鉄筋のサビについて

    現在これから基礎工事のものです ベタ基礎に入る鉄筋が外から見て ところどころオレンジ色となっています 現場監督に「これって大丈夫なんですか?」と聞いてみたところ 「曲がった部分とか多少はしょうがないんですよね」と う~ん真直ぐな鉄筋もさび付いてますが・・・ 色があざやかですから、そのまま放置して雨に打たれてなったのかなな? といった感じです。 気にしすぎでしょうか? それとも、変えてもらったほうがいいでしょうか? 基礎工事開始が延びたので変えるなら今かなと思っているのですが また、その錆びた鉄筋を使う場合、何か市販のさび止めなどを した方がいいのでしょうか?