• 締切済み
  • すぐに回答を!

新築中、基礎の欠け、柱のヒビは??

先週、自宅の上棟をしました。 今日見に行ったのですが、基礎のコンクリートの端が一部欠けてて、補修したり、欠けたままだったりしてました。(ベタ基礎、基礎パッキン工法で凸になっている木材を置く部分のコンクリートの端) また、木材(縦の柱でなく基礎コンの上に横に置いているものや、2階でやはり横にしている木材)もボルトを入れた所からひび割れしているのが散見されました。 これって問題ないのですか、高い買い物なので、気になってしまって・・・。聞くのも聞きずらいのですが、どなたか教えてください。 基礎打ってから5日後の上棟でした。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数1099
  • ありがとう数11

みんなの回答

  • 回答No.7
  • curesu
  • ベストアンサー率0% (0/0)

回答ではありません申し訳ありません。 私は集成材・在来工法・10年補償とうたっているハウスメーカ(坪単価自体は激安です)に先日火曜日に仮契約した者です。 とても似たような作りのようなので、 もしよろしければ、その後どうしたか教えてください。宜しくお願いします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 柱が倒れないようにする基礎設計について

    柱の基礎設計について教えてください。「技術の森」で以前にあった、「バス停のようなものの転倒について」の質問と同じような内容ですが、いまいち理解が進まず、少し整理して質問させていただく次第です。 (条件) 柱は地上高10(m)で、直径50(cm)、自重300(kg)の均質な円柱(コン柱を想定しています)で、基礎設計上の最大風速は50(m/S)とします。頂部に50(m/S)の風による200(kgf)の水平荷重がかかるとします。この条件で、柱が転倒しない基礎を作りたいです。柱の強度は充分あってこの程度の荷重では破壊せず、また地耐力n(ton/m2)も充分あって沈下はないものとします。 (仮定) (1)頂部水平荷重による地際のモーメントを m1、 (2)風の影響を受けた柱の、均等分布荷重S(kgf/m)による地際のモーメントをm2 とします。 基礎は、高さh(m)、半径r(m)の円柱状のコンクリートのかたまりとします。コンクリートの比重は2とし、鉄骨が十分入っていて強度的にも問題ないものとします。 (教えていただきたいこと) [1]コンクリートのかたまりを地面にポンとおいて、その中心に柱を刺すとします。コンクリート プラス 柱 の重心回りのモーメント(略m1+m2)を、コンクリートの自重 プラス 柱の自重で支えられれば転倒しない。 これは正しいでしょうか? 具体的に数字を入れて、hやrの例を教えていただけませんか? [2]コンクリートのかたまりを土に埋めるとします。柱は中心に。 その場合には基礎の側面を土地が支えるので、[1]より軽い重量の基礎でも基礎は傾かないと思うのですが、その計算方法を教えてください。 [3]直感的なイメージとして、m2が相当に大きいと感じます。コン柱のような丸棒と、断面三角形で軸方向にトラス構造をもった柱では、m2の値が大幅に異なる(後者が小さい)ように感ずるのですが(つまり小さな基礎でよい)、正しいでしょうか? また、風の影響を考慮する際に、風は高さに応じて減じて計算していいものでしょうか? その割合について、何か規定のような、参考にできるものはありますでしょうか?

  • 木の柱に鉄パイプの足場付けて大丈夫?

    先日、上棟が終わりました。現在、筋交い等をつけていますが、気になったのが、構造材の柱(スギ集成材4寸角)2本にそれぞれ鉄パイプを直角にとりつけて、その上に材料の木材を大量に乗せていることです。 柱にコの字型の金属をかませてボルトで締め付けているのですが、Tを横にした状態なので、柱に曲げモーメント(?)がかかり、柱に悪影響がないか心配です。 監督さんは「どこでもこうやっている」と言うのですが本当でしょうか?

  • 2×4の柱の基礎はどうしたら?

    パーゴラを作りたいと思います。 先日作ったパーゴラは柱に角材を使ったのですが、今回は小さめのパーゴラということもあり、柱を2×4にして作ろうと思っています。 その他横板や垂木は1×4にする予定です。 質問ですが、2×4の木材に合う基礎はどのようにすればいいと思いますか? 夫は普通の90角の沓石に2×4を入れて隙間を木で埋めれば?と言っていますが・・。 羽子板付き沓石は安定感がいまひとつのような気もし、迷っています。

  • 回答No.6

>材木は修成材と言っていました。 たぶん集成材だと思いますが、ひび割れは気になります、 私は集成材工場で働いた経験がありますが、集成材でひび割れは、聞いた事ありません、 施工会社に詳しい理由を聞いてみてください、 場合によっては、交換も必要かもしれません 早い段階で対処するべきだと思います、 あまり負担が掛からない部材なら良いのですが、

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • toberu
  • ベストアンサー率23% (22/92)

#1ですが、住宅保証機構についてお答えします。 どのような意味での「信用」かということになりますが、「保証機構の人間が見に来て、保証を発行してくれたから、しっかりした家だ」と考えるなら大間違いです。10年以内に主要構造部に瑕疵が発見された場合、二年間は販売者がそれ以降は保証機構が補修費用を負担します。という内容・・つまり保険に過ぎません。この程度の工事なら10年は保つだろうと想定した仕様通りに工事されているかどうかを見に来るだけで、施工精度や出来の善し悪しを見に来ているわけでは有りません。業者が倒産等した場合、二年以内でも費用負担してくれますが、二年以降、業者が負担すべきだった免責分の費用は、持ち主負担になります。 ちなみに、主要構造部の瑕疵とは、「基礎の挫屈」「柱が倒れた」「梁がおちた」「屋根からの雨漏り」というところですね。「家が傾いた」としても、何に起因して傾いたのか」というところで、審査が必要になります。地盤沈下等は、地盤に対する別の保証になります。雨漏りでも外壁からの雨漏りとなると、微妙ですね。雨が浸透するような壁というのは、通常考えられません。窓や扉、換気口等の開口部からの漏れは、「主要構造部の瑕疵」では有りませんし、バルコニーはひさしであって、屋根では無いですからね。 保証機構とか性能表示ってその程度のものなんです。 つまり、「最低限の性能」を守りましょうというのが主旨で有って、ウルトラ級の悪質業者の排除には、何とか繋がるかな・・って感じです。決して「良質な住宅を供給するため」では有りません。 そんなものをセールスポイントにしている業者を信用しては駄目ですよ。 「世間が信用しないから性能表示を取っては居るけれど・・・」プラスアルファの高機能を誇れるところ。 「意味が無い制度なので無視している。うちはもっと厳しい基準で建てている」と違いをきちんと説明できるところで相談しましょう。 結局、法律制定によって建築関係の天下り機関を増やしただけみたいな感じですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

基礎に関しては1#さんの言っておられる通りだと思います。 木材のヒビに関しては、使用材の樹種等にもよりますが、グリーン材、KD(乾燥)材にかかわらず、ある程度のヒビは仕方ないものです。木材は乾燥の過程で多少のヒビが発生しますが、強度の低下(乾燥時に入ったヒビの場合)の心配はありません。しかし、木材加工時に入った割れ(仕口部等)であれば程度によっては問題です。

参考URL:
http://www.ads-network.co.jp/tokusyuu/t-14/KD.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます、いろいろ勉強してみます。

質問者からの補足

ちなみに材木は修成材と言っていました。

  • 回答No.3
  • neco
  • ベストアンサー率20% (25/124)

このようなところに相談されたらいかがでしょうか? 一生物の買い物ですから、多少の出費は仕方がないかと思います。 http://www.anest.net/kodate_kentikukanri.htm

参考URL:
http://www.anest.net/kodate_kentikukanri.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。(財)住宅保証機構の10年保証を付けているのですが、ここも2回見に来るらしい?ですが、これを信用しても良いものでしょうか?

  • 回答No.2
  • hukusan
  • ベストアンサー率16% (52/318)

欠けやヒビは良くないでしょう。どんどん大きくなっていきますから。今のうちに、きっちりしてもらったほうがいいでしょう。もちろん無償で。 だって、きちんとした家を建ててもらうために高額はらってるわけですから。 でも、そういういいかげんなとこだと、他にも手抜きしている所もありそうですね。でも隠れた瑕疵(1見まともに見えても後で欠陥がわかったとき)は1年以内なら直してもらえるはずです。確かそうだったと思います。 わからないときは、専門家に相談しましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 心配です。

  • 回答No.1
  • toberu
  • ベストアンサー率23% (22/92)

実際に見ないと何とも言えませんが、基礎に関しては、鉄筋がきちんと入っているのを確認できていれば、端の欠けは影響ないでしょう。天端の補修も単にレベル合わせなので、基礎強度には影響ないと思います。いい加減な左官屋さんだと、補修前の下地処理次第で将来剥離の可能性も無くは無いですが・・ 土台(基礎の上)の材木はあまり気になりませんが、2階の横架材というのがちょっと気になります。構造梁で無ければ、まあ、大事にはなりませんが、小梁だとしても、場所によっては1階天井材を吊っているでしょうから、将来下がるかもしれません。下がると言っても目に見えてたわむというほどでなく、クロスにしわが寄ったり、手で触れると天井ボードのジョイント部が心持ちふくれている感じがする程度だとは思いますけどね。 2×4なら、ほとんど影響無いと思いますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 建築は在来工法です。 基礎コンは、まぁ大丈夫かと思いますけど、木材の方はどうしましょう?普通は、ヒビなんて入らないものなんでしょうか?将来の耐久性の問題とかは? 10年保証は付いてるんですが・・。 ヒビはそんなに大きくはないですが2階の外側の大きな木材にも入ってたんで、やっぱ業者に聞くべくでしょうかね?

関連するQ&A

  • 住宅の基礎について

     住宅の基礎にベタ基礎工法というものがあり、布基礎(厳密には布基礎ではないのかな?)の中をコンクリートで覆う工法のようですが、ここで疑問があります。  その内部はコンクリートを厚さ○○cmで構成されるようですが、鉄筋はシングルですので、構造的に意味を成すのかが非常に気になるところです。個人的には、このような工法は単なるクラック防止と湿気防止程度にしか考えられないのですが・・・。この考えは間違っているのでしょうか。個人的には、ダブル配筋くらいはしないとスラブにはならないと思うのですが。  どなたかご存知の方教えて下さい。   

  • 柱材変更について。

    新築2階建て在来軸組(金物?)工法、延べ床39坪 上棟前で工事止めてます。 1F2Fの管柱105角、隅柱120角をWW集成材からRW集成材に変更した方が良いでしょうか? WWは腐れやすいと言うのを聞いて悩んでいます。 白蟻に関しては、1年に一回床下に潜る覚悟でいます。 柱に関して変更出来る材はヒノキかRWだけだそうです。 その他構造材は 土台120・米栂注入材→ヒノキ変更 大引90・米松 通し柱120・RW集成材 筋交い・WW無垢→米松KD変更 1F梁・RW集成材 小屋組(2F梁含む)・米松GRN材→米松KD変更 火打・鋼アングル プラ束、剛床工法 ベタ基礎、基礎パッキン ネオマフォーム外張り断熱、屋根断熱 ジュピー床下断熱 通気工法・壁18mm、屋根30mm 勉強不足で契約後の木材変更になってしまい、上にあげた変更部分、土台、柱、筋交い、小屋組の差額追加料金は170万程です。その内、40万程が再加工費、追加運賃、木材処分費です。 お金がギリギリなので、せめて1FだけでもRWにした方がいいのかなとか考えてますけど、どうでしょうか? 筋交いが米松KD特一等で節があるのですが、RWの方が強いでしょうか?

  • コンクリート基礎の補修を勧められたのですが

    築13年の木造住宅のコンクリート基礎補修をリフォーム業者に勧められました。 この業者さんとは数年前からの付合いで、シロアリ予防をお願いしてから毎年、点検の傍ら、コンクリート基礎も見ていただいているのですが、コンクリート基礎の数箇所で年々、ひび割れが大きくなっているようです。 いつも写真で確認さしてもらうのですが、確かに大きくなっており、大きい所では指が入りそうな位です。 そこでエポキシ樹脂とアラミド繊維を使用する工法を勧められたのですが、実際、この工法は有効なのでしょうか?単なるひび割れの穴埋めで、気休め程度のことなのでしょうか? すみませんが回答をよろしくお願いします。

  • 木造建築物の基礎に使用するコンクリートについて

    こんにちは。hinabonといいます。 一戸建て住宅の設計が最終段階を迎えたところです。 ここで、疑問が出てきました。基礎に使用するコンクリートについて、みなさんに教えていただきたいことがあります。専門知識のある方、教えてください。よろしくお願いいたします。 家は、木造2階建てのほぼ在来工法(集成材を使用し、柱と梁の接続に金具を用いるWinwoodという工法です。)で、ベタ基礎を採用しています。現地地盤は土丹に近い地盤です。 4月9日より、着工して根切りが入る予定です。上棟は5月7日です。 現設計では、 ・レディーミクスト 普通ポルトランドセメントを使用する ・圧縮強度 21N ・スランプ 18cm とのことでした。また、養生は必ず中3日は取るように伝えてあります。 できれば、早強を使って欲しいとお願いしたところ、ベタ基礎の立ち上げ部のみ使用しますと回答がありました。 ここで、みなさんに教えていただきたいのですが、 (1)通常、木造建築では、基礎のコンクリートは普通コンクリートを使用するのでしょうか?上棟までに1ヶ月あるので強度は出ると思いますが、その前に土台やら何やらで荷重がかかるのではないか心配です。早強は使わないんでしょうか? (2)木造なので圧縮強度は21Nで十分かとおもいますが、スランプが18cmというのは、いささか、緩いのではと思うのですが、どうでしょうか?通常建築はこの位なのでしょうか? (3)型枠を3日目で外すと建築会社が言ったので、7日は外すなと注文をつけたのですが、外すのが大変だからと、5日になりました。 通常、どの程度で外しますか? 以上3点です。よろしくお願いします。

  • 木造軸組工法 柱の太さについて

    木造軸組工法で新築工事をやっている最中です。 基礎の幅、土台のサイズ、柱の太さ等、現場で計ってみたのですが 基礎(ベタ基礎)の幅            =120ミリ 基礎の立ち上がり(コンクリート底面から)  =390ミリ 土台                    =105ミリ角 通し柱(家の中央の1本のみ)        =120ミリ角 その他通し柱数本              =120ミリ×105ミリ数本 それ以外の通し柱              =105ミリ角 管柱                    =105ミリ角 筋交い                   =45ミリ×90ミリ --------------------------------- となっていました。 通し柱は120ミリ角は最低でも必要だ!って聞いた事があるんですが 105ミリ角の通し柱も使用しているようです。 120ミリ×105ミリって言うのもありました。 このサイズをみて、2階建の木造住宅の仕様として、 どんなもんなんでしょうか?こんなもんなんでしょうか? 危険なものでしょうか?? よろしくお願いします。

  • ケミカルアンカーの強度について

    本日(1月28日)上棟予定でしたが昨日土台を見に現場へ行ったところ土台に接合しているアンカーボルトの位置が土台の端ぎりぎりになっており、また基礎(ベタ基礎)の立ち上がり部分からずれて乗っかっていました。(片方にはみ出ていました。)業者へ確認したところ現場責任者が夕方現地へ確認に行って上棟を中止にし、ケミカルアンカーで補強するとのことでした。現場を下請けに任せっきりなのにもびっくりですが、実際ケミカルアンカーというもので強度は問題ないのでしょうか? また、土台が下がっている箇所があったので指摘すると和室の下は畳の分下げる必要があるので基礎パッキンに乗せないでコンクリートへ直接乗せているのとことでした。これについても問題はないのでしょうか?

  • 新築住宅 基礎パッキンについて

    現在木造在来工法で新築中です。 先週上棟を終え現在ルーフィングを終えた所です。 今日現場で気づいたのですが、基礎パッキンの上に調整板を一ヶ所4~6枚ずつ、1M間隔で基礎パッキン全面に挟 んでありました。 これはどのような物でしょうか? 土台をこのプラスチックの調整板で支えてる状態で、屋根工事が始まる状況です。 また柱直下、アンカーボルト部分、通し柱コーナー部分に調整板すら入っていなく浮いてる箇所が何ヵ所もあります。 JOTOの取り扱い説明書を見ると2枚以上重ねてはいけないとありました。 上棟時には挟んでありませんでした。 このまま工事を進めて大丈夫でしょうか? 分離発注で新築していて、現場管理の実の父は12日まで海外です。

  • 基礎工事のチェックポイントについて

    布基礎です。明日上棟予定です。 下記2点心配です。ご教授お願い申し上げます。 ○地面に対して垂直な面で、気泡と、コンクリート内の石ころがむき出しになって見えるところがあります。大丈夫でしょうか? (だいたい石ころが中にはいっていていいものなんでしょうか?) ○地面に対して平行な面(土台がのっかるところ)で、コンクリートがかけているところがあります。およそ幅15cm程度のうちの1/4程度くらい、ですが、大丈夫でしょうか?  ○アンカーボルトで、真ん中に均一にたっているものはほぼ中心に位置しているのですが、重要と思われる長いアンカーボルトは、基礎の中心に位置していないものがあります。そのアンカーボルトは基礎の端まで3.5cmくらいでした。柱が立つやつだと思うのですが、大丈夫でしょうか?

  • 基礎工事

    基礎工事が今日から始まりました。 3月末の上棟式を考えると、コンクリートが十分に固まるか不安です。 最近は、促進剤もあるようですが。。。 ベタ基礎なのですが、基礎ジョイント?!されているのか 今日は底部分のみで、一体で固める方法ではないようです。 (一般によくみる、垂直部分をコンパネに流し込むものではありません) 強度大丈夫なものでしょうか? 素人だけに工務店任せなのですが、不安なので質問です。

  • 新築工事の基礎コンクリートのヒビ割れが不安です。

    在来軸組工法で新築工事が始まりました。先月末にベタ基礎工事が始まりました。12cm幅の立ち上がり部分のコンクリート打設の日は天候がよく最高気温24度位にあがりました。そのためか、基礎の天井表面コンクリートに沢山のヒビ割れが生じました。工務店さんは気にするほどのことはないし、天端ならしで2cm厚のモルタルを敷くので綺麗になるといってました。考えるに、気温上昇も考えられますが、天井水平部分に渡した鉄筋のかぶり厚が2~3cmしかないためだと思います。鉄筋が渡してある中心線付近に筋ヒビが見られます。養生シートはしてませんでした。  その後、天端ならしが先日行われましたが、夕方になって、あと5mほどで作業終了というころで雨が降り出しました。その部分には新聞紙を1枚掛けて他部はそのままで帰られました。その後、深夜まで雨は降り続きました。時折は激しい雨粒もありました。  翌朝、天端の表面を見たところ、新聞紙を掛けたところはまだ良いのですが、それより前の作業部分は、表面が流れて、ザラザラになり、また、天端の両サイド(縁部)にヒビがいっぱい生じてました。作業後15時間経過してますが、生乾きなので触ると欠けそうです。雨で、モルタルの粘性が流れた様な気がして心配です。  昨日、天端表面を綺麗にコンクリートを練ったもので補修してましたが、綺麗になってもこれまでのヒビは中に残っていると思います。こういう基礎の状況で、今後40年安心して暮らせるでしょうか。強度が心配です。どなたか教えて下さい。