• 締切済み
  • 暇なときにでも

こんな内容の本、ご存知ありませんか?

タイトル、著者名ともにわからないのですが……。 昔、親戚のお兄さんの家で読み聞かせてもらった本を探しています。 小さい字で読みづらいだろうから読んであげる、と言われたので、絵本ではなく小説なのだと思います。途中の一章分くらいだけ読んでもらったと記憶しています。 たぶん、舞台はスコットランドです。少なくともスコットランドという国が出てきていました。 女の子(15歳くらい?)が、先生(お医者さんの方の「先生」だと思うのですが)に向かって、「先生、耳にたんぽぽの綿毛が入ってしまったのです。早く取り出してください。お願いします」と訴えるシーンがありました。 情報量も少なく、記憶が曖昧なので、これだけではわからないかもしれませんが……。 その親戚のお兄さんとは遠く離れてしまい、もう連絡を取ることもできず、訊けないのです。 もしおわかりのかたがいらっしゃいましたら、よろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.1
  • usag
  • ベストアンサー率33% (103/305)

僕は読んだことないのですが、探してみたらそれっぽいのがひとつありました。 ジョーン・リンガード作 「エディンバラの光と影」 15歳の女の子が主人公で、スコットランドが舞台です。 自信無しでゴメンナサイ…。

参考URL:
http://www002.upp.so-net.ne.jp/newhouse_letter/Newhouse_Letter/books1.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わざわざ探してまでくださって、本当にありがとうございます! わたしも検索してみたのですが、キィワードに「スコットランド」を含めると、どうしても観光的なサイトばかりが出てきてしまって……(^^; 探し方がへたくそなんですね……。 実は、内容を読んでみなければそれかどうかわからないのです。早速読んでみますね。 探していたということを差し引いてもおもしろそうですし、楽しみです。 もう何年も探しているので、これだったら本当にうれしいし……。 いままで、「これかな?」というようなものにも出会えなかったのです。 本当に、ありがとうございます!

関連するQ&A

  • 約30年位前の絵本について教えてください

    私が幼稚園の時、月に一度絵本が配布されていたのですがその中の一冊について質問します。 著者名・タイトルとも判らないのですがストーリーはこんな感じです。 パロという名前のちょっと太ったヒョウ(?)の男の子が偶然口にした「ふわふわしたもの」(絵はタンポポの綿毛のよう)のおかげで空にういてそのまま旅に出る・・・といった感じで、最後はスリムな男の子になって戻ってくるというものです。 著者は今江祥智さんだと思っていましたが、作品リストからは判らず、記憶違いだったようです。また、幼稚園での配布という形態からすると一般の書店には出回らなかった可能性もありそうです。 年月が経っていることもあり、入手は困難かと思いますがせめてタイトルだけでも判ると嬉しいです。どうか宜しくお願いします。

  • タイトルがわかりません(乗客皆が共謀)

    クリスティだったと思うのですが、「列車内で殺人事件が起こるが、たまたま乗り合わせた乗客みんなが犯人に同情して口裏を合わせて犯人を疑われないようにする」という小説を以前読み、面白かった記憶があります。しかし、この小説が何だったか、思い出せません。 「オリエント急行殺人事件では?」と言われて読んでみましたが違いました。(こちらは一等寝台が舞台ですが、私が探している方は、普通の向かい合わせの座席が主な舞台だったと思います。また、あとで警察に聞かれたとき疑われないよう、「何時から何時までみんなでトランプをしていたことにしよう」などと言って、口裏を合わせる為に一生懸命トランプするシーン等が印象的だったけれど、そういったシーンはありません。) ピンと来たかた、私が探している小説は何だったか、教えて下さい。(ちなみに、我が家のどこかに埋もれていると思いますので、購入したいというわけではありません。タイトルと著者がわかればと思います。)

  • 内容をちょこっとだけ覚えているのですが、タイトルと著者がわかりません

    子供の頃読んだ本で、もう一度読んでみたいけれどタイトルと著者がわかりません。そういう本が2冊あります。本当に断片的にしか記憶にないのですが、どなたかこれは!と思った方、教えていただけませんか。 1冊目: 絵本です。 今から22~3年前に読みました。冷ましておいたブルーベリーパイが無くなってしまって、その行方を探す話です。食べた人の歯が青くなっていたので、犯人がわかったという内容だったと思います。 2冊目: 小説です。確か文庫でした。22年以上前のもので、父の本棚にあったものなのでそれなりに大人向けです。 小柄な関西系日本人男性と、アメリカ人女性キャロラインの恋愛物語です。ラストのあたりで、キャロラインの作った味噌汁を男性が「こんな味噌汁飲めるか!」とひっくりかえし、キャロラインが「オー!ミソスープ!」と叫ぶシーンがあったと記憶しています。アメ横とかコールガールとか、そんな単語も出てきたような気がします。 内容も全然違うし変な質問だとは思いますが(^_^;)、大人になった今、もう一度読みかえしてみたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。

  • 古代ギリシアが舞台のミステリ。

    よく記憶していないのですが、 古代ギリシアを舞台としたミステリー小説が 最近出ていたような気が…。 読んでみたいと思っているうちにすっかり忘れてしまって…。 著者は海外の人だったように思います。 心当たりのある方は情報をお寄せください。 よろしくお願いします。

  • スコットランドの警察について

    小説を読んでいるのですが、スコットランドを舞台にした警察のお話です。 その中でロジアン&ボーダーズか、ロジアン警察と自称するシーンがあるのですが、これはエディンバラ警察のことですか? ロジアンとボーダーズは地名のようで、スコットランド警察とそのまま入力するとイングランドのほうの警察が出てきますし、エディンバラと合わせると上記の言葉が出てきます。エディンバラ警察の通称だと思って読んでいたのですが今更気になりました。 おわかりになる方、どうか教えてください。

  • 映画に登場するオペラ作品を紹介する本を探してます

    映画に登場するオペラ作品(クラッシック全般かも?)を取り上げて、オペラを紹介、解説している本を探しています。 1.著者は日本人、女性。 2.1998年から2000年に出版。 3.映画「クリムゾンタイド」で艦長ジーン・ハックマンがアリアを聴くシーンを取り上げ、潜水艦映画と音楽の関係について述べている章が記憶にあります。 4.いろいろ調べたところ、あるピアニストにたどり着いたのですが、その方は本を出してないようです。 以上のヒントでわかる方いらっしゃるでしょうか? 購入しそこなったのが悔しくてなりません。のんびりお待ちしていますのでよろしくお願いします。

  • ピアノの話らしいのですが

     昨年の夏に本屋さんで見かけて買おうと思っているうちになくなってしまったものです。表紙はピアノのイラストで、サイズは確かA4だったと思います。タイトルも著者名も出版社すらわからないのですけれど、オレンジ色の帯がかかっている本でした。音楽学校が舞台の小説だったと記憶しています。どなたがご存知でしたら教えて下さい。

  • 昔に読んだ児童書

    小学生高学年のときに読みました。たぶん児童文学だと思うのですが、タイトルと著者名がどうしても思い出せません。 ・日本の海辺の田舎が舞台で ・コウモリに石を当てて殺すシーンが出てくる ・干からびたコウモリをお守りにするとか? ・表紙にエイ(魚)の絵が描いてある? ・不発弾の解体? というような断片的な記憶しかないのですが、とても気になるのでご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。よろしくお願いします。

  • 本を探しています!

    こんにちわ(^^) 最近ふと、小学生のころに読んだ本を読みたくなり、 一生懸命タイトルを思い出そうと頑張っているのですが、 記憶力の限界で、内容などが切れ切れ思い出されるぐらいで、 見つけることが出来ません。 2冊あるのですが、それぞれ思い出せることを全て書きますので、 もし何か心当たりがあるようでしたら、ぜひ回答お願いします!! 1冊目 ・小学校の図書館に入るぐらいだし、絵柄からしてもおそらく児童書 ・文字は普通の児童書サイズ ・ハードカバー ・舞台は夏 ・主人公は小学生ぐらいの女の子と男の子 ・女の子と男の子が電車に乗るシーンがある。  そのとき女の子は麦わら帽子をかぶり、白いワンピースを着ていた ・女の子の父か母が入院していたような・・・ ・女の子は不思議な感じがする子・・・ 2冊目 ・小学校の図書館に入るぐらいだし、絵柄からしてもおそらく児童書 ・文字は普通の児童書サイズ ・ハードカバー ・タイトルに「琥珀」「ペンダント」という2つの言葉が使われていた気がする ・女の子とおばさんの話 ・おばさんが琥珀色のペンダントを持っている ・どこかの博物館まで行き、そこで琥珀色のペンダントの片割れ(?)を見つける ・おばさんは自分の持っていたペンダントを博物館に置いて帰る (同じ著者の作品に「しらかば」という言葉がタイトルに入っている本がある) と、ものすごく切れ切れで・・・(-_-;) もし何かあればどんなことでもいいので、回答お願いします!

  • いばらでチョッキを編む、という童話

    昔読んだ童話で、最近ストーリーをふと思い出し、気になっているものがあります。 舞台はヨーロッパのお城だったと思います。 主人公の女の子(お姫さま?)の、多分お兄さん達が、魔法でカラスにされてしまい、その魔法を解く為にいばらのつるで編んだチョッキを着せなければならない。それで女の子がチョッキを編む、というお話です。 カラスになってしまったお兄さん達を女の子が助けに行く、という所は、『七羽のカラス』という話が似通っているのですが、私の記憶では、確かにいばらのつるで編んだチョッキ、というエピソードがあったように思うのです。『七羽のカラス』には、そういうくだりはありませんでした。 絵本か何かで読んだと思うのですが、もしかしたらマイナーな作品なのでしょうか? 心当たりのある方がいらしたら、情報いただけると嬉しいです。