• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

掲示板での名誉毀損罪・侮辱罪について

はじめまして、宜しくお願いします。 相談とかではないのですが、少し疑問に思った事を質問させて下さい。 掲示板上での名誉毀損罪や侮辱罪については「被害者側の個人情報を掲示されていない限り、法的措置は極めて困難」というイメージが私にはありました。 しかし、ヤフーのあるカテゴリーのトピックにおいて、この様な論議で訴訟を起こそうという方がおられます。 「確かに個人情報が出ていないので侮辱罪は適応されないと思われがちだが、○○○というハンドルと存在は3年以上に渡り、掲示板で使われてきて、もはや一人の存在として少なくとも他のHNよりは知られている。」 原文を少し引用させていただきましたが・・・3年以上使われてきたHNには、個人情報と同じ価値があるのでしょうか? ※この方が投稿されている掲示板は結構荒れてますし、この方自身もかなりの誹謗中傷を受けておられます。 ※この方の告訴される内容は侮辱罪です。 ※この方が3年以上使ってこられたHNは、現在は削除されて別のHNを使っておられます。 ※以前のHNを消した理由は侮辱行為とは関係ないと思われます。 ※HNを変えた現在においても、知っている方は知っているという、掲示板では中々、顔の広い方です。 今まで、民事訴訟でHNが個人情報に値する、した、とした例はあるのでしょうか? ちなみに、この方は相手を口頭弁論まで持込むのは確実で、200万近い慰謝料・裁判費用を相手側に請求できる可能性は十分だと豪語されておられるのですが・・・ どんな意見でもかまいませんので、ご返答の方宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数1648
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
noname#10903
noname#10903

まず、掲示板のHNに対する名誉毀損が認められた先例はないという前提があります。 先例がなく、法律解釈もあいまいで確立されていない本件のような事例については、実際に訴訟が提起されれば社会通念も照らし合わせて判断されることになるでしょう。 掲示板ではなく、ネットオークションなどの場合、個人情報が開示されていなくても、事実とは異なる誹謗中傷がなされれば損害賠償請求の対象となりうるという意見を出している弁護士がいるのを以前に見かけました。これは、オークションでビジネスをしている人もいるので、匿名であってもその実績によっては誹謗中傷により金銭的な被害が生じることもあるからという理由なのでしょう。 同様に考えると、掲示板のHNに対する誹謗中傷は、オークションサイトとは異なり直接的な金銭的被害は生じないものの、そのHNが相当に確立されたもので、かつ被害者によって誹謗中傷によりそのHNをやめざるを得ない状況が生じ、それにより相当な精神的苦痛を受けることを、誹謗中傷された人が立証できた場合には、民事上の損害賠償が認められない可能性がまったくないとまでは言い切れません。 但し、匿名ベースの誹謗中傷に対して、裁判所が実名を開示させることになるIP情報開示命令を出すとは思えないですから、被害者は(もし削除要請がなされてそれに対する対応がなかった場合の)2ちゃんねるに対して損害賠償請求できる可能性があるにとどまるのではないかと思います。その場合でも匿名で、しかも金銭的被害もないですからせいぜい10-30万程度の慰謝料しか認められないでしょう。(あくまで私見ですが) 裁判費用というのは弁護士費用は含みません。(現行法の話ですので、現在弁護士費用の敗訴者負担の議論がなされていますので、今後はどうなるかわかりません。)現在のところ、裁判費用に含まれるのは、訴訟を提起するのに裁判所に収める印紙代とか、裁判所のコピー費用とか、そういったものだけですので、それほど高額になるわけではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とても参考になります。 ご丁寧なお返事ありがとうございました。

その他の回答 (7)

  • 回答No.8
noname#10903
noname#10903

#6です。補足です。 私も質問者さんの説明を見るかぎりにおいては、これまでの訴訟実務も踏まえて、訴訟が提起されても、慰謝料請求が認められる可能性はほとんどないと思います。ただ、先例というのはあくまでも先例にすぎず、法律に明文規定があるか、最高裁判例でもないかぎり、その裁判を担当する裁判官が必ずしも先例に倣わなきゃなんないというものではないですね(もちろん裁判官という人種は前に倣え的な人が非常に多いんですが)。あくまでその裁判官の価値判断で決められるわけです。 ちょっと話がそれてしまいますが、例えば、獣医さんのミスでペットが死んでしまった場合、従来は慰謝料なんてほとんど認められなかったのですが、わりと最近の事例で、ペットであってもわが子のように可愛がっていて、そのペットが死んだことによりPSTDのような症状が飼い主に発生している場合に従来よりもかなり高額の慰謝料が認められたケースもあります。 要するに、法律解釈は時代により変わりえるものだということです。 職場での上司による部下に対するいじめなんかも、訴訟提起する人がたまにいますが、(1)業務上の指揮命令の範囲内である、(2)上司として適切かどうかには疑念があるが、民法上の不法行為を形成するとまではいえない、(3)○万円を限度として慰謝料の支払いを命ずる、の3種類のうち、どれが判決で言われるかは「程度」問題の話です。但し、滅多に民法上の不法行為とまでは認められず、慰謝料請求が棄却される場合が多いですね。 要するに、この手の裁判は、価値判断に関するものですから、「程度」の問題であり、ケースバイケースで判断されるものなんですね。だから、私は事情をよく存じ上げないので、ご質問の事例に関して、民法上の不法行為として慰謝料の請求が認められる可能性が「まったくゼロ」ではないと申し上げたまでなのです。 なんだか余計に話をわかりにくくさせていましたら、すみません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご説明の方、良く分かりました。 度々、お返事ありがとうございました。

  • 回答No.7

最初に申し上げておきますが、以下の回答はネット社会でのマナー違反を擁護するものではありません。 >掲示板上での名誉毀損罪や侮辱罪については「被害者側の個人情報を掲示されていない限り、法的措置は極めて困難」というイメージが私にはありました。 現実もそのイメージどおりです。正しい認識ですよ。刑法上も民法上も両方ともです。 そもそもこれらの法律は、実生活の中で暮らす上で重視される社会的な価値、信用を保護するために制定されているものです。架空名で議論するネット掲示板上での紛争を解決するためのものではありません。少なくとも過去から現在に限っては。 >今まで、民事訴訟でHNが個人情報に値する、した、とした例はあるのでしょうか? ありません。 掲示板上での誹謗中傷を理由として罪あるいは賠償責任の存在が認められた例は、いずれも被害にあった側の実社会における地位あるいは信用が失墜せしめられたと認められた上で、その失墜と掲示板に書き込まれた誹謗中傷との間に因果関係があると認められた場合に限定されています。 >ちなみに、この方は相手を口頭弁論まで持込むのは確実で、200万近い慰謝料・裁判費用を相手側に請求できる可能性は十分だと豪語されておられるのですが・・ 確かに訴えを起こすのは自由です。でも到底認められるものではありませんし、逆に名誉毀損で訴えられるのが落ちです。それに多くの場合は加害者をどうやって同定するのかも非常に大きな困難となります。 ご存知だと思いますが、平成13年8月27日東京地裁での判決文中でも示されたとおり、「言論による侵害には言論で対抗することが、表現の自由の基本原理」とみなされています。掲示板上での名誉毀損、誹謗中傷に対して法的に争うためには、反論できたかどうかも重要な争点になります。 時間があれば、上記とは別のニフティ裁判の平成13年9月5日の東京高裁判決のほか、参考になる裁判例をネット検索でも見つけられると思います。 余談になりますが、「名誉毀損」と「名誉感情の侵害」を混同している方が沢山いるようです。ヤフーで訴訟を起こそうとしている方も混同している一人でしょう。 ご参考まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とても参考になりました。 ご丁寧なご意見ありがとうございます。

質問者からの補足

>それに多くの場合は加害者をどうやって同定するのかも非常に大きな困難となります 仰るとおりです。個人情報には触れないHN同士の論争から始まった訴訟で、プロバイターが相手方の個人情報を開示するとは思えないですね。責任法とやらがそんなに安易なものなら問題ですよね。 suzycatさんも言っておられましが、HN自体がなにやら利益を得る存在の一つなら、訴訟は十分成り立つのでしょうが、彼は今も昔も掲示板で使用してるHNでオークションとかはやっていないですね。 正直な所、色々と意見を頂いて、訴訟発言は相手方に対する彼の威嚇行為なのかな?と考えましたが、嘘をつく様な人ではないんですよね・・・

  • 回答No.5
  • W_Wine
  • ベストアンサー率22% (207/929)

#1です。訂正です。 失礼しました、ご指摘の通りです。 請求できないのは「弁護士費用」でした。(現在は議論がありますが) 申し訳ございませんでした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

 まず、刑事事件と民事事件は分けて考えないといけないと言うことに注意する必要があります。刑事事件になるのは、ある行為が犯罪である必要があります。この場合ですと、名誉毀損罪あるいは侮辱罪ですが(両罪の区別については説明を省略します)、両罪とも人の外部的名誉(人の価値に対して社会的に与えられる価値判断)の保護を目的としています。ここで言う人とは、特定の人(法人でもよい)を指します。HNを何年使用しようがしまいが、HN自体は人ではありませんから、HNからその人を特定できるかどうかが問題になります。たとえば、オフ会などでの顔見知り同士で、その人がそのHNを使用していることが周知の事実であるような場合ならば、HNからその人を特定できると言うことになるでしょう。  一方、民事事件は相手方にどのような請求権を有しているかが問題となります。慰謝料でしたら、相手方の行為が不法行為に当たるかどうかが問題となります。名誉毀損罪や侮辱罪が成立するかどうかは関係がありません。犯罪が成立しなくても、不法行為になることはあります。例えば、そのHNを使用して書き込みをするたびに誹謗中傷する内容の書き込みをされて、その書き込みが社会通念上、逸脱した行為であり、それによって書き込みを断念せざるを得ないほど精神的苦痛を受けたとすれば、不法行為に基づく損害賠償請求できる可能性はあると思います。(200万という根拠は分かりませんが。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご丁寧なお返事ありがとうございました。

質問者からの補足

可能性の範囲とはいえ、慰謝料を請求できることは有りえるという事ですね。 ただ、私も200万という金額はどうかと・・・?

  • 回答No.3

大半の法律は実在する人間に対してのみが保護の対象となります。 今回の場合、実在の人間に対する被害の立証が難しい(実在の人間が社会的な名誉を失っているとは思えない)ため、裁判で勝つのは難しいと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事ありがとうございました。

質問者からの補足

はい、私もその様に思っております。 この訴訟に関しては何が目的なのか理解しかねますね。

  • 回答No.2
  • kzkz009
  • ベストアンサー率18% (126/674)

#1さんの回答の件ですが 裁判費用=訴訟費用は敗訴者負担が通例ではないでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>裁判費用=訴訟費用は敗訴者負担が通例ではないでしょうか? そうですよね。民事裁判については僕自身無知な所があるので理解しかねましたが・・・ と、言う事は訴えた方は勝訴するのを確信していると判断してよいのでしょうか? 再度、申し上げますが、HN=個人情報という方程式は裁判の上で成り立つのでしょうか???

  • 回答No.1
  • W_Wine
  • ベストアンサー率22% (207/929)

一般人が名誉毀損罪を主張するのは難しいです。「名誉」の有無が問われることがありました。 侮辱罪のケースが多いと思いますが、金額は多くならないと思われます。通常の裁判では「裁判費用」を請求することはできません。 主張されてる方の言い分はわからないでもないですが、すべてを受け入れられるとは考えられません。 HNの有用性(?)はわかりかねます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事ありがとうございました。

質問者からの補足

迅速なご返答ありがとうございます。 >通常の裁判では「裁判費用」を請求することはできません。 少しばかり、勉強になりました。ところで、裁判費用を請求できる要件とはどの様なものなのでしょうか? 詳しい方、度々すいませんが、宜しくお願いします。 >HNの有用性(?)はわかりかねます。 これについては、僕も読めないです(苦笑) 判例事態が少なそうなので・・・ 詳しい方、再度、宜しくお願い申し上げます。

関連するQ&A

  • 名誉毀損罪もしくは侮辱罪にあたるのでしょうか?

    現在、職業訓練でパソコン実践科に 通っている46歳男性です。 質問は下記のことが名誉毀損罪もしくは侮辱罪にあたるのか?ご教授お願いいたします。 記 NさんがDさんやDさんのご主人の誕生日などの個人情報を自慢気にDさんに話されたという事実を知り、私は訓練生20人弱の前でNさんに対し「貴方は個人情報を得るためにハッキング、もしくは個人情報入手のため特別なルートをお持ちなんですか?仮りに個人情報を漏洩している会社があるならばそれはそれなりの社会的責任を追わなけばなりません。 また、貴方は自分で認識していないだけで、Dさんに対しストーカー行為をしています。それは犯罪ですよ!」と言い放ちました。

  • 侮辱罪 名誉毀損罪について

    私とトラブル続きの親子にケンカになった時にお宅の子は学校で嫌われてて有名らしいじゃない?と言ってしまい訴えられました。これは名誉毀損罪もしくは侮辱罪が成立するのでしょうか?低額訴訟で50万円の訴訟額です。実際にこのお宅の子と一緒にさせたくないと言って違う学校に行かせているお宅もあります。

  • 名誉毀損罪、侮辱罪の成立について

    はじめまして。 最近、法律を趣味で学ぶにあたり、よくこのサイト内で検索をかけて閲覧しています。 一応検索したものの、わからないことがあったので、質問させてください。 (1)刑法230条でいう「公然」というのは、「不特定又は多数」ということだそうですが、そこで摘示した内容が他者を通じて伝播する恐れがあるというだけで、「公然と」の要件は満たすのでしょうか? そうだとすれば、守秘義務のある者同士である会議等でない限り、たとえば一対一、若しくは一対複数の日常の世間話などで、ある特定の人物の評価を落とすような発言をしたら、かなり広く名誉毀損罪は成立するのでしょうか? (2)名誉毀損罪が成立するためには、実際に社会的評価を低下させたという結果は必要でないらしいですが、結果が発生していない状況で結果が発生する恐れがあるというのは、どのようにして判断されるのでしょうか? たとえば、ある人を名指しで公然と、 ・煙草を吸うから口が臭い ・鼻糞を食べるから気持ち悪い ・過去にグレていたから短気だ ・結婚してから○○キロ太って、だらしがない 等という、いわゆる具体的な事実も含めた悪口、陰口の場合には、社会的評価を落とす事実として根拠が薄いから、本罪は成立しないのでしょうか? 本サイトで、以前「あいつは馬鹿だ」と公然と言うのは侮辱罪、「あいつは試験で0点だったから馬鹿だ」と言うのは名誉毀損罪という記述を目にしたことがあるのですが、「馬鹿」ということと社会的評価を下げる恐れがあることの因果関係があるかどうかというのは、結果が発生しない状況でどうやって判断されるのでしょうか? (3)名誉毀損罪と同じく、侮辱罪も社会的評価を下げる恐れがあるような侮辱を公然とした者に適用されるそうですが、侮辱罪の成立に必要なだけの侮辱というのは、どういうものでしょうか? (2)で、単に馬鹿ということが侮辱罪になるらしいということを書きましたが、最近「おバカタレント」という表現からもわかるように、一種の個性に過ぎないという考えが広まりつつあります。 この条文における「侮辱」というのが、あくまである言葉の辞書的な意味によって侮辱とするのか、世相や状況によって侮辱ととれるもののみ侮辱とするのかがわかりません。 (4)(3)と関係するものですが、侮辱される対象の社会的地位等によって、侮辱と見なされるかどうかの判断は変わるのでしょうか? たとえば、一般に基礎学力が必要とされる者(教師、医師、弁護士、学者、大学生等)を名指しで「頭が悪い」、「馬鹿」等と言うことと、一般に肉体を使って働く職に就く者(プロのスポーツ選手、とび職、各種運転手等)を名指しで「頭が悪い」、「馬鹿」等と言うこととで、社会的な評価が下げられる可能性というものは変わってくると見なされるのでしょうか? (5)判例で、「デブ」と言うことが侮辱罪に当たるとしたものがあるらしいですが、太っていることを指摘することが社会的評価を落とすという根拠を教えてください。 身体の特徴を示す「デブ」という言葉が侮辱に当たるというのは、判決が「デブは悪いこと」と言っているように思えて仕方ありません。 他にも、私は世間と見方が違うのか、馬鹿が悪いことだとは思いませんし、ブサイクも本人の個性の一つでしかないと思ってしまうのですが、判決はあくまで世間一般にどういう評価が為されるか、ということに着目しているでしょうか? 逆に、「ヤセ」、「ガリガリ」、「ガリ勉」、「顔が綺麗すぎる」、「性格がよすぎて騙されやすい」等といった言葉は侮辱に当たらないのでしょうか? (6)名誉毀損罪の2項には、公共の利害に関する事実の摘示は名誉毀損罪に当たらない(事実が真実である場合のみ)とされていますが、「公共の利害に関する事実」というのは、どうやって判断されるのでしょうか? マスコミが影響力のある人物の真実の内容を報道する件についてはわかりやすいのですが、では塾の講師が生徒に「この問題集は、解説が不明確でわかりにくいから買わない方がいいぞ」と言った場合は、どうなるのでしょうか? 公共の利害に当たるから違法性がないのか、生徒の勉強をはかどらせるための正当な業務に当たるから違法性がないのか、それとも違法になるのかがわかりません。 (7)個人が数人に対して、若しくは公園等の不特定の人に聞こえる場で、「あの人の授業わかりにくいよな~」ということを言った場合、名誉毀損罪に当たるのでしょうか? (6)や(7)まで規制すると、言論の自由が制限されてしまう気がするのですが、どうなのでしょうか? 非常に長くなり、申し訳ありません。 本当は業務妨害罪、強要罪についてもお聞きしたいのですが、あまりに長くなるため、質問を分けさせていただきます。 どれか一つについてでも構いませんので、お答えをいただければ幸いです。

  • 名誉毀損罪と侮辱罪について

    知人が悩んでいるのでお聞きします。 知人が某SNSでこのようなニュアンスの日記を書き悩んでます。 内容は嫌いな人や嘘つきな人はお友達解除します。 との内容である方をお友達より解除しました。 もちろん~~とは一言も言っていません。 (貴方が嫌いだ個人を特定していません。) そしたら 以下の内容のメッセが送られてきたそうです。 あんなに誹謗中傷を書いて友達消されたの僕だったんですね これからのあなたの人生の為に言いますがインターネット等の不特定多数の者が閲覧できる場所で個人を誹謗中傷すると罪になります これは立派な犯罪として運営会社に連絡すると共にあなたを刑法・民法両方を適用させ起訴します 名誉毀損罪( 刑法230条 ) 3年以下の 懲役若しくは 禁錮 または50万円以下の罰金である。 侮辱罪( 刑法231条) 事実を摘示しないで、公然と人を侮辱することによって成立する罪の両方違反で略式起訴したいと思います 顧問弁護士がいたら氏名の公表をお願いします 人生勉強だと思ってきちんとした生活して下さい XXXXXXXXXX(送信者の会社名) XXXX(送信者の本名) 顧問弁護士 ●●県弁護士会 弁護士名記載 再度確認の為記載しますが個人を特定はしていません。 このメッセージはサイトを通じて送られてきました。 先方は業務上弁護士の方とお付き合い(契約)があります。 私は (1)反対にこの文言は恐喝になるのでは?(示談に持ち込みお金を巻き上げようとしているのでは?) (2)送信者本人が弁護士の名を語って勝手に送信したのでは? (3)弁護士の先生がこのような案件を全て面倒見ていたら手が回らないのでは? と思いますが・・・ 本人にしたらやはり真剣に悩んでいます。 この場合事実確認と対応どのようにしたら宜しいのでしょうか? ちなみに先方は男性で悩んでいるのは女性です。 宜しくお願いします。

  • 侮辱罪について

    侮辱罪について チャット内で信頼できそうな人に顔の映像を見せながらチャットしていた時に、 数人の中のうちの誰かが、その映像をコピーして許可なく個人のサイトに貼り付けました。 画像と共にブサイクなどというコメント等と一緒にアップされており、管理人さんに削除要請しましたが、消してもらう度に次々とアップされ一週間以内に4回写真をアップされています。もちろん、映像を出した私に落ち度があることは反省しています。今は一切映像を出していません。 本名や住所等の個人情報はなく、顔写真の掲載&中傷コメントですが、これは侮辱罪にあたるでしょうか?

  • 名誉毀損罪と侮辱罪について(長文です)

    あるブログを見て、コメント(書き込み)をしてしまいました。 その方の人格を否定するような内容です。 「あなたの存在は、多分○○だよ。~ 以下同じような内容が続く」 明らかに、ブログの作成者の人格・人間像を、私が決め付けて、見下した失礼な内容でした。読み返した後、申し訳けなく思い、すぐに撤回をし、謝罪と削除依頼を新たにコメントに入れました。また、別途メールでも謝罪と削除依頼をしました。※全体の文の脈絡としては、思い切り人格否定後、だからこうした方が良いとアドバイスした内容なのですが・・・ ところが、削除はされず、ブログの主催者にそのまま放置されてしまいました。どうしようかと悩み、教えてgoo!を見たところ、名誉毀損・侮辱罪にあたるような内容なので、相手次第で、親告罪で訴えられる可能性があるということでした。そこで質問です。 1.ブログの主催者の氏名・住所は公表されていません(ハンドルネームは、実名かわかりませんが、名の部分だけ記載あり)また、ブログの内容で勤務先は推定できます。その他、その方の特徴が詳細に記載されているので、労力を掛ければ本人を割り出すことも充分可能だと思います。この状況で、名誉毀損の条件(氏名・住所の特定)にあてはまりますか? 2.名誉毀損罪と侮辱罪で罰せられる場合、捕まるときどのような状況になるのでしょうか。(家宅捜索があるのか、会社で逮捕されるのか、手錠をはめられるのか、新聞で実名報道されるのか、親族に連絡するのか、不起訴?の場合でも前科がつくのかなど) 馬鹿なことをした上で、質問するとは虫がよすぎて、大変恐縮ですが、どうかご回答をお願い致します。(内容に不明な点があれば、補足コメントを随時入れます)どうぞ宜しくお願い申し上げます。

  • 私は侮辱罪、名誉毀損で訴えられるのでしょうか?

    自分のWeb blogに相手のハンドルネーム(仮にA)を載せて 「Aさん、死ねだの 呪うだののメッセージや嫌がらせはもうやめてください」 と書き込んでしまいました。 というのも、掲示板に「呪ってやる 幸せにさせない」 などの書き込みが何度も何度もあり、掲示板へのアクセスを制限しても また違うアドレスでやってきたり それは執拗に書き込んでくるのです。 最初は普通のブログ仲間でした。 ただ だんだん執着されるようになり距離をおいていたのです。 私がコメントを返さない とか 私がAだけを避けている 等の妄想からか 「呪ってやる 監視し続けてやる」というメッセージが何度も送られてきました。 ついカっとなってしまい、ハンドルネームを掲載し、このような事はやめてくださいと ブログに反映させてしまったのです。 馬鹿ですね・・・。 すると、Aから 「これをプリントアウトして警察に行く。侮辱罪・名誉毀損罪で訴えてやる」 とメッセージがきました。 私はうかつにも、腹立たしさの勢いでブログを閉鎖してしまい 肝心のAからの脅迫メールを証拠として持っていない状態です。 私はどうしたら良いのでしょうか? 浅はかさを反省しつつ、大変困っています。 助けてください。

  • 名誉毀損罪・侮辱罪・不法行為の成立要件

    某匿名掲示板の以下のような傾向の発言に名誉毀損罪・侮辱罪や不法行為は成立するのでしょうか? お国自慢板の「地域中傷」(○○県は低所得の貧乏県などの発言) 学歴板の「学歴差別」(高卒は人間の屑などの発言) ハングル板の「韓国人蔑視」(韓国人は犬食いの野蛮人などの発言)

  • メールでの誹謗・中傷は侮辱罪か

    2ちゃんねるで言いあいをしているのを時折見かけるのですが、その時に、これって侮辱罪じゃないのかなあ、というコメントがあります。 「殺すぞ」は脅迫じゃないのか「お前○○だろ(○には放送禁止用語が入ります)」は侮辱罪ではないか…… インターネット上では、自分が言わなければたいてい個人情報は漏れないと思うし、ネットでの誹謗・中傷は犯罪にならないのかと思いました。 そこで、タイトルの事を思いました。 メールは相手がだれかが分かっているわけですから、ネットとは違って侮辱罪に当たるのか、疑問です。 長々と書いてすみません、つまり↓ということです。 「メールでの誹謗・中傷は侮辱罪なんでしょうか?それとも、面と向かって人間に言わなければ罪ではないんでしょうか??」

  • 契約不履行・侮辱罪・名誉毀損罪の適用範囲

    マンツーマン形式の英会話のレッスンを受講していたのですが、体調不良と所用が重なってしまい、連続してキャンセルしまったところ、講師からクレームが来ました。キャンセルは教室の規定に則っていましたが、クレームの内容から講師がこれ以上レッスンを続けたくないという趣旨が読み取れましたので、講師を変えてもらうことにし、講師にその旨連絡しました。ところが、その講師からの返事は私に対する侮辱に近い内容でした。 相手のペースに乗せられ、私のほうから講師変更を申し出た形になってしまいましたが、契約不履行で少額訴訟を起こすことは可能でしょうか?また、これらのやりとりはメールで行ったのですが、メールの内容でも侮辱罪や名誉毀損罪の適用範囲に当たるのでしょうか? とても不愉快な思いをしましたので、泣き寝入りだけはしたくないと思っています。法律に詳しい方、ご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください。