-PR-
解決済み

トルクの性質を有効に利用しているもの

  • すぐに回答を!
  • 質問No.10598
  • 閲覧数91
  • ありがとう数9
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 40% (4/10)

電動機を使った、トルクの性質を有効に利用しているものについて知りたいです。電動機はポンプやファンなどに用いられてますが、トルクの性質を有効に利用しているのでしょうか?
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル11

ベストアンサー率 15% (43/278)

もう一度書きます。
ピストンエンジンとの比較で論じると、電動機のトルクの性質は、やっぱりゼロ回転から大トルクが利用できるという特長、つまり自力で起動できるという点に尽きると思います。
だから、ガソリンでもディーゼルでもエンジンは大体スターター・モーターが付属しているでしょ。電気自動車は、モーターが主動力ですが、これを起動するための別の動力源は使いませんから。変速の問題についてですが、電気自動車でも実用的には機械的な変速機を使用します。したがって電動機の特徴の中心ではないと思います。
お礼コメント
koji_t

お礼率 40% (4/10)

度々ありがとうございました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
関連するQ&A
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 15% (43/278)

回転数ゼロからトルク(多くは最大トルク)が発生するという意味で、電動機そのものがトルクを有効に利用している機器と言えますが。 質問の趣旨がこれ以外に読みとれませんでした。 ...続きを読む
回転数ゼロからトルク(多くは最大トルク)が発生するという意味で、電動機そのものがトルクを有効に利用している機器と言えますが。
質問の趣旨がこれ以外に読みとれませんでした。
お礼コメント
koji_t

お礼率 40% (4/10)

回答ありがとうございました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00


  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 25% (37/146)

無段階変速じゃないですか? WW2でドイツのフェルディナンド・ポルシェ博士が設計した、重駆逐戦車フェルディナンド(後のエレファント)は、ディーゼルエンジンで発電して、バッテリーに溜めて、モーターで駆動して自走してました、これは、戦車の変速機の消耗による行動不能状態を防ぐため、最初からモーターにしてしまえば、無段階変速なので変速機自体が無くせるという、発想です。トヨタ自動車のハイブリットカープリウスも多少 ...続きを読む
無段階変速じゃないですか?
WW2でドイツのフェルディナンド・ポルシェ博士が設計した、重駆逐戦車フェルディナンド(後のエレファント)は、ディーゼルエンジンで発電して、バッテリーに溜めて、モーターで駆動して自走してました、これは、戦車の変速機の消耗による行動不能状態を防ぐため、最初からモーターにしてしまえば、無段階変速なので変速機自体が無くせるという、発想です。トヨタ自動車のハイブリットカープリウスも多少進化してますが、同じ構造です。ちなみに余談ですが、フェルディナンドは、クルスク戦で、急勾配の丘を登ろうとして、バッテリーに負荷が掛かり過ぎて、バッテリーから煙が上がり、結局、ほとんどがかくスタックしてしまい、ソビエト歩兵の火炎瓶攻撃で消耗してしまいました。
お礼コメント
koji_t

お礼率 40% (4/10)

回答ありがとうございました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
  • 回答No.4
レベル9

ベストアンサー率 37% (35/94)

10年くらい前に1度はやったディ-ゼルバスのハイブリット車などは結果的に上手く使っています。 ディ-ゼルは発信、坂道など負荷がかかるとどうしてもあの黒煙を噴いてしまいます。これがハイブリットシステム、といってもモ-タ-走行モ-ドは無く、あくまで決められた条件でアシストモ-タ-がまわるという簡単な構造ですが、は特に発信時の無回転時にアシスト力が最高になるぴったりの特性で黒煙を劇的に削減可能なものでした。 ...続きを読む
10年くらい前に1度はやったディ-ゼルバスのハイブリット車などは結果的に上手く使っています。
ディ-ゼルは発信、坂道など負荷がかかるとどうしてもあの黒煙を噴いてしまいます。これがハイブリットシステム、といってもモ-タ-走行モ-ドは無く、あくまで決められた条件でアシストモ-タ-がまわるという簡単な構造ですが、は特に発信時の無回転時にアシスト力が最高になるぴったりの特性で黒煙を劇的に削減可能なものでした。
かなり大都市の公営バスには採用されていたのですがなぜもっと普及しなかったのか今でも不思議です。(蛇足ですが先日、トヨタが改めて小型トラックにディ-ゼルハイブリットを発表してましたので石原都知事発言とあいまってこれからでしょうか)

ちなみにプリウスはモ-タ-による無段変速でなく、遊星歯車機構を用いて多少なりともメカ的に変速してます。
それからあれは上手く使っているのではなく技術力が無いため仕方なしにあの形態をとっており、単独のモ-タ-走行にはまるでモ-タ-の特性はマッチせず、さらに従来の有段ATとも相性が悪くその後に登場した日産、ホンダのようにメカの無段変速機構(ベルトCVT)を用いる必要があります。(トヨタもやっとCVTを開発できたので次のハイブリット車はCVTによる無段変速を採用するでしょう)
お礼コメント
koji_t

お礼率 40% (4/10)

回答ありがとうございました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ