• 締切済み

Twitterは世論ではない、数の暴力では?

76keeploの回答

  • 76keeplo
  • ベストアンサー率20% (24/117)
回答No.4

Xやってる人達は恥知らずとも言われてます。

関連するQ&A

  • twitter.comに入れません。

    原因がわからないのですがtwitterに入ろうとしたら今までと違う画面(mobile.twitter.comの画面のようです。)が出てきてしまいました。 なぜだろうと思いつつInternet Explorerのアドレスバーにhttps:// twitter.com/と入力してみてもtwitter.comに入らずmobile.twitter.comに入ってしまいます。アドレスバーもhttps:// mobile.twitter.com/に切り替わってしまいます。 画面の上から3行目に 「旧バーションのInternet Explorerを使用しているため、mobile.twitter.comにアクセスしています。 詳しくはこちら」と表示されていましたのでそこを見てみると 「twitter.com機能の一部はIE6およびIE7と互換性がありません。IE6/IE7でも安定したサービスを提供するために、IE6/IE7ユーザーの皆様をmobile.twitter.comに案内しております。」 と書いてありますが私はInternet Explorer 8を使っております。(ヘルプのバージョン情報で確認済み) また「注記: Internet Explorer 8および9を利用しているのに、 mobile.twitter.comへリダイレクトされる場合は、互換性表示の設定を無効にしてください。」とも書いてありましたのでInternet Explorerのメニューのツール(T)の中の「互換表示」をいじろうとしましたがグレー表示で反応しません。 どうしたらtwitter.comの画面には入れるのか御教示いただけたら幸いです。

  • ツイッターを再会するかしないか悩んでいます

    こんな事…と思われてしまうかもしれませんが、思い悩んでしまったので、こちらにご相談します。 私はネットでツイッターというサイトを知り、楽しくやれたらいいなと思って始めました。 訳あって私には友人と呼べる人がいないので、最初は共通の趣味の人達をフォローしたりして繋がったりしていたのですが、運悪く、荒らし、目立ちたがり(上手く説明できなくてすみません…)みたいなとても非常識で厄介なグループに目を付けられてしまい(要するに私はそのグループよりも優れてしまってたんです汗詳細は省きます)関わる事になってしまって。。私自身も正直最初はそんな人達だなんてわからなかったんです。 それからは、楽しく利用しようと思っていたツイッターでいじめられるは、私がツイッターをやめてそこでいじめが出来なくなったら今度は実際の現実でまでしてくるはで本当に散々な目に遭いました。 でも、私は時間はかかりましたが、だんだん気持ちも落ち着いてきたので、また新しく気持ちを切り替えてアカウントも変更できる箇所は変更して、新しく再スタートしてみようかと思ったんです。この流れをみてどうするのがベストだと思いますか? やはり、ここまでの傷が付きトラウマ(軽いPTSD)にまでなることになってしまったツールをもう一度再開するのは、やめるべきだと思いますか? 一人では考えられなくてどうしても他の方からの意見も聞きたかったんです…。 ただまた始めることについてのリスクも考えています。またアカウントが見つかってしまい、今度は何か取り返しのつかないような事が起きてしまったり。今でも半分そうなりつつあるような気がします。今分かっていることはLINEの方で私に対しての批判が飛び交っているかもしれないのと、度を越したイジりがひどいことです。それを考えると怖いんです。 でも返って私がまたツイッターを始めることによって私に執着がなくなり、何かプラスに作用することもあるかと思って… 長くなってしまいましたが、本当にもの凄く悩んでいます。ご回答、よろしくお願い致します。

  • 全体主義について述べている有名な本を教えてください

    こんにちは。 1.今、カミュの『異邦人』という本を読んでいます。この本が出版されたのは1942年のことですが、そのあたりの時代状況、特に全体主義の流れを知りたくて質問しました。なんでもいいので教えてください。 このあたりの時代の全体主義的傾向を扱っている著名な本などがありましたら教えてください。僕は政治を専門的に勉強していないのでもっとも基本的な本がいいと思います。 2.ついでですが、全体主義的傾向は戦争の時期に限らないと思います。たとえば、日本人の私たちを日々暴力的に統率しているものとして、「やさしさ」が挙げられると思います。優しさが無いと判断されると、全人格的に否定されてしまう。意識下に巣食う集団的暴力はほかにもいろいろあると思います。もしよろしければ、これについても教えてください。よろしくお願いします。

  • 暴力に悩んでいます(これはDVでしょうか?)

    初めて投稿します。 以前から、主人にはDVの傾向があるように感じていたのですが、そう思うだけで他の誰にも相談もできず、もしかしたらただ喧嘩の延長上でこうなっただけなのかも・・・と思えることもあり、正直どうなのかがわかりませんでした。 平手打ち、髪の毛を引っ張る、何度も腕の同じ場所を殴る、「殺すぞ」といって脅す、恐怖で泣きやまない私の口を押さえ込む・・・等々いろんなことがありました。カッとしやすい性質なのか、車を運転していてもちょっと気に食わないことがあると前を走る車を煽ったり、窓開けて暴言を吐いたり・・・。 ただ、そうはいっても根は優しい人だし、普段は本当にやさしく頼りになる人でしたし、周囲の人たちからは『優しいだんなさんね』と言われたり、しばらくはよかったのですが、何度も同じことが続くと逆にその豹変振りが恐ろしく思えてしまうようになってしまい、1年ほど前から主人に対する気持が冷めてしまいました。 何ヶ月か前に、一度離婚を切り出したことが有ります。そのときは、離婚届を記入し、第三者の署名ということで実家の親に書いてもらおうと家を出ようとしたところで突然突き飛ばされ、思いっきり蹴られ、正直『殺される』と感じました。胸を強打して息ができなくなり、私がもがき苦しむと「ごめん、おまえがそんなこと言うからだろ。痛かったな」と介抱はしてくれましたが、私の頭の中は“もう離婚して逃げることもできないのか・・・”という恐怖でいっぱいになりました。 今回、主人の暴力のことは話してませんが、それ以外のことで親身になって私の相談にのってくれる人ができ、その人に私の気持が移ってしまいました。これは、私の“浮気”になるということもわかっていながら、他の人の優しさに触れた時の安心感にすがってしまった自分も悪いと思っています。 ただ、このことが主人に判り(私の携帯をチェックしていたそうです)、再び殴る、蹴る行為を受けました。そのときの後遺症で、左耳の鼓膜が破れ治療中です。今ほとんど音が聞こえません。もちろん、そこに至る経緯としては、理由がどうあれ私も不貞を働いた事実は否めませんが、言い訳にしか聞こえないかもしれませんが、暴力から逃げたいという気持があってのことです。主人に殴られる恐怖を感じてこのまま過ごしていく自信がありません。 『離婚するなら、明日までに一千万もってこい!!』とか、恐ろしい言葉を何度も口走ります。今までにも、私の親や友人を非難したりすることがあり、私が腹をたてて反論すると、すごんで殴るそぶりをしたり、なぜこんなことをされるのかと悲しくなりました。 このまま、主人と上手くやっていく自信も、将来を楽しみにして行きていく自信も正直持てません。どこか、相談センターのようなところにいった方がいいでしょうか。

  • どうして今の30代や40代のネットユーザーは批判ばかりしている人間が多

    どうして今の30代や40代のネットユーザーは批判ばかりしている人間が多いのか? 2ちゃんねるやヤフーコメントは高齢化してきて2ちゃんねる利用者で一番多いのは30代半ば(34~37?)の男だそうです。 女性でも同じだそうです。 この世代は 就職氷河期などでニートやフリーターがやけに多く平均納税額もその少し上の人の時とくらべてかなり低くなった。 まあ簡単にいえば他人に迷惑かけて生活している人が多い世代。 まぁそういう世代に育ったからなにかと批判するのかもしれないけど。 その上第二次ベビーブームだかで、この3、4年だけ(今の30代半ば~後半)1年間に200万以上もうまれてきている その前後は160万前後で推移していたのに。(1965年、66年は140万ほど)今は110万前後で推移 少し前にドラえもんの話題がでていました、ヤフコメなどではきまって前の声優の方がよかった 前のドラえもんの方がよかった 今のはつまらなすぎるなどのコメントばかり しかし自分も含め実際の世論ではそんなに批判はないとの事 民主党の記事や裁判の判決などでもやたらと批判が多いが 世論では民主党の支持率は上がっているし、在日批判も世論ではさほどない。 事件の判決などでもきまって甘いだろう、裁判員裁判にしろ、死刑だろう等の馬鹿のひとつ覚え これを新橋のビジネスマンにきくと妥当な判決だろうな などとなるので、ああいう所にいる底辺と違い裁判長の方が偏りがなく正しい判決だというのが頷ける。 どうしてこの世代の人間はやたらとなんでも批判する人間が多いのか? 映画監督や声優最近はも芸能人がやる事が多いが これにもやたらと批判多かった、これは世論の反応がわからないですが 自分はいいんじゃないのと思うけど。 単に自分たちが1年に200万以上もうまれてきて今は選ばなければ半分以上の大学は入学できるが その世代はそんな大学でもかなりの倍率だったそうで 就職などもできない人が多かったそうで、それでなにごとにも批判するようになったのか?

  • AKBとモーニング娘。の違い

    ネット上ではAKBを批判するコメントをよく目にします。 「パフォーマンスのクオリティが低い」など。 ところがこういった批判をする人はモーニング娘。のことは良しとする傾向があります。 今はわかりませんが、旧モーニング娘。は「オーディション落選組」の集まりであり、 1年足らずで爆発的に売れたため、個性や努力は認められたものの、 個々のパフォーマンス性能が高いとは言い難いグループでした。 しかし当時からモーニング娘。を批判する声は非常に少なかったと思います。 それに対してAKBは下積み時代が5年ほどあり、 旧モーニング娘。と比べればパフォーマンス能力も高いと思います。 にもかかわらず、AKBの性能が批判され、 モーニング娘。が良しとされているのはなぜでしょうか? 韓国ではモーニング娘。の人気が高いそうですが。 あと、韓国人が日本のサイトで日本語で日本の芸能人を批判することについてどう思われますか?

  • 個人主義の要件となる寛容

     最近、Wikipediaで集団主義の項目を読んだところ、個人主義を養うためには、寛容さが必要だという学説が紹介してありました。あまりに締め付けると、人間が萎縮してしまって、自由に行動ができず、集団主義にしかならないというのです。これは社会が立ち後れている証拠だとも書いてありました。Wikipediaの記事なので、あまり正しくはないかもしれません。そこで敢えて引用しませんが、理屈としては、なるほどなあ、とは思いました。  こうした寛容には二つのレベルがあると思います。国家の制度と、個人の気持ちの持ちようです。制度というのは社会のセイフティネットのことです。失業しても手当があるのなら、会社を逸脱しても自らのペースを保つ自由な行動ができるでしょう。また老後の保障があるのなら、若い時に、様々なことにチャレンジもしやすいでしょう。しかし私がここで聞きたいのは、後者の個人的な人間関係における寛容です。そこで二つ質問させてください。 (1)寛容になった経験は?  ここのカテには年配の方が多く、管理職を経験された方もいると思います。本当は批判してフルボッコにできるのに、他者の個人主義を尊重するために、寛容になった経験があったら教えてください。 (2)日本の近況について  最近、日本はミスにうるさく、不寛容になって来ているような気がします。その結果?、若者が「草食系」などと言われるように萎縮していると思うのです。この傾向は、TwitterやFacebookの履歴を追いかけることで、個人の動向を監視できるようになってからというもの、さらに加速しているように思います。  例えばさっき知った話だと、Twitter上で、Fuck youのジェスチャーをした写真を公開した大学生が、品位ある大学の名誉を汚したとして処分を受けたそうです。プライベートなのだから、それはそれで個人の品位の問題であって、大学は関係ないのじゃないかと思いますが…関係あるとすれば、集団主義の考えがあるからでしょう。また就活でも人事部はFacebookをチェックするのだそうです。  ミスを指摘するという行為は適度ならば「批判」でしょうが、過剰ならば「抑圧」であり、集団主義に行き着くように思います。集団主義こそ好ましいからわざと抑圧しているのだ、と言われればそれまでですが、そうなのでしょうか。案外、何も考えていないのじゃないかなあと思っていますが、こうした現状について考えるところを教えてください。

  • 旧東ドイツに台頭する排外主義運動の原因について

    ドイツ国内のヘイトに対する規制と旧東ドイツに台頭する排外主義運動の原因について質問です。 ドイツは、ナチスによる犯罪行為としての反省として、ヘイトスピーチなどの排外主義に対する規制や取り締まりをしている。 しかし、ある記事では、旧東ドイツでは、ネオナチなどの排外主義運動が台頭しているとし、分かり易く言うなら、国内の不平等感、貧困が原因だと書かれている。 なぜ旧東ドイツで、ネオナチなどの排外主義が台頭している理由は、彼らの言い分だと、 “ユダヤ人は、ドイツ人ではないのに(と心の中)富を不当に持っている。我々の持ち分をかすめとっている。” “移民は我々の仕事を不当に奪っている。我々は不当に扱われている。” という考えを持っており、そのため国を変えなければという思考が生まれ、やがて右傾化していると書かれているのですが、ここで以下の質問です。 1.ドイツは、ナチスの犯罪行為を反省し、ヘイトなどの排外主義を法律で規制し、取り締まりしている。 しかし、そのような取り締まりをしていても、ドイツ国内では極右が台頭している。 右傾化する背景にあるのは、社会と国内の不公平感と権利が保障されないという不満であり、批判しても「右翼」、「ナチス」というレッテル貼りに晒される。 当然ながら、不満は蓄積し、より過激な行動に走る。 そのため、私個人の考えですが、排外主義を取り締まるよりも、国内の経済格差と権利の不公平感を是正しない限り、どんなに排外主義を取り締まっても、結局は無意味ではないでしょうか? 2.ドイツ国内で極右思想が台頭している原因は、民主主義における権利が保障されず、不公平な経済格差によって不平等に晒されているから、極右思想が台頭する。 だとすれば、我が国、日本でも過激な極右思想が台頭してもおかしくないでしょうか? ●『旧東独中心に過熱する極右・ネオナチの暴力(日経ビジネス) - Yahoo!ニュース』↓ https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191122-63244898-business-eurp&p=1

  • ダライ・ラマ14世のやり方は甘いですか?

    ダライ・ラマ14世の非暴力主義という穏健的な やり方は甘いと言う批判もあります。 皆さんに聞きたいのですが、ダライ・ラマ14世のやり方は 甘いでしょうか? 僕はテロや戦争やジェノサイドが横行する今のような世界だからこそ ダライ・ラマ14世のような人物が世界には必要だと思います。 武力だけでは、平和は築けないと思います。 チベットに真の自由と平和が訪れますように フリー・チベット!(チベットに自由を) ワン・ワールド!(世界は一つ)

  • 「自由と民主主義」フェア中止の件

     ジュンク堂書店渋谷店が「自由と民主主義のための必読書50」と題してフェアを催したところ店員のツイッターをきっかけに批判が殺到し、同書店側は店頭からの「一時撤去」を決め、事実上の中止に追いこまれました。  並べられた本は報道によれば、SEALDs『民主主義ってこれだ!』、小熊英二『社会を変えるには』、國分功一郎『来たるべき民主主義』、五野井郁夫『「デモ」とは何か』、高橋源一郎『ぼくらの民主主義なんだぜ』など最近話題のものから、プラトン『国家』、カント『永遠平和の為に』などの人文系古典、学術書までおよんでいたそうです。  東京新聞「『民主主義の本』フェア中断 丸善ジュンク堂 渋谷店」  http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201510/CK2015102402000243.html  この事件に対しては以下の評価軸が考えられるかと思います。 1)政治的主張の正誤。(A)誤った政治的立場に立脚した誤った主張を訴えており、安倍自民に対する敵対的政治行動以外の何物でもない。国益を害する反日の仕業だ。(B)「自由と民主主義」についてのまともな姿勢を打ち出しているにすぎない。これが政権批判にならざるを得ない状況こそ異常だ。 2)営利事業としての利害得失。(A)フェアの開催は無用なトラブルを招きよせただけ。商売上も中止は当然。(B)昨今の情勢に不安をおぼえる読者層は一定数おり、フェアの開催は時宜にかなったものだった。 3)文化事業としての中立性。(A)書店とは一種の社会的公器であり、対立するテーマを取り上げるときは偏ることなく「中立」であるべき。(B)書店とは市井の普通の人の知的関心にこたえる文化的営みでもある。良質な書籍の紹介こそが書店に求められる見識であり、「中立」である必要はない。 4)表現の自由の可否。(A)このようなフェアに不快感を覚える人は大勢いるのだから、表現の自由は制限されてしかるべし。(B)犯罪を助長したり、差別を推奨するなど反社会的主張をしているわけではなく、表現の自由に対する制限に正当性はない。 5)当事者としての自覚の有無。(A)批判を浴びたからと言って早々に撤回するのでは現状認識が甘すぎる。最初からやらないか、始めたからには貫き通す覚悟が必要。(B)批判する側がおかしいのは明白。書店側は被害者であり、非を鳴らすのは不当だ。  さて、皆さんはこの件、どうお考えになりますか。知識を問う質問ではないので「正解」があるわけではありませんが、自分で考える材料がほしくて質問させていただきます。率直なご意見をお聞かせください。  なお、質問に対する批判は構いませんが、せめて質問を理解してから回答を寄せてください。  よろしくお願いします。