• 締切済み
  • 困ってます

温度の上がること関係の質問

炉なかで物質を加熱するとき、内部が真空の状態なら内部、物質の温度は上がれないですか? もしかしたら内部に雰囲気ガースの有り無しによって炉内部とか物質の温度にも影響があるかどうかが知りたいです よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 金属
  • 回答数4
  • 閲覧数103
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.4

加熱温度で変わります。 輻射エネルギーは温度の4乗に比例します。炉内が明るくなる温度では良く加熱されますが、真っ暗な温度域では加熱速度は極端に遅くなります。 このため真空熱処理炉の中には、650~800℃以下ではガスを入れて対流加熱を行い、加熱時間を短縮する機能が付いたものもあります。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jvsj1958/37/1/37_1_1/_pdf の「6.対流加熱」。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

>内部に雰囲気ガースの有り無しによって炉内部とか物質の温度にも影響 そんな超非効率な加熱はしません <省エネ優先 真空炉 https://www.ihi.co.jp/ims/products/vacuum/basic/index.html 空気が有ろうと無かろうと伝熱効率は変わらない なぜなら、空気なんかよりも数千倍も伝熱効率の高い個体伝熱だから https://tec-note.com/652 https://www.osaka-kyoiku.ac.jp/~masako/exp/netuworld/seisitu/ritu.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

真空で温度が上がれないなら、地球は凍ってしまう気がします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • ohkawa3
  • ベストアンサー率58% (777/1335)

真空中でも放射(輻射)によって熱は伝わります。 常温付近で自然対流のは、雰囲気を介した熱伝達(対流)と、放射による熱伝達の割合は、概略五分五分ですが、温度が高いほど放射の割合が増加します。 https://akk-kaitekilab.com/knowledge/2801

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 炉内温度質問

    炉内部に空気を入れながら炉を加熱すれば、炉のなかの空気と雰囲気の温度は設定温度と同じに維持することができますか? でも流入、流出量によって内部温度や雰囲気温度も違いがあると思いますが、 例えば流入量が流出量と同じだったら 炉内部温度は設定温度まで上がることが難しくなると思いますが、 お教授いただきませんか?

  • 炉の温度の計算

    いつも参考にしております。 早速ですが円筒形状の銅を加熱する炉を作りたいと考えています。 色々と計算しているうちに頭の中が???になってしまいました。 ぜひアドバイス・ヒントを教えてください。 材質:銅 質量:10g 外径:20mm 肉厚:2mm 高さ:20mm 個数:16個 このような物を0℃から100℃まで加熱したいと思ってます。 加熱方法は、電気炉みたいな物に入れて加熱したいと考えておりますが、 炉の雰囲気温度(空気)と銅がその温度になる時間の関係がわかりません。 色々と調べたのですが、迷路に入ってしまいました。 ぜひ、ご教授ねがいます

  • 配管内を通る気体を冷却する条件

    真空炉内を5.0x10-5mbarまで排気後、真空排気しながらヒーターを580℃まで加熱した時の炉内雰囲気温度はどれぐらいなのでしょうか? 加熱は約1時間程度。 また、その真空炉に普段使用しているポンプとは別の高真空ポンプを接続します(排気能力は後付けの物が大きい)。もちろん上記条件で加熱された気体は排気能力の強い方に引き込まれると思うのですが、熱に弱いのでポンプに到達するまでに極力常温まで冷却したいです。 炉体からポンプまでの配管を伸ばし、配管を冷せば中を通る気体は冷されると考えますが、どれくらいの温度で冷せばいいのか、配管をどれくらい伸ばせばいいのかわからず困っております。 今の配管はΦ30x1000mmです。 ご教授頂ければ幸いです。 宜しくお願い申し上げます。

  • 焼入れ温度時の焼入れ硬さ低下原因は?

    今0.2%炭素鋼の焼入れを業務で行っています。 焼入れ時の加熱温度を上げていくと焼入れ硬度が低下するのですが、 それは脱炭によるもの、粒径粗大化による強度低下のどれによるものと考えるのが普通でしょうか? 0.2%では脱炭の影響は少ないため、粒径粗大化が影響していると考えていますが、 硬さは単純にどれだけ結晶が密になっているかを表しているものだと思っているので、 硬さに粒径の影響はでないと考えているのですが、実際のところは出てくるのでしょうか? 補足: ○材料:t2mm ○加熱方法:電気炉、雰囲気コントロールなし、3分程度の加熱で所定の温度に上げる ○Ac3点は830℃ ○加熱後すぐにバケツの水につけて水冷 ○加熱温度は850℃、950℃、1050℃、1150℃ ⇒その温度のとき板厚中心ビッカース硬さはHV510、480、450、430と温度上昇とともに低下。

  • 焼入れ温度時の焼入れ硬さ低下原因は?

    今0.2%炭素鋼の焼入れを業務で行っています。 焼入れ時の加熱温度を上げていくと焼入れ硬度が低下するのですが、 それは脱炭によるもの、粒径粗大化による強度低下のどれによるものと考えるのが普通でしょうか? 0.2%では脱炭の影響は少ないため、粒径粗大化が影響していると考えていますが、 硬さは単純にどれだけ結晶が密になっているかを表しているものだと思っているので、 硬さに粒径の影響はでないと考えているのですが、実際のところは出てくるのでしょうか? 補足: ○材料:t2mm ○加熱方法:電気炉、雰囲気コントロールなし、3分程度の加熱で所定の温度に上げる ○Ac3点は830℃ ○加熱後すぐにバケツの水につけて水冷 ○加熱温度は850℃、950℃、1050℃、1150℃ ⇒その温度のとき板厚中心ビッカース硬さはHV510、480、450、430と温度上昇とともに低下。

  • ステンレス鋼(SUS316)容器内の温度計測について

    直径50mmX長さ300mmの円筒形の炉内(内部は空洞)を一定温度(300℃)で保つように温度計で管理した電気炉内に外径6mm内径4mm長さ330mmのステンレスのチューブ(SUS316)を通し、内部に液体を流したとき(流速1ml/min,圧力5MPa)の内部液体はどのくらい加熱されるのでしょうか?チューブの部位によって温度は変わるとは思うのですが・・・。どなたか計算方法を教えて頂けませんでしょうか。

  • 加熱時間求めたいです

    まずしたに記述した内容が正しいかどうか わからないので、間違いなことがあればお教授お願いしたいです。 炉の電気容量が例えば1000kWなれば 時間当たり860,000kcal/hの熱量を使うと考えます、 もし炉の温度を100℃に設定すれば 100℃を維持するため炉自分の加熱に必要な熱量は基本的に消費すると思いますが、 加えて、炉なかに入れた物質に加熱する熱量も必要だと思います。 ここで炉の比熱が(stainless steel301なら) 0.5J/g.℃ 、炉の重量が1000kgなら(もちろんなかに他の物質や材料がありますがここでは無視します) 室温から0.5*Δ80℃(絶対温度ではなくて℃を使われまか?)*1000*10^3J=(9560.2kcal)が出ますが、それでは炉を100℃まで温度を上げるためには0.0111hrが必要することを存じますが、以降連続するに稼働するためには 温度を維持しなきゃので続いて電気を使って加熱すると思いますが、以降にはどうして 計算しますが? 例えば100kgの材料を炉内に入れたら 炉内の温度は(入れるためにドーアを開いて 外に出した熱を省略して)内部に入った材料に熱を奪われて炉内の温度が下がると思って もし材料の比熱が0.3J/g.℃なら 0.3*100*10^3*Δ80℃=2,400,000J(573.6kcal)だから必要な時間は 0.04minが出ます 上に記述した炉の温度を上がるために必要な熱量+材料の昇温が必要だと考えます。 それでは 9560.2+573.6kcalが必要で=10133.8kcal(0.7min) 私が知りたいことは炉なかに連続して 材料を入れて材料を加熱する場合は、 例えば時間当たり100kgづつ投入すれば 0.3*100kg/hr*80=573.6kcal/hrになると思いますがこれ以外に炉の内部温度をの維持しに必要な熱量は時間当たりどうやって求められますか? また、以外に加えて計算しなきゃならないことがあったらお教授いただきませんか? (もちろん熱損失や色んなこともありますがここでは省略します、)

  • 温度到達時間について

    アルミニウム(10~20μm厚)を250℃に加熱したいのですが、その到達時間を極力短くしたいと考えております。 方法として、加熱炉に入れる方法と加熱物(ヒーター等で熱した金属)を押し当てる方法を考えています。 実際どちらの方が早く目標温度に到達できるのでしょうか? 加熱炉と加熱金属は同一温度とした場合で考えたいのですが、簡単な理屈等を教えていただけると幸いです。 よろしくお願いします。

  • SUP10 バネ鋼の焼入れヒズミについて

    私、熱処理を担当しているものです。 炉が雰囲気炉から、真空炉に変わりまして、製品の出来栄えが変わってきました。中でも、ヒズミの影響が多く感じております。 処理温度、油槽撹拌、均熱時間など、いろいろと変更をかけていっていますが、思うような結果になりません。 ヒズミを無くすのは不可能に近いかも知れませんが、歪みにくくするポイントとして言えることがあれば、どんな細かいことでも教えていただきたいと思います。

  • 熱処理関する質問です

    いつもお世話になっております。 炉なかに材料の加熱に必要な時間を求めたいですが、炉の外部はSS304ような金属ですが炉の中にはセラミックブロックで満たされています、 熱源は炉内部に円形セラミック中には電気と連結された金属棒があり 金属棒から熱を供給>セラミックに熱を伝達して炉なかの雰囲気ガス、材料に熱を供給します、 この条件で材料の加熱温度までかける時間を求め方は何ですか? 材料に熱を供給することはセラミック棒ではないと思いますが、(セラミック棒と材料は接触しなくています) ここで材料に熱を伝達するものは雰囲気ガスですか? それでは 輻射熱を求めることが正しいかどうかわからないですが、 セラミック棒の熱伝導>>酸素の熱伝導>> 材料が受ける熱量を求めることが望ましいかを知りたいです。 もちろん損失断熱材など多いものを考えることが必要ですが、 まず基本的なことから始めたいので お教授お願いしたいです。