• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

江戸時代の士農工商の人口比率は?

江戸時代を通じで人口は一定であったという話を聞きました。 では士農工商の身分の違いによる比率はどうだったのでしょうか? 人口全体に占める武士階級がどれくらいであったのか? またその比率が江戸時代を通じてどう変化していったのかが知りたいところです。 江戸の初期は、藩の取り潰しなどで武士は一時的に減りますが、農民よりも経済的に恵まれていたので、徐々に増え続けていったのではないかと想像しています。 それからこれはうろ覚えなのですが、江戸では武士が人口の50パーセントを占めていたという話を聞いたことがあります。 今おもうと、江戸中武士だらけになってしまい不自然だとおもうのですが、真実はどうなったのでしょう。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数24332
  • ありがとう数37

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • kamiero
  • ベストアンサー率31% (88/282)

士(僧侶をふくむ)=7% 農(漁をふくむ)=83~76% 工=4~7% 商=6~10% 江戸時代の人口が2,500~3,000万人といわれています。 現存の教科書などでいわれている数字としては上記の値で#1の方の値が概算のものでほぼ一致しています。

参考URL:
http://www.0465.net/kanko/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • been
  • ベストアンサー率39% (490/1243)

江戸時代の人口については、農工商(課税対象)についてはある程度信頼できる資料がありますが、武士の人口がよく判りません。また、「武士」と呼ばれる階層の範囲も藩によってもバラツキがあります。例えば、坂本竜馬は下士(郷士)という下級武士ですが、その生活実態は農民とあまり変わらず、上士との間には明確な身分の差があったといわれています。どこまでを武士に含めるか、という問題もあるのです。 よって、士と商が各1割で農が8割という一般論も、農の割合が高すぎること、士の絶対数(従って割合も)がはっきりしないことから、あまりあてにはなりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

江戸時代、武家の長男は基本的にその家を継ぎましたが、 次男、三男は長男のスペアとしてその家に残るか、 よその養子の口を探すかどちらかでした。 次男以下の男子の多くは、居候のような立場であり、 実質的に、子供を作ることが許されませんでした。 なのでそれほどは数は増えなかったと考えられます。 増えた場合には、あぶれた分は町人か百姓になったでしょう。 なお「百姓」の言葉にはちょっとした問題があります。 現代は「お百姓さん」のように、「農民」の意味に使われていますが、 江戸時代までは漁民や職人などを含みました。 古い資料に「百姓が○○人」と書いてあるのを見た人が、 「なるほど。農民が○○人いたということだな」と誤解して、 江戸時代は農民が極度に多いと思われてしまったことがあります。 最近の研究では直されています。 江戸時代の身分制度は「士農工商」と言われていましたが、最近は 「武士」「村に住む庶民(百姓)」「都市に住む庶民(町人)」 と分けるようになってきています。 武士の割合は約一割とされています。 武士は、庶民の活動を支配することによって録を得ます。 つまり、収入が庶民の数に比例するわけで、 割合としてはそれほど変動がないはずです。 江戸の人口構成の資料は持っていませんが、 半分が武士でもおかしくはありません。 江戸は、徳川幕府の家来(旗本・御家人)の他に、 日本中の藩に属する武士のかなりの割合が住んでいました。 各藩には江戸に藩邸というものがあり、 会社にたとえれば「国本本社」「江戸本社」のような感じで 大きな機能を持っていました。 ○○藩の武士でも、江戸藩邸だけにいて、 ○○藩には行ったことがないという人もいたようです。 そして江戸の町人は、武士に対してのサービス産業で成り立っていたと考えられます。 (この場合の「武士」は、武士の子弟・妻・親族なども含みます。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

江戸時代は約一割が武士、八割強が農民で工、商は一割弱

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 江戸時代の武士の比率

    江戸時代の各階級の人口比率はどうだったのでしょうか。特に武士の比率が知りたいので、Web上にあればURLなど教えてください。

  • 江戸時代の人口構成についての資料をご存知ですか?

    江戸から明治に変わるときにどれだけの武士が失職したのかを調べたいと思っています。 江戸時代の人口がどれくらいであったのか、その内士農工商のそれぞれの構成比率がどれくらいであったのか?そういう情報が載っている資料をごぞじでしたら教えてください。

  • 江戸時代の人口比率

    江戸時代は「士農工商」と身分分けされていましたが、それぞれの人口比率%はどのくらいだったのでしょう? また武家に勤めるいわゆる使用人(下僕・下女・中間・足軽・腰元女中などなど)はどのカテゴリーに入るのでしょうか? そして、江戸は他の城下町に比べて特別武家人口が多かったのではと思われますが、どのくらいの比率だったのでしょう。

  • 江戸時代末期のサムライの数は?

    日本人は、何かと自分たちをサムライだとか思うような傾向があるように思います。 しかし、サムライってよく分からないのですが、サムライって武士の事ですよね。 明治時代以前の社会で、武士階級に所属していたものを指してサムライというわけですよね。 だったら、日本人はサムライの国だとか、俺たちはサムライだとかいうアンデンティティって間違ってませんか? その人の先祖は百姓かも知れないし、町人かも知れない。 そもそも、武士階級に所属していた人間はいったいどれくらいの数いたのでしょうか? 江戸時代の終わり頃の人口比率を大まかでよいので知りたいです。おねがします。

  • 江戸時代 身分

    江戸時代の身分制度について興味があります。 しかし全く詳しくありません。 士農工商とよくいいますが、本当に農民は上から2番目の扱いをされていたんですか? えた・ひにんとはどのような身分ですか? また、江戸の身分制度の在り方や意味についても意見をお聞きしたいです。

  • 江戸時代の結婚について

    江戸時代の(特に後期・幕末)結婚についてですが、身分制度で結婚できる・できないがあったと思うんですけど、どういう人同士が結婚できたんでしょうか。例えば、武士と農民は結婚できないとか、男が農民で女が武士なら結婚できるとか(これはあくまでも例です)。教えてください!!

  • 江戸時代の米の消費について

     江戸時代の農民は、全体の8割程度だったといいます。その農民は、あまり米が食べられなかったといいますが、もしそうなると、農民が生産した米を残りの2割の人口で消費していたんでしょうか。江戸時代の米は、貨幣としての役割もあったといいますが、何れは消費しないといけないはずです。そのへんが、どうも納得いかないので、どなたかお分かりになるかがいらっしゃれば、ぜひ教えてください。

  • 士農工商の実際

    江戸時代の身分制度の士農工商について質問いたします。この身分制度によって、実際にどうゆう優遇措置 あるいは特権が発生していたのでしょうか。武士はともかく例えば、 農民はその下の職人、商人よりもどのような面で特権があったのか、など何でもけっこうです。

  • 江戸時代の人口について。

    学校の宿題で、 なぜ江戸時代は人口があまり増えていないのだろう という問題がでました。 よく考えても分かりません。 分かりやすくぜきるだけ早くお願いします><

  • 士農工商の”農工商”に差はあるの?

    江戸時代の身分制度として有名な士農工商。 時代劇を見ていても、武士に頭を下げる町人や農民が出てきますし、武士は苗字帯刀など特権があったことは有名です。 しかしその下、農工商に違いがあるような話は聞きません。大工が農民に頭を下げたり、商人が職人に遠慮したりする描写は見たことありません。農工商の間には何か違いがあったのでしょうか?