• ベストアンサー
  • 困ってます

天然由来成分100%シャンプーの成分について

天然由来成分100%のシャンプーの成分が以下のものです。 長い横文字の表記をみると化学合成的なものではないのかと思ってしまいます。 これらは安心安全な成分なのでしょうか。 水、コカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸K、ココイルグリシンK、コカミドDEA、ペンチレングリコール、ラウリルグルコシド、1,2-ヘキサンジオ-ル、グア-ヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ポリアスパラギン酸Na、センブリエキス、カンゾウ根エキス、アルニカ花エキス、オドリコソウ花エキス、オランダガラシ葉エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタ葉エキス、ニンニクエキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリー葉エキス、ローマカミツレ花エキス、褐藻エキス、紅藻エキス、緑藻エキス、アスパラギン酸Na、アラニン、 アラントイン、アルギニン、イソロイシン、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、グリシン、グルタミン酸、セリン、タウリン、チロシン、トレオニン、バリン、ヒスチジンHCl、フェニルアラニン、プロリン、リシンHCl、ロイシン、ヒノキチオール

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数41
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • gsmy5
  • ベストアンサー率57% (1327/2300)

化学成分のほとんどすべては(少なくとも食品や化粧品に使用が許されるものの大半は)天然に存在したものです。 何かをきっかけに、その成分の効果に気づき、それを含む天然物から抽出したものが「天然由来の成分」です。 しかし、多くの天然由来成分は、天然物にごくわずかにしか含まれません。ですので、抽出や精製(求める成分以外の成分を物理的・化学的方法で除去すること。この工程で他の化学薬品を使うこともある)の手間が大変かかり、コストも高くなります。そこで、目的とする成分を直接化学的に合成する方法が使われるようになりました。これが化学合成品です。素人的には化学合成品は危険で、天然由来成分は安心と思いがちですが、同じ物質であれば、化学合成だろうが天然由来だろうが、人に与える影響(安全性、効果など)は同じです。但し、化学合成の工程で人に悪影響を与える副産物が生じるリスクなどがあれば、その方法は食品などに使用することが認められない場合もあります。 ですので、表示をよく見てその成分全てが「天然由来」と明記してあるのなら、その通り天然由来なのでしょう。(さすがに、化学合成なのに天然由来と書くと法令違反になります) しかし、上述のように天然由来成分だったら安心安全な成分かどうかはその物により異なります。だって、毒キノコの成分やフグの毒だって「天然由来」ですからね。 ただ言えることは、成分として明記している以上、シャンプーに使用してはいけない成分でないことは確かです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お詳しい内容ご教示いただきありがとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

「由来」なので、化学的手法が全く含まれていないという訳ではないように感じます。少なくとも天然物を採取して精製する(=純度を高める)工程では、化学的な手法が入っているでしょう。(「合成」かどうかは分かりませんが) 安心安全かどうかは、成分として認可されているもので構成されているのでしょうから、それなりに担保されていると思いますが、質問者様が「化学合成品=安心安全ではない」とのお考えであるなら、私には何とも言えません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • シャンプーの内容成分についておしえてください!

    最近おきにいりでつかっているものです。  300ml で 3700円もするのですが、そこまでの価値はありますか? 最近シャンプーもない成分にこりだしているので 詳しい方こめんといただけますか?    水 ココイルグルタミン酸TEA, BG, コカミドプロピルベタイン、ベタイン、マルチトール、コカミドDEA, 1,2-ヘキサンジオール、PCA-Naアルキン(C12,14) オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCI, ヒアルロン酸Na, ココジモニウムヒドロキシプロピル加水分解ケラチン(羊毛)、加水分解シルク、カミツレ花エキス、アルデア根エキス、ダイズ発酵エキス、カンゾウ根エキス、ラウロいイルシルクアミノ酸Na, ポリクオタニウム-10, エタノール、PEG-60水添ヒマシ油、乳酸、ローズウッド油、ラベンダー油 になります。  あ~ うつの大変でした! よろしくおねがいします。

  • シャンプー成分

    はじめまして。 どちらか購入しようかと思ったのですが迷っています。 ただたんに、市販のシャンプーから抜け出したいと思い、、 本格的にこだわっているわけではないです。。 どちらが、頭皮、髪によいでしょうか?? 鑑定できるかたいたらお願いします。 水・コカミドプロピルベタイン・スルホコハク酸パレス-2Na・ラウロイルメチルアラニンNa・BG・ラウリルグリコー ルヒドロキシプロピルエーデル・ココイルグルタミン酸・ベンチレングリコール・コカミドDEA・セテアレス-60ミリスチルグリコール・ポリソルベート 20・(PPG-12/SMDI)コポリマー・グルコース・フルクトース・塩化Na・グリチルリチン酸2K・ポリクオタニウム-10・PEG-7グリセル ココエート・クエン酸・エチドロン酸・メチルパラペンNa・香料(天然由来) 水・コカミドプロピルベタイン・スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na・ラウレス-4酢酸Na・BG・コカメドメチルMEA・アジビン酸ジPPG-2ミレス-10・ラウロイルアスパラギン酸Na・グリチルリチン酸2K・ブテアスベルパ根エキス・プエラリアミリフィカ根エキス・ユビキノン・プテロカルプスマルスピウム樹皮エキス・ホウセンカエキス・イガイグリコーゲン・グルカンオリゴサッカリド・テアニン・フランスラベンダーエキス・グルコース・フルクトース・トレハロース・カミツレエキス・センブリエキス・レシチン・ソウハクヒエキス・ローヤルゼリーエキス・グルタミン酸・アルギニン・海塩・マンニトール・グリセリン・ベンチレングリコール・カプリリルグリコール・ラウリルグリコールヒドロキシシブロビルエーテル・DPG・ポリクオタニウム-10・コハク酸2Na・ポリクオタニウム-47・カチオン化デキストラン-2・PEG-40水添ヒマシ油・クエン酸・ポリソルベート20・セテアレス-60ミリスチルグリコール・メントール・ 香料・エチドロン酸4Na

  • シャンプー成分

    最近、シャンプーの成分に気をつかいはじめたのですが 二つのシャンプーどちらの成分が頭皮、髪によいのでしょうか?? 当方、成分に関しては無の知識ですが詳しい方おりましたら教えてくださいm(__)m (1)水・コカミドプロピルベタイン・スルホコハク酸パレス-2Na・ラウロイルメチルアラニンNa・BG・ラウリルグリコー ルヒドロキシプロピルエーデル・ココイルグルタミン酸・ベンチレングリコール・コカミドDEA・セテアレス-60ミリスチルグリコール・ポリソルベート 20・(PPG-12/SMDI)コポリマー・グルコース・フルクトース・塩化Na・グリチルリチン酸2K・ポリクオタニウム-10・PEG-7グリセル ココエート・クエン酸・エチドロン酸・メチルパラペンNa・香料(天然由来) (2)水、ラウロイルメチルアラニンNa、コプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドメツルMEA、ココイル加水分解コラーゲンK、トウキセンカエキス、モモ葉エキス、ゲンチアナエキス、デキストリン、コンフリーエキス、フユボダイジュ花エキス、ボタンエキス、トコフェロール、水酸化レシチン、グリチルリチン酸2K、グルコノラクトン、グルコン酸Ca、アルギニン、クエン酸、PEG-7グリセリルココエート、コカミドMEA、イソステアリン酸、PEG-水添ヒマシ油、グリセリン、BG、PG、DPG、ポリクオタニウム-10、セトレス-24、塩化Ca、塩化Mg、硫酸Mg、エタノール、香料、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルパラベン、プロピルパラベン

  • シャンプー成分

    はじめまして。 このシャンプーは成分的に安全でしょうか? そこまで、無添加にこだわっていません。 水、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドプロピルベタイン、セテアレス-60ミリスチルグリコール、ポリソルベート20、ポリオクタリウム-7、アルニカエキス、シナノキエキス、スギナエキス、オトギリソウエキス、セージエキス、セイヨウノコギリソウエキス、ゼニアオイエキス、カミツレエキス、トウキンセンカエキス、ローヤルゼリーエキス、トレハロース、グリチルリチン酸2K、オレンジ油、BG、クエン酸、ココイルアルギニンエチルPCA、フェノシキエタノール よろしくお願いします。

  • シャンプーの成分

    以下のシャンプーの成分の鑑定をしていただきたいのですが このシャンプーには防腐剤が含まれていないようです。 防腐剤が含まれていないと、カビやら雑菌など繁殖しそうなのですがどうでしょうか? 水(竹のミネラル水)、ココイルメチルアラニンNa、ココアンホプロピオン酸Na、コカミドDEA、ココイルグルタミン酸Na、コカミドプロピルベタイン、グリセリン、ポリクオタニウム-10、ココイル加水分解ダイズタンパクK、ハトムギ種子加水分解液、ラフィノース、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ツバキ油、ユチャ油(サザンカ油)、銀、シアノコバラミン(ビタミンB12)、加水分解シルク、ヒアルロン酸Na、ダイズエキス、アルギン酸Na、アロエベラエキス-1、センブリエキス、ユズ果実エキス(ユズセラミド)、コーヒー種子エキス、マルトデキストリン、ウンカリアトメントサエキス(AC-11)、クエン酸、グリチルリチン酸2K、メントール、香料(天然精油) よろしくお願いします。

  • どちらの成分の方がニキビに効果的でしょうか?

    どちらの化粧水の方がニキビに効果的でしょうか? 理由もお聞きしたいです ★整肌成分配合の化粧水 安定型ビタミンC誘導体2% 水・BG・エタノール・メチルグルセス-10・アスコルビルグルコシド・グリセリン・水酸化K・クエン酸Na・ジグリセリン・PEG-60水添ヒマシ油・HEDTA-3Na・メチルパラベン・グリチルリチン酸2K・EDTA-2Na・ヒアルロン酸Na・クエン酸・カンゾウ根エキス・イガイグリコーゲン・マグワ根皮エキス・ダイズ種子エキス・カッコンエキス・ゲンチアナ根エキス・フェノキシエタノール・クロレラエキス・アロエベラ葉エキス・ユキノシタエキス・エンドウエキス・シロクデキストリン・テンチャエキス ★高浸透型ビタミンC(APPS) 水、ベンチレングリコール、イソペンチルジオール、ジグリセリン、リン酸アスコルビルMg、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、ユビキノン、グルタチオン、ダイズエキス、酵母エキス、ピリドキシンHCI、グルコシルヘスペリジン、シアノコバラミン、紅藻エキス、渇藻エキス、緑藻エキス、ミクロコッカス溶解液、スクワラン、酢酸トコフェロール、レシチン、カンゾウ根エキス、オレンジ油、グレープフルーツ果皮油、PCAイソステアリン酸PEG-40水添ヒマシ油、PPG-6デシルテトラデセス-30、クエン酸、水酸化Na、PEG-400、グリセリン、BG、EDTA-4Na、フェノキシエタノール

  • 成分について詳しい方お願い致します。

    はじめまして、こんばんは☆ 成分について詳しい方よろしくお願い致します。 私自身、yahooや成分表などで検索しましたが 出て来ない成分やイマイチ意味の 分からない成分があります。 下の(1)と(2)と(3)の中に含まれている成分で 悪い成分があれば是非教えて下さい。 すいませんがよろしくお願い致します。 (1)ホエイ(牛乳)、ダイズエキス、加水分解コラーゲン、アスコルビン酸ナトリウム、乳酸ナトリウム、PCA -ナトリウム、ソルビトール、プロリン、ベタイン、アミノカプロン酸、ヒドロキシエチルセルロース、ローズ水、イノシトール、キサンタンガム、グリチルリチン酸2カリウム、カプリン酸グリセリル、ラウリン酸ポリグリセリル-2、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ペンチレングリコール (2)カルボマー、メチルグルセス-10、ビタミンCテトラヘキシルデカエート、ペンチレングリコール、ベタイン、マカデミアナッツ油脂肪酸フィトステリル、アルギニン、水酸化レシチン、プルラン、サンザシエキス、タイソウエキス、グレープフルーツエキス、リンゴエキス、オレンジ果汁、レモン果汁、ライム果汁、BG、ソウハクヒエキス、トコフェロール (3)グリセリン,メチルグルセス-10,エリスリトール,(ビタミンC/ビタミンE)リン酸カリウム,アセチルヒアルロン酸ナトリウム,オノニスエキス,ビワ葉エキス,クエン酸ナトリウム,クエン酸,メタリン酸ナトリウム 少し多いですが教えて頂ければ幸いです。

  • コスメの成分について教えて下さい。

    アンプルールの化粧水を使用していて効果があったので、 美容液を購入しようかと思ったのですが、ふと成分が気になり 質問させて頂きます。 成分は下記の通りです。 水、グリセリン、ジメチコン、DPG、パルミチン酸イソプロピル、ペンチレングリコール、エチルヘキサン酸セチル、ソルビトール、BG、スクワラン、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ベヘニルアルコール、ステアリン酸グリセリル、ステアロイル乳酸Na、トコフェロール、アルブチン、1-メチルヒダントイン-2-イミド、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、水添レシチン、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、乳酸Na、PCA-Na、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、ツボクサエキス、ハイドロキノン、グリチルレチン酸ステアリル、カンゾウ根エキス、プルーン分解物、セレブロシド、加水分解酵母、オリゴペプチド-34、ローズマリーエキス、ヒアルロン酸Na、加水分解シロガラシ種子エキス、セイヨウオオバコ種子エキス、スーパーオキシドジスムターゼ、セタルコニウムクロリド、カルボマー、キサンタンガム、水酸化Na、フェノキシエタノール、香料 ドクターズコスメなので、それ程気にしていなかったのですが、ポリマーが含まれていると 肌呼吸が出来なくなり肌に悪いと聞きました。(界面活性剤は良く無いだの。) 肌の状態(シミが薄くなった等)に合わせて使用をやめたりすれば良いのかもしれませんが、現時点では気づいていないけれど、継続して使うことで肌に悪いということはあるのでしょうか? どの成分がどう悪いのか、お詳しいどなたかご教示頂ければ助かります。

  • この成分の化粧品は肌にはどうでしょうか・・・?

    検討している化粧水(美容液)の成分が安全かどうかなと思っています。 教えて下さい! 水、グリセリン、BG、(アスペルギルスアワモリ、サッカロミセスセレビシアエ)、サツマイモ根発酵液、アルニカエキス、カミツレエキス、シソエキス、ヨモギエキス、ローズマリーエキス、ポリグルタミン酸、ヒアルロン酸Na、グリチルリチン酸2K、アラントイン、スクワラン、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、ポリソルベート60、フェノキシエタノール、エチルパラベン、メチルパラベン、エタノール

  • ニューウエイズのシャンプーの成分

    知り合いからニューウエイズに誘われています。 知り合いが言うには「ニューウエイズの商品に悪いものは入っていない」ということのようです。 とは言われても、念のため、商品を持ってきてもらって、成分表を見てみました。 「ヘア&ボディ シャンプー」という商品ですが、成分は 水 ラウロイルサルコシンNa コカミドプロピルヒドロキシスルタイン ココイルリンゴ アミノ酸Na ラウリミノジプロピオン酸Na アルゲエキス アロエベラ液汁 オウシュウ ヨモギエキス カミツレ花エキス ニオイスミレ油 ハリエンジュ花エキス グリチルリチン酸2K ポリソルベート20 マルトデキストリン クエン酸 ジアセチン 以上です。 もう1つ「ライトニング」という商品も見せてもらいました。 こちらの成分表には 水酸化Na その他何種類かの成分が書かれていました。 最近「経皮毒」ということが盛んに言われるようになってきて http://www.keihidoku.com/archives/50601348.html にも「経皮毒」の一覧が載っていますが、「ヘア&ボディ シャンプー」の成分の上から2番目「ラウロイルサルコシンNa」がまさしくこの「経皮毒」にあたるとのことです。 また「ライトニング」という商品のほうの「水酸化Na」は実は私でも知っている薬品です。学生の頃、化学の実験で「水の電気分解」というのをやったことがありますが、水にこの「水酸化ナトリウム」を入れて実験し、先生からは、「もし手でさわったら、すぐに水で洗い流すように」と言われたことを覚えています。フリー百科事典『ウィキペディア)』にも「毒物及び劇物取締法により劇物に指定されている」とはっきり書かれています。 この「水酸化Na」という文字を見てびっくりしてしまったため、「ライトニング」という商品の他の成分は書きもらしてしまいました。 個人的には以上のことから、「ニューウエイズの商品に悪いものは入っていない」というのは鵜呑みにはできないし、自分のこどもに使わせるのもこわくてできないと思ってしまいました。 知り合いにはやんわりと断わりをいれようかと思っているところです。 成分のことについて詳しい方がいらっしゃいましたら、回答いただけると助かります。