• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

ガソリンホース内のエアーについて

ガソリンタンクからキャブレタに繋がるホースを透明なガソリンホースに交換しました。 そこで初めて分かったのですが、ホースを繋いでコックをONにすると、初めのうちはホース内はガソリンで一杯になりますが、走行しない状態で3時間くらい放置しておくと、そのうちエアーが入ったようにホースからガソリンが減っていきます。 何ででしょうか?考えても分からないので知恵を貸してください。 他の部品の状態ですが、キャブはオーバーフローもしていませんし、ガソリンホース自体から漏れていることもありません。ちなみに燃料コックは落下式で、先日燃料タンクのキャップと共にオーバーホールをしてもらったばっかりです。(ホースを繋いでいない状態では、普通に出ます)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • milchan
  • ベストアンサー率56% (29/51)

#1さんの言うとおり、ガソリンの気化したガスでしょう。 ガソリンは揮発成分が多く炭酸飲料のように容器に入れて密封してちょっと暖かいところに置いておくと、次にふたを開けると、プシュッとガスが出るほどです。 もちろんガソリンホースの中でも同じ事が起きているわけです。 だったらなぜ落下式なのにガソリンホースの中の空気みたいなのはガソリンタンクの方へ逃げていかないのか? 答えは、まずガソリンホースが細い。それとガソリンホースがコックから下がってきて一度上に向かって湾曲してからキャブにつながっている。(トラップになっている) 原因はどちらにせよそのまま乗っていて問題ありません。走り出せばキャブの中のガソリンは減り、フロートバルブが開き、空気みたいなものはキャブの中におしだされ、ベントホースから大気中、またはエアクリーナーに排出されて、新しいガソリンがキャブレターに送り込まれます。 確かにちょっとビビッちゃいますよね。 ちなみにガソリンホースを太くしても恐らく治りません。理由は、コック自体も穴が小さいので、空気みたいなものの逃げ道はありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

一杯だったホースからガソリンが減ってくのにはビックリしました。 なるほどそういうことでしたか!安心しました。ありがとうございます。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • deru
  • ベストアンサー率30% (479/1584)

落下式のコックですので放置しておいた時はコックは閉まってますよね?正常であれば密閉された部分ですので蒸発は考えられません、オーバーフローが考えられます、燃焼室かエアクリーナー部へガソリンが流れていっているのではないでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • M111
  • ベストアンサー率28% (229/801)

ガソリンはかなり気化しやすいものなので、減っているのではなくホース内で気化しているのではないでしょうか? 別に圧力をかけているわけでもありませんし、起こっても不思議はないと現象だと思います。その後、始動して問題がないのであれば、それほど気にしなくてもいいのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • バンバン50 キャブにガソリンが来ない

    バンバン50のベース車を購入致しました。キャブをオーバーホールしましたが、キャブにガソリンが来ていない事に気が付きました。ガソリンホースは詰まっていません。ガソリンはタンクに入っています。コックも見当たりません。キャブが入っているクランクケースに黒いホース1本と透明のホース2本が来ています。黒はガソリンで透明の内1本はオイル、もう1本は解りません。それが原因なのか?。それとも他に原因があるのか?。誰か教えて下さい。圧縮もいい感じで、火はプラグから勢い良く飛んでいますので、ガソリンさえキャブに来れば掛かると思います。

  • ガソリン漏れで困ってます。

    こんにちは。 バイク(ビーノ)のキャブからのオーバーフローホースからガソリンがもれてきてしまいます。キャブを分解清掃しましたが直りません(一時的には直りました:一時間くらい、エンジンのかかりも、漏れもなくなりました)。どこが悪いのでしょうか?また、信号で停止する度にエンジンが止まります。また、ふかしながらでないとかかりません。 気になる点は、最近間違えてガソリンタンクにオイルを入れてしまいました(満タン時に150ccくらい)。エンジン停止時でも燃料コックから少しずつガソリンが出ています(キャブ取り外し清掃時に気づきました)。よろしくお願いいたします。

  • オーバーフローホースが濡れている

    お世話になります。 キャブのオーバーフローホースの先端が常にガソリンで濡れてしまっています。 ポタポタと垂れるわけではありませんが、ふき取ってもしばらくしたら濡れてくるので、揮発するのと同じぐらいのペースで漏れているようです。 タンク内はきれい、ニードルバルブは新品交換済み、油面は調整済み(適正範囲内の下限寄り)、その他キャブの状態は完璧にしたつもりです。 また、駐車中はいつもコックをオフにしています。走行もベストセッティングではないかもしれませんが支障はありません。 ここまでくると、別に濡れてても普通なんじゃないか?とまで考え始めてしまいますが、普通なんですか? 異常であるとすれば、他に何をチェックすればよいでしょうか? 車種はTZR125です。 お分かりの方、よろしくお願いします。

  • キャブの清掃で取り外す時ってガソリンはどうなるの

    原付スクーターの場合、燃料コックやオイルコックがなくON/OFFが出来ない。そのままキャブに繋がっていると思っているんですが、キャブの清掃をする際にキャブに繋がっているさまざまなホースを取り外すと思うんですが、コックがないのでガソリンやオイルがタンクに入っていたら、外した瞬間にホースからドボドボ出てくるんじゃないでしょうか? キャブの清掃の仕方や取り外し方を紹介しているサイトはいくつかあるのですがその点については説明しているページを見つけられませんでした。 ご回答お願いいたします。

  • 燃料タンクからガソリンが漏れます。

    車種 バンディッド250Vです。 キャブレターのオーバーホール、燃料タンク(錆取り→洗浄→コーティング→)、フューエルコックの分解、洗浄(固着あり)をして、キャブを装着して燃料タンクはのせないで、簡易式タンク(点滴みたいなやつ)にガソリンを入れて接続しました。 始動OK、アイドリングOK、走行してもOKでした。 しかし、燃料タンクをのせて始動はしたのですが、カブリ気味て200m位走行したら、エンジンが停止。その後、エンジンがかからず。燃料タンクのフューエルコックとの接続部分より、プチュプチュ音がして、タンクキャップをあけたら、音は停止しました。そのヒューエルコック部分のあたりから燃料が漏れてました。 再び、タンクをおろして、簡易式タンク(点滴みたいなやつ)を接続したら、エンジン始動OK、アイドリングOK、走行OKでした。原因は、やはりヒューエルコックなのでしょうか? ちなみに、ヒューエルコックとタンクの接続部のパッキンは交換していません。(劣化ぎみ) 詳しい方がいらっしゃいましたら、教え頂けないでしょうか! 宜しくお願い致します。

  • 燃料ホースについて

    ガソリンの燃料ホースについて 耐圧ホースが余っているのですが、そのまま使用しても問題ないですか? 耐圧ホースの意味が、よく分かっていません。 燃料コックはON・OFF・リザーブで昔ながらのコックです。 またハサミでは切れないのですが、何の工具で切れますか? 同時にキャブから外す際にホースが固いのですが、何の工具を使って外せますか? よろしくお願いいたします。

  • SR400でコックをPRIにするとキャブレタ下部からガソリン漏れ

    SR400で、ガソリンのコックを「PRI」に合わせると、 キャブレタの下部のホースからガソリンが漏れます。 この「キャブレタ下部のホース」とは、キャブレタのドレンボルトを緩めるとガソリンが出てくるホースのことです。 キャブレタの故障なのでしょうか?

  • AF27 ディオ ガソリンタンク移植について!

    スーパーDio (AF27)のガソリンタンク移植について! AF27でウィリーすると、息継ぎが発生するのでガソリンタンク移植を考えています。 場所はメットインの底を加工し、JOGなどのタンクをはめようと思っています。 そこで質問なのですが、メットインスペース(キャブよりも上)にガソリンタンクを装着した場合、 燃料ポンプは使わず直接ホースでタンクからキャブに燃料を落下させるだけで大丈夫なのですか? ちなみに、ガソリンの残量センサーは使わないつもりです。 よろしくお願いいたします。

  • 初代ジョグのコックを探しています!

    27Vでも初期型のコックはホースが 4本繋がるようになっています。 1本はガソリンタンクから、あと2本は コックからキャブ(燃料と負圧)もう 1本はエンジンのヘッドに行っていて、 そこから別のホースがキャブに行って います。 社外品でも構いませんのでこのような キャブは売ってないでしょうか? 27V初期型でコックがダメになった という方。どうされているんでしょうか?

  • TZR250 3MA オーバーフロー。。。

    オークションで中古車を買い、タンクが軽く錆びていたのですが、ガソリンを入れてエンジン始動させました。 すると向かって右側のキャブからオーバーフローしたので、タンクのサビ取りとキャブ洗浄をしました。 洗浄内容としましては各ジェットとガスケット新品。 フロート室やキャブ内部を丹念にキャブクリーナーで洗浄しました。 組み付け後タンクのサビ取りが終わってませんでしたので、ガソリンホースに直接ガソリンを入れてキックすると、やはり右側のキャブからオーバーフローしました。 症状としましては、キックしてガソリンが流れ込む度にピュッピュッと飛び出す感じです。 ドレンのネジはちゃんと締まってます。 ガソリンタンクのサビ取りが終わったので組み付け後、ガソリンを入れるとコックをリザーブでもオンでもない位置(OFFとは書いませんがおそらくOFFと同様の位置なんだと思います)に合わせてるのに、両方のキャブから勢い良くオーバーフローしました・・・。 これは負圧コックの不調なのでしょうか? 考えられる原因を教えて頂ければ助かります。 どうぞ宜しくお願い致しますm(__)m