• ベストアンサー
  • 困ってます

二と四の違いがよくわからないので教えていただけると

二と四の違いがよくわからないので教えていただけると幸いです。正解は二です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数65
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

2.彼が戻った時、お父さんは退院しているだろう(未来系) 4.彼が戻ったら、お父さんは病院から出ていくだろう(過去形を使った仮定未来) 4だと何か事情説明がないとおかしいので 問題文だけだと2が自然です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど 回答ありがとうございます

関連するQ&A

  • 社会に正解はあるか否か

    社会に正解はあるでしょうか? 私はあると思います。 法律に従うことは正解です。 社則に従うことも正解です 常識どおりに生きることも正解です。 マナーを守ることも正解です。 科学も証明さえできればその理論は正解です。 こんなにも正解だらけの世の中なのに、「人生正解ばかりとは限らない」とは おかしくないでしょうか?

  • ○×式の問題2N問に無作為に解答したときの正解数がk問となる確率

    ○×式の問題が2N問。 N問は○が正解で、残りN問は×が正解。 解答者は無作為にN問に○を、N問に×をつける。 このとき、正解数がk問(0≦k≦2N)となる確率をp(k)とする。 ○が正解のときに、○を記して正解となった問題数をx問、 ×が正解のときに、×を記して正解となった問題数をy問とする。 このとき、xとyの関係を求め、p(k)を求めたいのですが、どうすればいいのでしょうか? 正解数の期待値は、Nでしょうか。

  • 確率で勘での正解を含まない正解率の出し方は?

    例えば、三択問題が5問あります。答える人は確実にわかっている答えを選ぶときもあれば、勘で答えて間違えるときもあれば、勘で答えて正解することもあります。  5問中4問正解しても、勘で正解しているのかそれとも本当にわかっていて正解しているのかわかりません。4問正解では正解率80%ですが、そのうち運の要素を含まない正解率を出すにはどうすればいいと思いますか?文献やURLを教えていただけたら幸いです。

  • 中学の数学の問題です。

    中学数学の問題です。 あるクラスで問題Aと問題Bの2問からなるテストを実施したところAの正解者はa人で AB両方とも正解であった生徒の人数はAの正解者の50%であった。 またAB両方とも正解であった生徒の人数はBの正解者の25%であった。このときABのうち 少なくとも一方が正解であった生徒の人数をaの式で表せ。 答え、5a/2です。(分母2) この問題の解説をお願いします。 できるだけわかりやすくお願いします。 あと、 私が思うに・・・ 両方正解した人→a/2人 Bの正解者をxとすると x×1/4=a/2 x=2a 一方が正解であった人 a-a/2+2a-a/2 だと思ったのですが・・ たとえば Aの正解者つまりaの人を100人とすると両方正解した人は50人 Bの正解者はaの4倍なので200人 Aの正解者のうち50人は両方とも正解した人なのでAだけの正解者は50人 Bの正解者も同様にやって150人 つまり一方だけ正解した人は200人になると思ったのですが・・ 5a/2にa=100をあてはめてやると 一方だけ正解した人は250人・・ 私の考え方の何が間違っているのでしょうか? すいません 解説お願いします

  • 新司法試験、ロー入試の択一の出題のされかた。

    択一試験の問題の構成について疑問に思いました。 例えば、ABCDEの肢があり、正解の組み合わせたものは1~5の中から選べ。 という問題で、 1、AB 2、AC 3、CD 4、DE があったとします。 Aから順番に解くと、Aがあきらかに正解ということが分かりました。 この場合、正解は1か2にしぼれるのでしょうか? っていうのは練習問題では、4が正解の時もあるからです。 結局A、D、Eが正解で4が正解、などという問題が試験に出るのでしょうか? それともAが確実に正解と分かれば、1か2にしぼれるような問題しか出題されないのでしょうか?

  • 2択問題の正解確率について

    数学のことを殆ど知らないので、よくご存知の方に教えて頂きたいのですが、 「2択問題をx問やって、n問正解する確率を求める公式」はあるのでしょうか? もちろん2択問題というのは学校のテストなどではなくて、コインを投げてオモテかウラかを当てるような、知識が介在しない場合の話です。 例<その1> 10問やって10問正解する確率は1024分の1 5問やって5問正解する確率は32分の1 3問やって3問正解する確率は8分の1 この場合の公式は「2のx乗分の1」で合ってるのでしょうか? 例<その2> 10問やって9問正解する確率は1024分の11 5問やって4問正解する確率は32分の6 3問やって2問正解する確率は8分の4 この場合の公式は「2のx乗分のx+1」で合ってるのでしょうか? でも、nはどこに行ってしまったのか、これが分かりません。。。なので、10問やって8問正解する場合の公式、9問やって6問正解する場合の公式、150問やって112問正解する場合……と言う様に、x問やって、n問正解する確率を求める公式がどんなものなのか、全く分かりません。 もしご存知の方がいらっしゃったら、教えて頂けませんか。

  • 数学の問題です。考え方も教えて下さい

    あるクラスで、問題Aと問題Bの2問からなるテストを実施したところ、Aの正解者はa人であった。また、A,B両方とも正解であった生徒の人数はAの正解者の50%で、これはBの正解者の25%でもあるという。このとき、A、Bのうち少なくとも一方が正解であった生徒の人数を求めなさい。

  • FP2級の答え合わせについて

    今日のファイナンシャル・プランニング技能検定2級の結果についてです。 きんざいのホームページで答え合わせしました。 配分がわからないのでなんとも言えませんが・・・ 下記のような結果では、合否どうなるでしょうか。 何割以上の正解で合格といった基準はあるんでしょうか。 個人的な質問で本当に申し訳ないです。 午前の学科試験は、60問中45問正解(正解率75%)。 午後の実技試験(生保顧客資産相談業務)は、26問中22問正解。(正解率84%)  ・第一問 9問中9問正解  ・第二問 3問中2問正解  ・第三問 3問中1問正解  ・第四問 3問中3問正解  ・第五問 8問中7問正解

  • 「解き方」は分かるのですが「考え方」が分かりません。分かり易く教えて下

    「解き方」は分かるのですが「考え方」が分かりません。分かり易く教えて下さい。(武蔵大)ある問題集からの抜粋です。 ※ ある問題集からの抜粋です。正解が付いているので「解き方」は分かるのですが、何故その「解き方」をするのかの「考え方」が分かりません。「考え方」を『分かり易く』教えて下さい。 【問題】(武蔵大)50個の問いからなる数学の試験を10人の学生が受験した。各問いについて、正解者がちょうど1人ずつおり、かつ少なくとも2人が3問に正解を出していた。よって少なくとも1人は [ア] 問以上に正解をあたえていたことになる。さらに、他の3人が1問だけに正解をあたえていたとすると、少なくとも1人は [イ] 問以上に正解していたことになる。 【正解】 ア…6 イ…9 【解き方】 学生10人の正解数を考えるとき、その最大数をxとすると、2人は3問正解だから、残りの8人の正解数の合計は8x以下である。  よって、   3×2+8x≧50 が成り立つ。     8x≧44 より     x≧5.5  したがって、少なくとも1人は6問以上に正解をあたえていた。  さらに、他の3人が1問の正解だから、残りの5人の正解数の合計は5x以下である。   6+1×3+5x≧50 を解いて、       x≧8.2  したがって、少なくとも1人は9問以上に正解していたことになる。    

  • ベン図の考え方について(長文です)

    こんにちは。 ベン図の考え方について分からない部分が出てきまして。。。。。 こんな問題です。。。。。 100人の子どもに、A、B、C3問のクイズを出しました。 A正解40人。 B正解38人。 C正解35人。 ABC3問中、2問のみ正解21人。 3問とも不正解30人でした。 では、3問とも正解は何人いますか。 このような問題です。 解答欄を見てみますと。。。。。。。。。。。。。。 ベン図より。 (ここでは図は省略致しますが。。。。。。。。。) Aのみ正解した人数をa Bのみ正解した人数をb Cのみ正解した人数をc と置きますよね。 で、次に。。。。。。。。。 AとBの2問正解した人数をp BとCの2問正解した人数をq CとAの2問正解した人数をr と置きます。 3問とも正解した人数はxとします。 式を立てます。 2問のみ正解した人数が21人なので。。。。。。。。 p+q+r=21 今、Aか、Bか、Cのどれか1問のみ正解だった人数をyと置きますと a+b+c=y という式が成り立ちます。 で、そうすると次の2式が成り立ちます。 (a+b+c)+2(p+q+r)+3x(これは延べ人数) 40+38+35=y+2×21+3x………………………(1) (a+b+c)+(p+q+r)+x(これは実際の人数) 100-30=y+21+x……………………………………(2) (1)、(2)より。。。。 113=y+42+3x…………………………(1)‐ 70=y+21+x………………………………(2)‐ あとは計算して、 x=11 3問正解した人数は11人が答えなのですが。。。。。。 上の、 (a+b+c)+2(p+q+r)+3x(これは延べ人数) という式(延べ人数)の立て方が今ひとつピンとこないです。。。。。。。。。。。 後の連立の計算等は分かるのですが。。。。。。。 多分、公式みたいなものなのですが。。。。。 延べ人数を求める式 (a+b+c)+2(p+q+r)+3x 特に、(p+q+r)を2倍してやる部分がピンときません。。。 AとBの2問正解した人数と BとCの2問正解した人数と CとAの2問正解した人数を 求めるのだから2倍ではなく3倍なのかな、と思っちゃったり。。。。。 (xの3倍は何となく分かるのですが。。。。。。。) 初歩的な質問で恐縮ですが、お時間のある時にお答え頂ければ嬉しいです。