• ベストアンサー
  • 困ってます

センタレスのドレス後の寸法変動

以前、ドレスをした後すぐに寸法を出し、物を加工しようとしたら(φ13)狙った寸法の0.01位大きくなってしまって、流し始めは捨てワークになってしまいました(交差は±0.005です。)、ドレス後は250本位荒取りとして使って砥石を慣らしてから、仕上げをしているのですが、どうも生産性が無いと思いここで質問させてもらいました。これはドレス後の狙い値を下限ギリギリにすれば荒取りをしなくて済むのでしょうか? 理屈が把握出来てなくてすみません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数264
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • kon555
  • ベストアンサー率54% (871/1612)

 ドレス直後は砥石の表面が荒れているような状態になります。砥石の粒単位の微小な凹凸ができている状態ですね。この荒れた状態の砥石では、どうしても面が粗くなったりして、高精度を狙うのは厳しくなります。  この凹凸はワークを削るにつれて滑らかになり、それに伴い研削制度も安定します。しかしやがて目詰まりを起こし、ドレスが必要になります。  使用している砥石や機械に大きく左右されますが、公差が幅0.01であれば、ドレス直後から仕上げようとするのは、ちょっと厳しいと思います。下限ギリギリ狙いで安定して出来ればいいですが・・・1ミスで不良品になりかねません。  現状の荒取りでの慣らしをやめるにせよ、せめて±0.01や±0.02といった緩めの公差の品で慣らす必要はあるでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • センタレス研削でのワークキズ

    センタレス・スルーフィード研削でФ33、L=80の円筒状の物を加工することになりましたが、出口側でワークが停滞した時に調整砥石が当たり擦りキズのようなものが入ってしまいます。なるべく停滞しないよう連続加工していますが、少しでも停滞すると擦りキズが入ってしまいます。スウィベルで角度調整をすると直る時もありますが、今度はワークが鼓型などになり円筒度が悪くなってしまいます。 会社で初めてスルーフィード研削を行なうため全くノウハウがなく困っています。頂角・修正角を変えて調整車の形状を変更すれば良くなるのではないかと思いますが、どうなのでしょうか?また、もし変更するならばどの程度変更すれば良いものなのでしょうか? 皆様のアドバイスをお願い致します。 因みに加工は仕上げ研(前加工で荒研有)で取り代が10μm程度です。 出口側のガイドは調整車とほぼ平行です。

  • ドレスのたびに寸法バランスが狂ってしまいます

    材質がS45C(生)で、長さ100mmちょっとで外径がΦ6、Φ8、Φ10の3段になっているワークを、センタレス研削盤で加工しています。 寸法公差は一番厳しい部分で13μです。 一度寸法が出てしまえば、安定して連続加工できるのですが、ドレスを入れるたびに寸法バランスがどこかへ行ってしまいます。 バランスの狂い方は、中凹になったり中凸になったり、Φ8とΦ10がきれいに出てΦ6だけ10μくらい太ってみたり、毎回バラバラです。 テンプレートは再研磨に出し、±0.7μで仕上がっています。 ダイヤも交換したばかりです。 メーカーを呼んで見てもらったら、ドレッサーのスライドが磨耗してガタガタになっていると言うことで、とりあえず保全を呼んでカミソリを締めてもらったものの直りきらず、近々修理を依頼する予定ですが、見積もりが32万5000円ということで、これを2台実施しなくてはならず、会社の経営状態もよくないので「やってみたけど直りませんでした」は許されない状況になっています。 スライド修理だけで直るものでしょうか?何か他の要因もあるのでしょうか? 廃業した連結子会社から移管されてきた設備なので、社内にこれをまともに扱える技術員がおらず、毎月の不良金額が20万円以上になり、困っています。

  • センタレス研削の基本技術

    お世話になります。 このたびセンタレス研削盤を使用することになったのですが、 加工理論や理屈が良くわかりません。 支持刃は何度が良いか、ワークの回転、砥石の回転など、 そこで技術書を探しているのですが、技術書や一般的な 使用方法を提示している本などはあるのでしょうか、 インターネットで検索したらほとんど出てきませんでした。 宜しくお願いします。

  • CBNホイールについて

    はじめまして。研削で量産物をやるのにちょっと困っています。 材質はSNCM420QTで外径φ180.2内径φ150幅50のリングで外周面 浸炭処理(Hs75で深さ1.5mm)してあります。これの外周 を荒でφ180.02まで落として、仕上げでφ180.000±0.002の 真円度0.004、表面粗さRa0.15に収めたいのです。 段取りとして端面ラップ仕上げ面なのでそれをマグネットチャック で片持ち保持して仕上げ加工しています。 現在の仕上げ用砥石はφ450幅50のWA240で多石ダイヤモンドにより ドレッシングしていますが、ドレスインターバルが短く粗さもなかなか安定 しないし、スクラッチも入ってしまい時間がかかってしまいます。 これが50100個あるので、何度も取付、加工、計測の繰り返しで 非常に苦労しています。 そこで、CBN砥石ならどうかと思うのですが、こういった鋼材の 加工は可能なのでしょうか。また可能ならどれくらいの砥石の条件 がいいのか、お勧めの砥石会社など教えてください。 長文乱文ですみませんが、よろしくお願いします。

  • SCM435f 加工について

    困っているんですが、 今加工しているワークで寸法がばらつくのですが、何かいい方法をアドバイスいただけないでしょうか? 切削条件 ?スター精密 NC旋盤(ピーター)SR20 ?材質SCM435f パイ10 ?10パイ~7パイに切削 ?交差0~-0.05 ?ロウ付溝バイト(溝幅3.9両端0.3Rあり バイト1.6と1.0使用) ?S2000 送りF0.015~F0.012 ためしたこと ?初めは溝バイト1本で荒、仕上げと分けて加工するが、 バラツキと寸法が両端で違う ?切削量を変え仕上げを片肉0.1~0.25まで試す。結果変わらず ?刃物を荒、仕上げに2本に分ける。改善されるが、 少々公差内でばらつき1/10ぐらいの割合で0~-0.05の公差から -0.06になり公差外になる (真ん中部分がいつも公差外になる。) チップは試そうと思ったんですがやはり溝バイトで走るため あまりよくないと思ったため試していません。 わかりにくてすいません。アドバイスぜひともお願いします。

  • センターレス段付き円筒研磨で1周のキズが消えません

    センターレス段付き円筒研磨で1周のキズが消えません 研削機:ミクロン製 ワーク:φ11とφ10で長さ480mm 取り代:片肉0.03mm 砥石:クレトイシ 調整側 ZA150RRS-11A 研削側 GC8 0JV021A 試したことは、 切込み0.03でドレスを何十回も行い 0.001で仕上げを行い ブレード交換を行いましたが同じ場所に1周のキズが残り困っています。 どうすればなおるでしょうか?

  • 寸法の変化

    弊社では精密コネクターの端子をプレス加工しています。     _   _    | |A| |    | | | |    | |_| |    |  _  |    | | | |    | | | |    | |B|_|    | |      __| |_______  上記のようなH型の端子を生産する際、金型をトライする度にA,Bの寸法が 変化してしまいます。 パンチ、ダイの狙い値通りの寸法を出すにはどうしたらいいのでしょうか。 プレス機はC型フレームの順送り0.5t。 材料はりん青銅 C5210R-XSH(HP) 0.15×8.0です。

  • ダイキャスト金型用鋼の調質後の加工と寸法変化につ…

    ダイキャスト金型用鋼の調質後の加工と寸法変化について ダイキャスト金型用鋼(DAC55)を加工しています。現在荒加工で2ミリ取りしろをつけて調質しHRCを45ほどに上げてから中仕上げ加工をしています。そして加工終了後にリテンパーを施しています。これが勤務先の従来からのやり方なのですが、調質後に荒加工からの全ての切削加工をするのは危険でしょうか?心配なのは調質後の材料が 1.加工中に反ったりなどの変形がしないか?  2.加工で反りがでなくてもリテンパーによって寸法変化しないか?です。 調質後はその後大きく切削されても薄い板や生材みたいに変形しにくいと思うので調質済みの材料を買ってきて一気に加工してしまいたいのです。(硬いから加工時間は少し余計にかかっても段取り回数を減らしたいもので。)材料は400×300×200ミリ位のしっかりしたサイズです。でもどこか自分の考えに落とし穴がありそうで。。。不安です。

  • SCM435について

    みなさんに聞きたいのですが、クロモリ(SCM435F)を加工する際 径の寸法がそろわないと認識しているんですが(後挽き)、やはりこれは切削するにしたがって通らなければならに道なのでしょうか? ?切削はピーターです。 ?刃物は二本使って加工してます。 ?周速は、S80~70で試しました。 ?送りは0.02~0.025で加工しました。 ?削りしろは,2.5前後です。 こんな感じで加工したんですが、 なにかカッキテキな方法とかありましたらアドバイスいただけたら嬉しいです。 困っているんですが、 今加工しているワークで寸法がばらつくのですが、何かいい方法をアドバイスいただけないでしょうか? 切削条件 ?スター精密 NC旋盤(ピーター)SR20 ?材質SCM435f パイ10 ?10パイ~7パイに切削 ?交差0~-0.05 ?ロウ付溝バイト(溝幅3.9両端0.3Rあり バイト1.6と1.0使用) ?S2000 送りF0.015~F0.012 ためしたこと ?初めは溝バイト1本で荒、仕上げと分けて加工するが、 バラツキと寸法が両端で違う ?切削量を変え仕上げを片肉0.1~0.25まで試す。結果変わらず ?刃物を荒、仕上げに2本に分ける。改善されるが、 少々公差内でばらつき1/10ぐらいの割合で0~-0.05の公差から -0.06になり公差外になる (真ん中部分がいつも公差外になる。) チップは試そうと思ったんですがやはり溝バイトで走るため あまりよくないと思ったため試していません。 わかりにくてすいません。アドバイスぜひともお願いします。

  • 薄板の加工について

    3軸マシニングでアルミのブロックからT材を削り出すのですが、板厚1.5mmで高さが50mmあり、加工中に逃げてしまい寸法に精度が出ませんでした こういう加工は少しずつ荒取り・仕上げを繰り返して板厚を加工するのか、全体的に荒取りをして仕上げは切削抵抗のかからないように少しずつ加工していくのか、どちらがセオリーとして正しいのでしょうか