• 締切
  • すぐに回答を!

マンションの組合員と占有者の違い

  • 質問No.9702734
  • 閲覧数69
  • ありがとう数1
  • 気になる数1
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 87% (152/174)

ネット検索すると、見た範囲では、すべからく、(A)組合員=区分所有者、(B)占有者=借りている人、という説明ばかりです。
つまり、説明者は(A)も(B)も1人のことを指して説明しているのです。

そこで、質問なのですが、標準管理規約でも「組合員」、「占有者」という用語が使用されています。もちろん「組合員」というのは1人のことをさしているのは明らかですが、「占有者」というのは「賃貸契約者」1人のことを指しているのでしょうか。それぞれの家族はどういうカテゴリになるのでしょうか。

私は、「占有者」というのは、全居住者から「組合員」を除いた範囲、すなわち、
(1)組合員の家族
(2)賃貸契約者
(3)賃貸契約者の家族
すべてを含むのではないかと理解しているのですが、間違っているのでしょうか。
元々、民法では、まさにこのマンションの全居住者のことを「占有者」と規定しているものと理解していますが間違っているのでしょうか。
標準管理規約の元となっている区分所有法第6条3項に「第1項の規定は、区分所有者以外の専有部分の占有者(以下「占有者」という。)に準用する。」という記載があり「占有者」と言う字句が2回出てきますが、最初の「占有者」とはどこで規定されている用語なのでしょうか。民法ではないのですか。つまり、家族や不法占拠者等も含めた全居住者のことではないのでしょうか。
そこらへんの説明を一切見たことがありません。
どうか宜しくお願いします。

回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 50% (472/928)

「占有者」というのはその部屋を占有使用している人、またはその家族だと思います。つまり「占有者」だけならすべての住人のことを含みます。
そして、質問者の挙げた
「第1項の規定は、区分所有者以外の専有部分の占有者(以下「占有者」という。)に準用する。」
という文言では、「区分所有者以外の専有部分の占有者」をこの条文内では省略して「占有者」と呼ぶ、ということを言っているだけなので、一般的な「占有者」とは違うものです。

あと、組合員については管理規約で定義されていると思います。
お礼コメント
gihun

お礼率 87% (152/174)

早速のご回答ありがとうございます。
>「占有者」だけならすべての住人のことを含みます。

すべて=(組合員)+(組合員の家族)+(賃貸契約者)+(賃貸契約者の家族)+(不法占拠者(笑))
という理解でよいですね。安心しました。
質問文で書きましたように、ネットでは皆が「マンションにおける占有者=賃貸人」であるかのような説明をしているところが気に入りません。本当は、知らないのでしょうかねぇ。
投稿日時:2020/02/04 19:11
  • 回答No.1

ベストアンサー率 33% (4028/12121)

生活・暮らし カテゴリマスター
区分所有者・・・・分譲マンション
占有者・・・・・・賃貸マンション
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ