• ベストアンサー
  • 困ってます

MA-1等のナイロンジャケットについて

  • 質問No.9685046
  • 閲覧数30
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 76% (171/223)

左腕に付いている謂わゆるシガーポケット。

よくよく考えると、軍服なのにタバコ用のポケットなんて作る訳もなく。

そもそも、何用のポケットなのかわかる方いますか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 32% (3791/11490)

他カテゴリのカテゴリマスター
1927年に元祖のジャケットが作られて 少しずつ変化して現在にいたる歴史 画像付き
https://fashion-basics.com/ma-1_bits-of-knowledge-2282

1927年の初期をA-1
1944年に作られたものが 現代のデザインの基礎で シガーポケットがついています。
フライトジャケットは操縦席で機器類に引っかかったりしないシンプルな形というのが このスタイルになった理由です。
お礼コメント
sarubaba

お礼率 76% (171/223)

回答有難う御座いました

B-3の画像が今はあのものですね
投稿日時:2019/12/04 18:16

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 22% (1843/8128)

>軍服なのにタバコ用のポケットなんて作る訳もなく。

かつてはアメリカ軍用の非常食(レーション)にもタバコが含まれてたぐらいにタバコを吸うのは当たり前だったのです。
お礼コメント
sarubaba

お礼率 76% (171/223)

回答有難う御座いました
投稿日時:2019/12/01 14:46
  • 回答No.1

ベストアンサー率 29% (5822/19535)

他カテゴリのカテゴリマスター
MA-1などは「フライトジャケット」なんて呼ばれて、元々は爆撃機の搭乗員が着る防寒着から始まったものです。
で、昔の飛行機は航法とか燃料計算とか全部手計算でやらないといけなかったので、ペンが欠かせませんでした。そこで左腕にペン指しが作られたのがきっかけです。胸ポケットでもいいような気もしますが、厚着をしたときには腕のほうが取り出しやすいっていうのはあるでしょうね。
それで、ペン指しに加えて小物を入れるポケットも作られるようになりました。消しゴムを入れていたのかどうかは分かりません。でもちょっとしたモノを入れる場所が欲しかったのでしょうね。

それがそのまま転用されているのです。腕のペン指しは、作業着でもそうなっているものがありますよね。

あとタバコは兵士の恐怖心を和らげ、気分を落ち着かせるために各国の軍隊で幅広く配られました。今はタバコって「百害あって一利なし」の扱いをされていますが、隠されているタバコの「効能」として「鬱を防ぐ」というのがあります。関連性がどこまであるかは分かりませんが、近年喫煙率は下がっていますが、鬱病の患者数は増えているというのは事実ですね。ちなみに回答者は嫌煙家です。
お礼コメント
sarubaba

お礼率 76% (171/223)

回答有難う御座いました。
タバコも配備品だったと言う事ですね。

数代前のA-2の時代、ハンドウォーマーはだらし無く見えるとの理由でジャケットに手を入れるポケットを作りませんでした。

それが近代になってタバコ用ポケット?ハンドウォーマーがだらしなく見えるのにタバコ?と疑問が浮かんだしだいでした。
投稿日時:2019/12/01 14:52
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ