解決済み

古い木造の家の外壁について

  • 困ってます
  • 質問No.9580726
  • 閲覧数90
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 88% (561/635)

古い金属製の薄い鉄板をはがしたところ、下からさらに古いべニアの外壁が出てきました。この上に新たに外壁として、サイディング、モルタル、コンクリート、同様にガルバリュームなどを張り付けようかと思っておりますが、材料費が最も安い外壁は上記以外も含めて、どんなものがありますでしょうか。

鉄筋を立てて、コンクリートパネルで囲って、外壁を作るのはどうかなと思っておりますが、経験された方おられますか、教えてください。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3

ベストアンサー率 30% (1360/4448)

『古い金属製の薄い鉄板』は、おそらくトタン外壁だと想像します。

その内側のべニアは、これまたおそらくトタンを貼り付けるための
土台の板・・と想像します。

さて、、、材料に関しては、べニアの上にトタン貼りですから、
べニアをそのまま使う(部分的に傷みがあれば交換して)として、
最も安上りはやはり「トタン貼り」だろうと思います。

大工によってはそのべニアは除去してトタンの足付き用に木材桟を
取付ける場合はあると思います(大工と相談)。

知り合いの家が地震によってモルタル+吹き付け壁が崩れて
修理依頼した際に見積もったところ「トタン貼り」が一番安かったそうです。

モルタル、コンクリートの塗りは大工ではなく左官の仕事ですから、
左官職人代も入りますからいくら材料費が安くても相殺されますね。
(左官職人って激減していますから職人が来てくれるまで数日待たなければ
いけないし、職人代も高めです)

大工だけで出来る仕事は、トタンかサイディングになりますが、
サイディングはトタンよりも高いです。

鉄筋、コンクリートパネル・・モルタルよりも高くなると思います。

なお、耐久性に関してはコンクリートが一番高いと思いますが、
打ちっぱなしじゃ汚れが目立つし、サイディングはパネルは良いものの、
継ぎ目のコーキングは5年くらいで劣化してきますから、
やり直ししないと雨漏れするし、選択肢としたらモルタルかトタンでしょうね。モルタルも地震などでヒビ割れが起きますが、
あらかじめ割れても良いように溝を作っておきます。その溝で割れを
吸収しますから溝の割れだけを補修したら良いのです。

モルタルは耐久性は高い方ですが、割れは発生しなくともチョーキング
現象は10年くらで出てきますから塗り直しなどのメンテは必須です。
これを怠ると内部に雨が滲み、ラス網を錆びさせ壁全体が浮いてくるように
なります。まあここまで来たら全面改修しかありません。

ただしモルタルは大工仕事ではなく左官仕事ですから工賃は高くつきます。
したがいまして、最も安上りはトタン一択になります。
(トタンも窓際とか一部モルタルで始末をする箇所がある場合、
左官仕事料がプラスはされます)ただトタンは断熱性がほとんど期待出来ません
から特に冬場の暖房効率は落ちます(暖房費は掛かる)。
カラートタンはあるものの、やはり見た目がトタンなので安っぽい仕上がりに
なります。
お礼コメント
cincinnati

お礼率 88% (561/635)

ご回答ありがとうございました。ご意見参考にいたします。
投稿日時 - 2019-01-27 21:01:49

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 16% (202/1256)

基礎が腐ってるかも知れないのに外だけ?ベニヤに鉄板って、確実にベタ基礎入ってないし断熱材すら怪しいですよね。普通なら触ってしろい粉が着いたら塗りかえですがサイディングをしたら塗る必要はないです。一番安くて持つのはサイディングではないかな。ただ、お宅の家を見ていませんから、はっきりとは言えません。杉を焼いたような外壁のふるい古民家みたいなんでしょうか。
お礼コメント
cincinnati

お礼率 88% (561/635)

ご回答ありがとうございました。古民家ではありませんが、かなり古いことは確かです。杉を焼いた壁ではなくて、おそらく耐水性のあるベニヤだとおもいます。
投稿日時 - 2019-01-27 21:04:08
  • 回答No.1

ベストアンサー率 37% (42/112)

専門家ではないもんで、回答にはなりませんが、ちょっと気になったもので・・・。

>下からさらに古いべニアの外壁が出てきた
ベニア板で外壁?ってあるんでしょうか?
(昔の木造の小学校の床や廊下みたいに)よほど油でもべっとり塗っとかなくっちゃ、雨水で腐ってしまうのでは?

それと、昔、「ぱっとサイデリアー」って小林亜星のCMソングでおなじみのがありましたが・・・。
知人のお宅で、サイディングの塗り替え時期(旬)を逃してしまって、どうにもこうにも、サイディングを張り替えないといかんくらいに劣化してしまったそうです。
狭い範囲の部分的な修理ではなくて、家屋全体の外壁でしたから、張り替えると、かなりのコストがかかるから、しかたなく、外壁の上から、もう一枚サイディングをはってもらったそうです。
「古い金属製の薄い鉄板」のことがよくわからないのですけど、築年数がかなり古くても、柱や床のゆがみ(とか、シロアリのこととか)などどうもないならいいですが、その家にあと何年暮らすのか?も踏まえて、修理がいいのか、建て替えがいいのか、業者と相談してみてはいかがでしょうか?
お礼コメント
cincinnati

お礼率 88% (561/635)

ご回答ありがとうございました。確かにベニヤで其のまま、外壁というのは無いように思いましたが、現実にはそのような材料が戦後まもなくは存在したのかもしれません。ご意見は参考にいたします。
投稿日時 - 2019-01-27 21:06:37
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
家選びの決め手、契約時に気をつけたこと。あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ