解決済み

数学に関する質問です。解き方を教えて下さい。

  • 困ってます
  • 質問No.9576380
  • 閲覧数149
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数7
  • コメント数0

お礼率 88% (2479/2787)

ある国のダイヤモンドのオークションでは、「色」、「輝き」、「質量」の3項目について合否評価をし、品質を類別しているという。
いま、270個について品質類別を行ったところ、「色」については99個、「輝き」について91個、「質量」については136個がそれぞれ合格となった。また、そのうち2項目合格となったものは、「色」と「輝き」では14個、「色」と「質量」では23個、「輝き」と「質量」では37個であった。さらに3項目すべて合格となったものはわずかに2個であった。これらに関する記述のうち誤っているものはどれでしょうか?解き方を教えて下さい。

1.2種類以上の合格は約26%である。
2.「質量」の合格は3つの基準の中で最多である。
3.「輝き」だけ合格したものは全体の15%に満たない。
4.「色」だけが合格したものの個数は全て合格となったものの32倍である。
5.すべて不合格となったものは、約6%である。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.7

ベストアンサー率 79% (83/104)

他カテゴリのカテゴリマスター
ANo.2とANo.3の回答者です。

「2項目合格」を「2項目以上合格」と、「さらに3項目すべて合格となったもの」を「そのうち3項目すべて合格となったもの」と解釈すると、次のようになります。

◎問題文から分かること
・「色」だけ合格
99-(14-2)-(23-2)-2=64個
・「輝き」だけ合格
91-(14-2)-(37-2)-2=42個
・「質量」だけ合格
136-(23--2)-(37-2)-2=78個
・合格実数
64+42+78+(14-2)+(23-2)+(37-2)+2=254個
または、99+91+136-(14-2)-(23-2)-(37-2)-2×2=254個
・すべて不合格
270-254=16個

1
2種類以上の合格は、(14-2)+(23-2)+(37-2)+2=70個
これが全体に占める割合は、70/270×100≒26%であるから
「正しい」


問題文にある通り、「質量」については136個で最多であるから
「正しい」

3
42/270×100≒16%であるから
「誤り」

4
64/2=32倍であるから
「正しい」

5
16/270×100≒6%であるから
「正しい」


1の約26%、4の32倍、5の約6%が、選択肢中に示された数値と完全に一致するので、このように解釈すべきなのでしょう。
逆に、「だから引っ掛けである」と考えられなくもありませんが。
いずれにしても、表現が不十分(曖昧)な問題です。
お礼コメント
iwano_aoi

お礼率 88% (2479/2787)

回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2019-01-13 16:30:27
感謝経済

その他の回答 (全6件)

  • 回答No.6

ベストアンサー率 43% (702/1605)

 ↓ 参考 URL
     3つの集合の要素数
… など。
  
  • 回答No.5

ベストアンサー率 43% (702/1605)

ANo.4 の錯誤訂正。

 題意解読の例
    ↑      
「2項目合格」を、「2項目だけ合格」ではなく、「2項目以上合格」だとして。
∵「2項目だけ合格」だとすると、下記の「多重計数」排除の勘定は不要。


5. すべて不合格となった対象個数は?
 5-1.「1項目以上合格」した対象個数は?
  各項目の合格個数の和から、ダブル・カウント分(+) とトリプル・カウント分(-) を補正したもの。
  (99+91+136) - (14+23+37) + 2 = 326-74 + 2 = 254
 5-2.「すべての項目で不合格」だった対象個数は?
  対象総数から「1項目以上合格」した対象個数をさし引いたもの。
  270 - 254 = 16 (約 6%)
  
  • 回答No.4

ベストアンサー率 43% (702/1605)

 題意解読の例
    ↑      
「2項目合格」を、「2項目だけ合格」ではなく、「2項目以上合格」だとして。
∵「2項目だけ合格」だとすると、下記の「多重計数」排除の勘定は不要。


5. すべて不合格となった対象個数は?
 5-1.「1項目以上合格」した対象個数は?
  各項目の合格個数の和から、ダブル・カウント分とトリプル・カウント分をさし引いたもの。
  (99+91+136) - (14+23+37) - 2 = 326-74-2 = 250
 5-2.「すべての項目で不合格」だった対象個数は?
  対象総数から「1項目以上合格」した対象個数をさし引いたもの。
  270 - 250 = 20
  
  • 回答No.3

ベストアンサー率 79% (83/104)

他カテゴリのカテゴリマスター
ANo.2の補足です。

原因は不明ですが、5の「誤り」がうまく入力できませんでした。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 79% (83/104)

他カテゴリのカテゴリマスター
参考URLにあるような「ベン図」で考えれば分かります。
「ベン図」が描けないようでは困ります。
なお、「2項目合格」とは「2項目だけ合格」と解釈します。
もしも、その中に「3項目すべて合格となったもの」も含まれるのであれば、「さらに3項目すべて合格となったもの」ではなく、「そのうち3項目すべて合格となったもの」と表現すべきです。

先ず、問題文から次のことが分かります。
・「色」だけ合格
99-14-23-2=60個
・「輝き」だけ合格
91-14-37-2=38個
・「質量」だけ合格
136-23-37-2=74個
・合格実数
60+38+74+14+23+37+2=248個
または、99+91+136-14-23-37-2×2=248個
・すべて不合格
270-248=22個

1
2種類以上の合格は、14+23+37+2=76個
これが全体に占める割合は、76/270×100≒28%であるから
「誤り」

2
問題文にある通り、「質量」については136個で最多であるから
「正しい」

3
38/270×100≒14%であるから
「正しい」

4
60/2=30倍であるから
「誤り」

5
22/270×100≒8%であるから
「誤り」                                  
  • 回答No.1

ベストアンサー率 41% (21/51)

この手の問題は、ベン図を書いてそれぞれ合格/不合格の時の個数を出せば一発で分かります。


色、輝き、質量の合否とその数を、便宜的に(ok,-,-)=99、(-,ok,-)=91、(-,-,ok)=136、(ok,ok,-)=14、(-,ok,ok)=23、(ok,-,ok)=37、(ok,ok,ok)=2等と表記します。
(本来なら記号で表記するべきなのでしょうが、詳しくないので)

色と輝きが合格である個数は、色と輝きと質量が合格な個数と、色と輝きが合格で質量が不合格な個数を合わせたものなので
(ok,ok,-)=(ok,ok,ok)+(ok,ok,NG)
より
(ok,ok,NG)=14-2=12になります。
同様に(ok,NG,ok)=23-2=21、(NG,ok,ok)=37-2=35になります。

(ok,-,-)=(ok,ok,ok)+(ok,ok,NG)+(ok,NG,ok)+(ok,NG,NG)より
(ok,NG,NG)=99-2-12-21=64になります。
同様に(NG,ok,NG)=91-2-12-35=42、(NG,NG,ok)=136-2-21-35=78、(NG,NG,NG)=270-(34+42+78+12+21+35+2)=16になります。


以上より各条件を調べていくと

1.2種類以上合格約26%
(14+37+23+2)/270=0.27148なので間違い。

2.「質量」の合格は3つの基準の中で最多
設問より色99、輝き91、質量136とあるので正しい。

3.「輝き」だけ合格したものは全体の15%未満
42/270=0.155なので間違い。

4.「色」だけが合格したものの個数は全て合格となったものの32倍
64/2=32なので正しい。

5.すべて不合格となったものは、約6%である。
16/270=0.05925なので正しい。

ゆえに、誤りは1と3となる筈です。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ