• 締切済み
  • 困ってます

「札付きのワル」の札ってなに?

札付きのワルって言葉がありますが、 「札が付く-悪い評判が世間に知れ渡る」 という慣用表現から派生した言葉だと考えています。 しかし、この「札」ですが、 実際に、物理的な「悪い評判を世間に知らせる札」があったのでしょうか? このあたりの事情に詳しい方に、是非とも回答して頂きたく存じます。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数115
  • ありがとう数6

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#25358
noname#25358

 下記の意見と矛盾しないと思いますが、要するにレッテルのことです。  世間的に見て定評のあるものというのは、何かというと色々な書類が付きますよね。鑑定書しかり、極札しかり、血統書しかり。  江戸時代以前は、そういったものは紙ではなく木の板でやっていたので「札」といいます。  まあ、そういったもの全般、だそうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

なんか、他から答えが来ました。 値札の事だそうです。

関連するQ&A

  • 中国語の慣用語と日本の慣用句

    中国語の慣用表現(吹牛皮、低頭など)と日本の慣用句の違いってどのようなところですか?また、中国語の慣用表現の特徴を教えてください。 同じ漢字圏であり中国から伝わった言葉が多い日本人として関心を持っております。 よろしくお願いします。

  • 現代では慣用表現が縛られていませんか?

    現代では、なまじ辞書などデータベースが潤沢に身近になったせいで、 新たな慣用表現が生まれにくい、または既に大多数の人が変遷した意味で使っている慣用表現を「誤用」と斬り捨てられるようになっています。そのせいで現代では「言葉が呼吸し辛くなっている」ように私は感じます。 現代においては、たとえば「敷居が高い」は、「その場所の程度が高すぎて入り辛い」、「確信犯」は「わかってやっている」という理解の方が、自然で、しかも使い道も広く感覚に馴染みます。 現に、大半人々が無意識にこれらの意味が正しいと感じて用いています。 本来の意味の方がむしろ使い辛かったり、いまいちピンと来なくなったりした慣用表現は、時代に合わなくなったとして廃するか新たに現在「誤用」とされている方の意味に置き換えてみた方が、「生きている」言葉に対して当然の処置ではないでしょうか。 そういう声は国語の学者さんの間では上がっているのでしょうか?

  • 「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿はゆりの花」の英訳

    美人の慣用表現に「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿はゆりの花」という言葉がありますが、この言葉の英訳をご存知の方いませんか??

  • 回答No.2
  • conrad
  • ベストアンサー率12% (12/100)

鑑札札? という言葉を思い出し広辞苑を引きました。(お手軽な…)二項目目に「書画・刀剣の鑑定書。極札(きわめふだ)。」とありますので、ここから来た物と思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • muron
  • ベストアンサー率25% (14/56)

たぶんあれですよ。よく時代劇なんかでありますよね。 罪人が首をはねられ、生首をさらしものにされているやつ・・・。生首の横には罪人の名前とか罪名とかが書かれた木の看板(札)がたてられています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 赤子の手をひねると縁起が悪い

    慣用表現の質問です。下記1、2、の文言の慣用表現はありますでしょうか。 1)赤子の手をひねる(ようなものだ) 手玉にとる⇒lead (a person) by the nose   ~~を、ばかにする⇒make hare of ~~  のような英語独特の表現を探しています。 2)縁起でもない  例)「ここ、ダウネンド(Downend)って名の場所なのかい? 縁起でもないなあ」  手持ちの辞書では「縁起の悪い」はbad omenとなってますが、この場合そぐわないと思うのです。 よろしくご教授願います。

  • 慣用表現とイメージについて

     先日、ジャンル「言語」で「猫撫で声」についての質問(249499)をしたのですが、そのときの回答を読んでいろいろ考えさせられたことがあるので、また別な形で質問をしてみることにしました。よろしくお願いします。  要点は「慣用表現とイメージの関係」ということになるかと思います。どういうことかというと、わたしなどは「猫撫で声」という表現に対すると、そのイメージ(五感すべてを含む)が自然とそのたびに浮かぶことが多いのですが、どうも一般的には猫の影もちらつかないようです。当初のイメージが擦り切れてしまった後に、はじめて、その表現は常套句と呼ばれるに値するものになるのでしょうが、表現とイメージとの関係についてはどうやら個人差が大きいように思えます。  たとえば「燈台下暗し」という慣用表現がありますが、あるときまでわたしはこの表現を耳にしたり、眼にしたりするたび、港の灯台を思い浮かべていたのでした。そして、ここでいわれている燈台が港の灯台ではないと知った現在でもなお、この表現に対すると、まず夜の静まりかえった港の灯台をイメージし、そのあとで、おもむろに、ああそうではなかったと自嘲気味にそのイメージを再変換しているような感じなのです。あるいはサルスベリをみるときまって間抜けな日本猿が頭を過ぎったりもするのです(あ、これは慣用表現ではありませんね)。  そこで質問なのですが、みなさんにはそのような経験はないですか。たとえば「走馬灯のように思い出が駆け巡った」という文章で、走馬灯がいちいち脳裏にちらつくこと、あるいは「蛇足ですが」という言葉にあの爬虫類をイメージして鳥肌がたつこと(この鳥肌という単語にあの鶏の肌を思い浮かべてさらに鳥肌がたったりして……)、そんなことはありませんか。慣用表現とイメージとの関係で、個人的な興味深いエピソードがあれば教えてください。お願いします。

  • 「息を引き取る」の語源を教えて下さい。

    日本語で「息を引き取る」=死ぬ という慣用表現があります。 「引き取る」という他動詞は「受け取る」という意味でよく使われますが、 そうすると「自分の息、つまり魂、命を受け取る」という解釈になり、反対の意義 となるように思われます。この意義を拡大解釈して「自然に還る、自然との合一」 という、いわゆる日本の文化的側面を表現した言葉という考えにもいささか 疑問が残ります。どうも「引き取る」という言葉自体の意味が「受け取る」では ないのではないかと推測しています。広辞苑第5版では、浄瑠璃からの出典で どうも江戸時代に出てきた言葉のようです。 この表現の初出の出典と慣用表現となったプロセスを教えて下さい。

  • 状況を変える物事や動作を表す言葉

    状況を変える物事や動作を表す言葉 を探しています。「神の一手」みたいな感じで。 慣用表現や文、熟語何でもいいです。 故事にちなんだ表現だとなおうれしいです。 「閉塞的な今の状況を大きく変えるためには__がひつようだ」 こんなかんじの文脈で使える言葉です。 よろしくお願いします。m(_ _)m

  • 人を勇気付ける慣用表現

    今度、手紙にアメリカに留学しようとしている友達へ手紙を書きたいのですが、何か一言英語で慣用表現で人を勇気付けられる言葉を書きたいです。例えば「信じる心と勇気を持っていれば夢は叶う!」の様なのを英訳してみるとか。とにかく、何か教えてくださいお願いします。

  • What good is a baby?

    タイトルにある文についてなんですが これはいわゆる慣用表現なんでしょうか? まったくこの文の訳がわかりません。。。。 「良い赤ちゃんって何ですか?」ていう訳でいいんでしょうか? 意訳するとどのようなシュチュエーションで使われているものなんでしょうか? ほかにも What good is that!など どうやら口語的なニュアンスがあるようですが… どなたかご回答いただけないでしょうか?

  • 新ルールの慣用表現を発見しました

    新ルールの慣用表現を発見しましたので質問します。 {新TOEICテストこれ1冊で600点はとれる!} p. 148 Experience as a translator preferred, 翻訳者としての経験は望ましいです 本来であれば [Experience as a translator is preferred] でなければ不自然です。 be動詞を間違って省略しています。 しかし、私は、このような省略を何度か見たことがあります。 具体的には、いかのルールです。 ・仕事の募集条件など、箇条書きのような場所で、能力、資格を記述する場合に、be動詞を慣用的に省略することが有ります。 ・日本語訳でも、be動詞を省略したまま翻訳して問題ないです。 [翻訳者としての経験優遇] [翻訳経験者尚良] のように。 そのため、私は こう考えました。 「もしかして、こういう省略ルールが慣用表現として実在しているのでは?」 そして、文法書を確認しました。 しかし、該当ルールは どこにも掲載されていませんでした。 もちろん、インターネット上のメモ書きには記載されているかもしれませんが、正式な英文法書には記述されていません。 よって、いかのどちらかです。 ・これは世界中の全部の文法書に未記載の新ルールの慣用表現ルールです。 私が世界で初めて発見しました。 ・実在する慣用表現の be動詞省略で、文法書にも掲載されていますが、私が偶然に発見できなかっただけです。 仮に、文法書に掲載されていれば、どの文法書の何ページに、どのような説明で記載されているかを教えていただけないでしょうか。 もし、どこにも掲載されていなければ、回答しなくて構いません。 その場合は、確実に 「私が新発見した新ルールの慣用表現」 です。 よろしくお願いいたします。 ************************************************** 注意: 事前に全部の資料、インターネット、を確認済みです。 注意: OKWave の不具合により、いかのエラーのため返答できませんが、全部の回答を見ています。 ---------------------------------------- この操作は実行できません。 再度ログインをお試しいただき、改めて操作手順をご確認ください。 問題が解決しない場合は、FAQを御確認のうえ、お問い合わせください。 ---------------------------------------- この不具合について OKWave 管理者に問い合わせても、嘘の返答があるだけなので無駄です。 http://okwave.jp/qa/q9226301.html

  • 「札付きのワル」とは、どういう事ですか?

    「札付きのワル」とは、どういう事ですか?

  • 英訳におすすめの辞書を教えて下さい。

    仕事で、日本語の技術的な文書を英訳することがあります。「この日本語の表現を、英語でどうやって表現するんだろう?」と悩むことがよくあります。 そこで、日本語の文書を英訳するときに使いやすい辞書を教えてほしいのです。具体的には下記のような条件を満たす本(またはサイト)を探しています。 (1)日本語で引ける。 (2)引きやすい。調べやすい。参照しやすい。 (3)慣用表現を引ける。 (4)ある程度堅い表現。 例えば、「信号にノイズが混じるという問題が生じうる」という文を英訳するときに、引きやすい辞書を探しています。 なお、ネットで評判が良かった『ロイヤル英文法(改訂新版)』を使ってみましたが、私の用途には向いていませんでした。

  • 聖書に由来する慣用表現をたくさん知りたいです。

    このあいだ、「この人を見よ(Ecce homo)」っていうニーチェの著作のタイトルが聖書のヨハネ福音書に由来していたことを知り、ちょっと目からウロコでした。 このように本や映画のタイトルになっていたり、慣用表現になっていたりして、聖書を読んでいなくてもその言葉は知っているとか、聖書に由来するとは知らずに使っているとか、そんな言葉を知りたいです。 初級編から上級編、どんなのでもいいです。 あと、聖書のどこにあるかとか、原語ではどういうのか等も、もし分かれば一緒に教えてください。