解決済み

子供は赤色を最初に脳が認識するそうです。

  • 困ってます
  • 質問No.9540616
  • 閲覧数110
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 61% (5094/8257)

子供は赤色を最初に脳が認識するそうです。

それはなぜですか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3

ベストアンサー率 38% (2787/7207)

他カテゴリのカテゴリマスター
認識するかどうかは誰にもわかりません。
反応するという意味ではそういう観察結果がありますね。
というより、これは本質的なことなんでご説明します。

これは、処理系がフレッシュな場合は低周波のほうに敏感になるという普通の回路の性質によります。
高周波の雑音類はバイアスで制御することは割合簡単ですが、低周波の場合は、固有振動数とかそういうものにかかわるのでそう簡単にはいきません。そのため、ドミナントというか低周波の全く別のものを生成し、その上に回路を乗せるような形にするんですね。

これは音で考えると理解しやすいんで、低い声の人のほうが権威があるように思い、つい尊敬してしまうのはわかりますね。若山弦蔵だとか森山周一郎とかが最初に吹き替えた役は、よく考えたらいんちきっぽい役じゃありませんか。冷戦時代に活躍するスパイで女抱き放題みたいなジェームズ・ボンドを山田康雄が吹き替えたら日本であんなに当たらなかったと思いませんか。いかにも居そうもない、そもそも生きて居ることすら想像できないような設定の人物を若山弦蔵というひとがやると、なにか奥深い、世の中の真理を知っている人のように感じるんですよ。飴玉しゃぶりながら捜査するはげ頭の刑事を森山周一郎がやるとこいつは何者かだと思うんですよ。ついでにいえば、空を飛ぶ豚を森山周一郎がやったことであの映画は当たったんです。

子供は、お母さんに叱られるよりお父さんに言われたほうが効きます。それは小言の頻度もありますけど、周波数が低い声で言われるとなにか根底的な説得力があるからです。

そういう意味で、色に関しても、周波数の低い赤のほうが説得力があるんですよ。だから注意信号が赤になるんです。

それと、周波数が高い色は「褪せます」。
青で印刷したものは太陽光に当てていると色が亡くなっていきます。その意味で、青系統の色の識別力は子供でもそれほどくっきりしていません。

虹の色は、昔「あおきみあいす」だと教わりました。赤、オレンジ、黄、緑、藍、インジゴ、すみれだ、と。これで7色です。
これは実際に周波数で分離して7色としたもので、そもそもニュートンだったかが提示したものです。

しかし実際に見てみると、藍、インジゴ、すみれの区別がたいがいつきません。なんかグラデーションは見えますけどぜんぶ青、のように見えるのです。これが人間の色覚識別能力です。
つまり、極端にいうと、「青は認識できない」んです。私の仮説で言うと、青系統は回路にバイアスがかかっていると思います。周波数が高いですから。

この世にでてきて間もない子供たちが、確かなもの、として低音で話すひとを信頼し、赤を信頼するのは当然のことだということになります。
お礼コメント
america2028

お礼率 61% (5094/8257)

みんなありがとう
投稿日時 - 2018-09-24 17:22:35

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 19% (839/4395)

>子供は赤色を最初に脳が認識するそうです。

大人もそうです。
なので信号は「止まれを赤にしている」のです。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ